白髪はカラーで増える

ヘアカラーを何度も使い続けていると白髪になりやすい、という噂を聞いた事がありますよね。
確かにヘアカラーを使い続けていると、髪がきしんだり、髪に艶がなくなってきて髪が傷んでいるのを感じられます。

しかし、ヘアカラーが原因で白髪が増える事はあるのでしょうか?
そこで今回は、白髪染めのヘアカラーが白髪に与える影響について検証していきましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラーで白髪が増える理由

白髪染めのヘアカラーで白髪が増える原因は、酸化染料や着色剤、そしてアルカリ剤といった化学物質が含まれているからです。
市販のヘアカラーには、想像以上の化学物質が含まれています。

そして、ヘアカラーに含まれる有害物質は、皮膚を通して体内に蓄積されてしまうのです。
健康的な黒髪が入るためには、メラニン色素が色素細胞の中に上手く生成されなければなりません。

しかし、ヘアカラーによって過酸化水素が多く取り込まれると、それらのメラニン色素の生成を抑制してしまう事が分かっています。
つまり、ヘアカラーを使い続けると活性酸素は体内に多く生成されるために、健康的な黒髪を作るメラニン色素の働きを阻止してしまうのです。

過酸化水素が増えてしまうのは、決してヘアカラーだけではなく、加齢やストレス生活習慣の乱れなどがあります。
しかし、長くヘアカラーを使い続ける事で 毛乳頭の奥に過酸化水素を蓄積させてしまいます。

そのため、確実に白髪の原因となってしまうのです。

ヘアカラーに含まれる過酸化水素で白髪が増える

白髪染めのヘアカラーに含まれる過酸化水素水は、水分に過酸化水素を6%以下混ぜたものです。
健康的な黒髪が入るためには、メラメラのサイトの活動が活発化されて、チロシンやミネラルの働きによりメラニン色素が生成されます。

そのメラニン色素によって黒髪が色付けられるため、健康的な黒髪が生えてくるのです。
しかし、ヘアカラーには過酸化水素が含まれているため、そのメラニン色素の働きを破壊してしまうのです。

そして、過酸化水素は色素細胞にどんどん蓄積されます。
ヘアカラーを使い続ける事によって、メラニン色素の働きを弱めてしまうと言えます。

アメリカの医学研究でもヘアカラーを使い続けると、過酸化水素が蓄積されるためのメラノサイトの働きは弱まり、白髪が増える事が分かっているのです。

ヘアカラーに含まれる合成界面活性剤は白髪と抜け毛が増える?

ヘアカラーには合成界面活性剤と呼ばれる化学物質が含まれています。
界面活性剤は、多くの日用品洗剤や化粧品にも含まれています。

しかし、長い間使い続けると、頭皮のかぶれ、肌荒れ、そしてアレルギー反応を引き起こす事はあるのです。
ヘアカラーに含まれる合成界面活性剤は、抜け毛や白髪が増える原因になります。

そして、白髪染めに使用されている界面活性剤は、皮膚を柔らかくする目的で配合されています。
しかし、界面活性剤の原料は石油なので、使えば使うほど肌に負担になっていくというわけです。

最近は、界面活性剤不使用の白髪染めや化粧品が多く出ています。
そのため、多少値段が高くても、界面活性剤不使用の商品を選んでいく事は白髪予防のになるでしょう。

例えば、植物由来のヘナは界面活性剤不使用で、敏感肌の方や肌が弱い方もかぶれる心配なく使う事が出来ます。

ヘアカラーを繰り返すと白髪が増える

髪の毛の外側は キューティクルという膜によって水分が保たれています。
そのキューティクルによって、紫外線のダメージを予防する事が出来るのです。

しかし、市販の白髪染めを使うと、過酸化水素が配合されているため、使えば使うほどキューティクルから必要な保湿成分や栄養素が流れててしまい髪がスカスカになってしまいます。
ですから、市販の強力な白髪染めを使えば使うほど髪の毛に水分がなくなり、スカスカ乾燥していくのです。

一般的なセルフ用の白髪染めは、サロンのカラー剤と比べて染め剤が強い傾向にあります。
そのため、市販の強力な白髪染めは、髪が痛みやすい傾向にあります。

その結果、白髪が増える原因に繋がるのです。

ヘアカラーで白髪が増えるのを防ぐには?

ヘアカラーで白髪が増えるのを防ぐには

過酸化水素が配合されている脱色してから染めるタイプの白髪染めは、あまり地肌のためによくありません。
また、使い続けると白髪が増える原因となるので、長く使うには不向きです。

なるべく天然成分でも染まりやすい白髪染めを選ぶと良いでしょう。
そこでオススメなメーカーが、「ルプルプ」です。

ルプルプの白髪染めは、Wフコイダンを使用していて、これが頭皮や髪に良い効果があり人気となっています。
ヘアカラートリートメントで白髪染めしているだけで、保湿と育毛などにも優しく、むしろ使い続けた方が髪が健康になるほどです。

白髪染めトリートメントして大人気のブランドである「利尻」も、髪に優しい白髪染めとして人気があります。
染まり具合色の持ち具合や染料の伸ばしやすさ、そしてキツい匂いのしない、ダメージの補修力など、全てにおいて納得の行く白髪染めです。

これらの白髪染めは、髪の痛みを最小限に抑える事が出来ます。
ヘアカラーで白髪が増えるのを防ぐためには、髪のパサつきを押さえる毛髪保護成分やトリートメント成分を配合しているものを選ぶと良いでしょう。
 
⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めカラーで白髪が増えるまとめ

白髪染めカラーで白髪が増えるまとめ

ヘアカラーで白髪が増えると言われている理由は、過酸化水素の酸化力だと分かりました。
刺激の強いヘアカラーは、髪の表面を保護しているキューティクルの幕を破壊して浸透して、中のタンパク質の組織を破壊してしまいます。

ヘアカラーの後、髪の毛がごわごわするのはそのせいだと言えます。
ヘアカラーを選ぶ際には、価格が多少高くても高品質で地肌や頭皮に刺激が少ないものを選ぶようにすると良いでしょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪に悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。