上手な白髪染め

   
最近の白髪染め用のヘアカラーは、初心者でも簡単に染められるものが増えています。
ドラッグストアにあるヘアカラーコーナーには、数多くの種類の白髪染めがありますよね。

市販の白髪染めを上手に染めるには、どんなコツがあるのでしょうか?
白髪染めはセルフでする!という方の参考にして頂きたいと思います。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めで上手に染める方法は?

白髪染めをセルフで上手に仕上げるためには、いつくかもコツがあります。
白髪染めを使う前の準備、また白髪染めを行う場所の温度や湿度も大切です。

その他、ラップを使って保湿させて液を浸透させるなど工夫すると綺麗に染まります。
では、詳しく見ていきましょう。

白髪染めの前に水分を切ると上手に染まる

白髪染めを髪に付ける前に、髪が濡れていると液が髪に浸透しづらくなります。
白髪染めを髪に付ける前に、水分を十分に拭き取ると染まり具合が良くなるでしょう。

水分が残っているとヘアカラー剤が上手く髪に乗らないので、なるべくタオルドライして、水分をしっかり切るようにしてください。
そうすると、色むらにならずに綺麗に染め上げる事が出来ます。

お風呂場は湿度と温度が高く白髪染めが上手に染まる

白髪染めはお風呂場で行うと上手に染まります。
お風呂場は、湿度があり温度も高いので、白髪染めが髪に素早く浸透出来ます。

ヘアカラーがムラ良く染まるためには湿度と温度が必要なのです。
お風呂場なら、温度も湿度も高いので染まりやすい条件をクリアしています。

また、お風呂場ならば液が飛び散っても、気にならずに染める事が出来るのもメリットです。

白髪染めはラップを巻いて保湿させると上手に染まる

白髪染めを上手に染めるコツとして、髪をラップに巻いて保湿させると、早く綺麗に染める事が出来ます。
ラップで保湿すると髪を温める事が出来て、染色の浸透が早くなるのです。

特に冬は室内の温度が下がりやすいので、ラップを巻いて温度を閉じ込めてあげると早く染める事が出来るでしょう。
基本的に、髪が染まりやすい温度は20度ぐらいと言われています。

夏場は良いですが、冬は室内の温度が下がりやすいので、ラップを巻く、またはお風呂場で染めてあげると良いでしょう。
そして、毛先は液剤が浸透しにくいため、ティッシュを巻いて液剤を浸透させるという方法も効果的です。

髪と地肌に優しい白髪染めでダメージを抑えて上手に染める

髪と地肌に優しい白髪染めでダメージを抑えて上手に染める

白髪染めは長く使い続けるものなので、出来れば成分が優しい白髪染めを使うと、ダメージを抑えられます。
一般的な白髪染めには非常に強い染色剤が使用されているため、長期的に使うと頭皮や髪に大きなダメージを与えるのです。

そのような化学物質を長い間続けていると、アレルギー反応を引き起こすリスクがあります。
アレルギーを避けるため、自然派由来の白髪染めトリートメント、ヘアマニキュア100%植物由来のヘナを使うと良いでしょう。

自然派由来の白髪染めは、有害物質のジアミン・過酸化水素と言ったアルカリ性の強い化学物質を一切使っていません。
そして、新しく根元に生えてくる白髪ですが、白髪染めトリートメントはリタッチをする必要がないので、髪全体を上手に染める事が出来ます。

白髪染めトリートメントは、髪が痛む事なく毎日使っても安心の優しさです。

自宅での白髪染めはトリートメントタイプが上手に染まる

利尻ヘアカラートリートメントやルプルプは、酸化染料に比べて刺激の少ない染料を使用しています。
トリートメントタイプのメリットは、髪や頭皮を傷めにくいのでオススメです。

デメリットは、若干染まりにくい事とシャンプーごとに少しずつ色落ちしていく事です。
理想的な使い方は、週に2~3回の使用で自然に染まるので、1週間に1~3回の使用で根本も綺麗に黒髪を保つ事が出来るでしょう。

また、自宅のトリートメントの代わりに使うだけなので、簡単・上手に染める事が可能となっています。

白髪染めを使う頻度に気を付けると上手に染まる

白髪染めを使う頻度に気を付けると上手に染まる

頭皮や髪を傷ませないためには、なるべく白髪染めを使う頻度を少なくしてあげるのも上手に染めるコツです。
どんなに白髪が気になっても、白髪染めを全体に使うのは1ヶ月に1回に押さえておきましょう。

1ヶ月に何度も使うと、有害物質が皮膚から毛細血管に入り込み、頭皮と髪にダメージを与える事になります。
ですから、白髪の量が多くなり、根本に新しく生えてくる白髪が気になる方は、白髪染めトリートメントを使うと良いでしょう。

一般的な白髪染めを使う時も、根本に新しい白髪が目立ってきた時のリタッチは、一か月一回に抑えるとダメージが抑えられます。
数本の白髪なら、ヘアマスカラやヘアスティックなどを代用するのもオススメです。

白髪染めを使う頻度を減らすだけでも、だいぶダメージを抑える事が出来るでしょう。

上手い仕上がりの白髪染めは美容院施術

上手い仕上がりの白髪染めは美容院施術

市販の白髪染めは安価で手軽な分、刺激成分が多くなっています。
美容院であればカラーリングの知識・技術もあるため、頭皮が痛まないように施術してくれます。

また、過酸化水素(ブリーチ剤)の量を調整してくれるため、痛みも軽減されるでしょう。
技術のしっかりした美容院であれば、カラーリング後のトリートメントも上手に行ってくれるため、ケアも楽になるのです。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

上手な白髪染めのまとめ

上手な白髪染めのまとめ

白髪染めは、40種類以上もあるとされています。
自宅で上手に染めるには、放置時間だけでなく、湿度や温度にも気を使いましょう。

サランラップやティッシュを活用して仕上がりを良くする事も出来ます。
また、長く使い続ける白髪染めですから、自然派の成分で作られたものを選ぶ事も大切です。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪を検討している方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。