年齢と共に気になってくるのが白髪ですよね。
白髪が生えているだけで、実年齢よりも老けて見られてしまうので、上手にする必要があります。

そこで今回は、気になる白髪を自然にカバー出来る、男性用の白髪染めの選び方をご紹介しましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

市販の男性用・白髪染めの選び方

初めて白髪染めを使う時には、何を選べば良いのか迷ってる方が多いと思います。
市販の男性用の白髪染めは、なるべく無添加で地肌や髪に優しいものを選ぶと良いでしょう。

例えば、泡タイプの白髪染めは初心者でも使いやすく簡単に染める事が出来ます。
しかし、頭皮や髪が傷みやすいので、長い間使うにはあまり適していません。

白髪染めは長期的に使うものになります。
そのため、あまり刺激が強いものを使うと、頭皮がかぶれてしまったり、髪の毛がパサついたりダメージが多くなるのです。

最近は、植物由来の白髪染めトリートメントがありますので、肌や頭皮に優しいものを選ぶようにしましょう。
白髪染めカラーはダークブラウンやブラック寄りの落ち着いたカラーにすると、初めての方でも自然になるでしょう。

男性はトリートメントタイプの白髪染めでかぶれ防止

男性用の白髪染めは、女性用の成分はほとんど同じです。
ただし、女性用に比べて男性用の方が、黒の色が若干濃い目になっています。

人気のルプルプは、トリートメント効果があります。
男性でも使えてかぶれにくいのでオススメです。

お風呂に入るついでに染められるという手軽さが好評となっています。
家庭で染められるので、ビニールキャップや保温キャップを被る必要もないのも楽です。

髪の長い女性であれば、コンディショナーが必要です。
ただ、男性の短髪なら、使わなくても問題ありません。

ルプルプは、数回使っている内に、髪の指通りがとても良くなります。
ルプルプのダークブラウンの色は、真っ黒では暗すぎるという方に良いでしょう。

男性にはシャンプーの白髪染めが簡単

男性用で簡単な白髪染めを探しているなら、利尻カラーシャンプーはとても使いやすいと言えます。
自然に染まるのでオススメとなっています。

利尻カラーシャンプーは、洗いながら白髪ケアをするという新発想の簡単な白髪ケアです。
本当にシャンプーだけで、白髪が染まるのか不思議に思うかもしれません。

しかし、シャンプーで洗う度に、白髪がどんどん目立たなくなります。
キメ細かい泡なので、洗いあがりもスッキリで、使い心地も抜群です。

洗いながらムラなく染まり、自然な仕上がりになるので、とても人気があります。
多くの白髪染めは刺激が強いので、髪が傷むものが多いと言えます。

この利尻カラーシャンプーは、無添加・ノンシリコンとなっています。
そのため、髪や頭皮に優しく刺激が少ないので、サラサラな質感になります。

これまで色々な白髪染めを試した方も、利尻はヘアカラー独特の臭いも気にならないという口コミが多いのです。
利尻カラーシャンプーの色は、ライトブラウン、ダークブラウン、ブラックの3色あります。

こめかみや数本・部分的にある男性用の白髪染めの選び方

こめかみや数本・部分的にある男性用の白髪染めの選び方

部分染めは、実はバリエーションが豊富なので選択肢も沢山あります。
部分染めは全体染めに比べて染める範囲が少ないため、ダメージを抑えて染める事が出来ます。

そして、数本の白髪しかない場合は部分染めではなく、男性用の白髪染め専用のマスカラやスティックなどを使うと便利です。
気になる白髪にマスカラを付けるだけで簡単に染める事が出来ますし、シャンプーで落とす事が出来るので1本あると役立ちます。

急な外出や突然生えてきた白髪が気になる場合にオススメです。
数本の白髪であれば、部分染めというより隠し染めといった感じになります。

白髪染めヘアマスカラ・スティックは、数本の白髪染めを隠すために使うものです。
そのため、多くの白髪が目立ってきてる場合は、白髪染めトリートメントを使うようにしましょう。

男性の数本・部分白髪染めにはトリートメントタイプがオススメ

男性の数本・部分白髪染めにはトリートメントタイプがオススメです。
白髪用のヘアカラートリートメントは、普段のトリートメントの代わりに使用するため、染め忘れがありません。

白髪が気になってくると、少し伸びた時にもリタッチをしなければならないのが気になります。
しかし、白髪染めトリートメントは毎日のシャンプーの時に使う事が出来るので、わざわざリタッチする必要がありません。

また、白髪染めトリートメントは自然由来の優しい成分で作られているので、毎日使っても頭皮や髪に痛む事なく安心して使う事が出来ます。
全体染めをすると頭皮や髪が傷みやすいと言えます。

しかし、白髪染めトリートメントならばリタッチする必要がないので、手間が省けるので便利ですね。

男性の白髪染めはグレー色がオススメ

男性用の白髪染めはグレーであれば、落ち着いた感じに仕上げる事が出来ます。
真っ黒ですと、根元が伸びてきた時に黒い部分と白髪がコントラストで目立ってしまうのです。

しかし、グレイカラーであれば、根元が伸びてきた時に目立たないので、自然に白髪をなじませる事が出来るでしょう。
ブラウンカラーは明る過ぎて茶髪に近くなるので、スーツや仕事に合わない場合があります。

グレーであれば自然にスーツにも馴染みますし、根元の白髪が伸びても全体の髪の色と馴染むので自然にまとまるでしょう。
ルプルプLPLPのヘアカラートリートメントは、毎日使うだけで自然に髪がグレーに染まっていきます。

白髪が増えてきた時に気になるのが根元の白髪です。
しかし、ルプルプのヘアカラートリートメントを使えば、わざわざ根元をリタッチする必要がないので便利です。

そして、海藻を主原料とした自然派の白髪染めのため、地肌や頭皮に優しく毎日使う事が出来ます。

男性が白髪染めを利用する期間・間隔は?

男性が白髪染めを利用する期間・間隔

男性が白髪染めを利用する期間は、市販の白髪染めであれば、だいたい1~2カ月くらいと考えておくと良いでしょう。
人によって白髪が生えるスピードや白髪の分量が違うので、一概には言えませんが、大抵一か月一回に抑えておくと良いでしょう。

一か月に何度もリタッチをすると髪や頭皮が傷みやすくなるので、最低でも1ヶ月に一回に押さえておくと良いです。
根元の白髪がどうしても目立ってきてしまう場合は、ブラックではなくグレイカラーを選び、全体の髪の色を明るくして白髪を目立たなくさせる方法もあります。

また、白髪染めトリートメントを使うとリタッチする必要がなく、毎日徐々に染める事が出来るのでオススメです。

白髪が気になる男性が美容院に行く頻度は?

男性が美容室での白髪染めをする頻度は、2ヶ月くらいが目安になります。
美容院での白髪染めの良い事は、白髪の量と白髪の生えるスピードなどを総合的に判断して適切な髪色にしてくれる事です。

そして、セルフでは染まりにくい襟足や生え際の部分も、美容院ならば綺麗にムラなく染める事が出来ます。
そして、セルフでは単色で塗る事になりますが、美容院では自然なグラデーションを付けたり髪全体のバランスを考えてくれるのです。

ですから、多少白髪が伸びても目立たなくする事が出来るでしょう。
美容院での白髪染めは私を金銭的に掛かりますが、一か月で一回で済み、リタッチの必要がない事を考えると逆に経済的になる場合もあるのです。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

男性の白髪染めのまとめ

男性の白髪染めのまとめ

男性の白髪染めは、実際にいくつか使ってみて、自分のベストな商品を見つけて行くと良いでしょう。
使用頻度に関しては、洗髪の仕方や髪の伸びる速度など人それぞれ異なります。

ルプルプのカラートリートメントや利尻のカラーシャンプーは、毎日使用しても頭皮に優しいのでオススメです。
特に40代以降は、頭皮の健康状態をキレイに保つために、刺激の少ないものに切り替えて行きましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪で悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。