白髪染めとジアミン

個人差はありますが、30代になると白髪が気になるという方が増えてきます。
髪の美しさは、見た目年齢に大きく関わっているため、多くの方が白髪染めを使い始めるなど何らかの対策を行っているようです。

しかしながら、その白髪染めによるアレルギーや肌トラブルが多発しています。

頭皮のピリピリ感や痒み・湿疹等のかぶれ症状だけでなく、顔が腫れるなど様々なアレルギー反応が見られます。
白髪染めによるアレルギー(ジアミンアレルギー)を発症した場合、 ジアミンを含む白髪染めは二度と使う事が出来ません。

こちらでは、白髪染めアレルギーの症状と対策・ジアミンアレルギーでお困りの方でも、安心して使える白髪染め剤についてお話ししたいと思います。

白髪染めでかぶれるのはジアミンが原因?

白髪染めによるアレルギーの大半は、ヘアカラー剤に配合されているジアミンが原因と考えられています。

頭皮がかぶれたり赤みが出た、白髪を染めるようになってから急に抜け毛が増えたという場合は、ジアミンアレルギーの可能性があります。
やっかいな事に、ジアミンアレルギーはこれまで問題なく白髪染めを使用出来ていた方でも、突然発症するケースがあるため注意が必要です。

そして、一度アレルギーを起こすとその体質は生涯変わりません。
また、アレルギーに気が付かなかったり、大した事がないからと使い続けると、急激に症状が悪化する事があります。

何気なく使った白髪染め剤で辛い思いをしないためには、ジアミンアレルギーの発症メカニズムや対処法について詳しく知る事が大切です。

美容院の白髪染めにも注意?ジアミンとは

美容院の白髪染めにも注意

パラフェニレンジアミン(PPD)に代表されるジアミン系薬剤は、多くの白髪染めに配合されています。

ジアミンは酸化染料と呼ばれる合成化学物質で、髪や地肌に対する刺激が非常に強い成分です。
アレルギーの原因物質である事から、単体では劇薬指定をしている国もあるほどです。

なぜ、そのような有害とされる成分が白髪染めに使われているのでしょうか?

ジアミンは、少ない色素で黒や茶色などの濃い色を簡単に作り出す事が出来ます。
また、化学反応により、髪の内側からしっかり発色するのも特徴です。

つまり、白髪を濃い色でしっかり染められる上に、色持ちの面でも優秀であるジアミンは、白髪染めには欠かせない成分なのです。
ジアミンについては、市販の物はもちろん、美容院の白髪染めにも含まれています。

ジアミンアレルギーの症状

白髪染めによるジアミンアレルギーの主な症状は次の通りです。

  • 頭皮の痒みやピリピリ感
  • 赤みや炎症
  • 湿疹やかさぶた
  • 湿疹から汁が染み出てジュクジュクする
  • 髪が細くなり痩せる
  • 大量の抜け毛
  • 顔やまぶたの腫れ

例え軽症でも、こうした症状が見られた場合は、すぐに白髪染めを中止しましょう。
我慢して使い続ける事で、髪や頭皮の健康が損なわれるだけでなく、薄毛の原因になる可能性があります。

また、なかなか症状が治まらない、あるいは急激に悪化する時には至急、医療機関を受診しましょう。
重症化してアナフィラキシーショックを起こすと、蕁麻疹、動悸・息切れ、血圧の低下などの他、嘔吐や呼吸困難で命にかかわる恐れもあります。

実際、消費者庁と消費者安全調査委員会は、ジアミンアレルギーによるアナフィラキシー症状に関して注意喚起を行っています。

白髪染めでジアミンアレルギー、対処法は?

では、ジアミンアレルギーを発症してしまったら、どう対処すれば良いのでしょうか?

白髪染め剤が塗布されている状態の時は、まず丁寧に洗い流します。
痒み・炎症などが見られる場合には、皮膚科の受診をオススメします。

放置して白髪染め剤を使用し続けると、重症化のリスクが高まります。
アナフィラキシーなど、重篤なアレルギー反応を起こせば最悪の場合、命にも関わるため細心の注意を払いましょう。

こうした事態を避けるためには、パッチテストが有効です。
白髪染めを使用する48時間前に、目立たない場所に毛染め剤を塗って、反応を観察します。

もし、ほんのわずかでも痒みや炎症などが見られた時には、使用を中止しましょう。
そして、それ以降はジアミンを含む白髪染め剤を、一切使用しないようにする事が大切です。

ジアミンアレルギーOK!市販・通販の良く染まる白髪染めは?

ジアミンアレルギーに問題ない白髪染め

とは言え、チラチラ見え隠れする白髪は、やはり気になるもの。
ジアミンアレルギーでも、白髪はしっかり目立たなくしたい!多くの方がそう思われる事でしょう。

そこで、ジアミンアレルギーOK!の市販・通販の白髪染め剤をリストアップしてみました。

1.ヘナカラー(植物染料)
2.オハグロ式(非酸化染毛剤)
3.ヘアマニキュア
4.カラートリートメント

アレルギーの方でも使える4種類の白髪染めについて、特徴や染まり具合、メリット・デメリットをご紹介していきます。

ジアミンフリーの白髪染め・ヘナ

ヘナは肌に優しい白髪染めです。
ジアミンを含まない植物性の染料のため、アレルギーの心配がありません。

発色も良く、トリートメント効果も期待出来ます。
しかし、天然ヘナでは白髪は明るいオレンジ色にしか染まりません。

白髪の量にもよりますが、そのままでは日本人の髪色とは馴染みにくいと言えるでしょう。
そこで、色味を調整する目的で、インディゴ(藍)で重ね染めが行われます。

これによりダークブラウンに発色しますが、植物由来の成分のため発色が安定しないのが難点です。
また、比較的刺激の強いインディゴは、アレルギーを起こしやすい物質と言われており注意が必要でしょう。

なお、一度で白髪がしっかり染まるタイプのヘナには、ジアミン系の薬剤が使用されています。
ジアミンアレルギーの方は使用出来ません。

ジアミン不使用の白髪染め・オハグロ式

オハグロ式は、ポリフェノールと鉄塩の化学反応を利用して白髪を染めるタイプの毛染め剤です。
ジアミン系の薬剤は不使用なため、アレルギーの方も使用出来ます。

オハグロ式カラーは、一般的な白髪染めと同じく髪の内部まで色素が入るためしっかり染まります。
色持ちも約1ヶ月と、なかなか良いのはないでしょうか。

しかし、不自然なほどに黒く染まってしまう、選べる色味が少ないという声も聞かれます。
また、脱色作用を伴わないため、明るいトーンに染めたい方には不向きな白髪染めです。

この他、濡れた髪に使えない、1剤2剤を塗布するのに手間が掛かる臭いがきつい点もデメリットと言えるでしょう。
なお、ストレートレートパーマや縮毛矯正とは相性が良くないため注意が必要です。

非ジアミン系白髪染め・ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、髪の表面に色素をコーティングするタイプの白髪染めです。

ジアミンが配合されていないため、アレルギーの方でも問題なく使用出来ます。
1剤式で使い方が簡単ですし、ツヤのある仕上がりが期待出来るでしょう。

ただし、シャンプーの度に少しずつ色落ちしてきます。
髪質にもよりますが、色持ちは2週間程度と言われています。

ヘアマニキュアに含まれているタール色素は、刺激が強くかぶれの原因となる事があります。
また、皮膚に付くと取れにくい性質を持っているため、毛染めを行う際は気を付けましょう。

ヘアマニキュアは伸びてきた根元の白髪のリタッチには不向きです。
地肌に染料がつかないように注意しながら、生え際の白髪をしっかり染めるのはかなり難しいでしょう。

ジアミン無添加の白髪染め・カラートリートメント

ルプルプや利尻などのカラートリートメントは、ジアミン無添加で低刺激の白髪染めです。
素手で使えるためお風呂で気軽に白髪が染められます。

ジアミンアレルギーや敏感肌の方でも安心。
薄付きのため、ムラ染めの心配もありません。

カラートリートメントには、髪や頭皮の健康に良い成分が豊富に配合されています。
使うほどに美しい髪になっていく事もあり、今一番人気の白髪染めです。

発色については、やや物足りないかもしれません。
しかし、少しずつ染まっていくため自然に白髪をカバーする事が出来ます。

デメリットは色落ちが早い点でしょうか。
しかし、毎日使えるため使用間隔を調整しながら、簡単に好みの色合いをキープ出来ます。

地肌に付いても問題ない事から、部分染めやリタッチにも適しています。

ノンジアミン白髪染めの選び方

このように、ノンジアミンの白髪染めには、それぞれにメリットやデメリットがあります。
また、実際の所にはお肌や髪質との相性もあり、使ってみないと分からない事もあるでしょう。

それを踏まえ、一般論になりますがタイプ別にオススメの白髪染めをまとめてみました。
ノンジアミンの白髪染め選びの参考にしてください。

SAMPLE SAMPLE
ヘナカラー 時間にゆとりがあり、発色や染まり具合に完璧さを求めない方
オハグロ式 時間にゆとりがあって濃い色でしっかり染めたい、数日残る臭いが気にならない方
ヘアマニキュア 器用で頭皮に付かないように塗布出来る方
カラートリートメント 手軽に白髪染めを行い、美髪効果を期待する方

白髪染めとジアミンのまとめ

白髪染めとジアミンのまとめ

突然現れる事もある白髪染めアレルギー。

原因物質であるジアミンは、ヘアカラー剤には欠かせない成分です。
しかしながら、髪や頭皮に悪影響を及ぼし、健康を損なう物質でもあります。

ジアミンアレルギーを発症した場合、残念ながら体質は一生変わる事はありません。
このため、アレルギー体質の方は今後、ジアミンを含む白髪染め剤の使用は禁止です。

また、ジアミンが髪などに与えるダメージを考えると、アレルギーでない方もノンジアミンの白髪染めを使う事が望ましいでしょう。

市販・通販でオススメなのは、ルプルプや利尻などのカラートリートメントです。
ジアミン無配合の白髪染め剤はいくつかあります。

しかし、安全性と使い勝手の良さのバランスが最も良いのは、カラートリートメントでしょう。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。