白髪とリタッチ

白髪染めのリタッチとは、生え際の約1センチから2センチの白髪を染める事です。
「部分染め」とも呼ばれ、根本だけを染めるので全体染めよりも髪や地肌に負担がない方法となっています。

美容室でリタッチをする方もいれば、セルフでリタッチをする方もいます。
大抵の場合、1ヶ月で約1センチ伸びると言われていますが、平均的なリタッチの期間はどれくらいなのでしょうか?

髪が伸びる速さや白髪の量にもよりますが、一般的なリタッチの期間を 調べてみました。
是非参考にしてみてください。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めのリタッチする期間は?

白髪染めのリタッチをするには、どのくらいの期間ですれば良いのでしょうか。
髪の伸びる早さや白髪が気になる度合いによって個人差があるので、人によってそれぞれです。

髪の毛の伸びる早さは人によって違いますので、リタッチの頻度も変わってきます。
日本人の場合、平均で1日0.3~0.4ミリ伸びると言われています。

もっと早く伸びてしまう方は、1か月持たないと感じる人も結構います。
平均で見ると、全体染めが2ヶ月に1回のペース、そして部分染めが3週間に1回のペースが多いようです。

また、白髪が気になる度合いは、白髪の場所にもよります。
時々つむじあたりに集中して白髪があるけど、顔の回りはそれほどでもない方もいるのです。

頭頂部から後頭部にかけては、自分ではよく見えない部分となっています。
そのため、セルフでリタッチする際には、塗り残さないように気を付けましょう。

セルフ・自分での白髪染めのリタッチ

最近人気のヘアカラートリートメントは、次に白髪染めするまでの間まで、髪を傷めずにリタッチ出来ます。
毎日のトリートメントの代わりに使用するため、伸びてきた白髪が徐々に染まっていきます。

早いものだと、2日でおおよそ色が染まります。
お風呂に入ったついでに行う事が出来るので、忘れる心配もありません。

使い方は、白髪が伸びてきたと感じる前から使用する事です。
ヘアカラートリートメントは、ある程度色が入るまでに、3~4回掛かる事が多と言えます。

そのため、白髪が目立ってきてからでは染まりづらくなります。
ちょっとした外出時のための白髪かくしなら、筆タイプ、フェルトペンタイプ、マスカラタイプなどが便利です。

表面を一時的に色付けするだけなので、髪にも頭皮にも優しいのでオススメです。

美容院・美容室での白髪染めのリタッチ

美容院で白髪をリタッチすると、白髪部分を細かく分け、パーツごとに塗ってくれます。
そのため、塗り残しや塗りムラがありません。

セルフでは、顔回りの細い白髪や短い白髪が上手く染められない事は多いと言えます。
しかし、美容院でやってもらえば、どの部分も同じように綺麗に仕上がるのです。

また、美容師さんが本来の髪色や現在染まっている部分との調和を取った色選びをしてくれます。
そのため、仕上がりが綺麗と言えます。

そして、髪の質や色に合わせて薬剤を調合してくれるので、市販の薬剤と比べると傷みが少ないのもメリットです。
また、美容院で白髪染めをすると、かなり長時間しっかりとシャンプーしてくれます。

そのため、余分な薬剤が頭皮や髪に残りにくいのも良い点です。

白髪染めリタッチの平均頻度は?

白髪染めリタッチの平均頻度

白髪染めリタッチの平均頻度は、その人の髪の伸びる速さによって変わります。
平均は1ヶ月で約1センチと言われているので、リタッチも1ヶ月に1回ペース、または2ヶ月に一回ペースが平均です。

白髪染めのリタッチは、キューティクルを剥がす事で色を染み込ませています。
そのため、1ヶ月に何回もリタッチを行うと頭皮のダメージになります。

1ヶ月に2回以上リタッチをすると、頭皮へ負担になるので、せめて一か月一回に抑えておくと良いでしょう。

白髪のリタッチにオススメのトリートメントは?

白髪のリタッチにオススメのトリートメント

白髪のリタッチにオススメなのは、泡で染めるタイプのヘアカラーです。

リタッチは根元だけに付けるために 意外と乗るのが難しい作業でもあります。
しかし、泡タイプなら頭皮に泡を乗るだけなので、クリームを伸ばす必要もなく初心者でも簡単に出来るでしょう。

ただし、市販の泡タイプの白髪染めは、頭皮に刺激が強い成分ジアミンが入っています。
そのため、根元以外の部分に使うと、頭皮の負担になるので気を付けましょう。

頭皮に優しいヘアカラートリートメントタイプは毎日使っても肌にやさしく、頭皮に優しく使う事が出来るのでオススメです。
毎日少しずつ白髪を染めるので、わざわざリタッチする必要がありません。

毎日のシャンプーやトリートメントで染める事が可能です。
敏感肌の方がかぶれやすい方でも使えます。

トリートメントタイプでオススメなのは「利尻トリートメント」と「ルプルプ」です。
どちらも天然素材でジアミンが配合されていないので、毎日安心使う事が出来ます。

白髪のリタッチカラーの口コミ

白髪のリタッチカラーには、シャンプータイプトリートメントタイプ、また1剤と2剤を合わせて使うタイプなどがあります。
1剤と2剤を合わせて使うタイプは、一回で使い切らなくてはいけないため、リタッチには余ってしまう事が多いでしょう。

口コミで好評がいいのは、少しずつ使う事が出来るトリートメントタイプです。

リタッチ後にはシャンプーをしますが、この時のシャンプーはアミノ酸系など洗浄力の強くないものを使いましょう。
ちなみに、トリートメントタイプの白髪染めは、濡れた髪と乾いた髪でもどちらでも使えますが、乾いた髪に使った方は色持ちが良くなります。

ヘナを使った白髪染めのリタッチ方法は?

ヘナを使った白髪染めのリタッチ方法

普段白髪染めをヘナを使っている場合は、リタッチもヘナを使いたいと思う方は多いでしょう。
ヘナはもともと地肌にたっぷり付けるものですから、リタッチの時も同じように頭皮に頭皮全体に乗せて付けます。

生え際だけを染めるように、頭皮全体にヘナを添付していきましょう。
ヘナが頭皮根元全体についたら、指で軽くマッサージをしてなじませませて30分から1時間置いて洗い流さます。

ヘナには老廃物を排出するデトックス効果、栄養素を頭皮に届ける効果があるので、1ヶ月に一回リタッチすると一石二鳥です。
マッサージする内に頭皮全体にヘナペーストが広がり、全体に色が均一にする事が出来ます。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪のリタッチのまとめ

白髪のリタッチのまとめ

白髪のリタッチには、根元や生え際、分け目などの部分白髪染めに最適なヘアカラートリートメントを使うようにしてください。
そして、リタッチの頻度は月に1回を目安にしましょう。

新しく生えてきた白髪がどんなに気になっても、1ヶ月2回以上すると頭皮の痛みになります。
もし髪の痛みが気になる場方は、毎日のシャンプータイプやトリートメントで白髪が染まる「利尻トリートメント」と「ルプルプ」をオススメします。

これらの地肌に優しいタイプは毎日使っても大丈夫ですし、リタッチする必要もなく簡単です。
どの白髪染めを使うかは、その人の好みや仕上がりによって異なります。

そのため、自分に合った白髪染めを試しながら選ぶと良いでしょう。
最後に、リタッチする時はあくまでも新しく生えてきた部分だけに染めるものです。

全体に染まら全体に液剤を付けないように気を付けてください。
当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。

白髪に悩んでいる方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。