白髪がピンと立つ

白髪がピンと立つ事で目立ってしまうという悩みを抱えている人は多いでしょう。
ヘアスタイルで上手く隠せたと思っていても、何かの拍子にピンと立つ白髪が顔を出して、目立つ状態になってしまいがちです。

帽子で髪の毛全体を隠す事で対処は出来ますが、常に帽子を被り続けているわけにはいきません。
そのため、白髪がピンと立つ理由を把握して、適切なケア方法を選ぶ事が大切です。

白髪が黒髪よりもピンと立つ理由、そしてピンと立ってしまった白髪のケア方法をチェックしていきましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪がピンと立つ理由

白髪は黒髪よりもピンと立ちやすいものだという事は理解していても、その詳しい理由まで知っている人は案外少ないものです。
色が白いから黒髪の中で目立ってしまうだけなのではと言う人もいます。

しかし、白髪がピンと立つ理由はしっかりと存在します。
その理由は、白髪の持つ特徴を見てみれば分かります。

黒髪と白髪の違いを比べてみる事で、何故白髪がピンと立つかが把握出来るでしょう。
白髪がピンと立つ理由としては、以下のような特徴が挙げられます。

白髪は伸びるのが速いのでピンと立つ

白髪の伸びるスピードは、黒髪の伸びるスピードより速いのです。
一説には髪を黒くするために使われるはずだったパワーが、成長のために使われているからだと言われています。

実際、周囲の黒髪と比べて、白髪がどんどん伸びているような気がしている方は多いでしょう。
同じ長さに髪の毛を切り揃えたとしても伸びるのが速いため、白髪がピンと立つ状態になりやすいというわけです。

目立った白髪がないからと油断していると、いつの間にかピンと立っていたという事態になりやすいので注意しましょう。

白髪は太くて硬いのでピンと立つ

白髪は黒髪よりも太くて硬い傾向があります。
白髪には何となく老いて衰えているというイメージがあります。

しかし、髪の毛自体を見てみると、黒髪よりしっかりとしている事が多いのです。
そのため、黒髪の中で白髪がピンと立つ事が多くなります。

実際、髪の毛のサンプルを採取して行われた研究でも、白髪の直径は黒髪より太いというデータが出ています。
白髪の方が髪の毛を構成するたんぱく質であるケラチンが多いという点にも注目です。

ケラチンは髪の毛をしっかりした状態に保つために重要な成分なので、白髪がピンと立つ理由になりえます。
また、白髪の硬さを生み出す原因としては、メラニン不足も挙げられるでしょう。

白髪はメラニン色素不足で硬くなる

白髪はメラニン色素不足によって硬くなります。
メラニン色素には水を吸収する作用があるため、不足すると髪の毛が水分不足となりゴワゴワの状態になるからです。

メラニン色素は髪の毛を黒髪にするために役割を担っており、メラニン色素不足が原因で白髪は生えてきます。
つまり、白髪である時点でメラニン色素不足になっているので、髪の毛が硬くなってしまう事も当然というわけです。

これはピンと立つ白髪が傷んでいるせいではないので、一般的な保湿ケアをしても思ったような成果は得られません。

ピンと立つ白髪のケア方法

ピンと立つ白髪のケア方法

ピンと立つ白髪を見つけた時、どのように対処するかが大切です。
黒髪の中で目立つ白髪を早くなんとかしたいという気持ちは分かります。

しかし、焦って誤ったケア方法を選んでしまっては元も子もありません。
ケア方法によっては手間が増えてしまったり、状況を悪化させてしまったりする事もあるからです。

一時的に白髪を目立たなくする事だけでなく、後々の事を考えて対処していく事が重要となります。
ピンと立つ白髪への対処としてやってしまいがちな間違いと、ベストなケア方法を見ていきましょう。

ピンと立つ白髪を抜いてはいけない

ピンと立つ白髪を見つけると、ついつい抜いてしまいたくなってしまうものです。
しかし、いくら目立つからと言って、白髪をそのまま抜いてしまってはいけません。

白髪を抜く事で毛根部分にある毛乳頭へダメージを与えてしまい、同じ毛乳頭から生える他の髪の毛にも悪影響となるケースがあるからです。
白髪が増えるリスクだけでなく、髪の毛が生えてこなくなるリスクも存在します。

毛穴からの出血や頭皮の炎症に繋がる恐れもあります。
そのため、ピンと立つ白髪を見つけても無理やり抜く事は避けてください。

白髪を根元でカットするとピンと立つのでNG

ピンと立つ白髪に対処する方法として手軽なのが、白髪を根元でカットする事です。
白髪を抜く場合と異なり、毛根部分を傷つける心配をする必要がありません。

しかし、ピンと立つ白髪を根元でカットするのは、あまりオススメ出来ないケア方法です。
カットした直後は確かに目立たなくなります。

しかし、少し時間が経過すると、また白髪がピンと立って分かりやすい状態になってしまいます。
白髪が1~2本の時であれば問題ないかもしれませんが、本数が増えてくるとかなり手間が掛かって面倒です。

ピンと立つ白髪を白髪染めトリートメントを使って隠す

ピンと立つ白髪を隠すオススメのケア方法は、白髪染めトリートメントを使う事です。
白髪を染めてしまえば多少ピンと立ったとしても、黒髪に紛れて目立ちにくくなります。

さらに、白髪が伸びた状態のままで染めて隠せるため、短い白髪がピンと立つ事態も防ぐ事が可能です。
白髪染めトリートメントはヘアカラーと比べて頭皮への負担も少ないので、敏感肌の人でも安心して使う事が出来るでしょう。

頭皮環境の悪化は白髪の生えやすさにも影響があります。
そのため、白髪の増加を防ぐという意味でもトリートメントタイプの白髪染めは有用です。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ピンと立つ白髪のまとめ

ピンと立つ白髪のまとめ

白髪がピンと立つと感じやすいのは決して気のせいではなく、きちんとした理由があります。
白髪は黒髪よりも成長スピードが速いため、ピンと立ちやすいのです。

また、太さや硬さの面でも白髪にはピンと立ちやすい条件が揃っています。
ピンと立つ白髪への対処としては、白髪染めトリートメントを使ったケアがオススメです。

白髪を抜く事には毛根への悪影響、根元からカットする事には手間が増えるというデメリットがそれぞれあるので、ピンと立つ白髪のケア方法としては選ばない方が良いでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。