パオン ディオーサの評判・口コミ

パオン ディオーサ髪のコンシーラーは、専用チップでササっと塗って白髪をナチュラルな黒髪や茶髪へと導いてくれる白髪染めクリームです。
ただの白髪染めではなく、トリートメント効果も同時に持ち合わせていて、ツヤや潤いのある美髪の維持にも繋がります。

どんな人にパオン ディオーサが適しているのか、いくつか挙げてみました。

  • しなやかで上品な仕上がりの髪色を目指している
  • 自宅で気軽に白髪染めをして若々しい状態をキープしたい
  • 嫌な匂いのない白髪染めを探している

以下では、パオン ディオーサの詳しい効果や特徴についてまとめています。
年齢を重ねて白髪が増えてきたと実感している方は、一度チェックしておきましょう。

パオン ディオーサの評判や口コミをチェック!

以下では、パオン ディオーサが、インターネットでどのような評判や口コミを得ているのかまとめてみました。

パオン ディオーサの良い評判や口コミ

・「髪の美容液」と呼ばれる製品なだけあって、艶やかな仕上がりになるところが好きです
・パオン ディオーサはもみあげでも分け目でも部分的に白髪染めができるので使い勝手が良いと思いました
・1ヵ月に1回のペースで通っている美容院の間に活躍しているアイテムです
・パオン ディオーサ髪のコンシーラーは無香料でツーンとした匂いが一切ありませんよ
・生え際だけの使用であれば約80回も使えるのでコストパフォーマンスはかなり良いです
・直ぐに乾いて色落ちもしないので、パオン ディオーサはかなり使いやすい白髪染めトリートメントでした
・馴染ませる程度であればササっと済ませられるので、毎日の使用でも苦ではありません
・ジェルをチップで使うタイプのパオン ディオーサは想像以上に使いやすかったです

パオン ディオーサの悪い評判や口コミ

・ピンポイントでのケアに適したアイテムなので、広範囲の白髪の使用には向いていませんね
・私は太くて硬い髪質だからかもしれませんが、繰り返し使っていても希望の髪色にならないです
・白髪をきちんと隠せているのかイマイチ効果を実感できません
・パオン ディオーサはコンシーラーとチップが別なので保管したり収納したりするのが面倒ですね

⇒管理人も実際に利用したヘアートリートメントを見てみる。

パオン ディオーサの特徴は?

パオン ディオーサの特徴

パオン ディオーサの特徴を記載していきます。

豊富なカラーバリエーションの中から選べる

パオン ディオーサは「赤みがある」「赤みを抑えた」など、豊富なカラーバリエーションの中から選ぶ事が出来ます。
使用するクリームの種類によって、髪色の仕上がりには違いがあります。

そのため、色の選び方が重要と言っても過言ではありません。
パオン ディオーサに、どんなカラーがあるのか見ていきましょう。

・4P(スウィートブラウン)
・2(より明るいライトブラウン)
・3(明るいライトブラウン)
・4(ライトブラウン)
・5(ブラウン)
・6(ダークブラウン)
・3B(明るいベージュブラウン)
・4B(ベージュブラウン)
・4NA(ナチュラルアッシュブラウン)
・4A(アッシュブラウン)

全体的に暗い印象でまとめたいのであれば「アッシュブラウン」、赤みがあって明るくしたい人には「スウィートブラウン」が適しています。

同じ茶色でも、色味には沢山の種類があります。
そのため、パオン ディオーサの公式サイトのカラーチャートで、自分に合いそうな白髪染めを探してみてはいかがでしょうか。

ツヤのある美髪へと導いてくれる

パオン ディオーサには、トリートメント効果があります。
そのため、白髪をケアしながらツヤのある美髪へと導いてくれます。

髪の毛にツヤを出せるのは、スイートアーモンドオイルが配合されているのが理由で、肌や髪の毛への効果をまとめてみました。

  • 毛髪の表面に被膜を作って外部のダメージから守る
  • 適度な潤いを頭皮や髪の毛に与えて乾燥から守る
  • 発毛を妨げる頭皮の古い細胞を除去する
  • マグネシウムが血流を促して毛髪に栄養を与える

スイートアーモンドオイルが髪の毛へと浸透する事により、艶やかで元気な状態にしてくれるのが嬉しいポイントです。
様々な化粧品の中に含まれているオイルですし、肌への刺激性は少ないので敏感肌の人でもトラブルを起こす心配はありません。

他にも、パオン ディオーサの中には、髪の毛をコーティングして保湿を促すジメチコンが含まれています。
ゴワつかない自然で柔らかな仕上がりが期待出来ます。

クリームとは違ったワンプッシュ泡タイプが用意されている

パオン ディオーサはクリームタイプの製品だけではなく、ワンプッシュ泡タイプも用意されています。
同じように、ダークブラウンやアッシュブラウンなど豊富な色味があります。

ワンプッシュ泡タイプに、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

  • エアゾールボトル式の容器でワンプッシュで泡を出せる
  • クリーミーな泡が出てくるのでムラなく白髪を染められる
  • 必要な分だけ出すことができ、残りを保管して次の部分染めとして使える

配合されている色素や成分には、ほとんど違いがありません。
そのため、自分が使いやすいと感じるタイプを選ぶのが良いと言えます。

パオン ディオーサの価格は?

パオン ディオーサの価格

パオン ディオーサは薬局やドラッグストアなどの実店舗ではなく、インターネット通販で購入できます。
以下では、パオン ディオーサの販売店別の価格をまとめてみました。

クスリのアオキ楽天市場店:646円
Amazon:738円
楽天24:903円
爽快ドラッグ:906円
ケンコーコム:980円

どの販売店でも1,000円以下と非常に安く、コストパフォーマンスが良いのが魅力的なポイントです。
また、Amazonでは単品だけではなく、以下のように複数個のセットでも販売されていました。

ナチュラルブラウン

3個:2,364円
5個:3,940円
10個:7,880円
18個:14,184円

白髪染めは長く使っていくアイテムですので、好みの色味が見つかった方はお買得なセットを利用してみましょう。

パオン ディオーサの正しい使い方は?

パオン ディオーサの正しい使い方

以下では、パオン ディオーサの正しい使い方をまとめています。
使用前にきちんと確認しておいてください。

1.パオン ディオーサの箱を空けて1剤と2剤を添付のトレーに出す
2.付属のコームブラシを使って2つの薬剤をしっかりと混ぜ合わせる
3.乾いた髪の毛へと出来上がったクリームを丁寧に塗っていく
4.「生え際」⇒「サイド」⇒「トップ」⇒「後頭部」⇒「襟足」という順番がベスト
5.髪の毛全体に馴染んだら10分間程度放置する
6.ぬるま湯で十分にすすいだ後にシャンプーやトリートメントを行う
7.染毛してから1週間ごとに「髪の美容液」を馴染ませる

白髪の量が多くて上手く染まらない人は、放置時間を延ばしたり放置している時にヘアキャップを被ったりしてみましょう。

パオン ディオーサに副作用のリスクはある?

パオン ディオーサには、スイートアーモンドオイルが配合されています。
トリートメント効果も同時に期待出来るため、副作用のリスクはほとんどありません。

しかし、白髪染めをするに当たって、下記のように使用上の注意点がいくつか設定されていました。

  • 頭皮や皮膚が過敏な状態になっている時は使わない
  • 妊娠中や授乳中の女性の使用は避ける
  • 染毛の48時間前に皮膚アレルギー試験を行う
  • 洗髪する際に洗い液が目に入らないようにする

肌のコンディションが悪くて敏感な時にパオン ディオーサを使うと、肌がヒリヒリしたりかぶれたりしやすいので注意すべきです。

⇒管理人も実際に利用したヘアートリートメントを見てみる。

パオン ディオーサの販売会社概要

会社名:ヘンケルジャパン株式会社
本社所在地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-8 スフィアタワー天王洲
代表者:金井 博之
ホームページ:パオン ディオーサの公式サイトはコチラ

当サイトでオススメしている白髪染め

【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。