泡パックヘアカラーの評判・口コミ

パルティ泡パックヘアカラーは、ヘアカラー初心者でも染めやすい泡タイプのおしゃれ用ヘアカラー剤です。

  • クリームタイプは染めにくくて苦手
  • 染めムラをなるべく作りたくない
  • ヘアカラー剤のツンとしたにおいが苦手
  • 様々な髪色を試したい

このような人は、泡パックヘアカラーがオススメです。

そこで今回は、泡パックヘアカラーの口コミや効果、特徴についてご紹介します。
また、価格や使い方についても一緒に見ていきましょう。

泡パックヘアカラーの評判や口コミをチェック!

以下では、泡パックヘアカラーが、インターネットでどのような評判や口コミを得ているのかまとめてみました。

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く


平均評価:  
 0 レビュー

泡パックヘアカラーの良い評判や口コミ

20代・女性
ヘアカラー中のにおいで気分が悪くなる事が多かったのですが、これは全然平気でした。
むしろなんだか良い香りがして、ヘアカラーも快適に出来ました。

30代・女性
アフターカラートリートメントが付いているので、最後まで髪を守りながら使えます。
仕上がりも染めムラがなく、満足出来るものでした。

20代・女性
今まで泡タイプというともみこむ時にモコモコし過ぎて液ダレしやすかったのですが、これは大丈夫でした。
泡立たないので液ダレしないし、安全に染められたように思います。

10代・女性
泡を作っている時楽しかったのと、簡単だったので初めてヘアカラーする人も安心出来ると思います。
髪も思ったより傷まなくて安心しました。

20代・女性
ロングヘアですが、とにかく値段が安いので2箱買っても安いです。
仕上がりも髪が傷む事なく、ツヤのある感じを維持しています。

20代・女性
とにかくたくさんの色があるので、その時の気分で選べて楽しいです。
ブリーチしている髪なので、1ヶ月おきにいろんな色を試しています。

泡パックヘアカラーの悪い評判や口コミ

20代・女性
ローズショコラのパッケージの髪色に惹かれて購入しましたが、黒髪は全く染まりませんでした。
黒髪用のヘアカラーなのに、あのパッケージの髪色はおかしいと思いました。

10代・女性
ブリーチを繰り返した髪の毛に使いましたが、とてもパッケージの髪色のような明るい色にはなりません。
ただの落ち着いたブラウンになりました。

20代・女性
少し髪が傷みやすく、仕上がりはキシキシしていました。
染まりもあまり良くないし、ダメージが大きすぎたので残念です。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

泡パックヘアカラーの効果・特徴は?

泡パックヘアカラーの特徴と効果

泡パックヘアカラーの効果や特徴を記載していきます。

楽しく準備出来て簡単に染められる

泡パックヘアカラーは、ヘアカラー初心者でも簡単に染められるので、準備も手間が掛かりません。
混合カップにベースウォーターとクリームを入れて混ぜるだけなので、とにかく簡単です。

また、混ぜている内にモコモコとした泡が出来上がってくるので、見た目にも楽しめます。
混ぜている時もヘアカラー剤特有の嫌な匂いはせず、スイーツのフルーティな香りが広がります。

アフターカラートリートメント付き

ヘアカラー後は、髪がキシキシしたり、ダメージが気になったりして心配になります。
泡パックヘアカラーは、アフターカラートリートメントが付属されているのが特長です。

シャンプーでの二度洗い、そしてトリートメントの後にタオルドライしてから使うだけ。
アフターカラートリートメントには、髪に良いツバキ油が配合されているので、ヘアカラーでパサつきがちな髪の毛に潤いを与えてくれます。

しっかり髪になじませてドライヤーをする事で、熱によるダメージも軽減してくれます。

5種類のトリートメント成分を配合

ヘアカラーは髪に負担を掛けてしまいますが、そのダメージをなるべく軽くするために5種類のトリートメント成分を配合しています。

成分 効果
つばきオイル パサつきがちな髪を保湿するうるおい成分
4種類の果実抽出エキス オレンジ、リンゴ、モモ、レモンの果実が髪を保湿
植物性プロテイン 大豆由来の毛髪保護成分
シルクプロテイン ヘアカラーの色持ちをアップ
海藻エキス たっぷりのミネラルが毛髪を保護

原材料・成分

1剤:[有効成分]:オルトアミノフェノール、パラアミノフェノール、パラフェニレンジアミン、メタアミノフェノール、5-アミノオルトクレゾール[その他の成分]:亜硫酸ナトリウム、アンモニア水、エデト酸四ナトリウム四水塩、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、オレンジ果汁、海藻エキス(4)、加水分解シルク液、カルボキシビニルポリマー、精製水、セタノール、炭酸カリウム、炭酸水素アンモニウム、大豆たん白加水分解物、ツバキ油、濃グリセリン、パラオキシ安息香酸プロピル、パラオキシ安息香酸メチル、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム、モモ果汁、リンゴ果汁、レゾルシン、レモン果汁、L-アスコルビン酸、1,3-ブチレングリコール、香料
2剤:[有効成分]:過酸化水素[その他の成分]:ジエチレングリコールモノエチルエーテル、精製水、セタノール、セチル硫酸ナトリウム、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、フェノキシエタノール、プロピレングリコール、ポリオキシエチレンセチルエーテル、リン酸
つばきオイル配合のヘア美容液:水、BG、ジメチコン、ジリノール酸ジイソプロピル、ミネラルオイル、ステアリルアルコール、ステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸PEG-25、カルボマー、キサンタンガム、グリセリン、水酸化K、ツバキ油、ブチルパラベン、メチルパラベン、ユチャ油、EDTA-2Na、PEG-40水添ヒマシ油、香料

10色のカラーバリエーション

泡パックヘアカラーには、気分や好みに合わせて選べる10種類のカラーバリエーションがあります。

・カフェオレシフォン
・カスタードベージュ
・シュガーブラウン
・ピーチグレージュ
・きいちごジャム
・キャンディアッシュ
・ミルキーグレージュ
・マシュマロアッシュ
・ローズショコラ
・生チョコワッフル

泡パックヘアカラーのデメリットは?

泡パックヘアカラーのデメリット

泡パックヘアカラーを使うにあたり、デメリットはあるのでしょうか。
主なデメリットは、ロングヘアの人は2箱買わなければならないという点です。

1箱の内容量はベースウォーター75mlとクリーム75gですが、これはセミロングでちょうど良い量となっています。
セミロング以上や髪の毛の量が多い人は、1箱では足りなくなってしまうのです。

また、内容量を変更出来ないためリタッチをしにくいという特徴があるため、ヘアカラーを繰り返して髪が傷みやすくなります。

泡パックヘアカラーの価格・販売店はどこ?

泡パックヘアカラーの価格・販売店

パルティ泡パックヘアカラーの取り扱い販売店は、クリエイトなど全国のドラッグストアや薬局のヘアカラー剤売り場となっています。
他にネット通販でも購入出来るので、手に入れやすいのが特徴です。

Amazonでの最安値は税込545円・送料400円(2,000円以上購入で送料無料)、楽天での最安値ストアでは税込600円・送料540円でした。
店頭では600円前後で販売されているので、出来ればドラッグストアなどで購入するかAmazonで2,000円以上購入して送料無料にしてから買いましょう。

泡パックヘアカラーの正しい使い方は?

泡パックヘアカラーの正しい使い方

泡パックヘアカラーの正しい使い方は、まずヘアカラー剤が入っていた箱のミシン目に沿って穴を開け、混合カップを入れて固定してください。
ヘアカラーをする直前に泡を作っていきますが、混合カップに良く振り混ぜたベースウォーターを全部入れましょう。

次に、クリームを全量入れますが、アフターカラートリートメントと間違えないように注意してください。
付属のスプーンで20〜40回円を描くようにかき混ぜ、カップの縁についている線までモコモコと盛り上がってきたら完成です。

付属の手袋をした手で泡を取り、乾いた髪全体に塗り広げていきます。
まずは、分け目から頭頂部、そして後頭部、耳の後ろや襟足、生え際にも塗っていきましょう。

たっぷりの量を塗るのが、染めムラなく仕上がるためのポイントです。
髪全体に泡が行き渡ったら、手で揉み込んでいきます。

揉み込んでも泡立たないので、液ダレしにくいのが特徴です。
肌についたクリームを落としてから、20分程度放置します。

髪の状態によって、適宜増減してください。
洗い流してタオルドライした後、付属のアフターカラートリートメントを付けてよく乾かします。

泡パックヘアカラーに副作用のリスクはある?

泡パックヘアカラーに副作用のリスクはあるのでしょうか。
泡パックヘアカラーに限らず、ヘアカラー剤はアレルギーを起こす可能性が誰にでもあります。

そのため、必ず使用する前にパッチテストを行い、問題ない事を確認してから使いましょう。
パッチテストを行う事で、重いアレルギー症状を防ぐ事が出来ます。

また、使用中に痛みや腫れなどアレルギー症状が現れたら、すぐに洗い流して皮膚科を受診してください。
そして、一度ヘアカラー剤でアレルギーか起きたら、絶対にヘアカラー剤は使用しないようにしましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

泡パックヘアカラーの販売会社概要

会社名:株式会社ダリヤ
本社所在地:愛知県名古屋市中区丸の内3-5-24
設立:1950年11月15日
代表者:野々川 大介
ホームページ:泡パックヘアカラーの公式サイトはコチラ

当サイトでオススメしている白髪染め

【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。