女性の白髪染めリンス

一般的に女性が白髪を染める時には、すぐに色を変える事が出来るような白髪染め剤を使います。
ただ、白髪染めは白髪染め剤でないと出来ないという訳ではありません。

実際には、女性用カラーリンスを使っても、白髪染めをする事が出来るのです。
そこで今回は、そんな白髪染めが出来る女性用カラーリンスのメリットやデメリット、また正しい使い方や効果を高めるためのポイントについて解説します。

臭いが強い事や髪の毛へのダメージの大きさなどが理由で通常の白髪染めは使いたくない人などは、ぜひチェックしてみてください。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めカラーリンスの女性用と男性用の違い

それでは初めに、白髪染めが出来るカラーリンスの女性用と男性用の違いについて解説していきます。
基本的に、白髪染めが出来るカラーリンスの中に含まれている髪を染めるための成分は、女性用と男性用とでは大きな違いがありません。

なぜなら、髪は女性と男性とで違いはなく、また白髪を染めるために必要な成分も全く違いがないからです。
しかし、女性用と男性用とでは違う点もあります。

それは、カラーの種類や香料による匂いなどです。
女性と男性とでは求めている髪色や匂いに違いがありますので、それを考慮して作っているカラーリンスが多くあります。

このように、カラーリンスの女性用と男性用とでは含まれている成分に違いはないのですが、カラーや匂いに違いがあるのです。

白髪染めが出来る女性用カラーリンスのメリット・デメリット

白髪染めが出来る女性用カラーリンスのメリット・デメリット

では次に、白髪染めが出来る女性用カラーリンスのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

まずメリットについてですが、カラーリンスには多くのメリットがあります。
例えば、通常の白髪染めとは違って、入浴時やシャワーを浴びる時に、素手で通常のリンスと同じように使える事です。

また、液剤などを髪の毛に塗った後の放置時間も5分程度と短く、色むらが起こりづらい事やダメージが少ないメリットもあります。
さらに、カラーリンスの場合、髪の毛の量にもよりますが、月に1,000円前後という低いコストで済む良さもあるのです。

デメリット

ただし、カラーリンスには、メリットだけでなくデメリットもあります。
例えば、通常の白髪染め剤とは違って髪の毛や頭皮に優しいのですが、強い化学成分が入っていないため、1回で染めきる事は出来ません。

また、カラーの選択肢が少ない事や育毛剤の併用が出来ないデメリットもあります。

女性用カラーリンスのカラーの選び方

女性用カラーリンスのカラーの選び方

それでは次に、白髪染めが出来る女性用カラーリンスのカラーの選び方について解説していきましょう。
女性用カラーリンスのカラーの選び方は、基本的に地髪の色に近い色を選ぶと良いと言われています。

既に解説したように、カラーリンスは通常の白髪染めよりも髪の毛を染める力が弱いのです。
そのため、地髪と大きな違いがあるカラーを選ぶと、白髪の部分が染まっても地髪の部分が染まらないといった事が起こったりします。

そのような事を防ぐために、大幅に髪色を変えずに済む地髪に近いカラーを選ぶのが良いとされているのです。
ちなみに、白髪の部分を完全に染めるのではなく、自然に目立たせないようにしたい場合には、アッシュやグレイに近いカラーが良いとされています。

なぜなら、アッシュやグレイ系のカラーは白髪を染める力が強くないため、白髪を完全に染める事なく自然にカバーする事が出来るからです。
白髪の部分をナチュラルにカバーしたい人は参考にしてください。

女性用カラーリンスによる白髪染めの効果を高める使い方

女性用カラーリンスによる白髪染めの効果を高める使い方

では次に、女性用カラーリンスによる白髪染めの効果を高める使い方についてご紹介しましょう。
女性用カラーリンスの使い方は、まずいつものようにシャンプーをする事から始めます。

そして、シャンプー後は簡単にタオルで水気を取りましょう。
ちなみに、カラーリンスの中には、濡れたままでも使えると説明されているものがあります。

しかし、水気をある程度取った方がよく染まるので、出来ればタオルを使うようにしてみてください。
そして、水気を取ったら、カラーリンスを手に取りましょう。

カラーリンスの量はそれぞれの説明書に記載されていますが、平均するとピンポン玉1個分くらいの量になる事が多いのです。
その後、手に取ったカラーリンスを白髪が気になる部分を中心によく塗ってください。

塗った後は手を石鹸でよく洗い、5分程度待ちます。
ちなみに、5分に追加して2~3分余分に待つとよりしっかりと染まるので、時間に余裕がある方は少し待ち時間を伸ばしてみると良いでしょう。

時間を置いたらぬるま湯で髪の毛をしっかりと洗い、汚れても良いタオルを使って水気を取ります。
最後に、いつものようにドライヤーで髪の毛を乾かせば全ての工程は完了です。

白髪染めとしてカラーリンスを使う際の注意点

女性用カラーリンスは上記の説明が正しい使い方ですが、実際に白髪染めを行う際には注意しなければならない点もいくつかあります。
例えば、カラーリンスに白髪に塗る時に、頭皮にリンスを付けないようにしなければいけません。

なぜなら、カラーリンスを髪の毛と同じように頭皮に塗り込んでしまうと、含まれている成分によって炎症などを起こす可能性があるからです。
また、カラーリンスを洗い流した後から乾かすまでの時間を長くし過ぎない事も注意点としてあります。

何故かと言うと、カラーリンスを洗い流した後に、乾かさずに長い時間放置する髪の毛の表面にある髪の色を変えるための成分が落ちる事があるからです。
さらに、髪の毛が濡れたままだと衣類などに色がうつってしまう可能性もあるため、髪の毛はなるべく早く乾かす必要があります。

このように、カラーリンスを使う時には注意点がありますので、忘れないようにしましょう。

女性におすすめの白髪染めリンス

女性におすすめの白髪染めリンス

それでは最後に、女性におすすめ出来る白髪染めリンスの「利尻ヘアカラートリートメント」をご紹介します。
この利尻ヘアカラートリートメントには3つの特徴があります。

通常の白髪染めよりもダメージなどが少ない

1つ目の特徴は、通常の白髪染めよりもダメージなどが少ない事。
なぜなら、この利尻ヘアカラートリートメントは、通常の白髪染めに含まれている頭皮や髪の毛に対して有害な成分を使わずに作られているからです。

有害な成分がない

2つ目の特徴は有害な成分がないため、白髪染めでよくあるツンとした強い臭いが少ない事。
普通の白髪染めに含まれている成分には、強い臭いを発するものがあります。

しかし、先程解説したように、利尻ヘアカラートリートメントにはそういった成分が使われいないため臭いがないのです。

髪の毛と頭皮の潤いを保つ

3つ目の特徴は髪の毛と頭皮の潤いを保ち、健やかな状態にするための成分を使っている事です。
例えば、保湿効果のある保湿アルギン酸や潤いを守るためのフコイダンなどが入っています。

利尻ヘアカラートリートメントは、髪の毛などに優しいだけでなく、より良い状態へ導く効果も期待出来る白髪染めリンスなのです。
どのような白髪染めリンスを使えば良いのかお悩みの方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めが出来る女性用カラーリンスのまとめ

白髪染めが出来る女性用カラーリンスのまとめ

今回の記事では白髪染めが出来る女性用カラーリンスについて解説してきました。
最後に簡単にまとめると、この女性用カラーリンスは、普通の白髪染めとは違うメリットを持ちます。

例えば、入浴時のついてで気軽に使える事やコストが安い事、さらには必要な時間が短く、髪の毛にも優しいという様々なメリットがあるのです。
ただし、ちゃんとした効果を得るためには、カラー選びやポイントを抑えた使い方をしなければいけません。

そのため、女性用カラーリンスを実際に使う際には、今回ご紹介した情報を参考にしながらカラーを選んで、正しく使ってもらいたいと思います。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。