白髪とマニキュア

白髪染めを使い続けると、髪へのダメージは避けられません。
白髪染めは、一度色を入れる前に髪を脱色してから染めていくので、どうしても髪への大きなダメージは避けられないのです。

白髪は気になるけれど、髪が傷んでツヤがなくバサバサになってしまったら悲しいものですよね。
白髪が染まると若々しくなりますが、髪のツヤやハリが失われている髪では美しくは見えません。

そこで今回は、髪と頭皮に優しく、美しさも失わないヘアマニキュアを使った白髪染めをご紹介します。

白髪染めにはヘアマニキュアがオススメの理由

白髪染めは、まず髪を脱色してから色を入れるので、この脱色が髪に大きなダメージを与えます。
これに対してヘアマニキュアは、髪のツヤを出す目的で髪の表面をコーティングしてくれる役割を持っているのです。

白髪で悩んでいる人で、髪の傷みも気になる人は、この白髪用のヘアマニキュアで一気に悩みが解消するでしょう。
ただし、ドラッグストアなどで安価で売っている白髪染め用ヘアマニキュアには、ほとんどの商品に脱色剤が含まれています。

要はヘアマニキュア成分を足して混合剤となっている商品がほとんどです。
ですから美容院であれば、白髪用のヘアマニキュアを施術してもらう事が出来ます。

プロ専用の商品であれば、プロの技術もあって、仕上がりも綺麗に仕上がるのでオススメです。

白髪染めにはヘアカラーよりヘアマニキュアが痛まない

一般的な白髪染め(ヘアカラー)は、髪の毛を脱色してから、染料を髪内部に浸透させます。
色持ちの目安は、1~2か月程度と良いので、白髪ケアの頻度を減らしやすいのです。

しかし、髪や頭皮への負担が掛かり、使用のたびに必ずパッチテストが必要なのがデメリット。
一方ヘアマニキュアは、髪の表面に色をコーティングしていく方法となっています。

髪を脱色しませんから、ダメージは最小限で済むというわけです。
ヘアマニキュアの性質上、毎日退色していきやすいので約1ヶ月の間隔となります。

ヘアマニキュアの退色を少しでも抑えるには、毎日のシャンプーをお湯だけで洗うという方法が有効的。
これを「湯シャン」と言いますが、頭皮が健康になるので白髪の改善にも効果的です。

有名シャンもヘアマニキュアとあわせて試してみるのも良いでしょう。

ヘアマニキュアは根元の白髪が染まらない?

ヘアマニキュアだと根元1㎜〜2㎜が染められません。
ヘアマニキュアや酸性カラーは固いタンパク質を染められるようにできているカラー剤です。

よって、頭皮も髪と同じようにタンパク質で出来ているので、ペタッとつくと染まってしまいます。
すから、美容院ではヘアマニキュアを頭皮につけないようにするために、櫛(クシ)を使って染めていくのです。

頭皮にカラー剤を付けずに、根本ギリギリから白髪を染めるというのは技術が要りますよね。
ヘアマニキュアが上手く仕上がらない場合は、やはり美容院で施術してもらう事をオススメします。

色持ちに関しては白髪の量にもよりますが、白髪が多い方は3週間から4週間くらいが目安です。
3週間以上たてばヘアマニキュアもヘアカラーも伸びてきた所が気になってくるでしょう。

白髪を明るくしたい人は赤・ピンクのヘアマニキュアがオススメ

ヘアマニキュアで白髪を染めた場合、黒い髪も染まっているけど色が見えないと言う感じになります。
ヘアマニキュアはメラニン色素を脱色する事が出来ませんので、黒髪は上から色を付けても染めた色が見えないのです。

ですから、ヘアマニキュアの色を選ぶときはマニキュアの色だけでなく、白髪の生えている量が染め上がりの色に大きく関係してきます。
部分白髪が多い方は、明るいマニキュアを使えば、そこはメッシュを入れたように白髪だけが明るい色で染め上がるでしょう。

また、地毛と同じようなダークブラウンで染めれば元々の髪色となじませて染める事が出来ます。

美容院も白髪染めにヘアマニキュアを勧めている

ヘアマニキュアを使って色味を入れたり白髪染めをすると、髪の毛をダメージさせる事もなく表面をコーティングするので艶も良くなります。
美容院も痛みにくい白髪染めとしてヘアマニキュアを勧めているのです。

白髪染めではなく、ヘアマニキュアを使って黒染めや色味を入れたいと考えている方も同じと言えます。
自分で白髪の量や明るさに合わせてカラー剤を使い分けたり、塗り分けたりするのは難しいものですよね。

美容室では、一人一人の状態に合わせたカラーで染める事が出来るので仕上がりが綺麗です。
ヘアマニキュアは仕上がりのイメージが難しいので、美容師に施術してもらうと良いでしょう。

白髪用・市販のヘアマニキュアの選び方

白髪用・市販のヘアマニキュアの選び方

ヘアマニキュアは、脱色を伴う白髪染めより髪への負担が比較的少ないと言われています。
しかし、1週間ほど経つと髪の感触がゴワゴワとしてくる事も。

髪の表面に付着したマニキュアが時間と共に剥がれていく時に、キューティクルも一緒に剥がれてしまう事があるからです。
また、酸性染料を利用したヘアマニキュアを行う際に、髪の毛のイオンバランスが崩れる事で髪のキューティクルが傷みやすくなる事があります。

市販の白髪用ヘアマニキュアを選ぶ時は、潤い成分が配合されているものがオススメです。
ローヤルゼリーエキスやパールエキスは、髪のパサつきを抑えながらツヤのある髪へ仕上げてくれます。

そして、ヘアマニキュアを行った後は、トリートメントで丁寧なアフターケアを行いましょう。

白髪とマニキュアのまとめ

白髪とマニキュアのまとめ

白髪を染めるには、地肌と髪に優しいヘアマニキュアがオススメです。
人気の利尻トリートメントやルプルプのヘアトリートメントも、自然派の白髪染めの人気ブランドとなっています。

何と言ってもヘアマニキュアやトリートメントは、髪と頭皮にダメージがない事が大きなメリットですね。
白髪染めをへアマニキュアに変える事で、ヘアダメージのストレスを解消する事が出来ます。

セルフでも美容院でもぜひ白髪染めのヘアマニキュアを試してみてください。
当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。

白髪に悩んでいる方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。