白髪染めウィービング

白髪を染め始めると、髪が伸びる速さに苛立つ事もありますよね。
少し前に根元まで染めたばかりなのに、いつの間にか根元が白くなっていると、また染めなくてはならず、うんざりすると思います。

白髪が気になりだすと、すぐに白髪染め等を使って、白髪を隠す事を考えてしまうものです。
しかし、逆転の発想で白髪を生かして楽しむ方法もあります。

それが、いま注目されているウィービングです。
今回は、白髪のある髪も髪色の一つとして楽しめるウィービングについて、ご紹介していきます。

白髪染めウィービングって何?

ウィービングとは、ハイライトよりもっと細く毛束を作り、全体的に明るめの色と暗めの色を筋状に入れる方法の事を言います。
毛束は3ミリ程度、幅は1センチ弱が基本で、立体的に見える上に、白髪が目立たなくなります。

毛束の太さや幅を色々変えれば、スタイリッシュで、おしゃれな印象になりますよ。
白髪が多い場合は、最初に根元を染めてからウィービングをします。

しかし、まだそれほど目立たない場合は、そのままやっても大丈夫です。
ウィービング用の櫛は、ヘアカラーパネルという名称で通販で販売されています。

興味のある方はやってみると良いでしょう。
ハイライトやウィービングは、素人がやると綺麗なグラデーションを作る事は難しいと言えます。

入れる位置のバランスを決めるのも大変かもしれません。
白髪が多い人が目立たないように染めるには、数か月に一度美容院でしてもらいましょう。

白髪染めウィービングカラーのメリット

では、普通の白髪染めと比べての、ウィービングカラーのメリットを見ていきましょう。
ウィービングは段階的に色を付けていくため、髪の毛にグラデーション効果を与えます。

仕上がりはとても立体感があり、ツヤ感を出す事が出来るので、若々しい印象になります。
そして、髪色の視覚効果によって、髪がボリュームアップして見える事もメリットです。

ウィービングは、薬剤を髪の毛全体に付けるのではなく、部分的にアルミホイルを使って付けていきます。
そのため、頭皮や髪に優しいメリットがあります。

普通の白髪染めに比べて、髪の毛や頭皮に与えるダメージが抑えられる点が魅力と言えます。

ウィービングは白髪を活かす白髪染め

ウィービングは、髪の毛束(チップ)を少量ずつ規則的に取り出して、アルミホイルに乗せ薬剤を塗り、すじ状にカラーリングしていく方法です。
ウィービングは白髪を生かして、規則的なすじ状の線を入れます。

メッシュは不規則に線を入れる事で、ベースよりも暗い色、もしくは明るい色で線を入れます。
ウィービングのピッチ(間隔)は 一般的に1cm。

チップの幅は3mm、5mmなどがあり、その幅によって仕上がりや雰囲気が変わります。
全体にウィービングを行う場合は、多くても3割程度、フェイスラインや前髪など部分的に入れる事も可能です。

ウィービングは、白髪を隠すのではなく、白髪と長く付き合っていく白髪染めの方法です。
そのため、誰にもオススメ出来ます。

また、ウィービングでヘアースタイルを立体的に見せる事が可能です。
顔の平面的な所もカバー出来ます。

ウィービングは立体的に仕上がる白髪染め

ハイライトを明るめの色にすれば、グラデーション効果によって白髪をあまり目立たせる事なく、自然になじませる事が出来ます。
白髪が多い方に非常に嬉しいカラーリング方法と言えるでしょう。

一般的なパーマやカラーリング、白髪染めは、一度髪の毛のキューティクルを無理やり開き、そこに薬剤をしみこませるメカニズムとなっています。
そのため、髪の毛が傷んでしまうという大きなデメリットがあるのです。

しかし、ウィービングならば、部分的に色を付けるだけです。
そのため、パーマをした髪の毛も傷みをそれほど気にする事なく行う事が出来ます。

そして、ヘアスタイルをより立体的に思いのままに楽しむ事が出来るでしょう。

ウィービングはお洒落な印象の白髪染め

ウィービングは、段階的に色を付けていきます。
そのため、髪の毛にグラデーション効果を与えて、立体感やツヤ感を出す事が出来ます。

加齢と共に、女性は白髪や薄毛などの髪の毛に関する悩みや不安が増えます。
しかし、髪色の視覚効果によって、ボリュームアップして見せる事が出来るのです。

ウィービングは薬剤を髪の毛全体に付けるわけではなく、部分的に髪部分にアルミホイルを使って付けていく手法となっています。
そのため、カラーリングや白髪染めに比べて、髪の毛や頭皮に与えるダメージが抑えられるメリットもあります。

ウィービングは元の髪の毛の色はそのままで、部分的にハイライトやローライトを入れるだけです。
そのため、色の段差が目立ちません。

ウィービングは白髪が伸びても目立たない白髪染め

ウィービングとは、特殊な技術を使用するカラーリング技法。
明るい色や暗い色をすじ状に入れて、立体感や動きを出すテクニックです。

アルミホイルの下の髪色とチップの髪色の差が、ヘアスタイルを立体的に見せてくれます。
ですから、新しい白髪が生えてきても目立つ事なく、根本部分の自毛の色が目立ってプリン状態になる事がないのです。

サロンでカラーをするなら、オリジナルカラーでより綺麗に染まるウィービングがオススメです。

白髪染めウィービングのまとめ

白髪染めウィービングのまとめ

ウィービングは、カラーリングに比べ、より立体感やツヤ感を出します。
また、白髪を目立たせる事なくボリュームアップして魅せる事が出来ます。

髪の毛や頭皮を傷める心配も少ないため、白髪や薄毛が気になる女性に人気が出てきています。
ただし、少量の毛束を取りその部分だけカラーを入れていくなど、細かく手間の掛かる作業です。

そのため、ウィービングを実施している美容室はまだ少ないと言えます。
髪に色を付ける際に使うアルミホイルの枚数や、髪の毛の長さなどで料金を設定している美容室など様々です。

そのため、事前に確認をしておくと良いでしょう。
白髪がある事をネガティブに考えずに、ウィービングによって、白髪を生かしたヘアスタイルでお洒落を楽しんでみるのも良いと思います。

当サイトでは、管理人も利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
トリートメントを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。