もみあげの白髪染め

もみあげの白髪って、人の目に付く部分だから気になりますよね。
せっかく染めてもすぐ悪目立ちしてくるし、顔周りの細かい部分だから上手く染められなくて、もう嫌だ!と思っている人も多いかもしれません。

でも、あなたと同じように白髪が生えている人でも、いつもキレイにもみあげまで白髪染めされている人もいるはずです。
実はその差は、「白髪染め選び」にありました。

今回は、そんなもみあげの白髪が悪目立ちしやすい原因や、オススメの白髪染めについてまとめてご紹介していきます。

もみあげを白髪染めしても悪目立ちしやすい原因

なぜ、髪全体を同じように染めているのに、時間が経つともみあげの白髪だけが悪目立ちしてくるのでしょうか?
それには、以下の2つの原因が考えられます。

  • もみあげだけに白髪が集中しやすい生活スタイルになっている
  • 顔周りの白髪、人の視線に入りやすい

こういったもみあげの白髪だけが悪目立ちしてくる理由を知っておけば、「もみあげばかり、なんで!?」といった憤る気持ちが、少しはスッキリしますよね。
では次に、こういったもみあげの白髪の発生原因には、どのように対策するのがベストなのかをご紹介します。

もみあげは白髪染めしても紫外線・眼精疲労のダメージを受ける

先に述べた通り、もみあげの白髪は、ある一定の条件下で生活をしている人に多く見られる傾向があります。
それは、紫外線や目にダメージを受けやすいライフサイクルで暮らしている人です。

例えば、仕事でパソコンに向かう時間が長い人は、よく目がぼやけたり、かすんでいるような感覚を味わった事があるかもしれません。
こういった目の疲れ(眼精疲労)は、もみあげ周辺の血行不良に繋がり、メラノサイトと呼ばれる髪の色素を作り出す細胞の機能を低下させて、白髪の発生原因になりえます。

ですので、目に負担をかけているなと感じる人は、出来るだけ目をホットタオルで温めたり、マッサージしながら疲れを取ってあげるようにしましょう。
また、男性の場合は短髪な人が多く遮るものがないため、紫外線がもみあげに直に当たってしまう人が多いです。

紫外線は、メラノサイトを損傷させて、白髪を促進させる活性酵素の発生に繋がると言われてます。
ですから、帽子や日焼け止めスプレーで、モミアゲ部分の地肌を保護してあげると良いでしょう。

もみあげは白髪染めしても伸びればすぐに気付かれる

もう1つのもみあげの悪目立ちする原因には、人の視線に入りやすいというものがありました。
白髪はもみあげに限らず、1ヶ月に1cm前後伸びています。

しかし、もみあげ部分の髪は相手の目を見つめたすぐ横に露出しているため、伸びた時にどうしても目立ちやすくなってしまいます。

たしかに、どんなにもみあげ以外の白髪が綺麗に染まっていても、視線に入る部分の白髪が目立っていては意味がありませんよね。
ですから、どうして目につくもみあげの白髪は、髪全体の白髪とは別に、短期間で部分的に染めて対応していく必要があるでしょう。

もみあげにオススメな3つのタイプの白髪染め

もみあげにオススメな3つのタイプの白髪染め

もみあげは、悪目立ちしやすい特性を解消するために、染める頻度が増えます。
ですから、「手軽さ」「コスパの良さ」「ダメージの少なさ」に配慮された白髪染めを選んだ方が良いでしょう。

そういったポイントを押さえた白髪染めの中でも、特にオススメなタイプは、ヘアカラートリートメント・白髪隠し・ヘアカラーシャンプーの3つです。
これから、それぞれのメリットやデメリットをご紹介するので、ぜひ参考にしながら自分にベストな白髪染めを選んでください。

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは、染め上がりの良さ、髪のツヤ、頭皮に優しいといった点から、デリケートで目立ちやすい顔周りのもみあげを染めるのに最適な白髪染めと言えます。

【メリット】

  • トリートメント成分で髪を保湿してくれるため、傷みにくい
  • 原料が天然成分である場合が多いため、ダメージが少ない
  • 1~2週間かけて、色が入っていくため自然な仕上がりになる
  • 自宅でも手軽に白髪を染められる
  • 美容院で染めるよりも、コストや時間がかからない

【デメリット】

  • 色が定着するまでに時間がかかる
  • 選べる色が少ない

中でもルプルプや利尻は、利用者も多く評判も良いため、ヘアカラートリートメント選びに迷ったら使ってみても良いかもしれません。

白髪隠し

白髪隠しは、シャンプーで洗い流すだけですぐに色が落ちます。
そのため、美容院に行くまでのつなぎとして、もみあげを染めたい時にオススメの白髪染め(隠し)です。

【メリット】

  • もみあげだけの白髪を部分的に隠しやすい商品が多い
  • 5分~10分あれば、簡単に白髪を隠せる
  • 外出先にも持ち運んで気軽に使える

【デメリット】

  • 雨や汗で色落ちしやすい
  • 商品によっては、塗った部分の髪が固まってしまう
  • シャンプーで色が洗い流されるため、使用頻度が増えてコスパが悪い

マスカラ・コーム・ペン(筆)タイプの白髪隠しは、もみあげなどの細かい白髪を染めやすいので、ぜひ試してみてください。

ヘアカラーシャンプー

ヘアカラーシャンプーは、いつものシャンプーを白髪染め用に変えるだけで良いため、白髪を染める手間や時間を節約できる白髪染めです。

【メリット】

  • 染める時間や手間が必要ない
  • お風呂だけで白髪染めが完結する
  • 通常の白髪染めに比べて、髪や頭皮に優しい

【デメリット】

  • 染毛力があまり強くないので、しっかりと染めるのには向かない
  • 色落ちしやすい
  • 染まるのに1~2週間かかる

「わざわざ定期的にもみあげの白髪を染めるのは面倒だ!」と感じる人は、ぜひ使ってみてください。

もみあげの白髪染めのまとめ

もみあげの白髪染めのまとめ

もみあげの白髪は、目の酷使や生えている場所の影響で、どうしても悪目立ちしやすくなります。
そういった関係から、髪全体の白髪よりも染める頻度を増やす必要があるでしょう。

ただし、染める頻度が増加するという事は、それだけ手間・費用・頭皮や髪へのダメージも同時に増えるという事を意味します。
ですから、もみあげの白髪染めは、これらの要素を解決してくれるヘアカラートリートメント・白髪隠し・ヘアカラーシャンプーの中から選ぶようにした方が、あなたにとってプラスが大きくなるでしょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪に悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。