内側の白髪

年齢を重ねると共に、白髪は目立ち始め、気になってきますよね。
そして、なぜか白髪が内側だけに出来るのが不思議に思っている方も多いでしょう。

実は白髪が生える場所によって、身体の健康状態が影響している場合があるのです。
そこで今回は、白髪が内側を中心に生えてくる原因とその対処法についてご紹介します。

白髪が内側だけに出来る原因は?

毛髪は、髪の毛が作り出される過程で色素の合成が行われます。
そして、髪の毛は毛母細胞で作り出されるのですが、実は私たちの髪の毛はもともと黒い色ではなく白髪です。

メラノサイトと呼ばれる色素細胞の働きが加わると、メラニン色素によって黒色の髪になります。
黒髪は、髪の毛が作り出される過程でメラニン色素と合成され、黒い色に染められて生えてきているというわけです。

しかし、内側だけに白髪になる原因は、欠失型と呼ばれるメラノサイトがメラニン色素を作り出せない事によります。
もしくは、休止型と呼ばれる毛母細胞のシステムが狂ってしまい、メラニン色素を受け入れずに、黒色に染める事が出来ないからです。

後頭部の内側に白髪が出来るのはなぜ?

後頭部の内側に生える白髪の原因は、生理不順、不妊、精力減退、食生活の乱れ、ストレスなどが挙げられます。
後頭部の白髪に関しては、主に生殖器のトラブルが影響してると言われています。

また、白髪全体に言える事ですが、食生活の乱れやストレスは、大きく影響しているのです。
白髪の原因は完全には解明されていません。

しかし、髪の毛を黒くする色素であるメラニンが、ストレスなどで不足する事が原因だと言われています。
後頭部の内側に白髪が生えた時の対処法としてよく挙げられるは、抜く、切る、染めるといった方法があります。

白髪を根元から切ってしまえば、頭皮に与えるダメージもありません。
また、白髪がさほど多くない場合には、切る事をオススメします。

しかし、切っただけでは、また伸びた時にピンっと毛先が立って目立つので、こまめにカットしましょう。

前髪の内側に白髪が出来るのはなぜ?

何らかの原因で、メラノサイトでメラニン色素を生成出来なくなると、その毛根からは白髪が生えるようになります。
特に前髪は白髪が生えやすい場所です。

前頭部や側頭部は白髪が早く生えやすいとされる一方で、後頭部は比較的白髪が生えにくいとも言われています。
前髪や生え際は鏡でよく見える部分なので、白髪が増えると気付きやすいという事もあります。

ただし、他の部分に比べてあまりにも前髪に白髪が多過ぎる場合は、病気のサインかもしれません。
一般的に白髪が生える原因は、老化や栄養不足などです。

特に、前髪にだけ白髪が増えてしまうという場合は、遺伝や眼精疲労、ストレス等、様々な原因が考えられます。

陰毛の内側にある白髪の対処法は?

陰毛の内側にある白髪の対処法

陰毛に白髪が生えた場合、どのように対処すればいいのでしょうか?
抜いたとしても白髪は増えませんが、ムリに抜くと、毛嚢炎(もうのうえん)や埋没毛など、トラブルを起こす可能性があります。

自己流のブラジリアンワックスなども、ムリに毛を抜く方法になります。
そのため、デリケートゾーンのケアは専門家に頼むのが良いと言えます。

陰毛の白髪が気になる場合は、なるべく添加物の入っていないデリケートゾーン用の毛染めなどを使い、染める方法もあります。
しかし、デリケート部分なだけに、セルフでケアをするなら、ハサミで白髪を切るのが一番安全です。

最近では、日本でもVIO脱毛が当たり前の時代になりました。
デリケートゾーンは他の部位より皮膚が薄くて敏感ですので、痛みを感じやすい部位でもあります。

しかも、色が濃い分メラニン反応を起こしやすい事もあるのです。
適切な施術をすれば痛みを抑える事が出来ますから、脱毛する前にクリニックによく相談をしましょう。

身体の内側から白髪を予防するには?

からだの内側から白髪を予防する

血液は栄養を運ぶ役割があるので、血液不足や栄養不足も白髪を増やしやすくなります。
そのため、白髪の改善や予防には、生活習慣の見直しが必要だと言われているのです。

例えば、普段運動をしない人は血流が悪いので、栄養が髪の毛まで行き届きにくい可能性があります。
また、新しい細胞が作られるのは睡眠時ですから、メラノサイトの働きも睡眠時に活発になります。

睡眠の質が悪い人や睡眠時間が少ない人は、白髪が出来やすい状態なのだそうです。
また、頭皮マッサージも血流が良くなり、栄養が毛根まで行き届きやすくなるので効果的。

溜まった老廃物が流れやすくなって、メラノサイトの働きが活発になりるのでオススメとなっています。
お風呂上りや就寝前の頭皮マッサージも効果的です。

内側の白髪のまとめ

内側の白髪のまとめ

内側に白髪のできる原因として、メラノサイトからの栄養素の運びが上手く出来なくなる事が分かりました。
ストレス原因ならば、血行不良であるため、白髪が改善する余地はまだまだあります。

内側に白髪が増えたとしても、諦める事はありません。
日頃から無理をして心や身体の疲れが溜まっていないか、また疲れが溜まっていないか確認しましょう。

そして、一晩で白髪が黒髪に戻る事はほとんどありませんが、一瞬で全部が白髪になる事もないと分かりました。
美しい髪のためのケアを諦めず、今からでも生活習慣を見直して、白髪対策をしていきましょう。

当サイトでは、管理人が実際に利用した白髪染めのトリートメントを紹介しています。
白髪染めを検討している方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。