パオン クリームカラーの評判・口コミ

パオン クリームカラーは、ちょっと使いにもピッタリなクリームタイプのおしゃれ白髪染めです。

  • 白髪染めは定番のものを使いたい
  • クリームタイプが使いやすい
  • 落ち着いた色味に染めたい

このような人は、パオン クリームカラーでツヤを保ちながら染めていきましょう。

そこで今回は、パオン クリームカラーの口コミや効果、特徴についてご紹介します。
また、価格や使い方についても一緒に見ていきましょう。

パオン クリームカラーの評判や口コミをチェック!

以下では、パオン クリームカラーが、インターネットでどのような評判や口コミを得ているのかまとめてみました。

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く


平均評価:  
 1 レビュー
by みるほん
年代(年齢): 40代

何と言ってもお値段が安いところが大変気に入って購入しておりますが、染め用クリーム2種類を混ぜ合わせる必要があるのが少々手間がかかると感じています。クリーム自体は塗りやすくて一人で簡単にできます。染まりも良いですし、発色も気に入っております。私自身は今まで使ったものの中でいちばん刺激臭が少ないと思うのですが、家族は匂いがきつくて嫌だと言いますので、もう少し匂いを抑えていただけるともっと良いかもしれません。それから、パッケージのデザインが少々古臭い感じがします。


パオン クリームカラーの良い評判や口コミ

30代・女性
はじめての白髪染めに使用したのですが、問題なく染められて良かったです。
ムラになる事もなくツヤを保ったまま染められたので、仕上がりにも満足しています。

50代・女性
硬めのクリームなので液ダレをしなくて塗りやすく、失敗しにくいなと感じました。
髪にクリームが密着する感じで、生え際や分け目もきちんと染まってくれて良かったです。

40代・女性
近所のドラッグストアでとても安かったので、試しに購入してみました。
値段の割には品質が良くて、良い香りがするし染めた後も髪がパサつかなくて安心しました。

50代・女性
白髪が目立っていたのに、きちんと色濃く染まってくれて満足です。
色持ちも良くて、髪もそこまで傷まなかったのでしばらくは愛用したいと思います。

30代・女性
ロングヘアですが、髪全体を染めてもパサつかなくてきれいな髪をキープ出来ます。
他の白髪染めでは髪が傷んだので、私にはパオンが合っていたのだと思います。

パオン クリームカラーの悪い評判や口コミ

40代・女性
当初真っ黒な髪の毛は嫌だったので、明るめの茶色を選んだはずでした。
でも染めてみると色濃い黒で、染まりすぎだと思いました。

30代・女性
意外と年齢が若いのに白髪が生えていて、口コミでも評判が良かったパオンにしてみました。
でもパッケージがレトロすぎて、すこし買うのに抵抗がありましたね。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

パオン クリームカラーの効果・特徴は?

パオン クリームカラーの特徴と効果

パオン クリームカラーの効果や特徴について詳しく見ていきましょう。

ツヤを与えながら白髪染めが出来る

パオン クリームカラーはトリートメント成分配合なので、ツヤを残したまま白髪を染められます。
白髪染めと言うと、髪が傷んでツヤがなくなるイメージを持っている人は多いのです。

しかし、トリートメント成分がツヤを与えて仕上がりがキレイなので、口コミでも仕上がりの面で高評価を得ています。

リタッチや部分染めにもピッタリ

パオン クリームカラーは残った分は次回まで置いておけるので、リタッチや部分染め専用としても使えます。
保管もしやすいチューブタイプなので、液が垂れるなどのトラブルはありません。

全体染めでも部分染めでも使えるため、常にストックしておきたい白髪染めのひとつです。

クリームタイプで初心者でも安心

クリームタイプの白髪染めなので、初心者でも染めやすいのが特徴です。
クリームなので髪に密着しやすく、液ダレしにくいので扱いやすくなっています。

誰でも使いやすく、失敗しにくい使いやすさが魅力です。
また、分け目や生え際の気になる白髪にも使いやすく、クリームをしっかり塗る事でムラなく染められます。

良い香りで頭皮の臭いも気にならない

白髪染めをした後と言えば、頭皮にヘアカラー剤の臭いが染み付いて気になっている人が多いのです。
しかし、パオン クリームカラーはフローラルフルーティの香りで、ツンとした臭いが気になりません。

染めている間も快適で、染めた後も良い香りで頭皮や髪の臭いが目立たなくなります。
ヘアカラー剤の中でも良い香りだと、口コミでも評価が高いのが特徴です。

全9色のカラーバリエーション

パオン クリームカラーには、全部で9色のカラーバリエーションがあります。
明るい方の色味から順番に見ていきましょう。

3G、4G、4.5G、5G、5.4G、5.5Gは栗色となります。
6Gは褐色、7Gは黒褐色、8Gは黒色です。

全体的に落ち着いた色合いになり、しっかり染まりやすいと口コミで評判となっています。

パオン クリームカラーの価格・販売店はどこ?

パオン クリームカラーの価格・販売店

パオン クリームカラーの取り扱い販売店は、全国のドラッグストアや薬局などのヘアカラー剤売り場、そしてAmazonや楽天などのネット通販です。
それでは、各店舗ごとの価格について見ていきましょう。

店頭での定価は税抜975円で、これがAmazonだと税込409円~・送料が2,000円以内の注文で350円となります。
楽天では税込407円~・送料680円となり、販売店舗により価格と送料が異なるので注意しましょう。

送料込みで最安値なのは、ドラッグストアウェルネスの税込409円・送料490円(3,980円以上注文で無料)となります。

パオン クリームカラーの正しい使い方は?

パオン クリームカラーの正しい使い方

パオン クリームカラーの正しい使い方について説明していきます。
まず白髪染めを始める前に、必ず毎回パッチテストを行うようにしましょう。

問題がなければ手袋をして付属のトレーに1剤と2剤を同量入れてコームブラシで混ぜ、混合液を作ります。
そして、髪の根元、中間、毛先の順に塗り、全体になじませていきましょう。

もし白髪が特に気になるところがあれば、クリームを多めに塗ってみてください。
暗めの色は20分、明るめの色は30分の放置時間を置きます。

リタッチは暗めの色が15分、明るめの色は25分置き、髪全体は5分だけ置きましょう。
その後よく洗い流して、乾かしたら完了です。

パオン クリームカラーに副作用のリスクはある?

パオン クリームカラーに副作用のリスクはあるのでしょうか。
パオン クリームカラーはヘアカラー剤なので、副作用を防ぐためにも事前のパッチテストは必須です。

パッチテストで問題がなければそのまま使用し、もし使用中に違和感があったらすぐに使用を中止して病院に行きましょう。
また、妊娠中や授乳中、生理中などは、いつもより体質がデリケートになるので、使用は控えた方が良いのです。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

パオン クリームカラーの販売会社概要

会社名:ヘンケルジャパン株式会社
本社所在地:〒140-0002 東京都品川区東品川 2-2-8 スフィアタワー天王洲
創立:昭和37年12月1日
ホームページ:パオン クリームカラーの公式サイトはコチラ

当サイトでオススメしている白髪染め

【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。