白髪のカラー

白髪染めとヘアカラーは、どちらも髪を染める物ですが、何か違いはあるのでしょうか。
実は、白髪染めもヘアカラーの一種ですので、主な成分や原理は一緒です。

白髪染めとヘアカラーが異なる部分は、成分の配合バランスとなっています。
どう染めたいかによって配合量が変わってきます。

年齢と共に白髪が目立ってきたけど、ヘアカラーから白髪染めに変えた方が良いのかな?と悩む事がありますよね。
今回は、白髪染めとヘアカラーの違いなどについて解説していきます。

今回は、そんな方のために、白髪染めと普通のヘアカラーの違いについて詳しくご説明します。

白髪染めとヘアカラーの違い

白髪染めとヘアカラーは、どちらも髪の毛に色を付けるという意味では同じ染色剤です。
しかし、決定的な違いはヘアカラーは脱色作用がとても強いという事。

基本的に、ヘアカラーは黒い髪を一度脱色(ブリーチ)して色を抜いてから、新しいファッションカラーを入れ込むという作業になります。
ですから、ヘアカラーは脱色作用はとても強いのですが、染色作用が弱めです。

白髪染めにヘアカラーを使っても染料作用が弱いために、あまり綺麗に染まる事は出来ません。
一方で、白髪染めは白い髪に黒い色素を付けるという染色作用が強く、逆に脱色作用は非常に少ないのです。

そのため、全体的に白髪が多い人が白髪染めを使うと、綺麗にカラーを入れる事が出来ます。

ヘアカラーでは白髪は染まらない?

白髪染めとおしゃれ染めの一番の違いは、薬剤に含まれる染料の濃さです。
白髪を綺麗に染めるため、ヘアカラーよりも染料が濃く配合されているのが特徴と言えます。

白髪を染める場合には、染料が濃いものでないと、しっかり染める事は出来ません。
白髪の量が多い方は、ヘアカラーをしてもなかなか白髪は染まらないのです。

白髪をしっかりとカバーするためには、染料の濃い白髪染めを使いましょう。

白髪染めの理想的な頻度と間隔は?

白髪染めの理想的な頻度は、2か月から3ヶ月に1度のペースで利用する事です。
髪の毛は1ヵ月もすると生え際の白髪が目立つようになります。

新しく生えてきた根本の白髪が気になって、毎月のペースで白髪染めを利用する方は多いと言えます。
しかし、頭皮の痛みが気になります。

自然派のカラートリートメントタイプやカラーシャンプーならば、毎日使っても問題ありません。
髪が伸びるのが早くて、根本の白髪がいつも気になる方は、そういった自然派の白髪染めを毎日使う事をオススメします。

または、美容院で目立ってきた部分だけを染めてもらう部分染め(リタッチ)をしてもらうのも良いでしょう。
部分染めをする頻度も、1か月に1度位にとどめるのが理想です。

市販の白髪染めのカラーチャートは?

市販の白髪染めのカラーチャートは、明るい髪に染めたい場合と暗い髪に染めた場合によって、選び方が変わります。
基本的に、白髪染めはダークブラウン系、グレー系、ブラック系と別れています。

初めての白髪染めでは、ブラック系を選びがちです。
しかし、出来れば明るい色にした方が、根本に新しく伸びた白髪も気になる事なく綺麗にまとまるでしょう。

そして、セルフで白髪染めを使う時は、放置時間によっても染まり具合が変わります。
髪の毛の元の色によって、同じヘアカラーや白髪染めを使っても、仕上がりが異なる事もあるのです。

自分の理想通りの髪色にする場合は、セルフではなく美容院に行った方がカラーチャートが豊富なため、綺麗に染める事が出来るでしょう。
美容院でのオススメのカラーはアッシュ系を入れる事です。

我々日本人は白髪染めで赤みがでてしまいますが、アッシュ系を入れるとクールな印象になります。
美容院ではクールなアッシュ系や様々なカラーチャートがあり、どんな髪色にもする事が出来ます。

市販の白髪染めカラーチャートと比べるとその数は種類豊富なので、理想的な髪色にする事が出来るのです。

明るく染めるオススメの白髪染めカラーは?

明るく染めるおすすめの白髪染めカラー

20代から30代の若い人は、白髪染めを使う場合にあまり真っ黒にしたくないという人も多いでしょう。
その時に、普通のおしゃれ染めを使ってしまうと、白髪が染まらないという問題が起きます。

基本的にヘアカラーは、黒い髪をおしゃれな色に染めるもの。
白髪は染色力が弱過ぎて、なかなか綺麗に染まらないのです。

そういった場合は、白髪染めの赤を入れると明るさが出ます。
ただし、赤すぎると派手過ぎるので、ブラウン系もミックスさせてあげると自然な茶色になり、おしゃれに綺麗に染める事が出来るでしょう。

髪色が真っ黒の人も、黒ではなくダークブラウンといた明るめの色を使う事で、自然な白髪染めが出来ます。

明るい白髪染めのカラーはアッシュが人気

アジア系の元々の髪の色は少し赤みがかっているので、落ち着いたおしゃれな色味の頭にするには、アッシュ系のカラーを入れると綺麗に仕上がります。
アッシュ系は寒色になるため、赤や黄色といった暖色系よりもクールな感じに仕上がるのです。

アッシュ系にするには、我々がもともとある髪の赤みを一度脱色して。その後アッシュ系の色味を入れます。
このようなアッシュ系のクールな印象は、一般的な白髪染めにはないので美容院で施術すると良いのです。

カラーバターの白髪染めはカラフルになる

カラーバターとは、シャンプーしながら白髪染めが出来る便利なアイテムです。
カラーバターは脱色するという強力な薬剤が含まれていません。

そのため、髪表面に好きな色を染める事ができ、ヘアマニキュア感覚で染める事が出来ます。
使えば使うほど髪が表面がツルツルになり、頭皮や髪が痛む事もないので、初めての白髪染めの方にもオススメとなっています。

カラーバターの良い所は、自分の好きな色に混ぜ合わせて作れるため、思い通りの髪色にする事が出来るという事です。
そして、髪や頭皮へのダメージがないので 長い間使い続けるにもオススメと言えます。

白髪染めにカラーバターを使う場合は、自然なブラウンやグレーにすると良いでしょう。

傷みが目立たない白髪染めカラーは?

基本的には、白髪染めもおしゃれ染めカラーも、髪への傷みダメージが大きいと言えます。
白髪染めの方が傷む、おしゃれ染めのカラーの方が傷むなど、様々な意見があります。

しかし、ヘアカラーをする強度(色合い・ブリーチなど)によっても、傷みの具合というのは大きく変わってくるわけです。
どちらにしても、髪へのダメージは大きいという事を頭の片隅に置いておくようにしてください。

極力髪への傷みを出さないためにも、ヘアカラートリートメントの白髪染めをオススメしています。
毎日のトリートメントの代わりとして使えるため、忘れることがありません。

また、髪に優しい美容成分などの豊富に含まれているため、傷みが出る心配もないのです。
色が染まりにくいという事もないため、白髪染めで悩んでいる方は、試してみてください。

グレーの白髪染めは髪の傷みが目立たない

根元は明るめのグレーにして、毛先はブリーチを使って明るくすると、傷みが少なく染める事が出来ます。
外国人風のアッシュグレーをナチュラルグラデーションで染めていく事で、白髪もぼかします事が可能です。

しっかりと時間を置けば、かなり透明感が出るでしょう。

白髪染めの選び方は?カラーシャンプー・リンスがオススメ

白髪染めの選び方

美容院での白髪染めの施術はお金も時間が掛かり、出来ればセルフで仕上げたいと思ってる方も多いでしょう。
そういった方にオススメなのが、シャンプーの時に使える白髪染めトリートメントです。

白髪染めトリートメントは、化学物質や添加物が含まれていないため、毎日使っても頭皮や髪のダメージになりません。
また、素手で使う事も出来るため、敏感肌や生理中の方でも安心して使えるのがメリットです。

ただし、一回で染めるのではなく徐々に染めていくこで、白髪の量が多い人は徐々に約3日は掛かるでしょう。
利尻ヘアカラートリートメントは、昆布エキスや植物エキスなどが多く配合されています。

白髪染めトリートメントは濡れた髪でも使えます。
しかし、乾いたために使った方が染色力が強いので、白髪の量が多い人は乾いた髪に使う事をオススメします。

美容院と市販の白髪染めの違いは何?

美容院と市販の白髪染めの違い

美容院での白髪染めとセルフの白髪染めとの決定的な違いは価格です。
美容院で染めると、1ヶ月に約5,000円から10,000円近く掛かりますが、セルフでは1,000円程度に抑えられます。

しかし、美容院染めると仕上がりが綺麗なため、1か月に1回または2ヶ月に1回でも綺麗なヘアスタイルがキープ出来ます。
しかし、自分で染めると色ムラになったり少し白髪が伸びただけでも目立ってしまうので、何度もリタッチが必要になるため、手間が掛かってしまうのです。

そのため、なるべく頭皮や髪にダメージが少なく綺麗な仕上がりを求めるならば、美容院で染めた方が良いでしょう。
もしセルフで染めるならば、自然派の頭皮と髪に優しい白髪染めトリートメントで毎日少しずつ染めていくと良いです。

白髪染めトリートメントならばリタッチのする必要もなく、健康的な黒髪をキープ出来るでしょう。

白髪染めに美容院でヘナカラーを使うメリット

美容院で人気の白髪染めのヘナカラーは、100%植物で作られています。
そのため、アレルギー反応を起こすリスクもなく、肌が敏感な人でも安心して長く使う事が出来ます。

そして、髪を染めるというだけでなく、デトックス効果や健康的な頭皮にするというメリットもあります。
ヘナはセルフでも染める事は出来ますが、100%ヘナをヘナの商品を見つける必要があります。

通販で売られているヘナは、酸化染料が混合されてる場合もあるのです。
また、自宅でのヘナの白髪染めは放置時間を2時間ぐらい必要なので技術も必要になります。

美容院でヘナを染める場合は、遠赤外線のマシンがあるため1時間ぐらいで染められるので綺麗な仕上がりになるのです。

白髪染めとヘアカラーのまとめ

白髪染めとヘアカラーのまとめ

一般的なホームカラー用の白髪染めは、美容院のカラー剤と比べて染め剤が強い傾向がある事が分かりました。
そのため、使い続けると髪が痛みやすいといったデメリットがあります。

髪のパサつきを押さえる毛髪保護成分や、トリートメント成分を配合しているものを選ぶと痛みは改善されるでしょう。
白髪染めは、長く使い続けるものです。

染める時のダメージが少ないヘアカラーシャンプーやトリートメントは、刺激が少なくオススメです。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪に悩んでいる方は、参考にしてみてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。