白髪染めと妊婦

妊娠中はホルモンの変化やストレス、栄養不足などによって今までなかった白髪が出来る方が多いでしょう。
そこで気になるのが、妊娠中の白髪染めの使用です。

妊娠中は、胎児に悪影響のあるような物も極力避けたいですよね。
妊婦が白髪染めを使うと、胎児に悪影響があるのでしょうか?

そこで今回は、妊婦が白髪染めをしても大丈夫なのか検証していきたいと思います。

妊婦の白髪染めが安全ではないと言われる理由

白髪染めにはツーンとした匂いがあり、それが体調を崩す原因になると言われています。
特に、つわり中の女性は匂いにかなりデリケートなので、白髪染めの強い匂いによって体調を崩す事がありますから注意が必要です。

つわりの時期が終わってから白髪染めをした方が良いでしょう。
また、妊婦が白髪染めを使うと頭皮がかぶれやすいと言われています。

妊娠中は皮膚は非常にデリケートですので、白髪染めの薬剤でかぶれたり、アレルギーの原因となる事があるのです。
いつもの日常的に使っていたケアアイテムでも妊娠中にかぶれるケースもあります。

かぶれなどの症状が起こった際には、白髪染めは控えるようにしましょう。

妊婦が白髪染めを使うとジアミンが胎児に悪影響を及ぼす

妊娠中に白髪染めをしたからと言って、お腹の赤ちゃんに対する直接的な悪影響はありません。
白髪染めは毎日使うものではないので、取り込まれる薬剤は極小量。

赤ちゃんへの影響はそこまで気にする必要はないでしょう。
しかし、白髪染めに使用されている薬剤が頭皮を通して毛細血管に入り、母親の血液から赤ちゃんに送られるという可能性はあります。

サロンでは「妊婦さんお断り」の場所があったり、市販の白髪染めの説明書にも「妊娠中の方の使用はお控えください」などと書いてある事も少なくありません。
気になる方は、白髪染めだけでなく毎日使うシャンプーやコンディショナーの薬剤も気を使うと良いでしょう。

妊婦が白髪染めにヘナを使っても大丈夫?

妊婦が白髪染めにヘナを使っても大丈夫か

皮膚の中でも頭皮からのヘナの吸収力には凄いものがあります。
しかし、ヘナは内服する事も出来る薬草としての効能があるので、赤ちゃんの体内に入っても害があるというわけではありません。

品質の確かなヘナを使っているのであれば、問題ないと言えます。
最近はケミカルなものを含むヘナもあるので、100%ヘナを使うようにすると良いでしょう。

妊婦が安心して使える白髪染めの選び方

妊婦が安心して使える白髪染めの選び方

妊娠中だからと言って、ヘナやカラーが絶対にダメだという事はないのです。
今のところ、妊婦がカラー剤によって胎児に影響を及ぼした例はありません。

しかし、妊娠中は肌が敏感になる方もいるので、頭皮がかぶれやすいと言えます。
また、長時間座るなど無理な体勢を続けるのは避けた方が良いのです。

美容院で施術してもらう時は、妊娠している旨を予め伝えましょう。
体勢がキツくなったりツラくなったりしたら、座り方を変えて無理のないようにしてください。

肌が敏感になる方もいるので、心配な方はパッチテストをお願いしてから施術すると安心です。

妊婦が白髪染めを使うなら無添加を選ぼう

妊婦が白髪用トリートメントを選ぶ際、配合成分に注目しましょう。
配合成分は商品によって異なります。

有毒性のある成分・安心出来る成分の違いを把握しなければなりません。
美容室で使われるトリートメンはほとんどがジアミン系、タール系の色素が入っており、有毒性のある成分です。

トリートメントを購入する前に、ジアミン系・タール系の有毒性成分が含まれていないかどうか成分表を必ず確認しましょう。

妊婦の白髪染めは無添加のトリートメントタイプがオススメ

妊婦が安心して使える白髪染めのタイプですが、最近は優秀なセルフタイプの白髪染めが出ています。
髪と頭皮をいたわりつつ染める事が出来るトリートメントタイプの白髪染めがオススメです。

「ヘアカラートリートメント」と呼ばれる種類の白髪染めになります。
人気のルプルプは、無添加で素手のままトリートメント感覚で染める事が出来る優秀なタイプ。

妊娠中の方でも安心して使う事ができ、万が一気分が悪くなる事があっても安心です。
妊娠中はどんな時でも、自分の体調とお腹の赤ちゃんの事を最優先するようにしましょう。

妊婦は市販の白髪染めより美容院の施術がオススメ

妊婦は市販の白髪染めより美容院の施術がオススメ

美容院で使用する白髪染めは、市販のものよりは肌に優しいものを使ってるのでオススメです。
しかし、美容院によっては妊婦さんへの施術をお断りしている場合もありますので、予めお店に行く前に電話で問い合わせてみましょう。

予約の際には、自身が妊婦である事やお腹の大きさなどを事前に相談し、美容院側にも配慮してもらうと良いです。

妊婦と白髪染めのまとめ

妊婦と白髪染めのまとめ

妊娠中でも、胎児に影響なく白髪染めを使う事は出来ます。
しかし、妊娠中で敏感になった皮膚は刺激を感じやすくなる時期です。

特に妊娠中は、今まで気にならなかったような匂いでも急にダメになったりなど、変化が激しくなります。
妊娠中に白髪染めを行う際は、体調がいい時に様子を見ながらするようにしましょう。

セルフケアの場合は、無添加で安全なトリートメントタイプを選ぶようにすると良いです。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。