ビゲン クリームトーンの評判・口コミ

ビゲン クリームトーンは、ホーユーから販売されている白髪染めです。
生え際までしっかりと染まる効果に加えて、白髪染め特有のツーンとした刺激臭を抑えています。

どんな悩みを抱えている人にビゲン クリームトーンが向いているのか幾つか見ていきましょう。

  • 初めて自宅で使用するタイプの白髪染めを使う
  • 豊富なカラーの中から自分に合うイメージの色を選びたい
  • 染まりにくい生え際や分け目の白髪で悩んでいる

大手のブランドから登場している製品だけあり、染まりやすさに拘っているのが嬉しいポイントですね。

以下では、ビゲン クリームトーンの効果や特徴を詳しくまとめています。
他の白髪染めとの違いをチェックしておいてください。

ビゲン クリームトーンの評判や口コミをチェック!

以下では、ビゲン クリームトーンが、インターネットでどのような評判や口コミを得ているのかまとめてみました。

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く


平均評価:  
 6 レビュー
by T
年代(年齢): 20代

ヘアカラーで染めるよりは頭皮がひりひりしにくい印象です。時間も短い時間でしっかり染まってくれるような気がします。
ただ、1カ月ぐらいで気付くと色が落ちてきてしまうような気がしてこまめに染めなければいけないのが面倒です。
自宅で染めるときに液が飛び散ることがよくありますが落とすのが少し大変なのも困ります。
男性用の場合1個全ての液を使いきることがないので2回にわけて使えるような商品があればいいなと思います。


by risa
年代(年齢): 50代

低減してあるが、匂いが好きではない。染残しがでてしまう。いちいち2種類のクリームを合わせることが面倒くさい。使用後の容器やブラシなどの後始末が手間がかかる。特に使用後の手袋の扱いに困る。染め上がりに時間を置かねばならない。
色はちゃんと染まるし、1か月以上持続するのが良いと思う。2つあるクリームのどちらかが残ってしまう。壁などに、クリームが付着するとほぼ色がしみつき取れない。クリームチューブが出しづらくがラミネートチューブにはできないなかなと思う。


by カー
年代(年齢): 30代

小分けして使用できるのでタッチアップにも便利でコスパもよい。色もしっかりと染まり、刺激臭もなく優しい仕上がりになります。
過去からいろいろと試して、いまだに新しいのをみかけると試していますが、
結局この商品に戻ってきます。色落ちはないし毛染めは、自分一人でやるとどこかに、特に根元に染め落ちがありそうなので、
そうならないように根元まで届かせるためにゴシゴシするのに、いい粘度です。良い商品だと思いますかた、使用してみてください


by らんちょん
年代(年齢): 40代

節約のためにセルフで白髪染めをしていますが、最近は美容院で染めてもらったほうがいいかなと思っています。
セルフですると確かに金銭的には抑えられるのですが、面倒・浴室を汚してしまう(気付いてすぐに洗い流せばいいのですが、そうでない場合は汚れが残る)・染めムラが出る・持ちが悪いetc.
つい最近もセルフで白髪染めをしたばかりなのですが、襟足部分が染まっておらず再度染めるという二度手間になってしまいました。こういった点を考えるとやはり美容院で染めてもらったほうがいいかもしれません。


by eeee091655
年代(年齢): 20代

以前はメンズ用の白髪染めを使用していたのですが、臭いが強くあまり染まりませんでした。なので、女性用白髪染め ビゲンクリームトーンを使用しています。地肌が痛くなることもなく、臭いもメンズ用に比べてあまりない為染めた次の日など気になることはありません。染まり具合も申し分なく愛用しています。ただ女性用だと購入するときに恥ずかしい時もあります。パッケージを男性でも購入しやすいように改良していただけるとなおいいと思います。


  • Page 1 of 2:
  • «
  • 1
  • 2
  • »

ビゲン クリームトーンの良い評判や口コミ

・ゴシゴシと薬剤を馴染ませるように使っていると根元まで綺麗に染まりますよ
・私は生え際の目立ちやすい部分を中心に、ビゲン クリームトーンを3回~4回に分けて使っています
・匂いはそこまで酷くありませんし、自然な髪色に染められるのが良いと思いました
・付属されているブラシは髪の毛全体に塗りやすい仕様になっていました
・1本当たりの値段が物凄く安いところがお気に入りです
・トリートメントタイプやヘナよりも、ビゲン クリームトーンの方が白髪の目立ちを抑えられますよ
・前髪の根元まで綺麗に染まり、見た目の老けた印象を改善することに成功しました
・自宅で使えるビゲン クリームトーンのお陰で美容院へと行く回数が減っています
・7Gは黒髪でも浮かない程度の深みを持つブラウンで、私のイメージとマッチしていました
・刺激の少ない白髪染めでさり気なくオシャレをするならビゲン クリームトーン一択です
・素人とは思えない仕上がりとなり、ヘアサロンで1万円近くの料金を支払うのが馬鹿らしくなりました

ビゲン クリームトーンの悪い評判や口コミ

・昔ながらの白髪染めの印象があり、最近の製品と比べて刺激感が強い気がします
・放置時間の目安が30分と少し長く、手間なく白髪を染めたい人にはおすすめできません
・セミロング程度の長さなど1箱では足りないのが少し不便でした
・白髪の部分が直ぐに茶褐色となり、残念な感じの見た目に仕上がってしまいます
・白髪の量が多いからなのか、ビゲン クリームトーンでは全く染まりません

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ビゲン クリームトーンの効果・特徴は?

ビゲン クリームトーンの特徴

ビゲン クリームトーンの効果や特徴を記載していきます。

色持ちがしっかりとしている

白髪染めで髪の毛を黒くしたのにも関わらず、「直ぐに元の状態に戻ってしまう」と悩んでいる方もいると思います。
そんな人にビゲン クリームトーンはオススメで、色持ちがしっかりとしているのが特徴です。

生え際や分け目の使用にも効果的で、ビゲン クリームトーンの色持ちが長い理由をまとめてみました。

  • 配合されている染料が毛髪内部へと深く浸透する
  • 色密度が高くて毛髪へとしっかりと吸着する
  • 粒子が細かいミクロエマルジョンクリームが採用されている
  • コンパクトで塗りやすいブラシが付属されている

髪の毛の芯から染まるため、希望の髪色を長期間に渡ってキープできます。

全11色のカラーバリエーションから選べる

ビゲン クリームトーンは、全11色のカラーバリエーションから選択可能です。
選ぶカラーで仕上がりのイメージは大きく異なり、色の目安を見ていきましょう。

<染めた白髪が浮きにくい>

・4NA(ナチュラリーブラウン)
・5NA(深いナチュラリーブラウン)

<自然な栗色系>

・3G(より明るい栗色)
・4G(自然な栗色)
・5G(深い栗色)
・6G(自然な褐色)
・7G(自然な黒褐色)

<赤みを抑えた栗色系>

・4MA(マロンブラウン)
・5MA(深いマロンブラウン)

<くすみのある栗色系>

・14G(くすみのある栗色)
・15G(くすみのある濃い栗色)

ビゲン クリームトーンの公式サイトで仕上がりの色を確認出来ますので、白髪の量や希望の色に合わせて比較してみてください。

使わなかった分を小分けできる

ビゲン クリームトーンは、使わなかった分を小分けできるタイプの白髪染めです。
そのため、ショートヘアで薬剤が余ってしまったとしても、次回に取っておく事が出来ます。

白髪を一度染めても時間の経過で根元からキラキラと目立つ事が多いと言えます。
そのため、数週間おきにビゲン クリームトーンを使って理想の髪色をキープしましょう。

ビゲン クリームトーンの価格は?

ビゲン クリームトーンの価格

ホーユーから販売されているビゲン クリームトーンは、薬局やドラッグストアなどの実店舗でも市販されています。
しかし、全ての店舗で取り扱っているわけではないので、希望のカラーが欲しい時はネット通販の利用がオススメです。

以下では、ビゲン クリームトーンの販売店別の価格をまとめてみました。

Amazon:483円
あひるのドラッグ(楽天市場):540円
マツモトキヨシオンラインストア:598円
爽快ドラッグ:702円
ケンコーコム:811円

希望の髪色にしっかりと染まるのに加えて、1袋当たりの料金が安いのが魅力的です。

ビゲン クリームトーンの正しい使い方は?

ビゲン クリームトーンの正しい使い方

綺麗な髪色を目指すために、以下ではビゲン クリームトーンの正しい使い方や手順をまとめてみました。

1.同じ量の1剤と2剤をミックストレーの中に出して混ぜ合わせる
2.きちんと混ざったら染毛ブラシを使って白髪が気になる場所に塗布する
3.ムラなく全体へと馴染ませたら25分~30分程度放置する
4.シャワーで良くすすいだ後に、シャンプーとリンスで洗う
5.タオルとドライヤーを使って髪の毛を乾かしたら完了

「あまり白髪が染まらない」という方は、ビゲン クリームトーンを塗った後に放置する時間を延ばしたりヘアキャップを被ったりしてみてください。

ビゲン クリームトーンに副作用のリスクはある?

ビゲン クリームトーンの中には、オルトアミノフェノールやパラフェニレンジアミン、メタアミノフェノールや塩化ステアリルトリメチルアンモニウムといった薬剤成分が含まれています。
そのため、個人の肌質によっては頭皮のかゆみやかぶれ、ピリピリ感といった副作用のリスクがありますので注意しなければなりません。

頭皮トラブルが原因で抜け毛が増える可能性もありますので、敏感肌やアレルギー体質の方は次の手順でパッチテストを行うべきです。

1.ヘアカラーの1剤と2剤を少量出して混ぜる
2.テスト溶液を二の腕の内側へと10円程度に塗り広げる
3.自然乾燥させてから48時間(2日間)程度放置する
4.かゆみや腫れなどの症状が出ないのかどうかチェックする

肌に異常が出ないことを確認してからビゲン クリームトーンを使って白髪を染めましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ビゲン クリームトーンの販売会社概要

会社名:ホーユー株式会社
本社所在地:〒461-8650 名古屋市東区徳川一丁目501番地
創業:1905年(明治38年)
代表者:水野 真紀夫
ホームページ:ビゲン クリームトーンの公式サイトはコチラ

当サイトでオススメしている白髪染め

【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。