白髪染めと妊婦

妊娠中は体に様々な変化が起こります。
そして、妊婦が白髪染めを使うと胎児に何かしら悪い影響があると言われています。

実際に妊婦が白髪染めを使うと、胎児にどのような影響があるのか、ここで検証していきたいと思います。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

妊婦の白髪染めが安全ではないと言われる理由

妊婦が白髪染めを使用すべきでないと言われている理由のひとつは、アルカリのツンとした匂いです。
白髪染めには独特のツンとしたアルカリの匂いがあるため、妊娠中にその匂いで気分が悪くなってしまったり、吐き気を催したりしてしまう可能性があります。

特につわり中は、様々な匂いが過敏に反応してしまうので、白髪染めの匂いも気分が悪くなるかもしれません。
つわりの時期は胎児の成長が激しいため、この時期に化学物質が多く含まれた刺激の強い白髪染めを使うと、胎児にも悪影響があると考えられます。

ですから、特に妊婦のつわり時期のデリケートの時に白髪染めを使うのはオススメではありません。

妊婦が白髪染めを使うとジアミンが胎児に悪影響を及ぼす

妊婦が白髪染めを使わない方が良いと言われている理由の一つは、ジアミンという強力な化学物質が含まれている事です。
ジアミンとは発がん性物質の一つと言われている程、とても強力な物質と言われています。

妊婦が白髪染めを使ってしまうと、ジアミンが皮膚を通して、身体に少しずつ蓄積されてしまうのです。
しかし、お腹の胎児が細胞分裂を繰り返す大切な時期に白髪染め使ってしまうと、お腹の胎児にジアミンが影響すると考えられます。

白髪染めに含まれているジアミンはごく少量ですが、たった少しの量でも子供に悪い影響があると考えられるからです。
妊婦は、全ての栄養素を毛細血管を通して赤ちゃんに送られます。

そのため、刺激の強い白髪染めを使うと毛細血管を通して、胎児に行き届いてしまう可能性も否定出来ません。

妊婦が白髪染めにヘナを使っても大丈夫?

妊婦が白髪染めにヘナを使っても大丈夫か

ヘナは白髪染めの中でも安全性が高いと言われています。
それでも、妊婦に使う事は出来るのでしょうか。

結論から言うと、品質の高いヘナであれば問題ありません。
市販でも販売されていますが、美容院で行うのが確実な方法と言えるでしょう。

妊婦が安心して使える白髪染めの選び方

妊婦が安心して使える白髪染めの選び方

妊娠中だからと言って、ヘナやカラーが絶対にダメだという事はないのです。
今のところ、妊婦がカラー剤によって胎児に影響を及ぼした例はありません。

しかし、妊婦は肌が敏感になる方もいるので、頭皮がかぶれやすいと言えます。
また、長時間座るなど無理な体勢を続けるのは避けた方が良いのです。

美容院で施術してもらう時は、妊娠している旨を予め伝えましょう。
肌が敏感になる方もいるので、心配な方はパッチテストをお願いしてから施術すると安心です。

妊婦が白髪染めを使うなら無添加を選ぼう

妊婦が白髪用トリートメントを選ぶ際、配合成分に注目しましょう。
配合成分は商品によって異なります。

有毒性のある成分・安心出来る成分の違いを把握しなければなりません。
ジアミン・タールなどの成分が含まれていると、妊婦に悪影響がある場合があります。

もちろん、美容院で使用されている白髪染めにも含まれている場合があるため注意しなければなりません。
購入する前に、これらの成分が含まれていないかどうかを確認しておくようにしてください。

妊婦の白髪染めは無添加のトリートメントタイプがオススメ

妊婦さんもどうしても白髪染めが使いたいという事もあるでしょう。
そういった時には、刺激の強い白髪染めではなく、無添加の自然派由来の白髪染めトリートメント使う事をオススメします。

例えば、ネット通販でも人気のループルプや利尻ートリートメントは、素手で使えるほど、地肌と頭皮に頭皮と髪に優しい白髪染めです。
毎日使ってもかぶれる事なく、逆に栄養成分が頭皮に行き渡るため、髪がツルツル綺麗になります。

そして、お腹の赤ちゃんにも悪影響がありません。
そのため、つわりがひどい妊婦さんでも安心して使う事が出来るでしょう。

妊婦は市販の白髪染めより美容院の施術がオススメ

妊婦は市販の白髪染めより美容院の施術がオススメ

基本的に、妊娠中は美容院でも白髪染めを使わない方が良いと推奨しています。
また、白髪染めのパッケージを見ても、妊娠中は使用をお控えくださいと記載があるのです。

どうしても妊婦さんが白髪染めを使いたいという場合は、美容院に行って髪や頭皮にダメージの少ない白髪染めを使うと良いでしょう。
例えば、無添加のオーガニック系の白髪染めを使ったり、化学物質が少ないものを使う事で、妊娠中でも白髪染めを使う事が出来ます。

ドラッグストアや薬局で販売されている一般的な強力な白髪染めよりは、美容院で使う染色剤の方が安心です。
ただし、美容院によっては妊婦さんは白髪染めとパーマ液を使わないとしている所もあるので、事前に電話で問い合わせてみると良いでしょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

妊婦と白髪染めのまとめ

妊婦と白髪染めのまとめ

妊婦でも、胎児に影響なく白髪染めを使う事は出来ます。
しかし、妊娠中で敏感になった皮膚は刺激を感じやすくなる時期です。

また、匂いに関しても妊婦になると非常に敏感になります。
身体の体調を見ながら白髪染めを行っていくようにしましょう。

また、自宅で行う場合には無添加のトリートメントタイプがオススメです。
アレルギーがある方はもちろん、妊婦の方でも安全に利用する事が出来ます。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。