上手な白髪染め

   
最近の白髪染め用のヘアカラーは、初心者でも簡単に染められるものが増えています。
ドラッグストアにあるヘアカラーコーナーには、数多くの種類の白髪染めがありますよね。

市販の白髪染めを上手に染めるには、どんなコツがあるのでしょうか?
白髪染めはセルフでする!という方の参考にして頂きたいと思います。

白髪染めで上手に染める方法は?

白髪染めをセルフで上手に仕上げるためには、いつくかもコツがあります。
白髪染めを使う前の準備、また白髪染めを行う場所の温度や湿度も大切です。

その他、ラップを使って保湿させて液を浸透させるなど工夫すると綺麗に染まります。
では、詳しく見ていきましょう。

白髪染めの前に水分を切ると上手に染まる

白髪染めを髪に付ける前に、髪が濡れていると液が髪に浸透しづらくなります。
白髪染めを髪に付ける前に、水分を十分に拭き取ると染まり具合が良くなるでしょう。

水分が残っているとヘアカラー剤が上手く髪に乗らないので、なるべくタオルドライして、水分をしっかり切るようにしてください。
そうすると、色むらにならずに綺麗に染め上げる事が出来ます。

お風呂場は湿度と温度が高く白髪染めが上手に染まる

白髪染めはお風呂場で行うのがオススメです。
お風呂場は、湿度があり、温度も高いので、白髪染めが髪に素早く浸透出来ます。

ヘアカラーがムラ良く染まるためには湿度と温度が必要なのです。
お風呂場なら、温度も湿度も高いので染まりやすい条件をクリアしています。

また、お風呂場ならば液が飛び散っても、気にならずに染める事が出来るのもメリットです。

白髪染めはラップを巻いて保湿させると上手に染まる

ヘアカラー剤をラップで巻いて、髪に密着をさせるとムラなく染める事が出来ます。
白髪染めをしたら、自宅にあるサランラップで髪全体をくるんで放置しましょう。

保湿効果により、白髪染めの浸透もアップ出来ます。
また、染まりにくい根元のコツは、ティッシュを貼る事です。

根元は温度が高いので染まりやすいので、同時にヘアカラーをしっかり塗るのが難しい場所でもあります。
根元にはティッシュをあてて、ヘアカラー剤を浸透させると良いでしょう。

髪と地肌に優しい白髪染めでダメージを抑えて上手に染める

髪と地肌に優しい白髪染めでダメージを抑えて上手に染める

ヘアカラートリートメントやヘアマニキュア、ヘナは、髪と地肌に優しい成分で作られています。
これらは、アルカリ剤、酸化染料、過酸化水素を使用していないため、髪や頭皮への刺激がかなり弱いのが特徴です。

酸化染料、過酸化水素、アルカリ剤を使用せずに、その代わりにタール系色素を使用しています。
タール系色素は酸化染料ほどではないものの肌への刺激があり、アレルゲンとなる危険性や発がん性があるとされているのです。

ただし、ヘアマニキュアはカラートリートメントに比べて髪への密着度が高く落ちにくいメリットがあります。
ヘアマニキュアは、頭皮のダメージなく髪を自然な色合いに染める事が出来るでしょう。

自宅での白髪染めはトリートメントタイプが上手に染まる

利尻ヘアカラートリートメントやルプルプは、酸化染料に比べて刺激の少ない染料を使用しています。
トリートメントタイプは、髪や頭皮を傷めにくいのでオススメです。

トリートメントタイプの染料は、髪の中のメラニン色素を破壊せず髪の表面や内部にくっついているだけなので、ダメージがほとんどありません。
デメリットは、若干染まりにくい事と、シャンプーごとに少しずつ色落ちしていく事です。

理想的な使い方は、週に2~3回の使用で自然に染まるので、1週間に1~3回の使用で根本も綺麗に黒髪を保つ事が出来るでしょう。

白髪染めを使う頻度に気を付けると上手に染まる

白髪染めを使う頻度に気を付けると上手に染まる

白髪染めの頻度を減らすだけでも、随分頭皮や髪のダメージは減らす事が出来ます。
一般的には、白髪染めは2か月に一度程度が頭皮や髪に対する悪影響が少ないと言われています。

根元の白髪が気になる方は、ヘアカラートリートメントやリタッチをして保つと良いでしょう。
最近、ヘアカラートリートメントと白髪染めの併用が髪色を変化させる可能性がある事が分かっています。

同じメーカーのものであれば成分の配合が研究されているので、その心配がありません。
また、根元の白髪が気になる時は、一時染料を使用するのもお勧め。

ペンタイプやパウダータイプのものは、さっと塗って乾かすだけですからとても手軽です。
白髪を目立たせなくするのなら、白髪が目立たないような髪型を工夫したり、帽子やスカーフを利用するのも良いでしょう。

上手い仕上がりの白髪染めは美容院施術

上手い仕上がりの白髪染めは美容院施術

市販の白髪染めは安価で手軽な分、刺激成分が多くなっています。
しっかりしたカラーリング技術を持った美容院で染めてもらった方が、出来るだけ頭皮に付かないように薬剤を塗るのでダメージは少ないのです。

また、過酸化水素(ブリーチ剤)の量を調整してくれるため、痛みも軽減されるでしょう。
技術のしっかりした美容院であれば、カラーリング後のトリートメントもしっかりしてくれるのでケアもラクになるのです。

出来るだけ、酸化染料を使用した白髪染めの回数を減らす事を心がけましょう。

上手な白髪染めのまとめ

上手な白髪染めのまとめ

白髪染めは、40種類以上もあるとされています。
自宅で上手に染めるには、放置時間だけでなく、湿度や温度にも気を使いましょう。

サランラップやティッシュを活用して仕上がりを良くする事も出来ます。
また、長く使い続ける白髪染めですから、自然派の成分で作られたものを選ぶ事も大切です。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪を検討している方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。