テンスター カラートリートメントの評判・口コミ

テンスター カラートリートメントは、三宝商事株式会社から販売されているヘナエキスが配合されたカラートリートメントです。
サロン専売のヘアケア剤を数多く製造しているテンスターから登場している事もあり、白髪をなくして美しい髪色へと導きたい女性から高い評価を得ています。

  • 高い着色効果で白髪を目立たなくさせるヘアケアグッズが欲しい
  • しっとりと滑らかな髪の毛へと整えたい
  • ふんわりとボリュームアップさせたい

こんな女性にテンスター カラートリートメントはピッタリの製品で、具体的な効果や特徴について見ていきましょう。

テンスター カラートリートメントの評判や口コミ!

以下では、テンスター カラートリートメントが、インターネットでどのような評判や口コミを得ているのかまとめてみました。

テンスター カラートリートメントの良い評判や口コミ

・思っていた以上に少ない回数で白髪が染まったので満足しています
・頭皮や髪の毛を傷めずに自然な形で染め上げたい方にピッタリのトリートメントだと思いました
・美容院で染めるまでの繋ぎとしてテンスター カラートリートメントは十分ですね
・被膜感のある補修ではなく滑らかにしてくれるので特に重たい感じはしません
・近所のドラッグストアで販売されていたので白髪染めの代わりとして使っています
・臭いや香りがキツくないので、ケミカルな白髪染めよりもテンスター カラートリートメントの方が好きです
・生え際や分け目の部分をケアしたい人にはリタッチヘアカラータイプが良いですよ
・使いやすさで比較するのであればチューブタイプではなく泡のカラートリートメントの方がしっくりきます

テンスター カラートリートメントの悪い評判や口コミ

・ロングヘアだと1回の使用量が多いので250gだと直ぐになくなってしまいます
・髪の毛を補修するどころか、ゴワゴワでギシギシの状態になるのでもう使っていません
・私のように髪質が硬いと染まるまでに何回もかかるのでかなり面倒ですね
・チャコールブラウンはあまり染まらないので他のカラーで黒染めした方が良いと思いました

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

テンスター カラートリートメントの特徴は?

テンスター カラートリートメントの特徴

テンスター カラートリートメントの特徴を記載していきます。

5種類のカラーバリエーションの中から選べる

白髪染めトリートメントを使うに当たり、自分の目指す髪色のカラーが用意されているのかどうかは大事です。
「白髪がキラキラと目立つ」と同じ悩みを抱えていても、使用するカラーで仕上がりは大きく異なります。

テンスター カラートリートメントは、以下の5種類のカラーバリエーションが用意されていました。

概要
ライトブラウン 軽やかな仕上がりのブラウン
ブラウン 華やかな仕上がりのブラウン
ダークブラウン 自然なブラウンの色味になる
チャコールブラウン 上品な仕上がりのブラウン
ソフトブラック 落ち着いた黒色へと導く

シリーズ累計で、テンスター カラートリートメントは2016年に400万本を達成しています。

トリートメントタイプの白髪染めが出回る前から人々に愛されている歴史ある製品です。
そのため、「どれを使えば良いのか迷っている」という女性にオススメです。

トリートメント効果の高い成分のヘナエキス(ヘンナ葉エキス)が入っている

テンスター カラートリートメントの中には、トリートメント効果の高い成分のヘナエキス(ヘンナ葉エキス)が入っています。
具体的に髪の毛や頭皮へと、どんな効果が期待できるのかまとめてみました。

  • ヘナの中に含まれているローソン(ローソニア)がケラチンへと絡みついて白髪を茶色へと染める
  • 傷んだ髪の毛のキューティクルをコーティングしてハリやコシをアップさせる
  • 高い皮脂分泌調整作用や抗菌効果で頭皮のフケやかゆみなどのトラブルを予防する

高い染毛力に加えて髪の毛や頭皮を健やかな状態で保ってくれるのは、ヘナエキスが配合されているのが理由です。

髪と頭皮のアンチエイジングに繋がります。
そのため、加齢による影響でハリやコシがなくなっている女性も、テンスター カラートリートメントを使ってみましょう。

ジアミン系化合物が使われていない

テンスター カラートリートメントの中には、ジアミン系化合物が使われていません。
薬局やドラッグストアで販売されている白髪染めには、ジアミン系化合物が使われているケースが多いと言えます。
ジアミンアレルギーの発症のリスクがあります。

  • 頭皮が赤い
  • 頭皮がかゆい
  • 耳の後ろや首がかぶれる
  • 皮膚が腫れ上がる

ジアミンアレルギーを発症するとこれらの症状が出やすく、敏感肌や乾燥肌の方は特に注意した方が良いですね。
しかし、テンスター カラートリートメントは、「ジアミン不使用」「ノンシリコン」「無香料」と肌への安全性も考慮して作られています。

100%アレルギーが出ないと言い切る事は出来ません。
しかし、肌トラブルのリスクが少ない白髪染めトリートメントなのは間違いありません。

テンスター カラートリートメントの価格は?

テンスター カラートリートメントの価格

テンスター カラートリートメントは、実店舗とインターネット通販の両方で購入出来ます。
古くから歴史のある白髪染めトリートメントですので、薬局やドラッグストアでの取り扱いもあるのです。

ただし、自分の欲しいカラーが手に入るとは限らないため、確実に入手したいのであればネット通販が良いでしょう。
以下では、テンスター カラートリートメントの販売店別の価格をまとめてみました。

姫路流通センター:1本250gで1,188円
Amazon:1本250gで1,282円
ホームライフ(楽天市場):1,310円
ケンコーコム:1本250gで1,680円

内容量は多いですし、どの販売店でも1,000円ちょっとの価格で購入出来るので、コスパの良いカラートリートメントなのです。

テンスター カラートリートメントの正しい使い方

テンスター カラートリートメントの正しい使い方

テンスター カラートリートメントの効果を高めるために、どんな使い方が正しいのかチェックしておきましょう。

1.シャンプー剤で洗髪をして付着したホコリや皮脂などの汚れを落とす
2.髪の毛全体にテンスター カラートリートメントをクシやコームで塗布する
3.白髪の気になる部分を中心に手で良く馴染ませていくのがポイント
4.5分間程度放置してからシャワーを使って色が出なくなるまで洗い流す
5.タオルドライした後にドライヤーで乾かして完了

手の平に出して直接塗布する事は出来るものの、爪の中に染料が入り込むと中々落ちないので、ビニール手袋を使うべきです。

テンスター カラートリートメントに副作用のリスクはある?

テンスター カラートリートメントの中には、髪の毛を補修するヘナエキスが含まれています。
そのため、ジアミン系薬剤のような副作用は引き起こされません。

「白髪染めや染毛剤の使用で肌がピリピリと傷む」といった女性でも安心して使えます。
しかし、テンスター カラートリートメントの使用で、絶対にアレルギーが出ないとは言い切れません。

そのため、敏感肌や乾燥肌の人にはパッチテストがオススメです。
パッチテストで肌に異常が出ないのか確認した後に、白髪染めとして使ってみてください。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

テンスター カラートリートメントの販売会社概要

会社名:三宝商事株式会社
本社所在地:東京都豊島区池袋2-51-13 佐久間製菓ビル4F
創業:1939年(昭和14年)3月
代表者:川端康夫
ホームページ:テンスター カラートリートメントの公式サイトはコチラ

当サイトでオススメしている白髪染め

【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。