白髪がひどい

白髪が生える時期には個人差があります。
中には10代くらいから生える人もいれば、40代、50代でも髪が黒々としている人もいます。

一般的には、30代は白髪が生え始める時期と言えるでしょう。
白髪なんてまだないと思っていたら、自分の頭に少しずつ白髪が目立つようになり、年齢を感じる方も多いのです。

最近なんだか白髪がひどいと思ってきたなと思ったら、今以上に増えないように、早めの対策を始めましょう!

白髪がひどい原因は?

白髪や若白髪は、遺伝の影響を受けると考えられています。
遺伝が原因というのは昔から言われており、親の髪を見て自分もいつかこうなるかも、と思った事がある人も多いでしょう。

確かに髪質なども親子で似ている事が多いので、白髪や薄毛などに影響しています。
しかし、正確に言えば白髪がそのまま遺伝するのではなく、白髪になりやすい体質が遺伝しているという所です。

一緒に暮らしていれば、生活習慣が似ているのが当然であります。
その生活習慣が白髪になりやすいものであれば、明らかに影響します。

遺伝は白髪の数ある原因の中の一つとして認識されています。
しかし、他の原因も組み合わさって、白髪のリスクが高まっている事が多いようです。

白髪がひどい原因は紫外線

白髪の原因は、髪色のメラニンを作る色素幹細胞が、老化によりなくなってしまう事です。
髪色のメラニンを作る細胞を守るには、紫外線などによる活性酸素の発生・DNAの損傷を防ぐ事が重要と言えます。

頭皮に降り注ぐ紫外線から細胞を守り、頭皮の紫外線対策をしましょう。
外出の際は出来るだけ帽子をかぶり、頭皮に日焼け止めを塗る事も効果的です。

日焼けは、クリームやジェルタイプはムラになりやすいため、スプレータイプがオススメです。
細胞にダメージを与える活性酸素の発生原因は紫外線だけではありません。

頭皮の皮脂が乾燥して酸化する事によっても、活性酸素は発生します。
頭皮環境を守るためには、保湿しながら洗浄する良質なシャンプー&トリートメントを使いましょう。

白髪がひどい原因はストレス

現代は、男性・女性ともに社会でバリバリ働いているという人も多いです。
ストレス社会という言葉もあるように、現代社会においては仕事・人間関係などのストレスを感じる方も多いでしょう。

仕事や人間関係などでストレスが過剰になると、自律神経が乱れて新陳代謝や血行が阻害されます。
過剰なストレスは白髪がひどくなる原因のひとつです。

自律神経が乱れると、髪の色を作るメラノサイトの機能が低下します。
またストレスを多く感じると、自律神経のバランスが崩れて、ホルモンバランスも不安定になります。

これによって体の機能が低下し、髪の色となるメラニン色素を作るメラノサイトが働かなくなり、白髪がひどくなるのです。
極度のストレスにより、心因性ストレス障害を起こし、胃の粘膜を損傷してしまう事がある程、ストレスが身体に与える影響は大きいのです。

白髪がひどい原因は栄養不足

栄養バランスの乱れは体のあちこちに悪影響をもたらしますが、髪の健康にも影響します。
仕事や家事などで毎日忙しく過ごしていると、どうしても食生活が乱れてしまいがちです。

髪や色素も体に取り込んだ栄養によって作られています。
しかし、不規則な食生活や過剰なダイエットなどで栄養不足になると、白髪がひどくなると考えられています。

髪の毛は、毛乳頭細胞が元となり、毛細血管から栄養を受け、毛乳頭の周りにある毛母細胞に栄養や酸素を送っています。
毛母細胞はそれらによって細胞分裂を繰り返し、一つ一つが髪の毛になって成長していくのです。

髪が抜けても毛母細胞がある限り、また髪は生えてきます。
しかし、栄養不足で血行が悪いと、毛細血管に栄養や酸素が十分届きません。

そのため、毛母細胞が十分な細胞分裂を出来ません。
結果的に正常な髪の成長に悪影響を与えるため、白髪がひどくなってしまうのです。

白髪がひどい原因は遺伝

白髪が生えるハッキリとした原因は、今の時代になっても医学的にはハッキリとはしてはいません。
しかし、白髪が遺伝するという事実は統計的なデータもあります。

親が白髪だと、子どもも白髪になりやすい事が分かっています。
この親と子どもの白髪の関係に、遺伝子が関わっている事が判明しています。

ただし、遺伝するのは「白髪が生える遺伝子」ではなく、共通する生活習慣により「白髪が生えやすくなる」という遺伝子です。

白髪が生えやすくなる原因は、黒髪を作るためのメラニンが発生しにくい遺伝子や、成長ホルモンの分泌量が少ない遺伝子などが遺伝します。
そのため、白髪が生えやすくなります。

若い時からこれらが不足するような遺伝子が親から遺伝している場合には、親と同じように若白髪になりやすいというわけです。

白髪がひどい対処法は?

白髪がひどい対処法

美容成分を94%も配合している天然染料のヘアカラートリートメント「ルプルプ(LPLP)」は、白髪がひどくなった場合にオススメとなっています。
ルプルプは、タール系色素やジアミン系酸化染毛剤を使わずに、頭皮や髪の毛を考えられた商品としてネット上で評判の商品です。

トリートメントで白髪が染まるのか疑問に思う方いると思います。
しかし、植物由来の天然色素であるベニバナ、クチナシなどで、頭皮と髪をいたわりながら、自然に白髪をカラーリングが出来ます。

海洋由来の保湿成分「ルプルプ Wフコイダン」と、「海洋深層水」「ヒアルロン酸」が潤いを与えながら染めるヘアカラートリートメントです。
低刺激なので濡れた手でも手軽に使えて、染めるたびに美しい艶髪に導いてくれます。

ルプルプは頭皮と髪にやさしい男女兼用の白髪ヘアカラーです。

白髪がひどい場合は内側からはケアをする

寝不足やストレス、不規則な生活も白髪がひどくなる原因になります。
そのため、生活習慣や食事を見直してみましょう。

細胞は日々分裂し、新しく作り変えられています。
良質な栄養を送り込んであげなければ、細胞の老化は早くなってしまいます。

また、髪色を作り出すメラニンを生成する色素幹細胞を活発に働かせるために必要なビタミン・ミネラルが豊富な食事を心がけましょう。

白髪がひどい場合は血流を良くする

私達の体には沢山の細胞があり、そのほとんどが血液から栄養をもらいながら成長しています。
髪の毛も同様に細胞で出来ていますから、髪の毛が作られる時には、血液が使われます。

しかし、髪の毛は内臓などに比べて、命に関わる程大切なものではないので、栄養が届くのが後回しになりがちです。
細胞の修復などに血液の栄養が使われた後、後回しの血液で髪は作られるのです。

血行不良とは血流障害とも言えますが、主な症状として身近なものは、女性に多い冷え性や貧血です。
女性に冷え性が多いのは、女性ホルモンの働きによる影響と言われています。

しかし、筋肉量の男女差が血行の促進具合に差を生む事もあります。
その他慢性的な運動不足なども血行不良の原因となります。

主に影響を受けやすい部位として、心臓から遠い頭部が挙げられます。
なぜなら、血行不良の影響を受けやすくなるからです。

毛髪周辺の細胞の弱体化などの原因を引き起こし、結果として白髪がひどくなる環境が出来るというわけです。

白髪がひどい場合はミネラル豊富な白髪染めがオススメ!

ミネラル豊富な「利尻トリートメント」は、地肌の弱い方や白髪ケアの負担を軽くするために開発した、白髪用ヘアカラートリートメントです。
市販の白髪染めとの違いは、利尻トリートメントはジアミン・パラベン・鉱物油無添加であり、自然派である事です。

潤い成分の「利尻漁業協同組合公認」の天然利尻昆布エキスを始め、28種の植物由来成分を配合しています。
利尻トリートメントは、髪表面を着色する白髪用ヘアマニキュアです。

そのため、髪や頭皮に優しい使い心地で、手軽に使う事が出来ます。

白髪がひどい時のまとめ

白髪がひどい時のまとめ

白髪がひどく感じた時は、頭皮環境を守る白髪ケア・頭皮ケアをしましょう。
頭皮の細胞にダメージを与える活性酸素の発生原因は、紫外線だけではありません。

頭皮の皮脂が酸化する事によっても活性酸素は発生します。
また、市販の白髪染めに含まれる脱色剤の過酸化水素水は、頭皮に多大なるダメージを与えているのです。

頭皮環境を守るためには、保湿しながら洗浄する良質なシャンプーとトリートメントを使う必要があります。
ルプルプや利尻トリートメントなど、頭皮にやさしい脱色剤フリーの白髪染めトリートメントを選ぶ事をオススメします。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。