白髪をグレーに染める

白髪は黒やブラウンに染める以外に、グレーに染めるという方法もあります。
白髪をグレーに染める事に抵抗を感じる人もいます。

しかし、グレーヘアには品のある印象を与えたり、若々しさを演出したりする可能性があるのです。
そのため、おしゃれの手段として白髪をグレーに染める人もいます。

今回解説するのは、白髪をグレーに染める方法とグレーヘアのメリットです。
マッチする年代が限られるグレーヘアですが、男性にも女性にもおすすめ出来ます。

もし黒やブラウンの白髪染めが自分に合わないと感じているのなら、白髪をグレーに染める事も視野に入れてみましょう。

白髪をグレーに染めるのがおすすめの理由

白髪をグレーに染めると、仕上がりが自然になりやすい傾向があるのです。
白髪染めの際黒い色に染める人が多いのですが、真っ黒に染めてしまうと、その色自体が不自然な印象を与える事があります。

また、年齢を重ねた人が髪を真っ黒にすると、年齢相応の変化を遂げた顔と黒い髪が上手くマッチしない恐れもあるのです。
黒でなく、ブラウンやダークブラウンに染める場合も、色がその人に合わないと不自然な印象になる可能性があります。

そこでグレーヘアにすれば、不自然な仕上がりになる事が少ないのです。

白髪をグレーに染めると若返りのメリットも

男性の場合、ある程度年齢を重ねると「真っ黒に染めるより白髪を残した染め方をしたい」と考える人が出てくるのです。
そうした人がいる事からも、グレーヘアにメリットがある事が分かります。

グレーヘアにすると、若々しく見える可能性があるというメリットがあるのです。
実際、芸能人でもグレーヘアにしている人は何人かいます。

白髪が少ない内は、黒く染める方が若さを演出出来る可能性があります。
しかし、白髪が黒髪より多くなってきたら、グレーに染めると若々しく見える効果が期待出来るのです。

他にも、黒髪と白髪の境目が目立たなくなる事から、以下のようなメリットもあります。

  • こまめに染め直す必要がない
  • 白髪染め初心者でもカラーリングを失敗しにくい

こうしたメリットは、明るめの色であるグレーだからこそ得られるのです。

白髪染めをやめやすくなる

グレーに染める事は、白髪染めを止めやすくする手段にもなります。
例えば、今までずっと白髪を黒やブラウンに染めていた人が急に白髪染めをやめると、髪が伸びた時に染まっている部分と根元の色がくっきり分かれてしまうのです。

しかし、グレーヘアにすれば、髪が伸びてきても色の差が分かりにくくなります。
そのため、白髪染めをやめたい人は、まず髪全体をグレーに染めましょう。

一旦グレーヘアにしてしまえば、その後カラーリングをしなくても、伸びてきた部分が気にならない可能性が高いのです。

髪の色に統一感が出る

グレーに染まった白髪がおしゃれに見えやすいのは、髪全体に統一感が出るためです。
白髪をグレーに染める事で黒髪と白髪の境目が曖昧になり、髪全体が同じ色に見えるようになります。

白髪を全く染めずに過ごす人も少なくありません。
しかし、そうするよりは、グレーヘアにした方がおしゃれな印象を与える可能性が高いのです。

特に、年を重ねた男性であれば、グレーに染める事で、よりダンディーな雰囲気を演出出来る事があります。

白髪をいかしたおしゃれが出来る

白髪をグレーに染める事は、白髪の色をいかす事に繋がるのです。
一般的な白髪染めと異なり、白髪が完全に色付けされるわけではないので、ある程度白髪そのものの色は残されます。

これにより、グレーヘアには年齢相応の自然な印象を与える効果が期待出来るのです。
具体的には、その人の顔や服装にマッチします。

人によっては、白髪を黒く染める事で実年齢より若く見える事もあります。
しかし、年を重ねた人が真っ黒に染めてしまうと、アンバランスな印象を与える恐れがあるのです。

そこで、白髪の色をいかしたグレーヘアにする事により、自然な仕上がりになります。
また、その方がかえって若々しい印象を与えられる可能性もあります。

白髪をグレーに染める時の注意点

白髪をグレーに染める時の注意点

グレーヘアは、白髪に悩む全ての人におすすめ出来るものではありません。
その人の年齢や白髪の量などによって、グレーヘアをおすすめする人、おすすめ出来ない人に分かれるのです。

そのため、人によっては白髪をグレーに染めても、あまり納得のいく仕上がりにならない可能性があります。
そういった人は、グレーでなく黒やブラウンに染めるのがおすすめです。

ここでは、白髪をグレーに染める時に注意してほしい事について解説します。
グレーヘアにチャレンジする前に、こちらでご紹介する注意点を確認しておきましょう。

白髪が少ないと変化が出にくい

黒髪と比べて白髪の本数が少ないと、白髪をグレーに染めても変化を感じるのは難しいと言えます。
グレーヘアは、白髪のみに色を入れる染め方です。

そのため、少ない白髪をグレーに染めると、黒髪の中にグレーの髪が少し混ざっているような仕上がりになる可能性があります。
こうした仕上がりは、見る人によっては「白髪を黒く染めようとして染め残しが出てしまった」と誤解されてしまう恐れもあるのです。

一方で、白髪の量が黒髪の量を上回っていれば、白髪をグレーに染めた時理想的なグレーヘアに仕上がる可能性があります。

人によって馴染まない場合がある

グレーのヘアカラーは、黒やブラウンほどメジャーではありません。
そのため、グレーヘアは時に奇抜な印象を与える事があり、人によっては馴染まないケースもあります。

グレーヘアが馴染みにくくなるのは、白髪が少な過ぎる、年齢が若いなどの特徴がある人です。
しかし、美容院で白髪をグレーに染める事で、その人に合ったトーンのグレーに仕上げてもらえる可能性があります。

自分にグレーヘアが馴染むかどうか心配であれば、ホームカラーで染める前に美容院に行ってみましょう。

思うように染まりにくい

ヘアカラー剤やヘアカラートリートメントによって、グレーを出すのは実は難しい事なのです。
特に、ヘアカラートリートメントは髪や頭皮をいたわる事を重視して作られているので、発色についてはあまり期待出来ません。

また、染毛力の強いヘアカラー剤や美容院で使われているヘアカラー剤でも、白髪をグレーに染めるのはあまり簡単ではないのです。
少しでもグレーヘア実現の可能性を高めたいのであれば、白髪が少ない内はグレーに染める事はせず、白髪が髪全体の半分以上を占めるまで待つのをおすすめします。

黒髪の多いと上手く染まらない事がある

白髪より黒髪の方が多いと、白髪をグレーに染めてもグレーヘアに仕上がらない可能性があります。
こうした注意点は、グレーヘア専用のヘアカラー剤の説明書にも書かれている事が多いのです。

グレーヘア専用のヘアカラー剤は、白髪だけをグレーに染めるものであり、黒髪までグレーにする効果は見込めません。
そのため、染毛力の強い・弱いに関わらず、黒髪が多い内はグレーヘア専用のヘアカラー剤を使っても、グレーヘアに仕上がる可能性はかなり低いのです。

グレーヘアは年齢を選ぶ

白髪をグレーに染めるのは、20代〜30代といった若い年代の人にはあまり強くおすすめ出来ません。
おしゃれとしてグレーに染めるとしても、それが馴染む傾向にあるのは40代以上の人です。

それより若い人がグレーヘアにすると、顔や服装にマッチしづらいだけでなく、実年齢より老けて見られてしまう恐れもあります。
万が一、どうしてもグレーヘアを楽しみたいという人には、ヘアカラー剤を買う前にまずカラーワックスでグレーにするのがおすすめです。

シャンプーで落とせるカラーワックスで、自分にグレーヘアが似合うかどうかを判断しましょう。

白髪を理想のグレーに染める方法

白髪を理想のグレーに染める方法

白髪をグレーに染めるのは難しい事です。
しかし、一旦グレーヘアになれば、若々しくおしゃれな髪に見せられる可能性があります。

美容院で染めてもらった方が、理想のグレーヘアになりやすいと言えます。
しかし、自分で白髪をグレーに染める事も決して不可能ではありません。

ここでは、白髪を理想のグレーに染めるための方法をご紹介します。
グレーヘア専用のヘアカラー剤を使うという方法もあります。

しかし、グレーという色にこだわらなくても、白髪をグレーに染められる可能性があるのです。

ダークカラーを選ぶ

グレーヘアばかりにこだわらなくても、白髪をダークカラーに染める事で自然、かつお洒落な仕上がりになる効果が期待出来ます。
白髪をグレーに染めると、風変わりな印象を与えてしまう場合があります。

しかし、ダークカラーであれば、グレーに染めるよりも自然な印象になる可能性が高いのです。
具体的には、黒あるいはダークブラウンといった色で白髪を染めるのがおすすめ出来ます。

こうした色は、どのような人にでも馴染みやすい傾向があり、落ち着いた雰囲気を出せる可能性があるのです。

白髪染め用ヘアカラートリートメントを使う

白髪をグレーに染める際市販のヘアカラー剤を使うと頭皮や髪に負担が掛かり、人によっては化学成分によるアレルギー症状が起こる事があるのです。
こうしたトラブルが心配であれば、ヘアカラートリートメントを使って白髪を染めるのをおすすめします。

トリートメントタイプの他、シャンプータイプの白髪染めもあります。
しかし、トリートメントタイプであれば、髪のダメージを補修する効果も期待出来るのです。

白髪染め用ヘアカラートリートメントは、黒やブラウンといった色が多いと言えます。
そういった色でも、染める過程で白髪がグレーに近い色になる可能性があります。

白髪をグレーに染めるためのヘアカラートリートメント商品

白髪をグレーに染めるためのヘアカラートリートメント商品

白髪を染めるヘアカラートリートメントの中では、「利尻ヘアカラートリートメント」がおすすめです。
このトリートメントには、利尻昆布からとれるフコイダンという成分が含まれています。

このフコイダンには、髪のダメージを補修しツヤを出す効果が期待されます。
カラーはライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラックの4種類です。

その中でも、ダークブラウンとブラックが白髪をグレーに近い色に染められる可能性があります。
ヘアカラートリートメントは、何度か使う内に少しずつ白髪が染まっていくので、色の変化を確かめながら使ってみましょう。

グレーに染めるのが早い人にヘアカラートリートメントがおすすめ

グレーに染めるのが早い人にヘアカラートリートメントがおすすめ

白髪をグレーに染めるのがおすすめ出来るのは、髪の半分以上が白髪になっている人です。
白髪の量がそこまで増えていない場合、グレーに染めるのはもう少し待って、少ない白髪を地毛に近い色に染めるのをおすすめします。

白髪を暗い色に染める際も、刺激の強い市販の白髪染めより白髪染め用ヘアカラートリートメントを使いましょう。
市販の白髪染めより色が入るまでに何日か掛かります。

しかし、髪や頭皮がダメージを受ける心配が少ないなどのメリットがあるのです。
ここではヘアカラートリートメントのメリットについて解説します。

自然な仕上がりになる

グレーに染めるのでなく、もっと暗い色に染める場合も自然な仕上がりにする事は可能です。
ヘアカラートリートメントで白髪を染めると、少しずつ白髪が染まる事によって自然な印象のヘアカラーを実現出来る可能性があります。

また、毎日少しずつ色が浸透する事により、一般的な白髪染めを使った時のように急に髪の色が変わるという現象はあまり起こりません。
そのため、周りの人に白髪染めをした事を気付かれない可能性もあるのです。

髪や頭皮を傷めにくい

一般的な白髪染めで黒やグレーに染めるより、トリートメントタイプの白髪染めで染めた方が髪や頭皮があまり傷まない傾向にあります。
これは白髪染め用ヘアカラートリートメントの多くに天然由来の成分が使われているためです。

例えば、白髪に色を入れる色素や髪を保湿する成分として、植物や海藻からとれた成分が用いられる傾向があります。
こうした天然由来の成分が使われている事から、ヘアカラートリートメントは頭皮や髪のトラブルが起こるリスクが低いのです。

髪の健康状態が良くなる

白髪染め用ヘアカラートリートメントには、白髪を黒やグレーに染める成分の他、髪のコンディションを良好な状態に近付けるトリートメント成分も含まれているのです。
例えば、前述のフコイダンは、髪を保湿する他、ハリやコシを与える効果が期待されています。

他にも、ミツロウやキトサンなど、髪の表面をコーティングする成分がヘアカラートリートメントは使われている傾向にあるのです。
白髪を染めながら髪のコンディションを改善させたいのであれば、こうしたトリートメント成分が含まれているヘアカラートリートメントを探しましょう。

白髪が少ない時でも使える

白髪染め用ヘアカラートリートメントは、白髪が多い人だけでなく少ない人も使えます。
白髪の量が少ない人は、グレーに染めるのが向いていない傾向にあります。

そのため、白髪を地毛の色に近い色に染める手段として、ヘアカラートリートメントを使うのがおすすめです。
黒や黒に近いダークカラーのヘアカラートリートメントであれば、白髪がグレーに近い色になる可能性はあります。

しかし、少ない白髪をグレーにしても、メリットはあまり望めません。
そのため、白髪が少ない内は、グレーより暗めの地毛の色に近い色に染めましょう。

白髪をグレーに染めるのをおすすめ出来る人

白髪をグレーに染めるのをおすすめ出来る人

白髪の色をいかせるグレーヘアですが、似合う人と似合わない人がいるのです。
ここでは、どのような人にグレーヘアがおすすめ出来るのかを解説します。

年齢が若い人や黒髪の割合が多い人には、白髪をグレーに染めるのはおすすめ出来ません。
そうでない人は、グレーヘアが馴染む可能性があるのです。

また、グレーヘアは男性のおしゃれだと認識する人もいます。
ただ、女性でも白髪をグレーに染めるスタイルがマッチする人がいます。

そのため、こちらで解説するグレーヘアが馴染みやすい条件を参考にしながら、女性の方もグレーヘアにトライしてみると良いでしょう。

白髪の割合が多い人

髪全体の半分50%以上が白髪であれば、白髪をグレーに染める事で見栄えの良いグレーヘアになる可能性が高いでのす。
白髪が多い人の中には、「暗い色に染めて重たい印象になるのが嫌」という人もいます。

しかし、そういった人も、全く染めずにいるよりはグレーに染める事をおすすめします。
白髪をグレーに染めれば、残っている黒髪との色の境目がぼかせるため、髪全体が同じ色に見える可能性が高いのです。

また、髪全体が白髪になっている場合でも、グレーヘアにする事で上品、かつお洒落な雰囲気を出せる事があります。

中年や初老の男性

グレーヘアは年齢を重ねた人の方が馴染みやすい傾向があり、実際中年や初老の男性が白髪をグレーに染めるとおしゃれに見える傾向があります。
おしゃれな雰囲気は、20代や30代といった若い年代の人がグレーヘアにしても実現出来ない可能性が高いのです。

また、年齢を重ねた男性の中には「白髪を黒く染める事で不自然になる」「重たい雰囲気になる」と感じる人もいます。
そうしたネガティブな印象を避けるために、白髪をグレーに染めるケースもあるのです。

白髪染めをやめたい女性

グレーヘアは男性だけでなく、女性にもマッチする事があるのです。
特に、白髪の量が多くて白髪染めをやめたいという人であれば、白髪をグレーに染める事をおすすめ出来ます。

白髪染めをやめたくても、人の目が気になるなどの理由から突然カラーリングをストップする事に抵抗を持つ人も多いのです。
そこでグレーヘアにすれば、黒髪と白髪の境目が目立ちにくくなります。

そのため、根元から新しい白髪が伸びてきても、気にならなくなる可能性があります。

白髪をグレーに染める方法のまとめ

白髪をグレーに染める方法のまとめ

白髪の量が多い人やある程度年齢を重ねた人であれば、若々しくおしゃれな印象に繋がるグレーヘアがおすすめ出来ます。
グレーヘアにするのは男性に多い傾向がありますが、女性でも白髪が多ければ馴染む可能性があります。

グレーヘア専用のヘアカラー剤でも、白髪をグレーに染める事は可能です。
しかし、髪や頭皮への負担を軽くするためには、ヘアカラートリートメントを使いましょう。

ダークカラーの白髪染め用ヘアカラートリートメントであれば、白髪に色が入る過程でグレーになる事があるのです。
なお、若い年代の人など白髪の量が少ない人が、白髪をグレーに染めるとかえって不自然になる恐れがあります。

そのため、地毛の色をいかし暗めの色に染めるのをおすすめします。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。