白髪をブリーチ

白髪染めは、最低でも1カ月に1回程度は必要ですので、手間が掛かりますよね。
いっその事、「思い切ってブリーチしてしまったらどうだろうか?」と考えた事はありませんか?

白髪が全体的に増えてくると、白髪染めではなく、ブリーチしたらどうだろう?と考える方は多いです。
全体的に真っ白にしてしまえば、楽になれそうな気がしますよね。

また、全体が真っ白になれば、それを生かしたカラーリングが可能になりそうです。
真っ白な中に、差し色として緑や紫のような目をひく色を入れる方を見ると、とてもおしゃれで真似したくなります。

そこで今回は、白髪をブリーチしたら、しっかり染まるのかどうかについて、検証していきたいと思います。

白髪染めとブリーチの違いは?

白髪染めとブリーチは、どちらも髪を染める材料です。
確かにどちらも髪の毛を染めるという点では共通していますが、実はそれぞれ染まり方や脱色力が大きく異なります。

白髪を染めるのか、または黒髪を染めるのかによって、それぞれ配合されている成分が異なるのです。
ヘアカラーは髪色を明るくするのが目的なので、黒髪を本来よりも明るく染め上げます。

黒髪を明るく染める事は出来ますが、肝心の白髪はヘアカラーではなかなか染まりません。
上手くやらないと、白髪だけ浮き出てしまう場合もあります。

そして、脱色力に関してヘアカラーは強いですが、普通の白髪染めはそれほど脱色力は強くありません。
このように同じ髪を染める材料であっても、実際の染め上がりにはかなりの差があるという事です。

白髪を隠すためにヘアカラーを行ってしまうと、結果的に白髪が染まらない事もあります。

白髪のヘアカラーにブリーチを使っても大丈夫?

白髪のヘアカラーにブリーチを使っても大丈夫

白髪をブリーチしても染まる事は染まりますが、気を付けたい事があります。
それは、ブリーチをした後でも白髪は生えてくるという事です。

生えてくる髪の毛のうち、ほとんどが白髪である場合には問題ありません。
しかし、新しく生えてくる髪の毛のうち、半分近くは黒髪という方は注意が必要です。

ブリーチした後の髪に黒髪が生えると、かなり目立つ事になります。
完全に真っ白にしてオシャレを楽しみたい方は、ブリーチしても大丈夫です。

しかし、楽をするためにブリーチをする方は、考えた方が良いでしょう。
結局、手間が掛かってしまう事になりかねません。

白髪をアッシュ系にするにはブリーチの使用もOK!

最近、女性に人気の髪色がアッシュと呼ばれるグレー系のカラーです。
アッシュブラウン、アッシュベージュ、パールアッシュ、アッシュピンク」など様々な種類があります。

アッシュ系の色は、白髪をぼかして目立ちにくくする事が出来るメリットがあります。
上手に染める事が出来れば、外国人風のカッコいい感じを演出出来るのです。

しかし、日本人の髪には赤味が多いと言えます。
思ったようなアッシュカラーにするためには、一度ブリーチして赤味を抜く必要があります。

その後、アッシュにカラーリングすると、綺麗に仕上がります。
特に白髪がまだ生え始めの頃で、黒髪が多い場合に効果的な方法です。

この場合、ブリーチは黒髪部分にだけ施すのがポイントとなっています。
一度脱色して黒髪が明るくなれば、アッシュ系の色もキレイに出やすくなるでしょう。

白髪はブリーチを何回したら染まる?

白髪はブリーチを何回したら染まる

何回か繰り返しブリーチすれは、髪の毛は白くなると思っている方が多いようです。
ブリーチを繰り返し繰り返しやっていくと、確かにどんどん白には近づいていきます。 

しかし、何回やっても真っ白まではなりません。
2回目ぐらいブリーチしたら、もうそれ以上はあまり変わらないのです。

何度もブリーチすると、激しく髪にダメージを与えるので、髪のためには良くありません。
白っぽくなるような色味で仕上げた方が良いでしょう。

グレーとかアッシュを薄めて、紫を加えたようなのがオススメです。
紫は、ブリーチして黄色くなった髪の毛の黄色味を抑えてくれる効果があります。

白髪の場合は、ナチュラルな中明度が一番綺麗に馴染みます。

白髪のブリーチは回数を重ねると増える?

ブリーチは髪が痛むので、髪をロングにしていくのは相当難しいと言えます。
髪質にもよりますが、ほとんどの方はブリーチしながら、綺麗に伸ばすのが難しいのです。

ブリーチをしてのハイトーンで綺麗に保てるのは、ショートかボブまでとなっています。
それより伸ばそうと思ったら、ケアを優先していきます。

上手くブリーチを使うと、オシャレの幅は広がります。
ブリーチは非常に髪を傷めますので、複数回カラーを行うよりは1回のブリーチの方が髪を傷めません。

何回もブリーチをするくらいなら、マメに白髪染めを使った方が、最終的なダメージは抑えられます。
ブリーチは、リスクを理解した上で正しく使えば、白髪対策に役立つと言えます。

白髪とブリーチについては、かかりつけの美容師に相談して、上手く取り入れていくようにしましょう。

白髪とブリーチのまとめ

白髪とブリーチのまとめ

白髪はブリーチしても染まりますが、髪の毛にかなりのダメージとなります。
1回のブリーチで、数回のカラーリングの負担に匹敵すると言われる程のダメージです。

特に白髪は、髪の色素が抜けた無色透明の毛。
そのため、ブリーチでメラニン色素を脱色させる方向に作用すれば、さらに痛みが悪化します。

数本程度の白髪が生えているだけならほとんどが黒髪ですから、ダメージ覚悟でブリーチするのもアリかもしれません。
ほとんど黒髪で少量の白髪が生えている方は、ブリーチした場合、また根元から黒くなってくるので、注意が必要です。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントの紹介をしています。
白髪に悩んでいるという方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。