白髪のうねり

黒髪の頃との髪質の違いに困っている人は多くいます。

「元々は直毛だったのに、白髪が生えてからくせ毛になってしまった」
「髪の収まりが悪くなって扱いづらい」

変にクセづいた髪の毛は毎朝のセットもしにくく、周囲にも手入れされていない印象を与えてしまうため、どうにか改善したいものですよね。
今回は、そういった白髪のうねりが悩みの種になっている人のために、髪質が変わる原因や対処法を調べてみました。

この機会に正しいケアの方法を知って、5年後10年後も美しい髪を保てるように頑張りましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪のうねりの原因はキューティクルの損傷!?

今まではくせ毛じゃなかったのに、白髪が生えてから急にうねりが目立つようになった原因には、髪の表面をコーティングしてくれている「キューティクルの損傷」が考えられます。
なぜならキューティクルは、一度壊れてしまうと髪内部の水分バランスが崩れるため、真っ直ぐな髪を保てなくなるからです。

白髪が生える年齢になると、加齢と共にキューティクルも脆くなりやすく、染める頻度の高い白髪染めによってより傷ついてクセが強くなってしまいます。
ですから、この記事でもご紹介するうねりを軽減する対処法を参考にしつつ、今までのヘアケアでは足りない部分を補ってください。

白髪は黒髪よりもうねりが目立ちやすい

白髪は黒髪に比べて、クセがつくと悪目立ちしやすい傾向にあります。
なぜなら、白い髪の部分とまだ白髪になっていない黒い髪の部分が白黒のコントラストになり、より髪のうねりが強調されてしまうからです。

そのため、気になる場合には髪全体の面積を少なくするためにショートヘア~ボブくらいの長さにヘアカットをして、目立たないようにすると良いでしょう。
担当美容師にも、くせ毛が気になる事を伝えればクセが出にくい髪型を提案してもらえるので、ぜひ相談してみてください。

うねりのない白髪を実現するための対処法

うねりのない白髪を実現するための対処法

冒頭でもご説明した通り、うねりはキューティクルの損傷が関係しています。
そのため、キューティクルを保護してうねりのない白髪を実現するためには、以下の点を意識して生活する必要があるでしょう。

  • 年齢と共に脆くなるキューティクルを守るために、アンチエイジングをする
  • キューティクルが剥がれないように、髪へのダメージを最小限に留める

老化によって弱っていくキューティクルを、内外のダメージから守るようにしてください。
それでは次に、上記の2つを実践する具体的な方法をご説明していきます。

生活習慣の改善で白髪のうねりを軽減

健康的な生活は、身体の基本。
そんな事は言われなくてもみんな分かっていますよね。

しかし、昨今では忙しく働く人が増えた事で、偏った食事や睡眠・運動不足などが慢性化し、より老化を促進するようなライフスタイルが定着してしまっています。
そして、やはり生活習慣が乱れたまま不健康な生活を続ければ、結果的にうねりのある白髪が生えるリスクを増加させてしまうでしょう。

ですから、この機会に以下のような事を重点的に意識して、老化のスピードを遅らせるように努めてください。

【食事】

抗酸化作用のある食べ物(アーモンド、バナナ、そば、大豆、ブルーベリーなど)を摂取して、ファーストフードやコンビニ弁当は出来るだけ避け、年齢に負けない体づくりをしましょう。

【睡眠】

睡眠は時間より質が命!
寝る前のカフェインやスマホは辞めて、気持ちよく入眠出来る環境作りをしましょう。

【運動】

エレベーターは避けて階段を使うなど、普段の生活からこまめに運動する習慣を持ちましょう。
特にデスクワーク中心の人は、意識をして歩く時間を増やせるように心がけてください。

カラー剤やシャンプーを変えてうねりの強い白髪ケア

年齢を重ねればお肌が潤いを無くすように、地肌や髪の水分量も老化と共に減りキューティクルも剥がれやすくなり、白髪のうねりも目立つようになります。
ですから、キューティクルを守るためにもカラー剤やシャンプーは、以下の優しい成分を使っているものに変えましょう。

【カラー剤】

白髪染めなのに髪の補修成分も入っているヘアカラートリートメントは、髪にも頭皮にも刺激が少ないためオススメ出来ます。
特に利尻やルプルプは、髪をいたわりながら染め上げてくれるので、キューティクルを保護したい人にはピッタリです。

【シャンプー】

30代~40代以降で髪や頭皮が乾燥しやすくなった場合には、洗浄力が弱いアミノ酸系のシャンプーが良いでしょう。
美容院で売っているものから、市販ではミノン・HIMAWARI・いち髪など様々なタイプの物があるので、ぜひ試してみてください。

あまりにうねりが強い白髪は切るのが1番

ここまでご紹介したキューティクルを保護する方法は、たしかに白髪のうねりの軽減するのに役立ちます。
しかし、基本的に一度傷んでしまったキューティクルはどんなにケアをしても、元の健康な状態に戻すのは不可能に近いのです。

ですから、既にうねりが強くかなり目立ってしまっている髪は一度短く切って、これから生えてくる髪へのダメージを最小限に抑えられるようにしましょう。
ヘアチェンジして美髪になったあなたを見た友人からも、「なんだか髪がキレイになったね」と声をかけてもらえるはずです。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪とうねりのまとめ

白髪とうねりのまとめ

白髪がうねる最大の原因は、加齢と共に脆くなったキューティクルの損傷です。
ですから、うねりを軽減するためには白髪や年齢に合わせた以下のヘアケアを実践した方が良いでしょう。

  • 健康的なライフサイクルを確立して、内から老化を抑制する
  • カラー剤やシャンプーを優しいものに変えて、外からの刺激を軽減する

一度傷んでしまったキューティクルを復活させる事は不可能でも、気になるくせ毛はカットして髪の保護に努めれば、本来持っているあなたの髪の美しさを取り戻せるはずです。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪に悩んでいる方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。