白髪染めと健康

市販で売られている白髪染めや、美容院のカラーリングなどで使われている白髪染めは、使い続けると健康被害があると言われています。
白髪染めにも副作用があります。

成分に含まれる強い毒性を持つ物質によっては、健康に重大な影響を及ぼす物もあるのです。
そこで今回は、白髪染めが健康に及ぼす影響とその原因について検証していきましょう。

白髪染めでどんな健康被害が起こる?

白髪染めとの相性によっては、突然の呼吸困難といった重度のショック症状が起こるケースも存在するので、気を付けなければなりません。
それ以外にも、目に入って失明するケース、粘膜の激しい痛みといったショック症状などが現れる場合もあるのです。

1剤と2剤を混ぜて使うタイプの白髪染めは、パラフェニレンジアミン(PPDA)やパラトルエンジアミン(PTDA)などのジアミン系薬剤が原因です。
白髪染めは、1剤と2剤を混ぜ合わせて使用します。

しかし、1剤には強いアレルギー反応や長期使用により、重篤な症状を起こす原因となるジアミンが含まれています。
また、1剤を2剤と混ぜる際に発生する中間物質にも、有害性があると報告されているのです。

では、具体的に白髪染めは、どのような健康被害があるのかを見ていきましょう。

白髪染めで湿疹やかぶれなどの健康被害が起こる

白髪染めを使用した事で起こる症状の一つは、湿疹やかぶれといった炎症です。
そこまでの状態までならなくても、頭皮がヒリヒリしたり、かゆくなったり、赤くなるといった経験は誰もがあるのではないでしょうか。

また、症状がひどくなると、ただれを起こす事もあるので、気を付けなければなりません。

白髪染めで内蔵機能の低下などの健康被害が起こる

白髪染めを長期的に使用する事で、造血機能の低下や腎臓、肝臓機能の障害などのケースが起こる場合があります。
また、白内障が発生するリスクも可能性として考えられます。

経皮毒は血液を通して行き渡るので、肝臓や腎臓以外の内臓機能にも障害を引き起こす可能性があるのです。
最悪の場合、白髪染めを使い続けると、ガンになる可能性も否定出来ません。

これはジアミン系成分であるパラフェニレンジアミンを始め、アミン系や過酸化水素水にその可能性があります。

白髪染めで発がんリスクの健康被害が起こる

白髪染めやカラーリングの染料には、発がん性物質の成分が入っていると言われています。
ジアミン系の成分は、国際がん研究機関からも発がん性物質の成分として、注意しなければいけない成分という事が公表されているのです。

アメリカの国立ガン研究所では、髪を常用的に染めている女性は、リンパ腫に掛かる危険性が50%増すという報告もあります。
白髪染めを使用してすぐにガンが発症されるというわけではありません。

しかし、頭皮に塗布するものなので、皮膚や毛穴を通じた血管への影響があります。
継続的に何十年も使用する事は、リスクを高めてしまうので控えた方が良いでしょう。

その成分は刺激が強く、吸い込む事で気持ち悪くなったり、呼吸が苦しくなったりする事があるのです。

白髪染めで健康被害が起こる原因とは?

白髪染めで健康被害が起こる原因

白髪染めは市販でも多く売られていて、頻繁に使う方も多いのです。
それが重症とも言える症状を引き起こすのは、大変怖い事ですよね。

では、なぜそのような健康被害が起こる可能性があるのか理由を見ていきましょう。

白髪染めに含まれる成分が健康被害を起こす原因となる

白髪染めの種類によっては、染料にジアミン系と呼ばれる酸化染料が含まれています。
このジアミン系成分は人によっては、湿疹やかぶれなどのアレルギーを起こす可能性があるのです。

目に入ると失明のリスクがあります。
また、症状が重くなると、喘息や呼吸困難を引き起こす可能性も挙げられます。

ジアミン系のアレルギー反応は、ある日突然起こる事もあるので油断出来ません。
そして、一度発症すると、次からはジアミン系の成分が入ったものは使用出来ない可能性が非常に高くなります。

また、漂白剤に使われる事も多い、過酸化水素水も影響している可能性も考えられるでしょう。
こうした成分も皮膚炎やアレルギー、あるいは内蔵機能障害などを引き起こす事があるのです。

白髪染めによる経皮毒が健康被害を起こす原因となる

白髪染めによる健康への問題は、使用してすぐ症状が現れる場合や、何度も使っていてある日突然起こる場合など様々です。
それには経皮毒が関係しています。

薬剤などが皮膚を通して吸収され、それが体内に蓄積される事で起こります。
長期間かけて症状が現れる場合もあれば、短期間でショック症状などが起こる場合もあるのです。

経皮毒による健康問題が起こるのは、皮膚から吸収された薬剤が血液を通って肝臓に行き、その毒素を分解しようと肝臓に重い負担が掛かります。

腎機能、肝機能の障害は、この経皮毒が原因になるケースが考えられます。
また、経皮毒が長期間に及ぶ事で、再生不良貧血や骨髄異形成症候群などの造血機能の低下を引き起こす場合もあるのです。

白髪染めで健康被害を引き起こさないためには?

白髪染めで健康被害を引き起こさないために

白髪染めの種類は豊富ですから、中には天然成分で作られているものもあります。
例えば、お茶や海藻といったものから作られている自然派の白髪染めがあります。

化学薬品が使われているものより、こうした天然素材が使われている方が、体へのダメージを減らせる可能性が高いと言えるでしょう。
天然成分が使われていても、それに加えて化学薬品が使われている物も多くあります。

安価だからと手を伸ばすと、化学薬品が多く加えられている事があります。
そのため、気を付けて選びましょう。

せっかく天然成分のものを使おうと思っても、そうして化学薬品が含まれていると、経皮毒のリスクを減らす事は難しくなります。
無添加の白髪染めを選ぶのも大切です。

白髪染めで健康被害がないトリートメントやヘナがオススメ

白髪染めの中には、敏感肌やアトピー肌の人でも使えるような物もあります。
例えば、ヘナカラーは、植物由来の天然成分で出来ています。

また、トリートメントタイプのものであれば、髪の毛を洗うついでにトリートメント感覚で使えるのです。
素手で染められるほど肌に優しく、髪にツヤも与えやすいのがメリットです。

購入する前にどんな成分で出来ているかしっかりチェックしましょう。
ヘナと書かれていたり、トリートメントタイプのものでも、値段が安い物の中には化学薬品が含まれている事があります。

白髪染めと健康のまとめ

白髪染めと健康のまとめ

白髪染めはものによっては、使い続けるとに使用すると、健康に問題が出る可能性があります。
軽い症状で済めば問題ありません。

しかし、人によっては、呼吸困難といったショック症状や命に関わる病気になる事もあります。
そういったリスクを少しでも減らすためには、使用する白髪染めはしっかりと成分をチェックして購入する事をオススメします。

2剤式のヘアカラータイプの物を使用する時は念のため、パッチテストを行うと良いと言えます。
そして、白髪染めを使用して少しでも異常を感じたら、すぐに医師に相談するなどして対応しましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めのトリートメントを紹介しています。
白髪染めの際には、ぜひ活用してみてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。