若者の白髪染め

若白髪に悩む若者が増えています。
白髪と聞くと「老いの象徴」というイメージを持たれるかもしれません。

しかし、若白髪はそれほど珍しいものではなく、子供や若い方でも白髪は生えてくるのです。
ただ、若い方にとって、白髪があるというのはショックな出来事でしょう。

早くこの白髪を何とかしなければ!と思われて当然です。
ここで湧いてくる疑問が、白髪染めを使うべきか、おしゃれ染めでOKなのか?という事。

こちらでは、若者の白髪対策は、「白髪染めにすべきか」「おしゃれ染めなのか」という事についてお話ししたいと思います。
若白髪の原因や対策、白髪染めの選び方を解説します。

若者におすすめの白髪染めもご紹介しますので参考にして下さい。

若者の白髪の原因

白髪染めの話をする前に、若白髪の原因について解説します。
実は、生まれたての髪は透明で色が着いていません。

毛髪が作られる過程で、色素細胞(メラノサイト)が作り出すメラニン色素によって黒くなるのです。
そして、メラニン色素の生成に必要なのがチロシナーゼ。

白髪の原因は、老化によるメラノサイトの機能低下や、チロシナーゼの減少と考えられています。
では、加齢による白髪と、若白髪の原因はどう違うのでしょうか。

若者の白髪の原因には、次のようなものがあります。

遺伝

若者の白髪の原因として、まず挙げられるのが遺伝です。
一般的に白髪が生え始めるのが30代半ば、40代になると多くの方が白髪染めをされています。

ところが、それよりずっと若い方にも白髪は生えてくるのです。
特に、親が白髪が多い場合、子供も白髪になるケースが目立つ可能性があります。

これは、体内のメラノサイト量の少さや機能など、体質が遺伝したと考えられてます。
ただし、今の所は遺伝と白髪の因果関係はハッキリしていませんので、遺伝が絶対の原因というわけではありません。

生活習慣の乱れ

先ほどもお話しした通り、メラノサイトの低下やチロシナーゼの減少が白髪の原因です。
こうした事が起こる理由は、老化だけではありません。

例えば、栄養が不足するとメラノサイトが上手く働けなくなります。
また、メラノサイトの機能が正常でも、チロシナーゼが足りなければ白髪が生えてくるのです。

つまり、栄養不足やバランスの悪い食生活を送っている人は、白髪になりやすいという事。
食事以外にも睡眠不足・ストレス・自律神経の乱れ・血行不良などがメラノサイトの活性を弱めます。

このように、生活習慣の乱れは若者の白髪の原因の一つです。
規則正しい生活を心掛ければ、若いうちから白髪染めが必要になる事はないかもしれません。

若白髪は病気のサイン?

遺伝や生活習慣に心当たりがないのに、急に若白髪が生えてきた場合は注意が必要です。
すぐ白髪染め!と思われるかもしれませんが、病気のサインの可能性もあります。

若者の白髪と関連のある病気・症状は次の通りです。

病名 概要
尋常性白斑 何らかの原因でメラノサイトが減り、皮膚の色素が抜けてしまう病気。
髪も白髪になる。
甲状腺機能低下症 身体の新陳代謝を正常に保つ働きをしている甲状腺ホルモンが不足する病気。
心身の働きが全般的に低下するが、白髪も症状の一つ。
悪性貧血 ビタミンB12の不足で起こる病気。
白髪、めまいや脱力感などが起きる。
フォークト—小柳—原田病 メラニン色素細胞への自己免疫疾患。
視力低下、耳鳴り、白髪や白斑が見られる。

若者の白髪染めと対策

若者の白髪染めと対策

若白髪の印象は決して良いものとは言えません。
周りからも「若いのに苦労してるのかな?」「老けて見えるな」と見られがちです。

では、どうすれば良いのでしょうか。
若者の白髪染めと対策をご紹介します。

白髪染めとおしゃれ染めの違い

「白髪染め」に抵抗感を持つ若者も多いようですが、おしゃれ染めとどう違うのでしょうか。
ジアミン系の薬剤を含み「地毛を脱色→染毛剤で色を入れる」という、髪を染める仕組みはどちらも同じです。

白髪染めとおしゃれ染めの大きな違いはブリーチ力。
白髪染めはブリーチ力が弱め・染毛力は強めです。

白髪染の目的は、白髪を黒髪部分に馴染ませる事。
全体のトーンを合わせるため、黒髪を軽く脱色しつつ、白髪はブラウン系でしっかり染めます。

そのため、白髪染めで髪全体を明るくするのは難しくなります。
一方、おしゃれ染めはブリーチ力が強め・染毛力は弱めの配合です。

おしゃれ染めは黒髪に色を入れるためのヘアカラーですから、黒髪をきっちり脱色する必要があります。
その分、染料は薄めで全体は明るい染め上がり。

ただ、白髪にはあまり色が入らず、かえって目立つ事もあります。

白髪染めのメリット・デメリット

白髪染めのメリット

  • 1回でしっかり白髪が染まる
  • 2〜3ヶ月と色持ちが良い
  • クリーム、乳液、泡などタイプが豊富

白髪染めのデメリット

  • 髪や頭皮に対する刺激が強く髪が傷む
  • アレルギー体質の方は使用出来ない
  • 敏感肌の方は刺激を感じる事がある
  • 大きくカラーチェンジする場合はブリーチが必須
  • 準備と後片付けが大変

白髪をしっかりカバーしたいなら、やはり白髪染めです。
とは言え、おしゃれに敏感な若者にとって、髪を明るいトーンに染められないのはネックかもしれません。

おしゃれ染めのメリット・デメリット

おしゃれ染めのメリット

  • 明るいトーンに染められる
  • カラーバリエーションが豊富
  • 発色が鮮やか

おしゃれ染めのデメリット

  • ブリーチ力が強いため白髪染めよりダメージが大きい
  • 白髪はあまり染まらない
  • 2週間〜1ヶ月で色落ちする
  • アレルギー体質の方は使用出来ない
  • 敏感肌の方は刺激を感じる事がある
  • 準備と後片付けが大変

退色の早さをデメリットに挙げました。
ただ、色々な髪色を楽しみたい若者にとってはメリットとも言えます。

おしゃれ染めは、基本的に髪色を地毛より明るくするためのものです。
もちろん、白髪部分にも多少は色が入ります。

ただ、白髪に明るい色を重ねてもあまり変化はありません。
逆に目立つ事もあるため、白髪がごく少ない方以外は難しいでしょう。

白髪染め以外の若白髪対策

白髪を切る

白髪を見つけると抜いてしまいたくなりますが、無理に抜く事で毛根や頭皮がダメージを受けます。
いびつな毛が生えてきたり、弱々しい毛になる事もあるため、白髪は抜かずに根元で切りましょう。

ここで、白髪染め以外の若白髪対策をご紹介しておきます。
それは白髪になりやすい生活習慣を改める事。

食生活の見直し

生活習慣の乱れが原因で生えてきた若者の白髪は、改善の可能性があるのです。
まず、食生活を見直して栄養バランスの良い食事を心掛けましょう。

毛髪環境がしっかり整えば、元気な黒髪が生えてきやすくなります。

質の良い睡眠

また、質の良い睡眠をとる事も大切です。
成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイム(22〜26時)に眠る事で、メラノサイトの活性化が期待出来ます。

不規則な生活やストレスはチロシナーゼの大敵、活性酸素を増やします。
血行を促進する軽い運動などで、上手にストレスを発散するようにしましょう。

若者の白髪染めの選び方

若者の白髪染めの選び方

若者の白髪染めの選び方の3つのポイントをご紹介します。

1.髪と地肌に優しい

白髪染めは繰り返し使うものです。
しかも、若いうちからの使用となれば、かなり長い間ダメージを受け続ける事になります。

出来るだけ髪と地肌に優しく、負担の少ない白髪染めを選ぶようにしましょう。

2.配合成分をチェック

多くの白髪染めには、ジアミン系の薬剤やアルカリ剤、過酸化水素など刺激の強い成分が配合されています。
このため、敏感肌の方は刺激を感じたり肌荒れを起こす事があります。

また、アレルギーの方は、ジアミンを含む白髪染めの使用は厳禁。
パッケージ等で配合成分をチェックするようにして下さい。

3.白髪染め専用を選ぶ

白髪をしっかりカバーしたいなら、おしゃれ染めではなく白髪染めを選びましょう。
白髪が多い方はやや明るめ、部分白髪の場合は暗めのカラーを選ぶと仕上がりが自然です。

若白髪におすすめの白髪染め

白髪染めカラーには、ジアミンなどの皮膚刺激の強い成分が含まれています。
また、市販の白髪染めは誰が使っても失敗がないように、薬剤が強めに配合されているのです。

若白髪のケアにおすすめなのが、白髪染めカラートリートメント。
若いからこそ、髪と頭皮に負担を掛けない白髪染めを使うと良いでしょう。

ジアミンなど刺激の強い化学成分を含まない無添加処方。
植物由来の補修成分や保護成分の働きで、白髪染めとヘアケアが同時に出来るのが特徴です。

使用を中止すると少しずつ色が抜けていくのも、若者の白髪ケアには好都合と言えます。
もし若白髪が改善したら、使うのをやめるだけで良いのでしょう。

中でも、白髪がよく染まると評判なのが、売上日本一を誇る利尻カラートリートメント。
利尻昆布エキスが髪と頭皮に潤いを与え、ツヤのある美しい仕上がりが期待出来ます。

穏やかな成分のため、アレルギー体質の方や敏感肌の方も安心です。

白髪染めと若者のまとめ

白髪染めと若者のまとめ

若者の白髪を染めるなら、おしゃれ染めでなく白髪染めを使いましょう。
抵抗感があるかもしれませんが、きちんとカバーするならやはり白髪染め専用のカラー剤です。

しかし、ヘアカラータイプの白髪染めは、髪と頭皮に大きなダメージを与えます。
長い目で見るなら、頭皮環境を整えて髪の健康に良い成分の入った白髪染めを使いたいもの。

利尻ヘアカラートリートメントは、その条件にピッタリです。
遺伝や病気が原因でない若白髪は、改善して黒髪に戻る可能性があります。

白髪染めでむやみに髪を傷めるのはやめましょう。
若者の白髪の場合、生活習慣の見直しをしつつ、カラートリートメントで白髪ケアがベストです。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。