白髪と血液

ほんの数本あっても気になる白髪。
その白髪と血液の間には、深い関わりがある事をご存じでしょうか?

私達の身体は、多くの細胞によって作られています。
もちろん、毛髪も細胞で出来ており、細胞の材料は血液です。

また、全身の細胞に栄養を運ぶのも血液の役割になります。
つまり、髪や地肌を健康に保つ鍵は血液にあると言えるのです。

こちらでは、白髪と血液の関係性を詳しく解説したいと思います。
白髪の原因や改善に、血液がどう関わっているのかについてもお話しますので参考にして下さいね。

白髪と血液の深い関係

白髪の生えている地肌には、多くの毛細血管が張り巡らされています。
髪に必要な栄養素は、血液を介してその毛細血管から供給されるのです。

また、先ほどもお話しした通り、髪は血液から作られています。
こうした事から、髪の健康維持にあたり血液の果たす役割は大きいと言えるでしょう。

古くから「髪は血液のあまり」と言われています。
毛髪の健康は、命に直接関わるわけではありません。

そのため、血液は内臓など大切な器官や細胞の修復などに優先的に使われます。
つまり、髪や地肌に血液が届くのは一番最後なのです。

しかし、髪の材料も栄養を運ぶのも血液の役目。
血液に何か問題があれば、髪の健康を損なうと考えるのが自然でしょう。

よって、白髪の予防・改善のポイントは血液にあると言えるのです。

血液が原因で白髪になるの?

血液が原因で白髪になるのか

白髪は、メラノサイトの機能が低下した事で、メラニン色素が欠乏した状態の髪です。
メラノサイトは、髪を黒くするメラニン色素の活性を促す働きをしています。

つまり、白髪の直接的な原因はメラノサイトの不足なのです。
しかし、メラノサイトが元気に働くには血液が必要なため、血液不足は白髪の原因になると言えます。

また、髪の成長に重要な働きをしているのは毛母細胞です。
毛母細胞は、頭皮の毛細血管から栄養や酸素を受け取り、細胞分裂をする事で髪を作り出します。

このため、毛母細胞に健全で十分な量の血液が供給されなければ、髪は枯れ白髪になってしまうのです。
こうした事から、血液に問題があったり不足する事は、白髪の原因になると考えられます。

血液の流れが白髪に影響する?

血液が毛母細胞に栄養を運ぶ事で、新陳代謝を繰り返し髪が成長します。
しかし血流が悪く、全身が血行不良の場合はそれが滞ってしまうのです。

血流不足は頭皮や毛母細胞の栄養不良を招きます。
栄養が十分供給されなければ、新陳代謝やメラノサイトの活性も低下してしまうという事。

髪を黒くするメラニン色素の生成、その働きを促すメラノサイトが不足すれば、当然白髪の原因となるでしょう。
さらに、残された劣化した細胞だけでは、髪に色をつける事が難しいためさらに白髪が増えてしまいます。

生え際は細い血管が多く、血流が悪くなると真っ先に影響を受ける場所。
生え際に白髪が目立つのは、血行不良からの栄養不足で白髪が生えやすいからなのです。

女性に多い?血液不足・貧血で白髪に?

血液の不足や貧血も白髪の原因の一つです。
繰り返しになりますが、メラノサイトが活発に働くためには血液を必要とします。

このため、血液を失う事は白髪の原因となるのです。
男女ともに、年齢を重ねると白髪が増えるのは、老化によって血液を作りだす機能が衰えるため。

あわせて栄養の吸収能力も低下する事で、髪に十分な血液や栄養が行き渡らなくなるのです。
女性は男性と比べると血液が不足しやすいと言われています。

病気や体質でも貧血になりますが、月経や出産などで血液を失う事が多いためです。
特に、妊娠出産期や更年期には体内の血液を大量に失い、貧血が起こりやすくなります。

女性が妊娠・出産、閉経期に白髪になりやすいのはそのためです。

病気で白髪?血液検査が有効な場合も

特に思い当たる事もないのに、急に白髪が目立ち始めた時は要注意。
突然白髪が増えた場合は、内臓の不調や病気の可能性があるのです。

身体のどこかに病気があると、それを治す事を優先に血液やエネルギーが使われます。
よって、命に直接関係しない毛髪への血液供給は滞りがちになり白髪が生えてくるのです。

また、女性に多い甲状腺機能低下症の症状の中には、白髪の増加も含まれています。
血液を濾過し、綺麗に保つ働きをしているのは腎臓。

その機能が低下すると、血液はドロドロ、血流も悪くなってしまい白髪の原因となります。
このように、病気や体調不良が白髪の原因となる事も少なくありません。

短期間で急激に白髪が増えた時には、念のため血液検査を受けると安心でしょう。

血液循環UPで白髪を予防・改善出来る?

血液循環UPで白髪を予防・改善出来る

メラノサイトの機能が低下し、メラニン色素が不足した状態の髪が白髪です。
このため、メラノサイトを活性化させる事ができれば白髪の予防・改善効果に期待が持てます。

メラノサイトの機能を低下させる主な原因は次の5つです。

  • 片寄った食生活や栄養不足
  • 睡眠不足
  • 血行不良
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ

詳細は追って解説しますが、上記の5つの共通点は何らかの形で血液が関係しています。
そして、髪の材料となり栄養を届けるのもまた血液です。

血液循環を促し、十分な血液を頭皮に供給出来ればメラノサイトは元気になります。
血液の健康を守り、血行を促進する事が白髪の予防や改善に有効と言えるでしょう。

血液サラサラ!食事・栄養で白髪が黒髪に?

一般的に、白髪が再び黒髪に戻る事はないと言われています。
しかし、実はそうとも限らないのです。

バランスの良い食事や、髪の健康を保つ成分の摂取によって、白髪の改善を促す事が期待出来ます。
髪は血液で作られていますから、血液をサラサラにする効果のある食品は特にオススメと言えます。

白髪の改善効果が期待出来る栄養素と働きは次の通りです。

成分 効果
ミネラル(亜鉛、ヨウ素など) メラニンの生成と活性化に不可欠
ビタミンB12と葉酸 血液を作る作用
ビタミンE 毛細血管を拡げて血行促進

白髪に良い食材とされる黒ゴマは、上記のミネラルやビタミンを豊富に含んでいます。
また、小豆やスイカは血液をろ過する腎臓の働きを助ける食品。

血液サラサラ効果が高いオリーブオイルや魚油も、白髪の改善に有効です。

血液循環を良くする生活習慣で白髪予防?

白髪の予防には血行を促進する事が大切です。
血液循環が良ければ、髪に十分な栄養が運ばれてメラノサイトが活性化します。

そういう意味で、適度な運動は白髪防止に有効と言えるでしょう。
オススメはウォーキングなど足を使う運動です。

足の筋肉は全身に血液を送り出すポンプのような働きをしています。
このため、足を動かす事で血行が促進され、頭皮や髪の血流も良くなるのです。

血行不良は、睡眠不足やストレス・ホルモンバランスの乱れによって自律神経が乱れる事でも起こります。
こうした生活習慣を見直す事で、血液循環が改善すればメラノサイトが元気になり、白髪予防に繋がるでしょう。

他にも、頭皮マッサージや半身浴などで、積極的に身体の血行を促すのも良い方法です。

白髪と血液のまとめ

白髪と血液のまとめ

このように、白髪と血液には深い関わりがあります。
白髪の予防・改善には、十分な栄養と血行を促進するような生活習慣が大切です。

血流が良くなる事で、白髪防止の鍵となるメラノサイトに良質な血液を届ける事が出来ます。
「今ある白髪はどうすれば良いの?」という方にオススメなのがカラートリートメントです。

一般の白髪染めカラーは頭皮に対する刺激が強く、大切なメラノサイトにまでダメージを与えてしまいます。
その点、ルプルプや利尻などのカラートリートメントは髪や頭皮をいたわりながら白髪染めが行えます。

血液をキレイにするなど身体の内側からのケアと併せて、髪に優しい白髪染めを使われると良いでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  3. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。