クリップジョイント カラーバターの評判・口コミ

クリップジョイント カラーバターは、髪を傷めたくない人に最適なカラートリートメントです。

  • 傷んだ髪にしっかり着色したい
  • ブリーチを繰り返して明るい髪色になっている
  • 自分だけの色味を作りたい
  • 頭皮がデリケートなのでヘアカラー剤が使えない

このような人は、クリップジョイント カラーバターでの着色がオススメです。

そこで今回は、クリップジョイント カラーバターの口コミや効果、製品特徴についてご紹介します。
また、使い方や価格などの情報もみていきましょう。

クリップジョイント カラーバターの評判や口コミをチェック!

以下では、クリップジョイント カラーバターが、インターネットでどのような評判や口コミを得ているのかまとめてみました。

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く


平均評価:  
 0 レビュー

クリップジョイント カラーバターの良い評判や口コミ

20代・女性
色がたくさんあって使いやすい色から奇抜な色までバリエーション豊かで、その時の気分で決められます。
あまりに派手な色はサロンでやりたいですが、定番の色ならセルフでも十分うまく染められて色持ちも良いです。

30代・女性
カラリストになった気分で、自分に合った色を調色出来ます。
落ち着いた色も作りやすいので、意外と派手なやつだけではないのが良いですね。

50代・女性
美容院でのヘアカラーの合間に活用していますが、うまく染まってくれて満足です。
白髪に試してみましたが、白髪が多いせいか意外ときちんと染まりました。

20代・女性
発色が良いので、市販のヘアカラーにはもう戻れません。
美容院に行くよりも安く済んで、この品質の良さならリピート間違いなしです。

10代・女性
ブリーチをやり過ぎて傷みまくった髪の毛、どうやってヘアカラーをしようと悩んでいたときに見つけました。
傷んだら傷んだだけ染まりがよくなるので、自分にはピッタリなトリートメントだと思いました。

クリップジョイント カラーバターの悪い評判や口コミ

20代・女性
他の色は髪に入ったのに、アッシュミルクティーは入らなかったです。
でも仕上がりはとてもツルツルになるし、単純に髪色との相性なのでしょうね。

10代・女性
ブリーチは1回だけじゃ綺麗に染まらず、最低でも2回はしないと染めムラが出来やすいです。
どちらかと言うとポイントのアクセントカラーに使うのが良いのかもしれません。

20代・女性
ブリーチはしっかりしていましたが、思ったよりもあまり染まりませんでした。
もしかしたら放置時間は20分よりも長く取ったほうが良買ったのかも。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

クリップジョイント カラーバターの効果・特徴は?

クリップジョイント カラーバターの特徴

クリップジョイント カラーバターの効果や特徴について、詳しくみていきましょう。

トリートメント効果で髪が傷まない

ヘアカラー剤でもヘアマニキュアでもないカラーバターは、着色作用のあるトリートメントです。
そのため、髪を染めたとしても、トリートメント効果で髪が傷まない特徴があります。

また、クリップジョイント カラーバターに含まれる成分の90%以上がトリートメント成分なのです。
そもそもヘアカラー剤は、キューティクルを開いて染料を入れるのですが、カラーバターは髪表面だけに着色があるタイプになります。

そのため、繰り返し使ってもキューティクルを傷めず、髪のツヤややめらかさを保つ事が出来るのです。

違うカラー同士を混ぜる事が出来る

クリップジョイント カラーバターの楽しい所は、全部で25色あるバリエーションをそれぞれ混ぜる事が出来る点です。
違うカラー同士を混ぜる事で、今までに感じにくかった絶妙な目立つカラーを作る事もあるのです。

毛先だけ違うカラーにしても良いですし、色見本のように明るく調節するのも人気があります。
派手めなカラーリングが好きな人には、クリップジョイント カラーバターは欠かせないアイテムとして今大注目なのです。

赤味を抑えたい時はネイビーブルー、茶系を強く出したい時はリアルレッドが調色に欠かせません。
同じピンクでもフラッシュピンクやチェリーピンクなど、数種類あるのが特徴です。

黒髪ではなく明るい髪用

クリップジョイント カラーバターの特徴のひとつとして、黒髪には染まらないという点があります。
理由はキューティクルに入り込まないので、色を抜く作用はないためです。

もともとブリーチを繰り返した明るい髪の毛には、とてもよく発色していきます。
しかし、クリップジョイント カラーバター自体はトリートメントなので、使うたびに髪の毛を保護する事も出来て傷んだ髪にオススメです。

豊富なカラーバリエーション展開

クリップジョイント カラーバターには、25色の豊富なカラーバリエーション展開があります。
公式サイトに色見本が載っていますが、中には色を混ぜる専用の色もあってさらに沢山の色が作れるのです。

特に人気の高いカラー5種類をみていきましょう。

1位:アッシュミルクティー
2位:シルバー
3位:プラチナシルバー
4位:ベイビーピンク
5位:ショッキングパープル

それぞれの色をミルキーに変えるクリアクリームや、短期間だけ黒髪戻しをしたい時にオススメなアジアンブラックなども人気色です。

クリップジョイント カラーバターの価格・販売店はどこ?

クリップジョイント カラーバターの価格・販売店

クリップジョイント カラーバターの取り扱い販売店は、全国のヴィレッジヴァンガードやAmazon、楽天などです。
また、サロン専用品なので、プロの施術をお願いしたいならクリップジョイント カラーバターの取り扱いがあるサロンに行きましょう。

気になる価格は、ヴィレッジヴァンガードでは1回分200g入りでクリアクリームのみ税別1,905円、それ以外は税別2,667円です。
Amazonでは税込1,972円~カラーによって違いがあり、だいたいは2,000円くらいの価格帯です。

Amazonの場合は、2,000円以内の注文では送料が350円掛かります。
楽天では税込1,763円~カラーにより違いますが、送料が別で700円程掛かってしまうので注意が必要です。

最安値で購入するには、Amazonを利用するのがオススメでしょう。

クリップジョイント カラーバターの正しい使い方は?

クリップジョイント カラーバターの正しい使い方

クリップジョイント カラーバターの正しい使い方について説明していきます。
まず染める前にワセリンを生え際の肌や耳などに塗って、カラーバターがこびりつかないようにしましょう。

そして、髪を濡らしてからしっかりとタオルドライし、目立たない部分の髪を少しだけ取ってどれだけ染まるかの発色テストをします。
発色が大丈夫であれば、あとはカラーバターを手に取ってどんどん塗り込むだけです。

頭皮にもたっぷり塗って、塗りムラが出来ないように揉み込みましょう。
全体にしっかり濡れたらラップをかけて15~20分放置して、洗い流します。

トリートメント扱いなので、洗い流す際のシャンプーは不要、それなのに乾かした後の髪の毛がツヤツヤしているのが特徴です。
ちなみに、1回量200gはセミロング用となります。

クリップジョイント カラーバターに副作用のリスクはある?

クリップジョイント カラーバターに副作用が起こるリスクはあるのでしょうか。
カラーバターはトリートメントなので、ヘアカラー剤のようにアレルギー反応が出る事はまずありません。

そのため、アレルギーでヘアカラーを諦めていた人でも、クリップジョイント カラーバターは安心して使えるのです。
しかも、90%以上がトリートメント成分なので、肌に特別悪いものは含まれていません。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

クリップジョイント カラーバターの販売会社概要

会社名:有限会社クリップジョイント
本社所在地:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨 3-20-17 三口ビル 2 階
ホームページ:クリップジョイント カラーバターの公式サイトはコチラ

当サイトでオススメしている白髪染め

【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。