白髪染めと地肌

セルフで白髪染めをする時に、生え際までしっかりに染めようと液を付けていると、頭皮の地肌も染まってしまったという事はよくあります。
ヘアカラーが地肌に付いてしまっても、肌は新陳代謝をしています。

そのため、毎日のシャワーの度に徐々に落ちていきます。
洗髪や入浴によって、数日程度で自然に落ちていくので、あまり気にする必要はないでしょう。

ただし、頭皮にしっかり付いてしまった液は、ちゃんと落ちるかどうか心配になりますよね。
そこで今回は、白髪染めが地肌に付いてしまった時は、どう対処すれば良いのかについてお話します。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めが地肌にも染まる時の対処法

セルフで白髪染めをしてると、地肌が染まってしまって困るという方は多いのです。
薄毛の人で白髪の多い人は、地肌も茶色に染まっている感じで目立ってしまう事もあります。

白髪染めが地肌に染まってしまうのは、根元からしっかり染めようとすると、地肌にも白髪染め液を置くため多少は仕方ないのです。
最近では、毛染め専用リムーバーが販売されいます。

もし地肌に多くの白髪染めが付いてしまった時は、そのような毛染め専用リムーバーを使うと良いのです。
しかし、必要な時に家に常備している方は少ないでしょう。

そういった場合は、メイククレンジングオイルをコットンに浸して、地肌をこすってみてください。
そして、蒸しタオルで蒸らした状態で、石鹸で洗い流すと落ちます。

その後は、角質クリアの化粧水をコットンにたっぷり取って、化粧水パックして数分置いた後、拭きとります。
白髪染めの後に素早く行うのがコツです。

白髪染めが地肌に付いたらコールドクリームで素早く落とす

どんなに白髪染めが地肌に付いても、肌はターンオーバーして生まれ変わるので、自然と落ちていきます。
しかし、次の日に大事な用事があったり、すぐに地肌に付いた白髪染めを取りたい場合は、すぐに化粧落としやコールドクリームで、サッとふき取ってください。

ハンドクリームでも代用がききますので、出来るだけ早めにふき取るようにしましょう。
ポイントは地肌に毛染めが付いてしまったと気が付いた時に、素早くクリームで拭き取る事です。

毛染めは、時間が経てば経つほど落ちにくくなります。
よくセルフで白髪染めをする方は、地肌専用のリムーバーを買っておくと便利です。

自宅で白髪染めする時に、頭皮や額、うなじや耳など、地肌に付いた液を落とす事が出来るので安心と言えます。

白髪染めは地肌が染まらないカラー剤を選ぼう

白髪染めは地肌が染まらないカラー剤を選ぼう

白髪染めでなく白髪染めトリートメントを使うのも一つ方法です。
薬局などに売られている昔ながらの白髪染めの薬は強めですが、一回でで染まります。

しかし、長く使い続けていると地肌などに付きやすく、地肌や髪も痛みやすいというデメリットがあります。
白髪染めトリートメンとは、数日かけて徐々に染めていきます。

そのため、地肌に優しい成分や髪にもいい成分が多く含まれているので安心なのです。
地肌が染まりやすくて悩んでいる方は、白髪染めトリートメントに切り替えるのも良いでしょう。

白髪染めは地肌に優しいルプルプがオススメ

ルプルプは、アレルギーの方でも使用できる頭皮に優しい白髪染めトリートメントです。
頭皮ケアのための白髪染めなので、頭皮に優しく、かぶれにくい白髪染めなとなっています。

ルプルプの白髪染めの放置時間は10分ですが、しっかり染めたい方は20分~30分置きます。
髪の事を考えた処方で染め時間を長くしているので、頭皮が染まり過ぎる心配もありません。

市販のヘアカラーのように、無理にキューティクルを開く事なく染める事が出来て、肌への負担も少ないのが特徴です。
そして植物性の染料は、肌荒れ防止能力もあります。

フコダインが、優秀な保湿剤として髪と地肌に潤いを与えてくれます。
そのため、使用後はとてもしっとりした仕上がりになります。

ルプルプは頭皮の地肌に色が残る事なく、安心して使う事が出来ます。

利尻トリートメントの白髪染めは地肌に付かない

贅沢な利尻昆布を原材料に使った、無添加の白髪染めと言えば利尻トリートメントです。
含有成分にも拘りがあり、肌に優しいタイプとなっています。

髪や地肌・頭皮に優しいのはもちろんですが、生分解性に優れ、河川や海を汚さないエコな白髪染めとなっています。
髪をコーティングするマニキュアタイプなので、色が入りやすいのが特徴と言えます。

早めに染めたい時でも、しっかり色が付きます。
髪に塗布した際の待ち時間は、最初なら20分、日常的な使用ならもっと短くして美しい黒髪をキープ出来ます。

利尻トリートメントは地肌に優しく、頭皮まで染まる事がないので、長く使い続けられる白髪染めトリートメントです。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めと地肌のまとめ

白髪染めと地肌のまとめ

白髪染めの液が地肌に付いてしまっても、ターンオーバーにて皮膚が入れ替わるため落ちていきます。
自宅でシャンプーする度に徐々に薄くなっていきます。

そのため、1週間ほどで我慢すれば、徐々に頭皮に付いたヘアカラーは薄くなっていき、元の状態に戻るのです。
しかし、早く落としたい場合は、化粧落としなどのクレンジングクリームを地肌に付けてなじませて、拭き取ってみてください。

これで地肌に付いた大抵の白髪染めは取る事が出来ます。
そして、着色した部分は、強くこすっても色は落ちません。

肌を痛めてしまいますので、決して強くこすらないように気を付けてください。
強くこすり過ぎますと、炎症や傷の原因になる場合がありますので注意しましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪に悩んでいるという方は、ぜひ試してみてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。