白髪を切る方法

鏡を見て数本の白髪を見つけたら、切ってしまえば目立たなくなります。
数本の白髪であれば根元からカットしてしまう方法が一番簡単です。

根元からカットしてしまえば、長い白髪も目立つ事はありません。
しかし、また伸びてきた時に、白髪がピンと立ってしまい余計に目立ってしまうというデメリットもあります。

ですから、白髪の量が多い場合は、白髪染めを使った方が良いでしょう。
そこで今回は、数本の白髪を見つけた時に正しく切る方法をご紹介します。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪をハサミで切る方法

白髪が目立つようになったら、 1本ずつ切っている人が多いと思います。
この白髪だけを切るという作業は、意外と難しいのです。

目的の白髪を1本だけ摘まんで引っ張り根元の方をハサミでチョキンと切ろうとすると、隣の黒い髪まで2~3本切ってしまう事も多々あると思います。
そこで、髪を傷めずに正しくカットする方法は、目的の白髪を1本だけ左手で摘まんでおき、右手のハサミを髪の毛の中に入れます。

片側だけの刃だけを滑らせるようにすると、白髪だけが上手く切る事が出来ます。
刃物はピンと張ったものしか切れないので、たとえ黒髪の上も一緒に滑らしたとしても、摘まんだ白髪だけが上手く切れるというわけです。

白髪はシザーで切る方法は大丈夫?

シザーカットとは、カミソリを使って切る方法です。
現在では、美容室でもほとんど髪専用のハサミを使って切る事が多いです。

しかし、今でも髪の毛に動きを出すために、カミソリ(シザー)を併用して使う美容師さんもいます。
カミソリで切るメリットは髪に動きが出るため、軽やかなイメージになる事です。

ですから、髪の量が多く軽く見せたい場合は、カミソリでカットすると動きが出て軽やかなヘアスタイルになります。
しかし、セルフでカミソリでカットするには難しいのでハサミの方が簡単です。

白髪を数本見つけた場合は、髪の毛専用のハサミで根元からカットすると一番簡単に対処出来ます。

白髪を根本から切る方法

白髪を根本から切る方法

数本の白髪であれば根元から白髪をカットするのが、一番簡単に目立たなくする方法となっています。
根本からカットすれば、毛根を痛める事もなくオススメです。

たった数本の場合は、つい抜きたくなってしまいます。
しかし、無理に抜いてしまうと毛根を痛め付けてしまい、毛母細胞が傷んでしまうので良くありません。

白髪を根本からカットしても、伸びた時にはピンと白い毛が頭のてっぺんから伸びて目立ってしまう事があります。
ですから、白髪の量が多い場合には、切るのではなく白髪染めトリートメントを使って染める方と良いでしょう。

白髪は切る?抜く?正しい方法

白髪は切るか抜くか正しい方法

たった数本の白髪を見つけると、つい抜きたくなってしまいます。
しかし、無理に白髪を抜いてしまうと、毛根の毛乳頭を傷付けてしまう事になるので頭皮のために良くありません。

毛乳頭は、健康的な黒髪を作るメラニン色素に必要な栄養素を送る大事なものです。
毛乳頭にはたった一本の髪ではなく、2~3本が生えてきます。

そのため、1本の白髪のために毛乳頭を傷付けてしまうと、他の健康的な黒髪にも傷影響が出てしまいます。
そして、何度も髪の毛を抜いてしまうと、毛乳頭から髪の毛が生えてこなくなるという病気にもなってしまうのです。

ですから、無理に髪の毛を抜く事は、黒髪だけでなく白髪さえも入ってこなくなってしまうリスクがあるので止めた方が良いでしょう。
そして、無理に白髪を抜いたとしても、白髪を予防する事にはならず、一時的な対処法にしかならないのでオススメではありません。

抜くのであれば、切った方がマシでしょう。

白髪を切る量が増えたら白髪染めトリートメントで染める

白髪を切る量が増えたら白髪染めトリートメント

白髪の切る量が増えてきたら、白髪染めトリートメントで髪の毛を染める事をオススメします。
白髪の量が増え始めたら、髪の毛全体を明るめのカラーにするのがコツです。

ポイントは白髪染めのカラーを明るめにするという事です。
ブラックやダークブラウンと言った濃いめの色にしてしまうと、根本に新しく白髪が伸びてきてしまった時に目立ってしまうのです。

しかし、全体を明るい色にしておく根元から白髪が伸びたとしても、全体の髪の色が軽いので目立たなくなります。
また、全体を明るい色にしておくと、新しい白髪が生えた時にリタッチする回数も減る事が出来るので髪のダメージにもなりません。

市販の白髪染めは化学物質が多く入っており、長い間使い続けると髪がきしんだり、また頭皮がかぶれたりするというトラブルが起きる可能性があります。
白髪染めトリートメントは、毎日のトリートメント代わりに使うだけで髪の毛を徐々に染める事が出来るのです。

そして、素手で使っても問題ないぐらいに髪に優しく敏感肌や頭皮がかぶれやすい方も安心して使えます。
自然派ヘアカラーでは、「ルプルプ」「利尻トリートメント」などが地肌に優しくオススメです。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪を切る方法のまとめ

白髪を切る方法のまとめ

染めるほどの白髪の量でなければ、自分で白髪を根本からカットするのが最も簡単です。
白髪を見つけて白髪だけを根元から切るというのは、意外と難しい作業です。

そのため、家族にカットをお願いしてもらうのも良いでしょう。
特に後頭部の方に白髪があるかを自分でチェックするのは難しいと言えます。

美容院に行った時に、担当の美容師さんにセルフカットの方法を実際に教えてもらうと役立ちます。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。