白髪染めのポイント

30代後半から40代前後になると、白髪が目立ってくる人が多くなります。
そして、白髪が出てくるとその対処法として一番最初に考えるのが、白髪染めです。

今回は、その白髪染めを行う際に失敗しないためにも、抑えておきたい大事なポイントについて解説していきます。
ちなみに、解説するポイントは、美容院で白髪染めをする場合だけではありません。

市販の白髪染めを使って、家で白髪を染める場合についての大事なポイントも解説します。
これから、初めて白髪染めをする方や白髪染めでもう失敗したくない方などは、ぜひチェックしてみてください。

美容院で白髪染めを行う際の大事なポイント

それでは初めに、美容院で白髪染めを行う際の大事なポイントについて解説していきましょう。
美容院で白髪染めをする時に抑えておきたいポイントは、以下の2つのものがあります。

  • リタッチやメンテナンスカラーをお願いして、こまめに染めるようにする
  • 白髪染めでおしゃれをしたいのであれば、ハイライトで染めるようにする

ではこれから、それぞれのポイントについて、1つずつ詳しく解説していきます。
美容院で白髪染めをしようと考えている方は参考にしてみてください。

リタッチやメンテナンスカラーでこまめに染める

美容院のメニューには、カットやカラー以外にリタッチやメンテナンスカラーといったものがあります。
リタッチとは、新しく伸びた部分だけ染めるメニュー。

一方で、メンテナンスカラーとは、外から見て白髪が特に分かりやすいような髪の分け目などのみを染めるメニューです。
そして、このリタッチやメンテナンスカラーという2つのメニューを利用する事こそ、白髪染めでは重要なポイントだと言えます。

なぜなら、この2つのメニューでこまめに白髪を染めるようにすれば、白髪を目立たせる事なく常に綺麗な髪色を保つ事が出来るからです。
また、毎回全体染めするよりもコストを抑えられるメリットもあります。

そのため、いつも美容院で白髪染めをしているのであれば、美容師と相談してこれらのメニューを利用してみると良いでしょう。

おしゃれをしたいならハイライトで染める

美容院で白髪染めをする人の中には、普通に染めるのではなく、少しでもおしゃれに染めたいと考える人も多くいます。
もしあなたもそのように考えているのであれば、ハイライトという技術を1つのポイントとして覚えておくと良いでしょう。

ハイライトとは、一部の髪の毛だけを周りより線状に明るくするカラー方法を指します。
このハイライトを使うと、通常の白髪染めよりも髪の毛を明るく立体的に見せる事が出来るため、おしゃれをしたい人にはまさにうってつけの技術なのです。

このハイライトは薬剤を使い分ける事が必要で、美容院だからこそ出来る白髪染めの方法でもあります。
そのため、美容院でおしゃれに白髪を染めたいのなら、一度このハイライト使って染められないか担当の美容師さんに相談してみてください。

市販の白髪染めの選び方と使い方の大事なポイント

市販の白髪染めの選び方と使い方の大事なポイント

白髪染めをする人の中には、美容院ではなく、市販の白髪染めを使う人も少なくありません。
そこで次に、市販の白髪染めの選び方と使い方における大事なポイントについて解説をしていきます。

基本として抑えておきたい市販の白髪染めの選び方、また使い方におけるポイントは以下の4つです。

  • 体質に合っているかパッチテストなどで確認する
  • 髪や頭皮の状態に適している白髪染めの種類を選ぶようにする
  • 基本的に白髪染めは髪の生え際、根本を中心に塗るように心がける
  • 白髪染めを塗ったあとの放置時間は規定の時間を守るようにする

それでは、これからそれぞれのポイントについて、より詳しい解説をしていきます。
市販の白髪染めで染める予定のある方は、ここで基本となる4つのポイントをしっかりと確認しておきましょう。

体質に合っている白髪染めを選ぶ

市販の白髪染めを使って髪の毛を染めるのであれば、自分の体質にあっているかどうかテストする事が商品を選ぶ上では大事なポイントです。
もしパッチテストをせずに自分の体質に合わない白髪染めを使ってしまうと、かゆみやかぶれといったアレルギー反応などのトラブルが起きます。

また、頭皮や髪に合わない白髪染めを使うと、髪の毛にしっかりと色が付かない事もあるのです。
そういった事を防ぐためにも、自分の体質に合っているかどうかテストする事が1つの大事なポイントだと言えます。

ちなみに、パッチテストは一度だけではなく、毎回白髪染めを使う度に行うべきものです。
時間は掛かりますが、大きな症状を起こさないためにも、必ずテストはするように心掛けましょう。

髪や頭皮の状態に合った白髪染めの種類を選ぶ

市販の白髪染めは、髪や頭皮に合った白髪染めの種類を選ぶ事も非常に重要なポイントです。
例えば、これまでに何度もパーマなどをしていて、髪の毛に大きいダメージがある場合。

こういった場合には、髪の毛のトリートメント効果も期待出来るカラートリートメントやダメージが少ないヘアマニキュアが適しています。
また、一度にしっかり染められればダメージは気にしないといった場合には、2剤混合タイプの白髪染めがおすすめです。

このように、市販の製品を使う時には、髪や頭皮の状況によって選ぶべき白髪染めの種類は変わります。
間違った白髪染めの種類を使ってしまうと、理想とは違う結果に繋がってしまう事もあるので、このポイントも忘れないようにしておきましょう。

白髪染めは生え際や根本を中心に塗る

市販の白髪染めを実際に使う上で抑えておきたい大事なポイントは、髪の毛の生え際や根本を中心に塗る事です。
市販の白髪染め、特に2剤混合タイプの白髪染めは、ヘアカラーよりも髪の毛を染める力が強い傾向にあります。

そのため、必要のない部分に付いてしまっても無駄に黒くなってしまうのです。
それを防ぐためにも、市販の白髪染めは白髪が最も目立つとされる髪の生え際や根本を中心に塗るべきとされています。

ちなみに、髪の生え際などには使えなくなった歯ブラシなどを使うと上手く塗れるので、指で上手く塗れない方はぜひ一度試してみてください。

放置時間は規定の時間を守る

市販の白髪染めの使い方における大事なのポイントはもう1つあります。
それが白髪染めを塗った後の放置時間は規定の時間を守る事です。

通常、白髪染め剤を塗った後の放置時間は、製品ごとに決められています。
そして、特に特別な理由がなければ、その放置時間を守らなければいけません。

なぜなら、放置時間を守らないと悪い結果が出る事が多いからです。
例えば、規定の放置時間よりも短い時間しか待たないと、髪がしっかりと染まらなかったりします。

また、反対に規定時間よりも長い時間待ち続けてしまっても、髪や頭皮に大きなダメージが残ったりするのです。
このような事を避けるためにも、市販の白髪染めを使うのであれば、しっかりと規定時間を守るようにしましょう。

ワンポイントの白髪染めにおすすめの商品は?

ワンポイントの白髪染めにおすすめの商品

では最後に、ワンポイントの白髪染めとしておすすめ出来る商品をご紹介しましょう。
今回ご紹介するのは、以下の3つの製品です。

  • 利尻ヘアカラートリートメント
  • ルプルプ ヘアカラートリートメント
  • マイナチュレ カラートリートメント

それでは早速、それぞれの商品について、1つずつ特徴などと合わせてご紹介していきます。
どの白髪染めにも良い特徴がありますので、どの商品を使えばいいのか悩んでいる方は一通りチェックしてみてください。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

1つ目にご紹介するワンポイントの白髪染めにおすすめの商品は、利尻ヘアカラートリートメントです。
この商品は、2011年から2017年まで連続で白髪用ヘアカラートリートメントのブランドシェアの第1位を獲得している実績があります。

また、圧倒的な実績があるだけではありません。
ワンポイントの白髪染めとしておすすめ出来る理由は他にもあります。

例えば、アレルギー反応を起こす原因であるジアミンなどの強力な化学成分などは無添加であり、髪や頭皮に優しい事。
また、ミネラルや保水フコイダンなどの髪や頭皮の潤いを与えるような、天然由来の美容成分が多く配合されている事もおすすめ出来る理由の1つです。

さらには、苦手な人が多い白髪染め特有のあのツンとした臭いがない事も理由として挙げられます。
利尻ヘアカラートリートメントには様々なおすすめ出来る理由があるので、商品選びの際には一度チェックしておくと良いでしょう。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメント

次にご紹介するワンポイントの白髪染めにおすすめの商品は、ルプルプ ヘアカラートリートメントです。
このルプルプ ヘアカラートリートメントがおすすめ出来る理由は2つあります。

1つ目の理由は、利尻ヘアカラートリートメントと同じように、ジアミンなどの化学成分が無添加であるから。
そして、2つ目の理由は、この白髪染め剤の成分のなんと94%が植物由来の美容成分で占められているからです。

このルプルプヘアカラートリートメントも、利尻ヘアカラートリートメントと同様にワンポイントの白髪染めとしては優れている商品だと言えます。
これまでの販売実績もあの楽天市場の総合部門で1位を獲得していたりと申し分ないので、ぜひこの商品も合わせてチェックしてみてください。

マイナチュレ カラートリートメント

マイナチュレ白髪用カラートリートメント

最後にご紹介するワンポイントの白髪染めにおすすめの商品は、マイナチュレ カラートリートメントです。
マイナチュレ カラートリートメントが、ワンポイントの白髪染めとしておすすめ出来る最大の理由は4つのケアを同時に行える事にあります。

具体的にはメインの白髪ケア以外に、ヘアケア、スカルプケア、エイジングケアがこの商品を使う事で行えるのです。
この特徴は業界で初のものなので、白髪ケア以外のケアも求めている人にとっては、最も適した白髪染めの商品の1つになると言えるでしょう。

白髪染めのポイントのまとめ

白髪染めのポイントのまとめ

今回の記事で解説してきましたように、白髪染めを行う際には美容院で行う場合と市販の白髪染めを使う場合で大事なポイントが変わります。
ただ、どちらの場合であっても、それらの大事なポイントを抑えないといけません。

なぜなら、ポイントを抑えなければ、上手く染まらない事やかゆみ・かぶれといった失敗に繋がる事があるからです。
そのため、今後白髪染めを行う際には、今回ご紹介したポイントを守って失敗を防ぎ、そして綺麗に白髪を染めてもらいたいと思います。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。