白髪とロングヘア

白髪が出来た時、黒髪に戻すためのケアはもちろん大切ですが、すぐに元の状態へ戻るわけではありません。
白髪対策の成果が上がるとしても、ある程度の期間は白髪が混ざった状態で過ごす事になります。

そのため、ヘアスタイルの力で白髪を隠す事は大切です。
白髪の本数が同じ場合でも、髪型とヘアアレンジによって受ける印象は全く異なります。

白髪を隠すヘアスタイルはショートヘアやミディアムヘアというイメージがありますが、ロングヘアでも工夫次第で十分に白髪をカバーする事が可能です。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ロングヘアの白髪を目立たせないコツは?

同じロングヘアでも、ストレートヘアは白髪の目立ちやすい髪型です。
ストレートの状態だと髪の毛がよく動くので、隠した白髪が何気ないタイミングで表面に出てくる事があります。

また、髪の毛を結ばないストレートロングヘアの場合、頭頂部に分け目が出来て生え際の白髪が目立ちやすくなってしまう点も問題です。
そのため、白髪を隠すロングヘアを目指すなら、パーマやヘアウェーブをかける事が基本となるでしょう。

パーマやヘアウェーブには髪の毛に当たる光が乱反射する事によって、相対的に白髪が目立たなくなるというメリットもあります。

30~40代にオススメの白髪を隠すロングヘアスタイル

30~40代が白髪を隠す時のロングヘアスタイルは、バングスを厚めにとった髪型がオススメでしょう。
厚めの前髪で生え際やつむじの白髪を隠しやすく、こめかみ近くの白髪をカバーする事も出来るからです。

くせ毛風にアレンジしたルーズウェーブや顔周りのマッシュラインを意識したロングウェーブなら、30~40代にふさわしい大人の雰囲気を出しつつ白髪を隠せます。
また、ふんわりパーマを掛けたロングヘアスタイルもフェミニンな雰囲気を出したいならオススメです。

分け目を変えてよりボリューミーな仕上がりにする事も出来ます。

ロングヘアの白髪隠しにオススメのグッズ

ヘアスタイルの調整だけでも白髪を目立たせない状態にする事は出来ます。
しかし、白髪隠しに役立つグッズを利用すればさらに磐石と言えます。

急に頭頂部や生え際の白髪に気付いた場合でも、慌てずに対処出来る点も大きなメリットです。
単にロングヘアの白髪を隠すだけでなく、おしゃれに活用する事も出来るので白髪が気になり始めたら用意しておくと良いでしょう。

白髪隠しのグッズとしては、ウィッグやヘアピース、ヘアバンドやシュシュなどが手軽に使えてオススメです。

ウィッグやヘアピースで白髪を隠す

ウィッグやヘアピースはロングヘアの白髪を隠すのにうってつけのグッズです。
白髪が気になる部分に着用する事で、着実に隠す事が出来ます。

また、白髪と同時に髪のボリューム不足にも対応出来るので、1つ持っておけば何かと便利です。
ただし、本来の髪の色と差の大きいものや、値段の安い人工毛タイプを使うと逆に違和感を与えてしまいかねません。

人毛を使っているタイプのウィッグやヘアピースの中から、髪と色合いが似ているものを選びましょう。

ヘアバンドで白髪を隠す

サイズが大きいヘアバンドを使えば、広い範囲の白髪を一気に隠す事が出来ます。
白髪の本数が増えてきた時には頼りになってくれる事でしょう。

手持ちがないのであれば、スカーフやバンダナをヘアバンド代わりに活用する事もオススメです。
ただし、ヘアバンドによってはロングヘアが重たい印象に見えてしまうので、色の組み合わせや厚さに気を配りたい所でしょう。

ヘアバンドの幅に変化をつけて、軽く見せるのも良い方法と言えます。

シュシュで白髪が見えないように固定する

シュシュを使えば、白髪が表面に出ていない状態でヘアスタイルを固定する事が出来ます。
白髪を隠すだけでなく、ワンポイントのおしゃれが出来る点も優秀ですね。

ただし、白髪が表面に出ている状態で固定してしまうと逆効果なので、シュシュでロングヘアをまとめた後はしっかりと見た目をチェックしましょう。
結んだ下から白髪が見えないようにアレンジする事も大切です。

また、鮮やかな色のシュシュを使うと髪に視線が集中して白髪に気づかれる可能性が増しますから、髪に溶け込むような色合いのものを準備しておきましょう。

ロングヘアの白髪を染めればさらに目立たなくなる

ロングヘアの白髪を染めればさらに目立たなくなる

ロングヘアの髪型を工夫するだけでなく、白髪染めを併用すればさらに白髪が目立たなくなります。
髪をかきあげた時に白髪の生えている部分が露出してしまっても、染めていれば気付かれにくいのです。

万全のヘアメイクをする時間がない時に、白髪を隠しやすい所も染めるメリットと言えるでしょう。
ただ、頭皮へのダメージが大きい染め方をすると、白髪を増やす原因になりかねません。

白髪隠しと白髪ケアを両立したいなら、白髪染めトリートメントを使う事をオススメします。

白髪染めトリートメントならロングヘアでも安心

白髪染めトリートメントなら髪全体を染める事が出来るので、髪の毛1本1本が長いロングヘアでも安心です。
天然成分中心の商品を選べば髪の毛や頭皮への影響も少ないため、白髪が増える心配をする必要もありません。

液だれしにくいという点も自宅で染めやすさというメリットに繋がります。
ヘアカラーなどと比べると、染める力がやや弱いというデメリットはあります。

しかし、ヘアスタイルのアレンジと組み合わせる前提なら、それほど大きな問題にはならないでしょう。
髪型だけでは隠し切れない部分をフォローすると考えれば、染める回数を重ねなくても十分に役割を果たしてくれます。

ロングヘアの白髪染めをする時のポイント

ロングヘアの白髪染めをする時は、髪の毛を複数のブロックに分ける意識を持つ事がポイントです。
正中線を延長した縦のライン、両耳を結ぶ横のラインを基準に髪の毛を4分割してみましょう。

白髪の本数が多いブロックから染めていく事で、染める効果を高めて白髪を隠しやすくなります。
また、順番に処理してく事で染め忘れも防ぎやすくなります。

ロングヘアの場合、ハケを使って白髪を染めようとすると色ムラが出来る事もあるので、揉みこむように染めていく事がオススメです。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪とロングヘアのまとめ

白髪とロングヘアのまとめ

ロングヘアの髪型を工夫する事で、白髪を目立たせなくする事は可能です。
ストレートヘアは白髪が目立ちやすいので、デジタルパーマやヘアウェーブをかけて対応しましょう。

ウィッグやヘアバンドなどのグッズを使えば、髪型の変化だけでは対応しきれない白髪もきちんと隠す事が出来ます。
また、ヘアアレンジに加えてトリートメントで白髪を染めておく事も有用です。

完全には染められないとしても、髪型の工夫と組み合わせれば十分な白髪隠しの効果があります。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。