白髪とごま油

最近、「ごま油うがいにすごい効果がある」という話題が注目されています。
白髪が減った、健康に良い影響があったという声が多く、マスコミや書籍でも頻繁に取り上げられているのです。

「ごま油うがい」と聞くと一体何?と不思議に思われる方も少なくないでしょう。
しかも、「うがいで白髪が改善するだなんて」と、にわかには信じがたい話と思われるかもしれません。

しかし、これは東洋医学の考えに基づいた健康法なのです。
こちらでは、ごま油うがいで得られる効果・効能についてお話したいと思います。

白髪との関係性や、具体的なやり方・注意点もご紹介しますので、参考にして下さい。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

アーユルヴェーダ的にみる白髪とごま油の関係

ごま油うがいは、インドの伝承医学であるアーユルヴェーダで古くから行われてきた健康法です。
まずは、白髪とごま油の関係についてお話ししましょう。

アーユルヴェーダでは、ごま油の持つ解毒作用によって若返り効果が得られると考えています。
白髪の予防・改善もその一つです。

アーユルヴェーダ的に見ると、白髪の原因は風のエネルギーである「ヴァータ」の暴走とされています。
それを鎮めるのが火のエネルギー「ピッタ」です。

ごま油は、この「ピッタ」を持っています。
つまり、ごま油には白髪の原因を取り除き、改善する効果が期待できるというわけです。

そのため、頭皮マッサージなどにもごま油が用いられています。
しかし、より効率的に白髪にアプローチするなら「ごま油うがい」の方が有効なのです。

ごま油が白髪に効果的って本当?

白髪が生えてくる原因は様々です。
病気や女性ホルモンの減少の他、活性酸素による身体の老化の影響が大きいと考えられています。

食生活や生活習慣の変化で、血液がドロドロに汚れて老化が進みがちな現代人。
ごま油に含まれるゴマリグナンは、強力な抗酸化作用で抜け毛や白髪を防止する働きをしてくれます。

また、ゴマリグナンは女性ホルモン・エストロゲンと本当によく似た性質を持っています。
失われたホルモンを補うような形となり、白髪の改善に役立つと言えるでしょう。

さらに、ごま油には血液をサラサラするビタミン類も豊富に含まれています。
こうした事から、東洋医学だけでなく現代代医学的にみても、ごま油は白髪に効果的と言えるのです。

白髪に効くのは白ごま油?理由は?

ごま油うがいに使うのは、一般的な褐色で香ばしいごま油ではありません。
焙煎加工されていない、白ごま油(太白胡麻油)を使用します。

これは、白ごまを生のまま絞ったもので、やや黄色っぽい透明のさらさらしたオイルです。
普通のごま油と違い、香りが弱くクセのない味が特徴と言えるでしょう。

アーユルヴェーダの考え方によると、白ごま油は浸透力が強く、優れたデトックス効果を持っています。
皮膚に塗るとたった3分で全て浸透。

毛穴や血管を通じて体内に入ると約30分で全身に行き渡り、強力に毒素を排出するとされています。
こうした、白ごま油の作用が、アンチエイジングや白髪に効くと考えられているのです。

これが、ごま油うがいに「白ごま油」が使用される理由です。

白ごま油うがいで白髪が黒髪になる?

白ごま油うがいで白髪が黒髪になる

アーユルヴェーダにおいて、奇跡のオイルと呼ばれている白ごま油。
その優れた若返り効果から様々な美容ケアに利用されています。

中でも一番スタンダード方法が、白ごま油うがいでしょう。
白ごま油でうがいをするだけで、白髪が改善して黒髪が生えてくると言われています。

それだけでなく、白髪の予防や育毛効果までも期待できるとか。
白ごま油うがいで白髪が黒髪になるのは、なぜなのでしょうか。

事前準備の仕方や、効果的なやり方についてもご説明します。

白ごま油うがいの効果と効能

先ほどもお話しした通り、白ごま油に含まれる抗酸化物質は、強いデトックス作用を持っています。
白髪の主な原因は、酸化による身体の老化です。

また、髪は血液から作られています。
よって、髪を若々しく保ち、血液循環を良くする白ごま油は、白髪を改善する効果が高いと言えるでしょう。

では、なぜ食べたり塗ったりするのではなく、うがいなのか?という事です。
口の中には太い血管が多く走っています。

さらに、その他の部分と比べて、舌の裏側は物質の吸収力が高い場所でもあります。
このため、口に含んでうがいをする方が、効率よくゴマリグナンなどを摂取できるのです。

白ごま油うがいは白髪に効くだけではありません。
口臭予防・風邪予防・美肌効果など、様々な効果効能が期待できると言われています。

白ごま油うがいのやり方

白ごま油うがいのやり方はとても簡単です。

1.大さじ1杯のオイルを口に含み、全体に行き渡るように30秒間クチュクチュ。
2.上を向いてガラガラうがいを30秒。
3.油はティシュ等に出しゴミ箱へ。
4.口に残った油分が気になる場合は、軽く水でうがいしましょう。

実は、白ごま油うがいのポイントは事前準備にあります。
オイルの酸化を防ぐために、次のような「キュアリング」という作業が必要なのです。

1.鍋にいれた白ごま油を弱火に掛ける。
2.90℃になったら火を止めます(目安は500mlで約3分加熱)。
3.火から下して粗熱を取り、清潔な容器で保存しましょう(常温・冷暗所にて2ヶ月程度は保存できます)。

白ごま油うがいの注意点

白ごま油うがいをするにあたり、いくつかの注意点があります。

1.キュアリング

低温加熱処理をする事で、白ごま油のデトックス効果がさらに高まるため、ぜひ行いましょう。
なお、オイルの温度が110℃を超えない事が大切です。
余熱中の温度上昇に注意し、必要に応じて濡れ布巾などで温度を調節して下さい。

2.保存

キュアリング後の油の保存目安は2ヶ月ですが、時間の経過とともに少しずつ粘りなどの変化が見られます。
気持よく使いきれる量を意識しながら、少な目に作り置きすると良いでしょう。

3.飲み込まない

胃腸から吸収されると性質がより強まり、皮膚や目のトラブルの原因になると言われています。
うがい後の白ごま油は飲み込まないのが無難です。

ごま油うがいで効果が実感できる期間は?

アーユルヴェーダでは、就寝中は毒素が溜まりやすいとされています。
また、身体が開いた状態の朝は、白ごま油の吸収率がアップすると考えられています。

そのため、白ごま油うがいを行うタイミングは、起床後すぐの午前6時~10時がベストと言えるでしょう。
難しい場合は、夕方16時~18時でもOKのようです。

ただし、白ごま油うがいに即効性を期待する事は出来ません。
うがいをすれば、数日で白髪がみるみる黒髪になる!というわけにはいかないのが現実です。

中には数週間で変化を感じた方もいます。
しかし、効果が実感できるまでには、ある程度の期間が必要と言えるでしょう。

スキンケアと同じく日々の積み重ねが大切。
白ごま油うがいも、継続は力なりという事です。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪とごま油のまとめ

白髪とごま油のまとめ

このように、白ごま油うがいを行う事で、白髪の予防・改善効果が期待できます。
ごま油は、元々食品ですから安全性に問題はありません。

また、スーパー等で手頃な価格で購入する事ができ、コスパも良いでしょう。
白ごま油うがいは白髪に効くだけでなく、美容や健康面でも様々な効果が期待できると言われています。

しかし、その素晴らしい効果がいつ現れるか分からないのがネックです。
多くの方が、とりあえず今ある白髪をどうにかしたい!というお悩みを持たれる事でしょう。

そんな時にオススメなのがルプルプや利尻カラートリートメントとの併用です。
天然成分で作られており、安心安全に白髪をカバーする事ができます。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。