白髪のぼかし

白髪が気になるから白髪染めをしたいけど「毎回染めるに時間がかかってめんどくさいな」「結局すぐに新たな白髪が目立って困る」と思った事はありませんか?
実は白髪は、通常の黒い髪の毛よりも時間をかけて染めないと染まりにくいと言えます。

そのため、施術時間が長く掛かったり、元の黒髪とのコントラストで悪目立ちしてしまう事があるのです。
今回は、そんな白髪染めへの不満を抱えている人のために、自然な仕上がりが人気の白髪ぼかしについてご紹介していきます。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪ぼかしとは?白髪染めとは違いは?

白髪ぼかしとは、元々白髪染めの中の1つの方法です。
通常の白髪染めは、白くなってしまった髪の毛を一気に黒や茶色に染めるために、髪の内部にまで色を浸透させて染め上げます。

ですから、白髪による見た目の変化を一新するのには向いていません。
ただし、周囲からも白髪染めをしたなとバレやすいので、不自然な印象を与えてしまうことがあるのです。

一方、白髪ぼかしは一気に白髪を黒色に染めてしまうのではありません。
白い髪の毛を徐々にグレー(灰色)~黒色に近づけていくので、黒髪と白髪のコントラストが目立たず自然な髪色を演出出来ます。

白髪ぼかしの効果を実感した人の口コミや評判

白髪ぼかしの口コミと評判

実際に、白髪ぼかしを使用している人の口コミを調べて、多かったプラスの意見とマイナスの意見をまとめてみました。

白髪ぼかしの良い口コミ・評判

・白髪染めによる不自然な黒髪ではなく、年相応の自然な髪色を演出できる
・白髪ぼかしは、白髪染めのように退色して髪が赤や茶色に変化することはない
・市販の白髪ぼかしを使えば自分で時間を調整して、黒髪の濃度を変化させられる
・白髪染めに比べて、施術時間が短い上に費用も安く済むので気軽にできる

白髪ぼかしの悪い口コミ・評判

・市販のものを使うと色ムラができてしまう場合がある
・慣れるまでは放置時間の調整が難しい(理想の髪色になる時間が分からない)
・白髪染めに比べると色落ちが早い傾向がある

2つの意見を分析すると、コストや時間をかけても若々しい黒髪を保ちたい人は白髪染めを、出来るだけナチュラルな髪色を手軽に演出したい人は、白髪ぼかしを選んだ方が満足度が高くなる事が分かりました。

白髪ぼかしができる場所は理容室(理髪店)が主流!美容院でも出来るの?

白髪ぼかしができる場所は理容室、理髪店、美容院

セルフカラーもできる白髪ぼかしですが、やはり先程の口コミでもあったように慣れない人は、色ムラが出来てしまう事があります。
そのため、自分で染めるのに不安がある人は、理容室や美容院で染めるのがベストなようです。

ただし、白髪ぼかしのようなロマンスグレーの髪色は、本来男性に施術される事が多いと言えます。
そのため、白髪ぼかしのメニューを置いているサロンは、理容室(理髪店)が主流となっています。

ですが、最近ではオシャレな女性が自然に仕上がる白髪ぼかしを希望する事も多くあります。
美容院でも白髪ぼかしのメニューを用意してくれている場合もあるようです。

お店でする白髪ぼかしの料金や施術時間

お店で白髪ぼかしをする料金や施術時間はどのくらい掛かるのでしょうか?
以下の表で、白髪染めと比較してみました。

施術名 施術時間(染め⇒流す) 費用(カット込)
白髪染め 約1~2時間 約6,000~10,000円
白髪ぼかし 約10~20分 約1,000~2,000円

※髪の長さや状態によって、時間や費用に違いが出る場合があります。
白髪染めの頻度は人によって様々ですが、大体2ヶ月に1回のペースで染める人が多いです。

ですから、白髪染めではなく白髪ぼかしを選ぶと、年間でおよそ「6~10時間/30,000円~48,000円」を節約出来ます。
そのため、時間やコストを考えると、サロンで白髪ぼかしを選ぶメリットは大きいでしょう。

お店の白髪ぼかしは男性向けのメニューが多い?今は女性にも人気!?

つい最近までは、白髪ぼかしを選ぶのは男性がほとんどでした。
ですが、最近では女性も白髪ぼかしを選ぶ人が、以下の理由で増えています。

  • 染めた感がないため上品な雰囲気を演出できる
  • 色落ちが自然なため時間が経ってもナチュラルな髪色を保てる
  • 真っ黒に染まらないので、染め方によって白髪を活かしたおしゃれな髪型にできる

ですから、今までは白髪ぼかしというと男性がするものというイメージがあって抵抗があった女性も、気にせずに美容院で白髪ぼかしをお願いできないか相談してみて下さい。

今までとは違った自然な仕上がりに満足できるはずです!

市販や業務用のおすすめセルフ白髪ぼかしと使い方

市販や業務用のおすすめセルフ白髪ぼかしと使い方

ここまではサロンの白髪ぼかしについてご紹介しました。
しかし、自宅で行えるセルフの白髪ぼかしはどうなっているのでしょうか?

「本当にちゃんと染まってくれるのか」「お風呂場や洗面台が汚れないか」などが不安な人のために、Amazonや楽天などで人気のある白髪ぼかしの市販品について調べてみました。

髪を整えるのに使える白髪ぼかしから、サロンで使う白髪ぼかしと同じ業務用のものまで幅広くご紹介しています。
そのため、是非自分にあって商品を探してみて下さいね!

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

整髪料として使えるサロンドプロの白髪ぼかしジェル

サロンドプロ白髪ぼかしジェルは、毎朝髪型をスタイリングする時に使用することで、少しずつ白髪を染めて、白髪を目立たないようにしてくれる商品です。
適量を手のひらに伸ばして、髪に馴染ませていくだけで良いので簡単に使用出来ます。

ただし、使用するのをやめると、10日ほどで元の白髪に戻ってしまうので注意をしましょう。

液だれの心配が少ないムースタイプのラサーナ白髪ぼかし

ラサーナの白髪ぼかしは液ダレしないので、洗面所や浴室に薬剤が飛び散るのは困ると、お悩みの人にはオススメの商品です。
手のひらにとったムースを乾いた髪に馴染ませて、10~15分ほど放置した後に、シャンプーやトリートメントすれば良いだけです。
そのため、時間がない人でも気が向いた時に使えます。

よく染まるホーユーのカレンシアカラー業務用白髪ぼかし剤

ホーユーの白髪ぼかしは、理容室で扱っている業務用の物もあります。
そのため、他の白髪ぼかしに比べて、比較的しっかり染まると言えます。

また、4APE染料を使用しており、しっとりとした髪質を保ったまま染め上げられるのも特徴です。
更に最小限のアルカリ配合量のため、臭いや毛質へのダメージを抑える事も出来ます。

利尻のシャンプーやルプルプのトリートメントを白髪ぼかしのように使う

今はシャンプーやトリートメントをヘアカラー用に変えるだけで、白髪ぼかしのように自然に染めてくれる商品があります。
使い方は簡単で、例えば利尻のヘアカラーシャンプーは、毎日のシャンプーと同じように使うだけで染める事が出来ます。

また、ルプルプのヘアカラートリートメントは、1~2週間に1回出来るだけ髪が乾いた状態の時に髪に馴染ませるだけで、トリートメント効果を得ながら自然に白髪を染められます。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪ぼかしのまとめ

白髪ぼかしのまとめ

白髪ぼかしは、出来るだけナチュラルな仕上がりを求めている人に最適な染め方です。
また、時間や費用が通常の白髪染めに比べて節約出来るのも白髪ぼかしのポイントでしょう。

ただし、白髪染めとは違い、完全に白髪を染めきる事は出来ません。
そのため、まだ年齢が若く白髪を完璧に隠したいと思っている人は、白髪ぼかしよりも白髪染めを選んだ方が良いかもしれません。

自分が周りからどう見られたいのかを考えて、染め方を選んでみて下さいね!


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。