白髪染めの生え際

生え際の白染めがどうも上手くいかない、そんなお悩みをお持ちの方が多いようです。
実は、白髪染めをするに当たって、生え際は染め残しやムラになりやすく難しい場所です。

しっかり染めているつもりでも、気が付くと生え際に染まっていない白髪があってがっかり。
また、せっかく染めても、あっという間に根元に白髪が伸びてきてしまって困る!

こうした、生え際の白髪についての困りごとを解決する方法はないものでしょうか?

こちらでは、気になる生え際までキレイに染められる白髪染めの選び方や、上手く染めるコツについてお話したいと思います。
オススメの生え際の白髪染めもご紹介しますので、参考にしてください。

生え際・根元に増えてしまう白髪が気になる方へ

染めても染めても伸びてくる生え際や根元の白髪。
他人の目にも留まりやすく、自分からもよく見える場所だけに、とても気になるという方が多いのではないでしょうか?

実際、生え際は白髪が生えやすい場所なのです。
後頭部などの白髪は比較的ゆっくり生えてきますが、生え際・前髪の白髪は早いサイクルで生えると言われています。

だからと言って、白髪染めを繰り返せば髪や頭皮のダメージが心配です。
髪を傷めず、伸びてきた生え際の白髪をケアする方法について考えてみましょう。

生え際の白髪染め、染まらない原因は?

生え際の白髪染め、染まらない原因

生え際は白髪が目立つ上に、一番染めにくい場所でもあります。
そのため、自分で白髪染めを行うと、生え際だけが上手く染まっていない!という事が起こりやすいのです。

では、生え際の白髪が染まらないのは何故なのでしょうか?
主な原因は次の通りです。

髪質

白髪は黒髪より3割ほど太く丈夫だと言われています。
キューティクルもしっかりしているため、染料が付きにくい特徴があります。
よって、白髪の量が多い生え際は染まりにくくなります。

塗り方の問題

毛流に沿ってムラなく塗布する事で、綺麗に白髪が染まります。
しかし、生え際は顔に近く塗りにくいため、染め残しが出やすいでしょう。

温度や湿度

染まり具合は温度や湿度の影響を受けます。
毛染め時の条件によっては、染まりが悪くなる事があります。

生え際の白髪の対処法

白髪染めだけでなく、へアスタイルの工夫などで生え際の白髪を目立たなくする事も出来ます。

髪の分け目は生え際の白髪が最も目立ちやすいため、分け目を強調しない髪型にしてみるのも良いでしょう。
前髪を厚めに作ったボブヘアなどがオススメです。

また、ヘアアクセサリーや帽子・ウィッグを利用すれば、生え際の白髪が目立ちにくくなります。
おしゃれを楽しみながら、上手に生え際の白髪がカバーする事も可能です。

しかし、これらの方法だけで生え際の白髪を完全にケアするのは、なかなか難しいことです。
生え際の白髪の対処法としては、やはり白髪染めが一番確実な方法と言えるでしょう。

生え際用白髪染めのオススメはリタッチと白髪隠し?

生え際用白髪染めのおすすめはリタッチと白髪隠し

生え際の白髪染めの方法は、リタッチと白髪隠しがオススメです。

髪は毎日少しずつ伸びています。
よって、美容院で綺麗に白髪染めをしても、すぐに生え際や根元に白いものがちらちら見え始めてしまいます。

しかし、これに対処するために、毎日全体染めを繰り返すわけにもいきません。
そんなことをすれば髪や頭皮は、ボロボロになってしまうでしょう。

そこで、伸びてきた白髪は生え際のみを染めるリタッチ(部分染め)や白髪隠しなど、全体染めとは別の方法でケアする事をオススメします。

白髪隠しとは、一時的に白髪に色を付けて簡単に白髪を隠せる便利なアイテムです。
ブラシやマスカラなどいくつかのタイプがあり、用途に応じて使い勝手の良いものを選ぶ事が出来ます。

ただし、多くの場合、白髪隠しで本当に白髪が染まるわけではありません。

クリーム・泡タイプの白髪染めで生え際のリタッチ

一般の白髪染めカラーでリタッチを行う場合、根元専用のヘアカラーを使用すると良いでしょう。

部分染めに特化した商品だけあって、生え際にも塗布しやすく、よく染まるように作られています。
中でも、液だれしにくく使い勝手の良いクリームタイプか、泡状のものがオススメです。

髪や頭皮の受けるダメージを考えると、トリートメント成分が配合されていたり、地肌に優しい低刺激タイプを選ぶと安心です。

男性も使いやすい?ブラシタイプの生え際かくし

白髪隠しはどのタイプも手軽ですが、生え際かくしとして使用する場合はブラシタイプが便利です。

いつものようにブラシで髪を整えるイメージで、簡単に白髪を目立たなくする事が出来ます。
難しいテクニックも必要なく、広い範囲の白髪を一度でキレイに隠せます。

このため、白髪隠しを初めて使われる方や不慣れな方、「どちらかというと不器用で」という方も安心して利用できるでしょう。
また、出掛ける前にさっととくだけで白髪が目立たなくなるため、短髪の男性にとっても使いやすい商品です。

マスカラタイプで白髪をピンポイントケア

メイクに使うマスカラとよく似た白髪隠しは、マスカラタイプと呼ばれています。

ごく小さなブラシで白髪に色を付けるため、生え際やもみあげなど細かい部分の白髪対策にぴったりの商品です。
手の平サイズでバッグやポーチの中でもかさ張らず、気軽に持ち歩くことが可能です。

そのため、鏡を見て「こんなところに1本白髪が」という場合、家でも出先でもさっと一塗り。
気になった時にピンポイントで白髪を隠すことができてしまいます。

ただし、マスカラタイプは狭い範囲の白髪ケアが得意な反面、広範囲の白髪を隠すのには向いていません。
また、ぽってり付けるとダマになりやすい点には、注意する必要があるでしょう。

ファンデーションタイプで生え際の白髪隠し

ファンデーションタイプは、付属のパフやスポンジでパウダーを伸ばす事で白髪を隠します。

使い方は、化粧品のファンデーションのように、ぽんぽんと粉をはたくだけと簡単です。
これだけで生え際の白髪や、透けて見える地肌の隙間を埋めて白髪を目立たなくしてくれます。

比較的広い範囲を簡単にカバーする事が出来るため、頭頂部(分け目)の白髪隠しに最適です。
色のバリエーションが豊富とは言えません。
しかし、薄く付けたり重ね付けをすれば、色の調整をする事が出来ます。

粉がつくと色移りすること、大量に使うと不自然な仕上がりになりやすい点には気を付けましょう。
使い方に少しコツが要るため、どちらかと言うと初心者向けではありません。

口コミで女性に人気!カラートリートメントでリタッチ

女性に大人気のカラートリートメントは、全体染めだけでなく生え際のリタッチにも向いています。

ジアミン等の化学染料を含まない安全性の高さ。
そして、トリートメント成分による美髪効果などが口コミでも好評です。

刺激の強い成分が配合されいないため、地肌に付いてしまっても問題がありません。
白髪が気になる生え際まで、しっかり塗る事が出来る点もリタッチに最適と言えるでしょう。

ルプルプや利尻など髪と地肌に優しいカラートリートメントは、毎日使用する事が出来ます。
徐々に色が入っていくため、改まって「リタッチするぞ!」と意気込む必要もなく、伸びてきた白髪を自然にカバーしてくれるのです。

その結果、全体染めの回数を減らすことが可能になり、髪のダメージを最小限に抑えられます。

生え際の白髪が目立つ!白髪染めの選び方は?

白髪染めの選び方

では、生え際の白髪が目立つ場合、どのような基準で白髪染めを選べば良いのでしょうか?

価格は?

こまめにケアすることを考えると価格・品質どちらも大切。
安いだけの粗悪品はNO!です。

簡単?

使い方が難しいのでは続きません。
簡単でキレイに染められるかどうかもポイントになります。

髪を傷めない?

いくら白髪が染まっても、髪や頭皮を傷めてしまっては本末転倒。
髪と地肌に優しい、カラートリートメントなどの白髪染めを選びましょう。

即効性があるのは?

一度でしっかり染められるのは泡やクリーム状のヘアカラーです。
ただ、髪のダメージは避けられないため、トリートメント成分入りの商品がオススメです。

今すぐ染めたい!

気になった時にすぐ染めたい場合、白髪隠しで一時的にカバーするのが良いでしょう。

生え際や前髪の白髪を上手く染めるコツ

生え際や前髪の白髪を上手く染めるコツ

白髪染めは、染まりにくい生え際や前髪部分から塗布すると上手くいきます。
こうする事で、放置時間が長くなるため、キレイに染める事が出来るのです。

塗る順序を意識する以外にも、生え際までしっかり染めるコツがありますのでご紹介します。

事前に汚れを落とす

生え際の髪は地肌に近いため、皮脂などの汚れが付着しやすくなります。
こうした汚れは白髪染めの浸透を妨げるので、事前にきちんと汚れを落としてから白髪染めを始めましょう。

コットンやティッシュで染め残し防止

染め残しを防ぐためには、生え際まで毛染め剤を行き渡らせることが大切!
そこで、全体に塗布した後、コットンやティッシュなどを使って、生え際に密着させるようにすると良いでしょう。

生え際のリタッチの頻度は?

ヘアカラーによる白毛染めは、髪や地肌に大きな負担を掛けます。

短い間隔で全体染めを繰り返すと、髪を傷めたり頭皮のトラブルを起こしかねません。
このため、全体染めを行うのは2〜3カ月に一度のペースに留めるのが望ましいとされています。

しかし、生え際の白髪はすぐに伸びてきますから、1ヶ月もすれば目立ち始めます。

ただ、白髪の量や伸びるスピードには個人差があり、リタッチの頻度も異なります。
そのため、ご自分で生え際の白髪が気になりだしたタイミングで、根元のリタッチを行うのがベストと言えるでしょう。

髪に優しいカラートリートメントで、少しずつ生え際の白髪を染めていくのが、最もダメージが少ないリタッチの方法になります。

生え際の白髪染めのまとめ

生え際の白髪染めのまとめ

染めたそばから伸びてくる厄介な白髪。
白髪染め→生え際が目立つ、白髪染め、生え際が目立つ、これが延々繰り返されるのかと思うと気が重くなってしまいますね。

気になる生え際の白髪を、いつでもキレイに保つにはリタッチが有効です。

全体染めを繰り返すと、髪や頭皮は大きなダメージを受けます。
それを軽減するためには、リタッチや白髪隠しを併用して、伸びてきた白髪のみを染める部分染めを行うのがオススメです。

中でも、髪に優しいルプルプや利尻などのカラートリートメントは生え際のリタッチに最適です。

これらは毎日使うことで根元の白髪を自然にカバーしてくれます。
もちろん、髪を傷める心配はありません。
むしろ使うたびに艶のある美しい髪になっていきます。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  3. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。