白髪と枝毛

黒髪の頃よりも傷んでしまった髪のケアに悩む人は多くいます。

  • 白髪染めをするにつれて毛先の枝毛が目立つようになった
  • 白髪に生え変わってから髪質が変わったような気がする

実際に10代~20代の頃と同じような感覚で生活をしていては、美髪を保つのは難しいのが現実でしょう。
今回は、そんな白髪への生え変わりによって枝毛が増えたと気になっている人のために、白髪にも枝毛にも有効なケアの方法をご紹介します。

年齢を重ねても「いつもキレイね!」と言ってもらえる自分を目指して、この機会に大人の髪のお手入れ法を学びましょう。

白髪を対策する方法は枝毛のケアにも役立つ

白髪と枝毛の原因は、下記のように全く違います。

白髪 加齢による色素幹細胞(色を作る細胞)の損傷や減少、機能の低下
枝毛 髪の痛みや生活習慣の乱れ

しかし、白髪対策は結果的に髪のケアに繋がる部分が多いため、枝毛に悩む人にも役立つと言えるでしょう。
ただし、白髪にも枝毛にも言える事ですが、一度生えて白くなったり、傷んだ髪を元の健康な黒髪に蘇らせる事はできません。

気になる部分はカットして、これから生えてくる髪への対処を重点的に行なった方が良いでしょう。
では次に、具体的な大人の髪の予防法をご紹介します。

生活習慣を見直して白髪も枝毛も減らそう

生活習慣の乱れは、白髪も枝毛もさらに増加させる要素を含んでいます。
なぜなら、夜更かし・不健康な食生活・運動不足といったライフサイクルは、体の老化を促進したり、髪に必要な栄養素を減らしてしまうからです。

どうしても忙しいと、中々そういった日々の事に目を向けるのは難しいかもしれません。
ですが、どんなに良い美容液やトリートメントを使用していても、そのままでは美髪を維持するのは困難だといえるでしょう。

年齢を重ねても美しい自分を実現するために、改めて生活を見直してみてくださいね。

ダメージを軽減して白髪染めすれば枝毛にも優しい

定期的に白髪を染めるのであれば、以下のような髪や頭皮に優しい白髪染めを選んだ方が良いでしょう。

  • 美容院などで染めるヘナ100%やヘアマニキュア
  • 自宅で染める利尻やルプルプのような天然由来の白髪染めトリートメント

なぜなら、白髪は黒髪よりも伸び始めた時に悪目立ちする傾向が強く、染める頻度が増えるため出来るだけダメージの少ない染毛剤を使った方が頭髪への悪影響を防げるからです。
特に、上記以外の一般的なカラー剤は、髪の内部に色を浸透させるために強い薬剤を使っています。

そのため、白髪を染める場合には、より一層注意をしてくださいね。

紫外線などの外的刺激も白髪や枝毛には良くない

帽子や日傘、頭皮用の日焼け止めスプレーなどで、紫外線による外的刺激から頭髪を保護する事で白髪や枝毛の予防が出来ます。
なぜなら、紫外線は髪の色を作り出す細胞やキューティクルを損傷させるため、白髪や枝毛にとってマイナス要素が大きいからです。

海や川などのアウトドアはもちろんの事、スーパーへの買い物や散歩などのちょっとした時間にも、太陽から頭皮と髪を守るようにしましょう。
ちなみに、紫外線は12:00頃が一番強くなるため、昼間のお出かけはより一層紫外線対策に力を入れるようにしてください。

白髪を抜くと枝毛が増える?気になったら切る

白髪を抜くと枝毛が増える

枝毛は外的なダメージを受けて、髪の表面のキューティクルが剥がれる事で発生しやすくなります。
そのため、白髪を抜く事が直接的な枝毛の原因にはなるわけではありません。

しかし、白髪を人為的な力で無理に引っ張って抜いてしまうと、頭皮トラブルが引き起こされ、健康な髪が生えるのを阻害してしまう可能性が高いでしょう。
ですから、白髪や枝毛は気になったとしても、抜かずに染めるか切るなどして対処して、美髪を維持出来るようにしてください。

陰毛の白髪や枝毛も同じように処理しよう

頭は黒く健康な髪が生えているのに、陰毛だけ白髪と枝毛が目立ってしまうという悩みを抱えている人もいます。
そういった場合には、基本的に白髪と枝毛の処理は頭髪と同じように進めて良いでしょう。

ただし、陰毛はデリケートゾーンに生えているため、通常の白髪染めを使ってしまうと肌荒れなどのトラブルを起こしてしまう可能性が高いです。
染めたい場合には必ずパッチテストをしてから、刺激の少ないヘアカラートリートメントなどでカラーをするようにしましょう。

白髪と枝毛のまとめ

白髪と枝毛のまとめ

白髪と枝毛の原因はそれぞれ違うものの、白髪の対策は枝毛の予防にも繋がる部分が多いものです。
健康的なライフサイクルを整え、白髪染めや紫外線などによる外的刺激から頭髪を守るために、使用するカラー剤や太陽光に注意をしましょう。

頭皮や髪に優しい生活を続ける事で、これから増えてしまう白髪や枝毛の量を少なくする事が可能です。
今までは気にしていなかった部分を変えていくだけで、白髪と枝毛に悩む時間を減らして綺麗な髪を保てるようになるでしょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪に悩んでいる方は、参考にしてみてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。