白髪染めのブラック

白髪染めの定番の色と言えば、ブラックが思い浮かべますよね。
ところが実際にドラッグストアはや薬局に行くと、ブラックというカラーが見当たりません。

なぜブラックがないかと言うと、本来人間の髪の色でブラックというのは存在しません。
私たちアジア人の髪の色は、ダークブラウンに近い髪の色なのです。

ブラックに染めると日本人形のようになりとても不自然になるため、白髪染めのカラーバリエーションはブラウンとグレーが主流になります
ブラウン系の色でなくブラック寄りの色が好みでしたらグレーを選ぶと良いでしょう。

ダークグレーはブラックに近く落ち着いた日のある色味になります。
そこで今回は、白髪染めになぜブラックがないのかよ言う理由についてご説明します。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

市販の白髪染めに真っ黒のブラックはない?

市販の白髪染めで男性用の場合は、ブラックというのが見つかります。
しかし、女性用は ブラックの種類が少なく不思議に思う方も多いでしょう。

日本人の元の髪の色はブラックではなくダークブラウン系であり、白髪になっても真っ白ではなく少し黄身が掛かったような色になります。
そのため、白髪をブラック寄りに染めたい方は、少し赤みのある色を選ぶと暗く染める事が出来ます。

白髪が多い人が黒に染めるには少し赤系のカラーが入った色味を選ぶと良いでしょう。
赤みのあるダークブラウンもブラック寄りに染まるでしょう。

そして、髪質にも染まり具合が違うので、自分の髪質を確認してください。
髪質が硬く太い場合は染まりにくいため、ナチュラルブラウンでも仕上がりは十分にブラックに近くなります。

しかし、髪質が柔らかく細い方は、色のトーンを落としてダークブラウンにするとブラックに近く染まるでしょう。

白髪を明るい印象のブラックにするには?

カラー剤のベースとなる色には、ブラウンやイエロー、レッドなど種類が豊富にありますが、明るい印象になるのはイエロー系です。
髪に光が当たった際に、実際のトーンよりもやや明るめな印象を与えるのです。

ですから、白髪を明るい印象のブラックに見せるためには、イエロー系がベースの白髪染めを選ぶと良いでしょう。
しかし、ただ明るい色だけを使うのでは白髪はあまり染まりません。

明るく染めるためには、白髪の量と色味の選択が大切です。
白髪が多い人は、ブラウン系がベースの白髪染めでも明るい印象になるでしょう。

泡の白髪染めはブラックがある

泡(ムース)タイプの白髪染めには、ブラックがあります。
簡単に白髪染めが出来るという事で人気です。

自宅で初めて白髪を染めるセルフカラーに適しています。
初めて自宅で白髪染めをする方は、とにかく簡単に綺麗に染まるのが良いでしょう。

泡タイプの白髪染めカラーはブラックもあるので、白髪染めデビューされてても良いと思います。
手軽さと簡単さがとても魅力的な白髪染め泡タイプは、色選びが重要です。

白髪の量が多い方は、ブラックなど少し暗めの色を選ぶと良いでしょう。
白髪にカラーリングした髪の色合い・明るさが全体の印象となります。

ただし、一度ブラックに暗く染めた色は、明るく染め直すのが難しいのです。
そのため、初めからブラックを使うのはあまりオススメ出来ません。

白髪の量が少ない方は、地の髪色の暗さが全体の印象を作りますので、ブラウン系がオススメです。
ずっと同じ色を使っていても、白髪の量が増えてくれば印象が変わってきますよね。

そのため、色選びは少しずつ変えていくと自然に仕上がります。

女性用の白髪染めにブラックが無いのはなぜ?

女性用の白髪染めにブラックが見当たらない

白髪が生えているのを発見して白髪染めを使うようになると、地毛の黒髪も染まるのか気になると思います。
例えば、ダークブラウンで染めると、白髪がブラウンになるだけではなく地毛も染まりますから、髪の毛全体がブラウンになります。

真っ黒にすると、「白髪染めで染めました」という感じの髪色になるので、市販の白髪染めにはあまりないのです。
白髪染めの色選びは、ブラックまたはブラウンですが、ブラックは自然に見せるために赤みが入っているものがあります。

メーカーによっては白髪染めで「ソフトブラック」 という色も。
そのため、ブラック派の方はそちらで染めてみるのが良いかもしれません。

あるいは、ダークブラウンで軽めに染めて放置時間を短めにすれば、自然なブラックになるでしょう。
ただし、白髪がしっかり染まらない恐れもありますので、初心者は調整が難しい所があります。

もしくは、リタッチ式の白髪染めで部分染めすると、白髪が生えている所だけブラックで染める事が出来ますのでオススメです。

ブラックアッシュは自然な色の白髪染め

白髪染めのブラックで真っ黒になるのを避けて、 ダークブラウンで染める方は多いものです。
ただし、同じダークブラウンでも、メーカー毎に色合いや明るさが違います。

個人の色素の状態にもよるでしょう。
そのため、黒っぽく染めるつもりがかなり茶色の髪に仕上がったり、逆に茶髪に染めるつもりだったのにほとんど黒に染まったりするのです。

白髪染めで自然な黒髪を目指すなら、ブラックアッシュという赤みが入ったものがオススメ。
特に硬毛の方は、赤味系の白髪染めが綺麗に染まります。

ただし、黒髪が明るくなっているので、色落ちすると赤くなります。
そのため、定期的な白髪染めが必要になるのです。

ヘナのブラックの白髪染めはどんな色?

ヘナのブラックの白髪染めはどんな色

ヘナは植物由来の染料ですので、色のバリエーションはブラウンとダークブラウンがメインになり、カラーバリエーションは多くありません。
ヘナでブラックに染めたい場合は、インディゴ配合のブラウンとダークブラウンから選ぶと限りなくブラックに近くなります。

そして、ヘナの色味は徐々に出てきますので、インディゴ配合のダークブラウンを使うと仕上がりがブラウンからダークブラウン、そして最終的にブラックに仕上がるのです。
ヘナを使ってブラックに染めたい場合は、ダークブラウンで問題ありません。

しかし、少し明るい色にしたい場合は ヘナ100%ではなく天然ハーブの白髪染めがオススメです。
ヘナを使うと、白髪は真っ黒にはならずに白髪の部分はオレンジに近い色になります。

ヘナは天然素材で100%ですので頭皮が弱い方、敏感肌の方、アトピーの方、市販の白髪染めでかぶれやすい方にはオススメです。
ヘナは市販の白髪染めよりも非常にブラックに近い仕上がりになるため、ブラックにこだわる方にもオススメと言えるでしょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めのブラックのまとめ

白髪染めのブラックのまとめ

白髪染めは色選びがとても大切ですが、色の名前を見るとブラウンばかりで自分の色味が見つけられない場合もあるかもしれません。
落ち着いたブラックにしたい時は、市販の白髪染めでは明るくなってしまう可能性があります。

そんな時は美容室に行き、ブラックに仕上がるように液を調合してもらうと良いでしょう。
白髪染めは自分の髪の色また白髪の分量によっても仕上がりが変わってきます。

染料メーカーによっても、同じダークブラウンでもブラックよりであったり明るいブラウン系であったり様々です。
そのため、ブラックにしてもブラウンにしても、いくつかの白髪染めを実際に試していくしかありません。

利尻ヘアカラートリートメントはブラックカラーがあります。
しかし、非常にダークブラウンに近い色味であり自然に仕上がります。

日本人形のような真っ黒ではなく、ブラウンに近いナチュラルなブラックをお好みでしたら試してみて下さい。
白髪染め選びで迷ったら、ロングセラー商品のルプルプや利尻トリートメントなどを選ぶと安心です。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。