40歳の白髪

「40歳になって、急激に白髪増え始めた」「もしかしてもう綺麗な黒髪は生えてこない!?」と悩む40代女性は、多い傾向にあります。
白髪は髪の質感もギシギシしていて、いかにも「老けた」という感じがします。

そのため、出来るだけ早急に対応していきたいですよね。
今回は、そんな目立ってきた白髪への対処にお困りのアラフォー女性のために、白髪が増加する原因やオススメの対策についてまとめてみました。

白髪対策って色々あるけど、結局40歳からは何をすれば良いの?と迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

40歳になって白髪が増加する原因とは?

40歳になって白髪が増加する原因は、加齢(老化)です。
髪はメラノサイト(別名:色素細胞やメラニン細胞)と呼ばれる組織で、色の元となるメラニン(色素)を生成して、黒い髪を生やしています。

ですが、年齢を重ねるとこのメラノサイトの働きが鈍くなり、徐々に数が減少していく影響でメラニンの作られる量が減って白髪が増加してしまうのです。
また、2017年9月時点での研究では、このメラノサイトの働きを復活させる方法が見つかっていません。

そのため、加齢によって増えた白髪を黒髪に戻すのは難しいでしょう。

白髪の平均年齢!40歳で髪が真っ白になる人は?

一般的に白髪の生え始める平均年齢は、男女共に35歳前後だと言われています。
ただし、中には10代の頃から親の白髪になりやすい体質が遺伝して、若白髪が生えている人もいるようです。

白髪の割合については気になる前に染めてしまっている人も多く、ハッキリと何歳から髪全体が白くなる人がいるという研究データなどはありませんでした。
ですが、大体の人が40歳を過ぎると、髪が真っ白になる前に白髪染めをし始める傾向にあります。

そのため、やはり40代以降に白髪の割合が、ドンドン増えていくと考えて良いでしょう。

40歳になっても白髪がない人もいるのはナゼ?

40歳になっても白髪がない人は、たまにいますよね。
一体、白髪がある人とない人には、どのような差があるのでしょうか?

一般的にメラノサイトとの関係性が高いのでは?とされている説などを元に、年齢関係なく白髪がない人の特徴をまとめてみました。

【若い頃から白髪予防に力を入れていた】

白髪予防に効果があるのでは?と言われている方法は、以下のようなものがあります。
若い頃から取り入れていた人は、40歳になっても白髪がない場合もあるようです。

  • 毎日、海藻・大豆・肉や魚・ゴマなど白髪に効くとされる食材を食べる習慣がある
  • ストレスを解消する趣味を持っている
  • 質の高い睡眠を確保している

【白髪が生えにくい体質だった】

親の白髪が少ない場合に、白髪が生えにくい体質が遺伝する可能性があるようです。

【カラーやパーマをしていなかった】

頭皮に負担が掛かるようなカラーやパーマをしていない人は、歳をとっても白髪がないというケースがあるようです。

40歳になった女性にオススメの白髪対策

40歳になった女性にオススメの白髪対策

女性が40歳になって白髪が気になる場合には、やはりしっかりと白髪は染めた方が良いでしょう。
なぜなら、白髪を放置した髪型は「だらなしない」「おばあちゃんみたい」といったイメージを周りに与えかねないからです。

もし、若い頃と変わらずに明るい髪やパーマにもドンドン挑戦したい場合には、美容院でプロと相談しながら白髪を染めた方が良いでしょう。
ただし、美容院の白髪染めであっても、定期的に染めるのを繰り返していると、ダメージは蓄積されてしまいます。

ですから、出来るだけ年齢を重ねてもハリやコシのある美髪を保ちたいという人は、利尻やルプルプのように頭皮や髪に優しいヘアカラートリートメントで白髪対策をするようにしましょう。

40歳になった男性にオススメの白髪対策

40歳になった男性にオススメの白髪対策

男性が40歳になって白髪が気になる場合には、白髪の手入れが面倒くさくないかどうかで対策を決める方法がオススメです。
もし、白髪の手入れが憂鬱・別に染めなくても良いと感じている人であれば、無理に白髪を染める必要はないでしょう。

美容師に相談して白髪を活かす髪型にすれば、オシャレなグレイヘアーを楽しめます。
逆に、若々しい黒髪でいたいという人には、やはりダメージの少ないヘアカラートリートメントで染めるのが1番良いでしょう。

なぜなら、ダメージを抑えて白髪を染める事で、同時に薄毛や抜け毛にならないように予防出来るからです。

40歳を過ぎて生えてきた陰毛の白髪対処法

友人と温泉に行った時などに見られてしまったら、恥ずかしいと感じる事の多い陰毛の白髪です。
しかし、40歳を過ぎると、髪の毛と同じように加齢の影響を受けて白髪が増えていきます。

そのため、40代以上の陰毛の白髪の場合も、黒い毛を蘇らせるというのは難しいでしょう。
そういった点を踏まえて、実際に陰毛のケアにオススメな対処法は以下の通りです。

【脱毛する】

陰毛は髪の毛と違って、毛が無くても不自然ではない場所です。
ですので、白髪が気になるくらいなら、脱毛サロンなどで毛が生えないように処理してもらうのも1つの手でしょう。

【染める】

さすがに、今まであった陰毛を脱毛するのは抵抗があるという人は、染めるという方法もあります。
陰毛が生えている部分は、デリケートゾーンと呼ばれるくらい刺激に弱い部分です。

そのため、染めるとしても、ダメージが少なくて肌に優しい薬剤を選ぶようにしましょう。
ただし、基本的には陰毛用の白髪染めは無いので、肌トラブルが気になる人は避けた方が無難です。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪と40歳のまとめ

白髪と40歳のまとめ

40歳になってから生える白髪は個人差はあります。
ただし、加齢の影響を受けている可能性が高いため、黒髪に戻すのは難しいでしょう。

また、年齢を重ねると共に白髪はドンドン増えてしまいます。
そのため、しっかりと染めたりヘアスタイルを工夫しながら対策していく必要があります。

一番のオススメとしては、出来るだけダメージが少なく、長期的に染めるのにも向いているヘアカラートリートメントを使用する事です。
おばあちゃん、おじいちゃんになっても若々しい黒髪を保つために、出来るだけ頭皮や髪に負担を掛けない方法を優先するようにしてみてください。

当サイトでは、管理人も実際に利用したオススメの白髪染めを紹介しています。
白髪染めの参考にしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。