優しい白髪染め

ドラッグストア・薬局などで販売している白髪染めですが、含まれている成分が原因で髪を痛めてしまいます。
白髪染めを使うと髪が傷むのは仕方がない事だと諦めていませんか。

長く使い続ける白髪染めですから、少しでも髪や頭皮に優しい方法を考えてみましょう。
そこで、今回は髪を傷めずに白髪を染める優しい白髪染めの選び方をご紹介します。

市販の白髪染めで髪と頭皮に優しいタイプは?

白髪染めの成分は、どのメーカーでもほぼ同じです。
ただし、それぞれ微妙に成分が異なるため、染まり方やどの程度のダメージがあるのかは違ってきます。

配合量はたいてい企業秘密とされているので分かりませんが、だからこそ使用感に差が出るのでしょう。
基本的に放置中にかゆみが起こる製品は避ける事をオススメします。

また、価格と髪を傷める度合いは、反比例する傾向にあるのです。
安価な商品ほど薬剤が強くなりますので、地肌や頭皮を痛める原因になると言えます。

何の白髪染めが優しいのかと言うと、なるべく自然派の白髪染めトリートメントを使うと、地肌のトラブルも避ける事が出来るでしょう。

トリートメントタイプの白髪染めは髪と頭皮に優しい

白髪染めトリートメントは、髪を美しく保つための美髪成分が豊富に含まれています。
髪の毛が傷むからなるべくヘアカラーはしないというのが昔の通説でしたが、ヘアカラートリートメントは画期的な白髪染めです。

ヘアカラートリートメントは、使えば使うほど、髪が綺麗になる白髪染めとなっています。
また、シャンプータイプに比べると色がしっかり入るのも特徴です。

一般の化学反応を利用した従来の白髪染めに比べれば、色の入り方はまだ弱いと感じるかもしれませんが、それは地肌に優しいからだと言えます。
放置時間も10分くらいで綺麗に色が入るとされています。

最近はヘッドスパが出来るヘアカラートリートメントも出てきており、白髪を気にする年代の女性の注目を集めているのです。

植物染料のヘナは地肌にも優しい白髪染め

地肌にも優しい白髪染めと言えば、ヘナカラーでしょう。
ヘナは、植物を粉末にしたものですから、100%天然の白髪染め。

髪や頭皮にダメージを与えません。
ですから、頭皮の弱い人でも安心して使用する事が出来るのです。

美容室や床屋などでも、取り扱っている店舗もあります。
自分で行う時は、粉末のヘナをお湯でといてペースト状にし、髪に塗布したら1時間ほど放置し流しましょう。

染めてすぐは、色落ちしやすいので気をつけて下さい。

市販のヘアマニキュアなら髪と頭皮に優しい白髪染め

ヘアマニキュアはカラーリング剤と違い、脱色をしません。
髪の表面だけに色をコーティングします。

キューティクルを開かないので髪にダメージが少なく、艶も出るのです。
ですから、白髪染めヘアマニキュアなら髪や頭皮に優しいのでオススメでしょう。

美容院で行う事も出来ますが、市販の商品でも十分キレイに染まります。
しかし、一般的なカラーリングよりも色持ちは良くないので、定期的に行う必要があります。

それが気にならないのであれば、ヘアマニキュアはオススメです。

優しい白髪染めのまとめ

優しい白髪染めのまとめ

通常のカラーリングは綺麗には染まりますが、刺激が強いのが現実。
どれほど綺麗に染まってたとしても、また1ヶ月すると伸びてきてしまいますよね。

無理なく長く使い続けるためには、ヘナカラーやヘアマニキュアなど刺激の少ない優しい白髪染めを選びましょう。
当サイトでも頭皮や髪に優しい白髪染めトリートメントを紹介していますので、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。