少しの白髪染め

最近、白髪が目立ち始めた方は、まだ白髪染めを使うのは早いかな?と思う方も多いでしょう。
実際、少しの白髪であれば、おしゃれ染めでカラーを楽しみたいですよね。

でも、白髪がこれから増えてくると、ヘアカラーで白髪を染める事が出来るのかどうか悩む所です。
少量の白髪ならば、全体を白髪染めしなくても良い方法があります。

そこで今回は、少しの白髪にはどんな白髪染めが最適なのかご紹介しましょう。

少しの白髪にオススメの白髪染めは?

若いうちから少しの白髪がある場合、白髪染めで白髪をカバーするのは、かなり抵抗がありますよね。
高校生の方までは、校則でカラーリングやパーマは出来ない方も多いと言えます。

まばらにある少量の白髪を何とかしたい方には、ヘアマニキュアがオススメです。
ヘアマニキュアの濃いブラウンか黒などの地毛に近い色は、白髪をごまかす事が出来ます。

白髪でない通常の黒の髪に対しては、色が変わりません。
ヘアマニキュアは、髪の表面をコーティングしているだけです。

そのため、全体に色は付きますが、ヘアカラーのようにブリーチ力はありません。
ヘアマニキュアなら、ヘアカラーのようにブリーチ剤が入っていません。

そのため、時間が経つと髪全体が明るくなる心配もないのです。

少しずつ染められるトリートメントタイプがオススメ

ヘアカラートリートメントは、2剤式の強い白髪染めとは違って、少しずつ染毛料が髪に浸透していくものです。
少量の白髪や部分白髪に悩む方にもオススメです。

綺麗に染めるコツとしては、乾いた髪に使うと仕上がりが良くなります。
その後シャンプーし、もう一度通常のトリートメントを使いましょう。

染まりのスピードは、個人の髪質よって変わってきます。
たいていは、2~3日は続けて使うのがポイントです。

もし、3日連続して染めてもまだ染まりが浅いと感じる方は、もう少し続けて使った方が続けて使った方が綺麗に染まります。
白髪にどれくらい色が入っているか、染めた後にチェックしながら使いましょう。

また、シャンプーの後に使っても大丈夫です。
しかし、よく水分を拭き取って使わないと、色が入りづらいので気を付けましょう。

少しの白髪には白髪染めとヘアカラーどっち?

少しの白髪には白髪染めとヘアカラーどちらが最適

白髪染めは極力したくないけど、白髪はある程度カバー出来て、明るく染めたい方にオススメの方法をご紹介します。
それは、白髪染めとおしゃれ染めを1:1、もしくは1:2で調合する事です。

白髪の割合や染まりやすい髪質かによって、薬剤の対比は調整しましょう。
仕上がりについては、どうしても白髪染めだけで染めると暗くなりがちです。

しかし、おしゃれ染めと混ぜ合わせる事で、明るさを演出出来ます。
ただし、この方法は少しの白髪が気になる人向けです。

そのため、白髪が多い方は、白髪染めだけを使いましょう。
しっかり染めたい場合は、7レベルのカラー剤で染めれば、白髪はしっかり染まるでしょう。

結構明るくしたい方は、白髪染めで一番明るいベージュブラウンを、1:1から3:1の割合で調合して染める事をオススメします。

少しずつ染まる男性用の白髪染めは?

少しずつ染まる男性用の白髪染め

白髪染めカラーシャンプーや白髪染めトリートメントならば、少しずつ染める事が出来ます。
そのため、少量の白髪対策にオススメです。

1度で真っ黒に染まるという事がないので、徐々に自然な感じで白髪を染める事が出来ます。
カラーシャンプーやカラートリートメントは、白髪染め初心者の方や、髪や地肌の健康を気にする方に向いています。

また、これらは黒を選んでも、真っ黒に染まる事がないので、仕上がりも自然です。

男性用の白髪にはシャンプータイプがオススメ

白髪染めカラーシャンプーで、男性に一番人気の色はブラックです。
ブラックの中でも、白髪をぼかすブラックが選ばれています。

黒と言っても、白髪染めシャンプーは、1度使うだけでは真っ黒には染まりません。
白髪染めシャンプーとは、髪の毛を洗いながら、白髪の表面に色を付けていくヘアマニュキュアタイプです。

30代の男性は、少しの白髪やつむじ白髪対策用に、ほぼ毎日使っている方も多いと言えます。
使用すればするほど、色が定着する感じですから、徐々に染める感じですね。

白髪を茶髪にする事で黒髪が合わなくなる場合もあるため、注意しなければなりません。
また、カラーシャンプーは、頭皮に優しく長く使い続けても髪が痛む事はありません。

洗いながら染められ、しかも放置時間が必要ない、手間なしで一番簡単な白髪ケアだと言えます。

少しの白髪のまとめ

少しの白髪のまとめ

部分的に発生している少しの白髪のために、前頭を白髪染めを行うのは、他の髪や頭皮を傷める原因にもなるのでオススメ出来ません。

  • ヘアマニキュアを部分的に使用
  • カラーシャンプー
  • トリートメントカラー

少しの白髪は、以上の方法でカバーしましょう。
男性には、洗浄力の強い成分を使用したシャンプーはオススメ出来ません。

例えば、利尻のカラーシャンプーなら、アミノ酸系の洗浄成分を使用しているので、地肌や髪に優しくオススメです。
当サイトでは、管理人も実際に使用した白髪染めトリートメントをご紹介しています。

少しの白髪で悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてみてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。