クリームの白髪染め

自宅で簡単に白髪が染められる事から、市販・通販の白髪染め剤を使用される方が増えています。

その中でも、一般的なのはクリームタイプの白髪染めでしょう。
最近では、光で白髪が染まるクリームも販売されています。

しかし、白髪染めを行うと髪が傷むのでは?という声も多く聞かれます。

こちらでは、クリームタイプの白髪染めのメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。
また、その他の白髪染めとクリームタイプの違いについてもお話します。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

クリームタイプとその他の白髪染めはどう違うの?

白髪染めは、クリームタイプなどの一般的なヘアカラー、ヘアマニキュア、カラートリートメントの3種類に分類する事が出来ます。
それぞれ白髪が染まる仕組などに違いがあります。

大きな違いは,薬事法による分類です。
2~3ヶ月色持ちするクリームタイプの白髪染め(永久染毛剤)は医薬部外品。

それに対して、色持ちが約1ヶ月のその他の2つは、半永久染毛料と呼ばれ化粧品扱いとなっています。
クリームタイプの白髪染めは、髪の内部まで色素が浸透するため、一度でしっかり白髪を染める事が出来ます。

一方、ヘアマニキュアやカラートリートメントは、髪の表面に色素を付着させる事で白髪を染めていきます。
発色や色持ちはクリームタイプより劣りますが、髪や地肌に優しいのが特徴です。

白髪の改善にはクリームタイプが良い?

白髪の改善にはクリームタイプが良い

白髪を最も早くしっかり染める事が出来るのは、クリームタイプの白髪染めヘアカラーです。

クリームタイプのヘアカラーは、化学反応により髪を脱色、キューティクルを開いた上で染料を髪の内部まで浸透させます。
そのため、一度でしっかり白髪が染まります。

さらに、シャンプーによる色落ちもないので色持ちが良い(2~3ヶ月)というメリットがあります。
白髪染めカラーには、代表的なクリームタイプ以外にも、乳液状や泡タイプなどが存在します。

そのため、用途によって使い分けができる点も便利です。
しかしながら、刺激が強い成分を含むため、髪や頭皮のダメージは避けられません。

また、白髪添めアレルギーや肌が敏感な方は使用出来ません。

クリームタイプは臭いが気になる?

クリームタイプの白髪染め剤は、一度でしっかり染まる反面、準備や後片付けの手間が掛かるというデメリットがあります。

また、白髪染め特有の鼻につんとくる臭いが気になるという方が多いのではないでしょうか?
場合によっては、白髪染め当日だけでなく、数日間臭いが気になるという声も聞かれます。

あの独特の臭いの原因は、白髪染めに含まれる酸化染料・過酸化水素水・アルカリ剤などの化学成分です。
よって、臭いを完全に消す事は出来ません。

マイルドな香りのクリームタイプの白髪染めも市販されています。
しかし、臭いが気になる方は、カラートリートメントを使用されると良いでしょう。

化学物質を含まないカラートリートメントには、きつい香り・嫌な臭いがなくオススメです。

白髪の部分染めはクリームタイプが良いの?

髪は毎日伸びているため、キレイに白髪を染めてもすぐに根元の白髪が気になりだすものです。
そんな時は、全体染めより髪のダメージが少ない、部分染めを行いましょう。

新しく伸びてきた白髪のみを染めるリタッチには、泡タイプよりもクリームタイプの白髪染めがオススメです。

根元や生え際だけを染める場合、一度に使う毛染め剤はわずかな量です。
そのため、使用量の調整が簡単で、残りは次回まで残しておけるクリームタイプが便利でしょう。

泡タイプは手軽ですし、染料の伸びも良いため全体染めには適した白髪染めと言えます。
しかし、その伸びの良さが仇となり、根元のみにピンポイントで塗布するのが非常に難しくなります。

また、泡タイプは髪をいたわる成分を配合しにくいため、クリームタイプより髪に負担が掛かります。

光で白髪が染まるクリームとは?

光で白髪が染まるクリームとは

光で白髪が染まるクリームは、いわゆる白髪染めカラーとは異なり特殊な性質を持っています。
染料で髪に色を入れるのではなく、銀イオンと光の反応を利用して白髪をダークブラウンに染め上げるのです。

使い方は、白髪の気になる部分に塗り、光に当たるだけ。
太陽光だけでなく蛍光灯程度の光でもOKです。

数十分程度で染まり始め、比較的色持ちが良い(約1ヶ月)のが特徴と言えます。
また、洗い流す必要もないため、お出かけ前にも使用が可能です。

男女兼用で、髪を傷める成分も入っていません。
ジアミンも無添加なので、白髪染めアレルギーの方も使う事が出来ます。

ただし、黒髪部分を明るい色に染める事は出来ません。

光で白髪が染まるクリームの使い方・注意点

光で白髪が染まるクリームの使用上の注意点は次の通りです。

光で染まる白髪染めクリームを使用すると、今後は一般的なヘアカラーが出来なくなります。
なぜなら、他の白髪染めで染め直しをすると髪が緑色になってしまうからです。

つまり、光で染まるタイプの白髪染めをした髪は、その部分をカットしない限り、ヘアカラーによる変色のリスクが続きます。
パーマや縮毛矯正が掛かりにくくなる可能性もあるとされ、使用に当たってはよく考える必要があるでしょう。

また、光が当たらない場所の白髪は染まりません。
表面の白髪には色が入りやすいのですが、うなじなど内側の白髪を染めるためには、その部分に光を当てる工夫が必要です。

クリームタイプとカラートリートメントの白髪染めの安全性の違いは?

クリームタイプとカラートリートメントの白髪染めの安全性の違い

お風呂で手軽に白髪染めが行え、美髪効果も期待出来るカラートリートメントは最近、非常に人気があります。
では、クリームタイプの白髪染めとカラートリートメントには、どのような違いがあるのでしょうか?

一般的な白髪染め(クリームタイプ)は、1回目からしっかり白髪が染まりますが、髪にダメージを与えます。
特に、市販の白髪染めカラーは、誰でも失敗なく染められるように、成分が強めに作られているため注意が必要でしょう。

また、クリームタイプの白髪染めに含まれる酸化染料や過酸化水素は、発がん性が疑われるとされ、EU諸国では使用禁止の物質です。

一方、ルプルプや利尻などのカラートリートメントは、こうした刺激の強い物質が無添加です。
安全性が高いだけでなく、白髪を染めながら髪や地肌をケアする事が出来るメリットもあります。

白髪染めでアレルギー?

クリームタイプの白髪染めには、ジアミンというアレルギーの原因物質が含まれています。

使用中に頭皮の痒みや赤み、ピリピリとした刺激を感じた場合は、ジアミンによるアレルギーの可能性があります。
すぐに使用を中止して洗い流しましょう。

こうした症状を放置して白髪染めを使い続けると、蕁麻疹や呼吸困難などを起こすなど症状が悪化する恐れがあります。
最悪の場合、アナフィラキシーショックを引き起こし命に関わるケースもあるため注意が必要でしょう。

よって、クリームタイプの白髪染めは、使用前のパッチテストが必須となります。

一方、カラートリートメントはジアミンや石油系合成界面活性剤などを含まないため、アレルギーの心配はありません。
パッチテストを行う必要もなく、素手で使用する事が出来ます。

白髪染め白髪や抜け毛・薄毛の原因になるの?

一般の白髪染め剤は、アルカリ剤や酸化染料、過酸化水素など刺激の強い物質を含んでいます。

こうした薬剤の化学反応を利用してキューティクルを開き、髪を脱色させた上で色素を入れていきます。
これにより、内側まで染料が浸透するため、一度でしっかり白髪が染まるのです。

しかしながら、これらの成分が白髪や抜け毛・薄毛の原因となる事が分かってきました。

イギリス・ドイツの共同研究によれば、過酸化水素は白髪を誘因します。
また、頭皮の乾燥を招く事から、毛母細胞にダメージを与え抜け毛や薄毛の原因になると考えられています。

つまり、クリームタイプなどの白髪染めカラーは、髪を傷めるだけでなく頭皮の健康にも大きな影響を与えるのです。

カラートリートメントで白髪がキレイに染まる?

クリームタイプの白髪染めとカラートリートメントでは白髪を染める仕組みが異なります。
カラートリートメントは、キューティクルを開いたり髪を脱色させず、髪の表面に色素を付着させる事で、白髪を染めていきます。

よって、髪の内部まで色素が浸透する白髪染めカラーと比べると発色はやや劣ります。
特に健康毛や、髪が太くしっかりした方は、染まりにくい傾向にあるでしょう。

しかし、繰り返し使う事で、キューティクルの隙間から徐々に色が入っていきます。
通常、3回ほど続けて使用すると、ナチュラルな仕上がりで白髪を染める事が出来ます。

低刺激で安全性が高いカラートリートメントは、毎日使う事も可能です。
そのため、伸びてきた白髪も綺麗にカバーする事が出来ます。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

クリームタイプの白髪染めのまとめ

クリームタイプの白髪染めのまとめ

クリームタイプの白髪染めは1度で、しっかり白髪を染める事が出来ます。
しかしながら、ジアミンなどの刺激の強い成分を含んでいるため、髪や頭皮に大きなダメージを与えます。

そのため、短期間に繰り返し使うと髪を傷めたり、白髪や抜け毛の原因になると考えられます。
また、白髪染めアレルギーを起こす可能性もあり注意が必要です。

光で白髪を染めるクリームについては、毛染め後に一般のヘアカラーが使えなる点に注意しましょう。
使用に当たっては慎重に検討する必要があります。

一方、刺激の強い成分が無添加のカラートリートメントにはこうした心配がありません。
ルプルプや利尻カラートリートメントを使えば、自宅のお風呂で簡単キレイに白髪染めを行う事が出来ます。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。