男性の白髪染めの市販ランキング

男性も30代半ば過ぎ頃から白髪が目立ち始めます。
白髪染めをした方が良いのかな?と思いつつ、わざわざ美容院や理容室まで行くのはちょっと面倒…。

そんな方におすすめしたいのが市販の男性用白髪染めです。
芸能人ならともかく、白髪ヘアが格好よくきまる男性は、実はそう多くはありません。

また、女性の大半は、老けて見える上に清潔感に欠ける男性の白髪に否定的です。
つまり、白髪は染めた方が好感度がアップするという事。

こちらでは、簡単にセルフケアが出来る、市販の白髪染めについてお話ししたいと思います。
おすすめの男性用白髪染めランキング3選の特徴を徹底検証。

不器用な方でも安心!白髪をしっかりカバー出来る染め方や、白髪染めの選び方のポイントも解説します。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

男性用・市販の白髪染めの選び方

市販の男性用白髪染めは、女性用と比べると数が少なめです。
とは言え、いくつかの種類があり、それぞれ特徴に違いがあります。

白髪を染める仕組みや発色、髪・頭皮への優しさ、仕上がりなどにずいぶん差があるのです。
しかし、おすすめランキングや、店頭の商品パッケージを見ても「違いがよく分からない」と思われる方が少なくありません。

そんな男性のために、市販の白髪染めの選び方をタイプ別にご紹介します。
男性用白髪染め選びのポイントについても解説しますので、参考になさって下さい。

1回でしっかり染めたい男性に向いているのは?

白髪を1回でしっかり染めたい男性には、2剤式の白髪染めが向いています。
このタイプは、ジアミンなどの酸化染料を利用したカラー剤で、発色と色持ちが良いのが特徴です。

市販の2剤式の白髪染めは、短時間で根元から毛先までキレイに染める事が出来ます。
色落ちや退色のスピードが遅いので、白髪染めの回数が少なくて済むのもメリットでしょう。

時間も手間も掛からない2剤式の白髪染めは、仕事が忙しい男性にぴったりです。
比較的リーズナブルな上、残った染料の保存も出来る事から、コスト面でも優秀と言えます。

ただし、刺激が強いため髪や頭皮のダメージは避けられません。
アレルギーのリスクがあるため、毎回パッチテストが必要。

また、発色の良さが災いして、いかにも染めました!という不自然な仕上がりになりがちです。

自然な仕上がりの白髪染めはどれ?

自然な仕上がりを希望する男性には、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。
発色が穏やかなため、繰り返し使う事で少しずつ白髪に色が入っていきます。

多少手間は掛かりますが、仕上がりはとてもナチュラル。
白髪染めをしている事がはっきりわかるのが、なんとなく気恥ずかしいという男性でも使いやすいでしょう。

2剤式と違い、低刺激なのがカラートリートメントの特徴です。
ダメージで髪がパサつく事もなく、アレルギーや敏感肌の男性も安心して使えます。

トリートメント成分の働きによって、髪の健康を保ち、頭皮環境が整うのもメリットと言えるでしょう。
中には、育毛効果が期待出来るなど魅力的なカラートリートメントもあります。

市販品の人気ランキング上位にくいこむ商品が多いのも納得です。

白髪が多い男性に向いているのは泡タイプ?

白髪の量が多い男性に向いているのは、泡タイプの白髪染め。
市販品の多くを占めるクリームや液体タイプと比べて、液だれしにくいのが特徴です。

ワンプッシュで取り出した泡で、広い範囲の白髪を素早くケアする事が出来るでしょう。
また、自分では見にくい後頭部の塗布も泡タイプなら楽々。

もみ上げや襟足など液だれしやすい部分も、染め残しやムラ染めにならずしっかり染められます。

男性用の白髪染め選びの5大ポイント

続いて、市販の男性用・白髪染め選びの5大ポイントをご紹介しましょう。

1.無添加タイプ

繰り返し白髪を染め続ける事を考えると、ダメージは最小限に抑えたいところ。
髪や頭皮の負担が少ない、無添加タイプの白髪染めを選ぶのが理想的です。

2.失敗しない色選び

不自然な仕上がりになりがちなブラックは、かえって白髪が目立つ事があります。
ほど良くナチュラルに染まるダークブラウンなど、落ち着いた茶色を選ぶと失敗が少ないでしょう。

3.おしゃれ染めでなく白髪染め

おしゃれ染めでは、白髪はほんのり色が入る程度にしか染まりません。
白髪をカバーするのが目的なら、より染める力が強い白髪染めを選んで下さい。

4.配合成分を確認する

ジアミン系の薬剤はアレルギー体質の方は使えません。
アレルギー体質や敏感肌の方は、ジアミンや刺激の強い成分が含まれていないか確認する必要があります。

5.コストパフォーマンスは?

どのタイプの白髪染めを使うにしろ、定期的に使い続ける事になります。
一回当たりのコストの確認もお忘れなく。

市販の男性用白髪染めおすすめランキング3選

市販の男性用白髪染めおすすめランキング3選

最近は髪や頭皮に優しい白髪染めが人気です。
中でも、上記の男性用の白髪染め選びの5大ポイントを満たす、カラートリートメントの勢いが止まりません。

それでは、市販の男性用白髪染めおすすめランキング3選を発表します!
なお、表記の価格はすべて1本当たりの通常税込価格です。

お得な初回限定価格、定期購入やまとめ買いによる割引特典などは、公式サイトで最新情報をご確認下さい。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

ランキングの第1位は利尻ヘアカラートリートメントです。
利尻ヘアカラートリートメントは、CMなども行なっており、知名度の高い白髪染め。

1回でしっかり白髪が染まり、色持ちが良いのが特徴です。
安全性の高い無添加ノンシリコン処方。

ジアミン・タール系色素・パラベン・酸化剤・香料・鉱物油を含まず安心して使えます。
保水力に優れた利尻昆布エキスをはじめとする、28種類の天然由来成分を配合。

髪や頭皮に潤いを与え、美しい仕上がりが期待出来ます。
市販品では珍しく、香りがないので男性でも使いやすいと評判。

リピーターが多いのが特徴です。
こちらの商品のブラウンはやや赤みが強いため、男性は自然な黒色に染まるブラックを選ばれると良いでしょう。

通常価格3240円、送料540円です。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメント

第2位はルプルプヘアカラートリートメント。
ルプルプは、函館産のガゴメ昆布から抽出されるフコダインを贅沢に配合した無添加白髪染めです。

「wフコダイン」はルプルプ独自の処方。
強い粘りと保水力を持つフコダインが髪や頭皮を強力にバリア、ダメージゼロでよく染まります。

また、フコダインには育毛効果も期待出来ます。
ミネラル豊富な海洋深層水、94%もの美髪成分の働きでトリートメント効果が高いとあって、市販品ランキングでも人気です。

アロマ系の優しい香りですが、男性が使っても不自然さはありません。
カラーはダークブラウン・ブラウン・モカブラウン・ソフトブラックの4色展開。

男性には、赤み控えめのモカブラウンか、ソフトブラックがおすすめです。
通常価格3240円、送料540円。

マイナチュレ カラートリートメント

マイナチュレ白髪用カラートリートメント

ランキング第3位はマイナチュレカラートリートメントです。
こちらのコンセプトは「オールインワン」。

これ1本で白髪ケア・スカルプケア・ヘアケア・エイジングケアが出来てしまうのです。
市販の白髪染めを使えばヘアダメージは避けられないというのが、以前の常識でした。

しかし、マイナチュレはしっかり白髪を染めながら、髪や頭皮に優しく、色持ちも良いのが特徴です。
頭皮のケアやアンチエイジング効果も期待出来るマイナチュレ。

白髪だけなく、髪のコシのなさや頭皮の乾燥・フケなどにお悩みの男性にもピッタリと言えるでしょう。
カラーはダークブラウラウンとブラウンの2色展開。

男性には、黒に近い発色のダークブラウンが人気です。
通常価格4298円、送料810円。

男性でも簡単!市販の白髪染めの染め方とコツ

男性でも簡単に出来る市販の白髪染めの染め方とコツ

せっかくランキングで人気の白髪染めを選んでも、正しく使わなければ上手く染まりません。
でも、あまり器用でないから自信がない、初めてで上手に染められるか不安という方もいる事と思います。

そんな男性でも安心して下さい。
市販の白髪染めで簡単キレイ!上手な白髪の染め方とコツを詳しくご紹介します。

白髪染めは事前準備が大切

白髪染めを始める前のひと手間で、仕上がりに差が出ます。
つまり、キレイに白髪を染めたいなら、事前準備が大切というわけです。

まず、白髪を染める前に髪や頭皮の汚れを落としておきましょう。
理想的なのはシャンプーした後、髪を乾かす事です。

髪にホコリや皮脂汚れが残っていると、染まりが悪くなったりムラ染めの原因になります。
整髪料をお使いの男性は特に丁寧に。

市販の白髪染めは濡れた髪より、乾いた状態の方がしっかり染まります。
シャンプー後、ドライヤーで乾かすのが難しい場合でも、タオルドライで水分を拭き取りましょう。

それも面倒だという方は、せめて丁寧にブラッシングを行って下さい。
なお、敏感肌の方は、耳周りやフェイスラインにあらかじめ、クリームを塗っておく事をおすすめします。

しっかり染める方法とコツ

市販の白髪染めでしっかり染める方法とコツは次の通りです。

1.たっぷり使う

もったいないという考えは捨て、ケチらずたっぷり使う事。
男性は髪が短い方がほとんどですから、思い切って使っても案外、長持ちするはずです。

2.染まりにくい場所から塗る

白髪染めは、耳の周り・襟足・生え際など、染まりにくい場所から塗るのがコツ。
ちょっとした事ですが、他の部分より放置時間が長くなるので発色が良くなります。
その後は、白髪の多い場所から順に塗っていきましょう。

3.放置時間は髪を温める

白髪染めは適度な温度&湿度を保つ事で、よく染まるように作られています。
放置時間中は、シャワーキャップやラップで髪を包むのがおすすめ。
さらに、ドライヤーで温めれば完璧!

4.放置時間の調整

太くて硬い髪質の方は染まりにくいため、少し長くするなど放置時間を調整しましょう。
なお、これは髪を傷めない、低刺激の白髪染めを使った場合に限ります。

アフターケアで色持ちがUPする?

色持ちをUPさせるにはアフターケアが大切!
洗浄力が強いシャンプーは色落ちを早めますので、なるべく穏やかな成分のものを使うのがおすすめです。

また、シリコンが髪の表面を覆ってしまうと、色の入りも色持ちも悪くなります。
白髪染めをされる方は、ノンシリコンのシャンプーに替えられると良いでしょう。

同じシリーズのカラーシャンプーが市販されている場合は、それを使うのがベスト。
キレイな状態がより長持ちします。

また、シャンプー後は洗いっぱなし、という男性が多いようですがこれはNG!
濡れた状態の髪はキューティクルが開いているため、隙間から色落ちしやすい状態です。

シャンプー後はすぐにドライヤーでよく乾かしましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

市販の男性用白髪染めとランキングのまとめ

市販の男性用白髪染めとランキングのまとめ

市販の男性用白髪染めランキングや、白髪染めの選び方・効果的な使い方にいてお話ししてきました。
悩みの種の白髪をセルフケアして、いつまでも若々しく過ごしましょう!

10年先20年先の頭皮環境を考えると、出来るだけダメージの少ない白髪染めを使うのが理想的。
ランキングでご紹介した、髪や頭皮に優しいトリートメントタイプの白髪染めをぜひ試してみると良いでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。