髪に優しい白髪染め

白髪染めは、ある程度の期間が過ぎると色が落ちます。
そのため、白髪染めは年に何度も行う必要があり、中にはそれが原因で髪の毛や頭皮に大きなダメージが出てしまう事があるのです。

今回の記事では、染める事によるダメージが少ないとされる白髪染めの種類や自分に合った白髪染めの選び方について解説します。
また、白髪染めでより綺麗に染めるためのコツや、髪に優しい白髪染めのおすすめランキングもご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

頭皮や髪に優しい白髪染めの種類とその特徴

まず初めに、頭皮や髪に優しい白髪染めの種類、そしてそれぞれの白髪染めの特徴について解説していきます。
今回ご紹介するのは、以下の4種類の白髪染めです。

1.ヘアマニキュア
2.カラーシャンプー
3.カラートリートメント
4.ヘナカラー

それでは、これからそれぞれの白髪染めの種類やその特徴について、1つ1つ詳しく見ていきましょう。
まだ、どのような種類の白髪染めが髪に優しいのか知らない方は、一通りチェックしてみてください。

ヘアマニキュア

最初にご紹介する髪に優しい白髪染めは、ヘアマニキュアと呼ばれる種類の白髪染めです。
髪ではなく、爪の表面に色を付けるための化粧道具にもマニキュアと呼ばれるものがあります。

このヘアマニキュアは、その爪に塗るマニキュアと仕組みはほとんど変わりはありません。
つまり、髪の毛の表面に色のコーティングをする事で白髪を染めるのが、このヘアマニキュアの基本的な仕組みなのです。

通常、髪の毛を染める時には髪の毛の奥深くまで成分を浸透させる必要があり、それが故にダメージが大きくなる傾向にあります。
しかし、今解説したように、ヘアマニキュアは髪の上からコーティングするように色を付けるためダメージがほとんどないのです。

また、ヘアマニキュアは元の髪色を抜いて色を付けるわけではないため、自然な仕上がりになる特徴もあります。

カラーシャンプー

次にご紹介する髪に優しい白髪染めは、カラーシャンプーです。
カラーシャンプーとは、通常のシャンプーと同じように髪の毛を洗うだけで染める事が出来る特別なシャンプーの事を言います。

なぜカラーシャンプーでは髪の毛を洗うだけで染める事が出来るのかと言うと、シャンプーの中に髪を染めるための色素が含まれているからです。
もちろん、普通の白髪染めのように強い液剤を使って髪の毛に成分を染み込ませるわけではありませんので、1回では染めきる事は出来ません。

しかし、徐々に髪の毛に色素を入れるため、ダメージは少なく髪の毛には非常に優しいのです。
ちなみに、ヘアマニキュアなどとは違って、カラーシャンプーは通常の洗髪も出来るため、時間の節約が出来る特徴もあります。

カラートリートメント

では次に、カラートリートメントと呼ばれる種類の髪に優しい白髪染めについてご紹介していきましょう。
カラートリートメントとは、文字通り髪の毛を染めるヘアカラーとトリートメントの2つの働きをかけ合わせて作られたものです。

そのため、カラートリートメントを使うと髪の毛を染めながら、ヘアケアも行う事が出来ます。
そして、ヘアケアが同時に行える事から、当然髪へのダメージも非常に少なくなるため、カラートリートメントも髪に優しい白髪染めだと言えるのです。

ヘナカラー

次にご紹介する髪に優しい白髪染めは、ヘナカラーです。
ヘナカラーとは、ヘナと呼ばれる植物の葉っぱで作られた染料を髪の毛に付ける事で色を染めてしまうカラー方法を意味します。

このヘナカラーは、今説明したように植物の葉から作られている染料を使うため、化学的な成分のような大きなダメージは一切ありません。
また、白髪染めとしてこのヘナカラーを使うと、白髪部分がオレンジから茶色に変わり、メッシュ状に染まります。

そのため、通常の白髪染めとはまた違ったおしゃれな見た目にする事が出来る利点があるのです。
このような特徴がありますので、ヘナカラーはオーガニックにこだわりたい方や人とは変わったおしゃれな染め方をしたい方におすすめだと言えます。

おしゃれ染めは白髪染めと違いダメージが大きいので注意

ここまで解説してきたように、髪に優しい白髪染めの種類はいくつもあります。
ただ、これらの髪に優しい白髪染めは髪の毛を黒や茶色などの地毛に近い色のバリエーションがほとんどです。

そのため、中にはその他の色にも出来るおしゃれ染めを選びたいと考える人もいます。
しかし、白髪を染めるためにおしゃれ染めを選ぶのはおすすめ出来ません。

なぜなら、おしゃれ染めは白髪染めと違って、髪の毛の色素を抜く強い薬剤も使う事もあって髪に対して大きなダメージがあるからです。
また、明るい色を選ぶと黒髪部分と比較して、白髪部分が上手く染まらないケースもよくあります。

そのため、髪に優しい白髪染めをしたいのであれば、基本的にはおしゃれ染めではなく白髪染めを選ぶようにしましょう。

頭皮や髪に優しい白髪染めの選び方

頭皮や髪に優しい白髪染めの選び方

それでは次に、頭皮や髪に優しい白髪染めの中で、自分に合っている白髪染めの具体的な選び方のポイントについて解説していきましょう。
白髪染めを選ぶ時にチェックしておきたいポイントは、大きく分けて以下の3つのものがあります。

  • 現在生えている白髪の量に合っている白髪染めかどうか
  • アレルギーチェックで問題が出ない体質に合った白髪染めかどうか
  • 長期間使い続けても問題のない価格の白髪染めかどうか

では早速、これからそれぞれのポイントについて、1つ1つ詳しく解説していきます。
現在、どのように白髪染めを選べば良いのか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

現在の白髪の量に合っているかどうか

既に解説している通り、髪に優しい白髪染めは数多くあります。
しかし、現在生えている白髪の量によって、選ぶべき白髪染めは変わるので注意が必要です。

例えば、ヘナカラーは植物の葉から作っているため非常に優しいのですが、その分染める力が強くありません。
そのため、白髪の量が多い人がこのヘナカラーを使うと、上手く染める事が出来なかったりするのです。

このような理由があるので、白髪の量に合った白髪染めを選ぶというのは非常に重要なポイントだと言えます。
ちなみに、白髪の量が少ない方はヘナカラーやカラーシャンプーなど、基本的にはどのような種類の白髪染めでも問題はありません。

ただし、髪全体の多くが白髪の場合には、ある程度染める力があるカラートリートメントやヘアマニキュアなどを選ぶようにする事をおすすめします。

アレルギー反応などが出ない体質に合ったものかどうか

アレルギー反応が出ないような白髪染めを選ぶ、というのも髪に優しい白髪染めの選び方においては重要なポイントだと言えます。
理由は、もちろんアレルギー反応が出る白髪染めを使用すると髪に優しくても、その他に問題が起きてしまうからです。

例えば、頭皮がピリピリと痛んでしまったり、頭皮が赤色に変化してしまったり、湿疹などが出てしまうといった事がアレルギー反応として起こります。
中には、アナフィラキシー症状と言う嘔吐や血圧の低下などの反応が出てしまう事もあるのです。

このような理由があるため、アレルギー反応が出ない体に合ったものかというのも選ぶ際にはチェックしておく必要があります。
ちなみに、アレルギー反応はパッチテストを行えば確認出来るものです。

ですので、白髪染めを購入した際には大きな問題が起こる前に一度テストをしておきましょう。

長い期間使い続けられる価格かどうか

髪に優しい白髪染めの選び方の残る3つ目のポイントは、長い期間続けられる価格であるかどうかという事です。
通常、白髪染めをした後しばらく時間が立つと、髪の毛の色が徐々に落ちていきます。

そのため、白髪染めは定期的に使い続けなければいけません。
つまり、いくら良い白髪染めを選んだとしても、それがあまりにも高い白髪染めだと使い続ける内に経済的に大きなダメージとなる事もあるわけです。

このような理由がありますので、髪に優しい白髪染めを選ぶ時には1回だけでなく、使い続けられる価格のものを選ぶようにしましょう。

髪に優しい白髪染めトリートメントで綺麗に染めるコツ

髪に優しい白髪染めトリートメントで綺麗に染めるコツ

では次に、髪に優しい白髪染めとしてよく選ばれる白髪染めトリートメントを使って、髪の毛を綺麗に染めるためのコツをご紹介していきます。
白髪染めトリートメントで髪を綺麗に染めるコツは、大きく分けて以下の4つです。

  • 髪の毛を濡らさず、ブラッシングしてからトリートメントを付ける
  • 白髪が気になる部分にはトリートメントを多めに塗る
  • 白髪染めトリートメントをつけた後は髪の毛を温める
  • 白髪染めトリートメントを洗い流した後には髪の毛をすぐに乾かす

それでは、これからそれぞれのコツについて、より詳しい説明をしていきます。
白髪染めトリートメントを使う予定がある方は、ぜひ一通り目を通してみてください。

髪の毛を濡らさず、ブラッシングをしてから染める

髪に優しい白髪染めトリートメントで綺麗に染める1つ目のコツは、髪の毛を濡らさずにブラッシングしてからトリートメントを付ける事です。
白髪染めトリートメントの中には、シャンプー後の濡れた髪でも使えると説明している製品もあります。

しかし、髪を綺麗に染めたいのであれば、そういった製品でも髪の毛を濡らさずに使った方が良いでしょう。
なぜなら、髪の毛に水分が含まれた状態だと、髪の毛を染める成分が上手く浸透しないからです。

また、トリートメントを付ける前にブラッシングをしていないと同じように、髪の毛を染めるための成分が効率的に染み込ませる事が出来なくなります。
このような理由があるので、綺麗に白髪を染めたいのであれば、髪の毛を濡らす前にブラッシングをしてから染めるのが大事なコツだと言えるのです。

気になる部分は厚めに白髪染め剤を塗る

髪に優しい白髪染めトリートメントで髪の毛を綺麗に染めるための2つ目のコツは、白髪が気になる部分に厚めに塗る事です。
白髪が気になる原因は、通常他の部位と比べて多くの白髪が生えている本数が多い事にあります。

そして、もしその多くの白髪が生えている部分と、その他の部分と同じような量しかトリートメントを塗らなければ、当然同じように染まりません。
しかし、多めに生えている部分に多めにトリートメントを塗っておけば、他の部分との差を出す事なく綺麗に染める事が出来ます。

そのため、綺麗に白髪を染めたいのであれば、白髪気になる部分には重ね塗りなどをして厚めにトリートメントを塗るように心掛けましょう。

白髪染め剤を塗った後は髪の毛を温める

髪に優しい白髪染めで綺麗に染める3つ目のコツは、トリートメントを塗った後に髪の毛を温める事です。
実は白髪染めトリートメントを髪に塗った後、髪をドライヤーなどを使って温めるとより白髪が染まりやすくなります。

なぜなら、白髪染めトリートメントなどの髪の毛を染めるための薬剤は、温めるとより効率的に髪に浸透するようになるからです。
そのため、白髪染めトリートメントを塗った後にはラップなどで髪の毛を巻き、その上からドライヤーなどで温めるようにしてみてください。

ただし、ドライヤーの温度が高過ぎたりすると、髪の毛にダメージを与える事になるので注意しましょう。

洗い流した後はすぐに髪の毛を乾かす

薬剤を洗い流した後に髪をすぐに乾かす事も、髪に優しい白髪染めトリートメントで綺麗に染める1つのコツです。
トリートメントを流す時には、髪の毛は多くの水を吸収します。

そうすると、髪の毛の表面のキューティクルが開き、そこから色の成分が流れ出やすくなってしまうのです。
そのため、もしトリートメントを流した後に、長時間髪の毛を乾かさないと色落ちを引き起こす可能性もあります。

それを防ぎ、綺麗に髪の毛を染めるためには、やはり洗い流した後にはすぐに髪の毛を乾かしてキューティクルを閉じるのが重要なのです。
ちなみに、タオルドライをしっかりしておくとドライヤーの時間を短縮し、髪へのダメージも減らせます。

ですので、洗い流した後は、ぜひちゃんとしたタオルドライも取り入れてみてください。

1人で不安な場合は美容院で白髪染めをする

ここまで解説してきたように、髪に優しい白髪染めトリートメントで綺麗に染めるためのコツはいくつかあります。
しかし、中にはこれらのコツを守って、1人で綺麗に染められる自信がない人もいるでしょう。

そのような場合には、無理して自分1人で髪の毛を染めるのではなく、やはり美容院に行ってプロに染めてもらう事をおすすめします。
なぜなら、美容院に行けば、カウンセリングなどを通じてあなたに合う白髪染めを選んでもらい、プロの技術で綺麗に染めてもらう事が出来るからです。

そのため、どうしても1人で染める事が不安なのであれば、無理をして失敗する前に近くの美容院で白髪染めをしてもらうようにしましょう。

髪に優しい白髪染めのおすすめランキング

髪に優しい白髪染めのおすすめランキング

現在髪に優しい白髪染めは数多くの種類の製品が販売されています。
多くの種類がある事は選択肢が広がる事を意味しますが、中にはその多さが故にどれを選べば良いのか悩んでしまう人もいるのです。

そこで、ここからは髪に優しい白髪染めの中でも、特におすすめ出来る白髪染めを3つピックアップし、ランキング形式でご紹介していきます。
既にどの白髪染めを選べばに良いのかお悩みの方や、自分で探す時間がないような方はチェックしてみてください。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

髪に優しい白髪染めのおすすめランキングとしてご紹介するのは利尻ヘアカラートリートメントです。
この白髪染めには、大きな特徴が3つあります。

1つ目の特徴は、2011年から2017年まで連続して白髪用ヘアカラートリートメントブランドシェア第1位を獲得している実績がある事。
2つ目の特徴は、無添加にこだわっていて、髪や頭皮に対して有害な成分が含まれていない事です。

そして、残る3つ目の特徴は、潤いの源になるミネラルや保湿効果のアルギン酸など28種類もの美髪成分が配合されている事にあります。
上記の特徴からも分かる通り、利尻ヘアカラートリートメントは髪に優しい白髪染めとしては非常に優秀な製品です。

そのため、どの白髪染めを選べばに良いのか分からない方は、まずこちらからチェックしてみると良いでしょう。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメント

髪に優しい白髪染めのおすすめ商品は、あの武田久美子さんが使っている事でも有名なルプルプヘアカラートリートメントです。
このルプルプヘアカラートリートメントには特徴が2つあります。

1つは、利尻ヘアカラートリートメントと同じように植物由来の素材から作られた染料を使われており、有害な化学物質は含まれていない事です。
例えば、ガゴメコンブから取れる髪や地肌に優しいフコイダンを独自の技術で変化させ、より髪に優しいルプルプWフコイダンという成分が含まれています。

一方で、髪や地肌には悪影響があるとされるタール系の色素などは含まれていないため、髪にはとても優しいのです。
そして、残るもう1つの特徴は、トリートメントが劣化しにくいような独自の製法とボトルが採用されている事にあります。

具体的には、劣化を起こしてしまう光を遮断して作るフレッシュ製法と、日本製の空気や光からの劣化を守るボトルが使われているのです。
そのため、このルプルプヘアカラートリートメントは、長い期間新鮮な状態のものを使う事が出来ます。

このように、ルプルプヘアカラートリートメントも髪に優しい白髪染めとして良いと言える特徴があるので、合わせて一度チェックしてみてください。

マイナチュレ カラートリートメント

マイナチュレ白髪用カラートリートメント

髪に優しい白髪染めのおすすめ商品は、マイナチュレカラートリートメントです。
このマイナチュレカラートリートメントには、おすすめ出来る理由となる特徴が2つあります。

1つ目の特徴は、1本で4つのケアが同時に行える事です。
具体的には、このマイナチュレカラートリートメントを使うと、白髪ケア、エイジングケア、スカルプケア、ヘアケアが同時に出来ます。

何故かと言うと、この製品には4つのそれぞれのケアが出来る成分が全てまとめて配合されているからです。
ちなみに、4つのケアをするために多くの成分が含まれてはいますが、髪や地肌に有害な成分は添加されていません。

2つ目の特徴は、30日間の全額返金保証が付いている事です。
通常、白髪染めには14日間前後の返金保証期間が設定されている事が多いのですが、この製品では30日と長めに設定しています。

そのため、自分の髪でも染まるか不安な方でも安心して購入し、実際に使ってみる事が出来るのです。
このように、マイナチュレカラートリートメントにも素晴らしい特徴があります。

髪に優しい白髪染めのまとめ

髪に優しい白髪染めのまとめ

今回の記事で解説してきましたように、髪に優しい白髪染めには様々な種類があります。
また、その様々な白髪染めにはそれぞれ特徴があり、自分に合うものを選ぶには、記事で解説したポイントなどを抑えて選ぶ必要があるのです。

もちろん、ある程度の手間は掛かりますが、自分に合う白髪染めを選び、コツを抑えて白髪染めを使えば綺麗に染められます。
これから髪に優しい白髪染めを使う予定がある方は、ぜひ今回解説した情報を参考にして自分に合う白髪染めを選び、綺麗に髪の毛を染めてくださいね。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。