白髪染めのハーブ

最近は、美容室の広告で「天然ハーブの白髪染め」というのをよく見かけますよね。
これは、一般的な白髪染めとはどう違うのでしょうか?

天然ハーブと聞くと地肌に良さそうですが、天然植物のヘナとはどう違うのでしょう?
そこで今回は、そういった疑問点について解説していきましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

天然(ナチュラル)ハーブの白髪染めとは?

天然100%のヘナにインディゴを混ぜて使用するものをハーブカラーと言います。
天然ハーブの白髪染めとは、天然植物のヘナでありながら、ヘアカラーのようなバリエカラーバリエーションで染める事が出来るのです。

つまり、100%ヘナではありませんが、ヘアカラーの要素もあります。
ヘナカラーは暗めの色しかありません。

ただ、天然ハーブの白髪染めだと、おしゃれ染めのような様々なファッションカラーを楽しむ事が出来ます。
ハーブカラーは、白髪染めでありながらカラーバリエーションがとても豊富です。

今まで、「ヘナに興味はあるけど好みの色がないから」という事で躊躇していた方は、天然ハーブの白髪染めをオススメします。
ただし、ヘナを原料としていますが化学物質も入っているため、全く副作用がないとは言えません。

また、ヘアカラーに含まれるジアミンも入っている事があります。
そのため、アレルギーを引き起こす可能性も考えられます。

メリットとしては、ヘナは染まるまでに時間が掛かりますが、天然ハーブの場合はもう少し短期間で染める事が出来ることです。

天然(ナチュラル)ハーブの白髪染めと一般的な白髪染めはどう違う?

一般的な白髪染めは化学製品で作られているので、一ヶ月に何度も使うと頭皮が荒れてしまったりかぶれたりする事があります。
また、アレルギーを引き起こす事も考えられます。

一方で天然ハーブの白髪染めはヘナを原料としています。
そのため、そのようなかぶれやかゆみといったようなトラブルがほとんどありません。

ハーブカラーはほとんどが天然由来のヘナですから、髪に対するダメージが普通のカラーと比べて少ないのです。

天然(ナチュラル)ハーブの白髪染めとヘナとの違いは?

天然ハーブの白髪染めは、ほとんどヘナと同じです。
しかし、異なる点は天然ハーブにはヘアカラー剤が含まれています。

100%ヘナだけというわけではないので、皮膚が弱い人や頭皮がかぶれやすい方はヘナ100%の方が安心でしょう。
そのため、アレルギーのある方は、ハーブカラーでも美容院で内容成分を確認してもらった方が良いでしょう。

天然ハーブの白髪染めには、様々なカラーバリエーションがあります。
美容室によって異なるので、自分の理想の色と髪に合うものを美容師さんに見つけてもらう事をオススメします。

ハーブカラーとヘナは白髪染め

パーマカラーの白髪染めはあくまでも白髪染めなので、白髪の分量が多い人に向いています。
白髪の分量がまばらの方は、一般的なおしゃれ染めを使った方が良いでしょう。

そして、ヘナやハーブカラーは白髪染めですので、白髪にしか染まりません。
一般的なおしゃれ染めのように多くのカラーバリエーションがあり、おしゃれに白髪染め出来るため人気です。

また、ハーブカラーは頭皮の弱い方や、アレルギーのある方かぶれやすい方でも安心して使う事が出来るので、多くの病院が推奨しています。

美容院のハーブの白髪染めはリタッチは髪に優しくオススメ

美容院のハーブの白髪染めはリタッチは髪に優しくオススメ

一概には言えませんが、ハーブカラーは一般的な白髪染めと比べると髪への負担は少ないのです。
天然ハーブの白髪染めは脱色して染めるわけでなく キューティクルに色を付けるという形になりますので髪にも優しいと言えます。

しかし、美容院によって使う薬剤や配合のバランスが異なるので相談しましょう。
ハーブカラーは名前の通りハーブが配合されています。

そのため、一般的な白髪染めのようなツンとした臭いもありませんし、優しい香りがします。
ハーブカラーは健康的な明るい髪に仕上がるので、白髪が多いけれどもオシャレな色に染めたいというマダムに人気です。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めのハーブのまとめ

白髪染めのハーブのまとめ

ハーブカラーやヘナは、白髪を黒にするための白髪染めです。
ハーブカラーやヘナは染めた部分は次回から明るく出来ないので、使用する前によく考えましょう。

20代、30代の方で、白髪を明るい髪色にするには、一般的なヘアカラーの方が綺麗に染まります。
白髪染めをしたいが、頭皮が弱い方は、トリートメント効果のあるマニキュアタイプの方も人気です。

ヘアマニキュアは色落ちの心配はあります。
しかし、脱色しながら白髪も染められるアルカリカラーを頭皮に付けないように塗ってもらう方法もあります。

そして、ヘナは人によって、おでこの生え際の皮膚が染まってしまうと、数日間取れないので、その点も気を付けましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪に悩んでいる方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。