ヘアカラートリートメントと敏感肌

ヘアカラートリートメントは、「髪や頭皮に優しい白髪染め」として非常に人気があります。
愛用される敏感肌の方も多いようです。

白髪染めをしたら、ピリピリとした刺激を感じたり痒みが…
こうした経験をされた事がある方は非常に多く、特に敏感肌の人にとっては切実なお悩みでしょう。

一般的に白髪染めは長く使うものです。
かぶれなどの症状を我慢して、白髪染めを使い続ける事は苦痛ですし、場合によっては大変な事になるケースもあります。

こちらでは、ヘアカラートリートメントと敏感肌についてお話ししたいと思います。
ヘアカラートリートメントが敏感肌でも使える理由や、効果的な使い方、オススメのヘアカラートリートメントもご紹介します。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラートリートメントが安心?敏感肌用の白髪染めを考える

まず、敏感肌用の白髪染めについて考えてみましょう。
そこから、ヘアカラートリートメントが安心な理由も見えてきます。

白髪染めによる頭皮の赤みや腫れ・痒みなどの症状は、多くの場合「ジアミン」という化学物質が原因です。
発色や色持ちが良いのが特徴ですが、ジアミンは頭皮に対する刺激が強く、アレルギーの原因にもなります。

ジアミンアレルギーになると生涯治りません。
無理して使い続けると症状が悪化するため、発症後はジアミンを含む白髪染めを使用出来なくなります。

ただ、一般的な白髪染め剤のほとんどにジアミン系の薬剤が配合されているのです。
こうした事から、敏感肌用の白髪染め選びの最重要ポイントは「非ジアミン」と言えるでしょう。

敏感肌の白髪染め・何が困る?

敏感肌の白髪染めで何が一番困るかと言えば、やはり頭皮のトラブルでしょう。
白髪染め剤に含まれるジアミンなど、刺激の強い成分は頭皮に深刻なダメージを与えます。

ピリピリ感や痒みを感じたら、すぐに使用を中止するべきです。
我慢して使い続けると、頭皮以外にも症状が現れ、顔や目が腫れあがってしまう事も。

また、ジアミンアレルギーは重篤化するとアナフィラキシーショックを起こし、命に関わる事さえあります。
そのため、頭皮のトラブルを経験された後、白髪染め剤に対する恐怖心のようなものを持たれる敏感肌の方も多いようです。

かと言って、白髪をそのまま放置するわけにもいきません。
このような敏感肌の方のお悩みを解決してくれるのが、ヘアカラートリートメントなど非ジアミンの白髪染めなのです。

敏感肌・ヘアカラートリートメント以外は使えない?

では、敏感肌の方はヘアカラートリートメント以外は使えないのでしょうか。
実は、ジアミン系の薬剤を含まない白髪染めは他にもあります。

それぞれの特徴は次の通りです。

お歯黒式

鉄イオンとポリフェノールの反応によって白髪を染め上げます。
頭皮への刺激は少ないのですが、2剤式でやや塗布が難しく、硫黄のようなニオイがあります。
仕上がりは真っ黒で不自然になりがちです。

ヘアマニキュア

髪の表面を色素でコーティングするようにして、白髪を染めるカラーリング剤です。
ツヤのある仕上がりになりますが、皮膚につくと落ちにくいため生え際の白髪は染められません。
 

ヘナ

天然由来の白髪染めで、髪のトリートメント効果も期待出来ます。
しかし、ヘナ単体では白髪はオレンジにしか染まらないため、インディゴで重ね染めする必要があります。
時間と手間が掛かる事、インディゴによるかぶれに注意が必要です。

敏感肌・ヘアカラートリートメントが安心な理由

非ジアミンの白髪染めがいくつかある中、敏感肌の方にオススメしたいのがヘアカラートリートメント。
敏感肌でも安心な理由は、第一にジアミンを含まず、髪と頭皮に優しい白髪染めだからです。

ヘアカラートリートメントは、無添加・低刺激で素手で使えるほど穏やかな成分で作られています。
髪や頭皮に良い、天然成分が配合された商品が多いのも特徴です。

しかも、その他の非ジアミンの白髪染めのようなデメリットが見当たりません。
ヘアカラートリートメントは、地肌までしっかり塗り込めるので、生え際の白髪までキレイに染められます。

面倒な準備や後片づけも必要ありませんし、放置時間も短く手軽です。
少しずつ色が入るため、仕上がりはナチュラルで違和感がありません。

なおかつ、美髪効果まで期待出来る白髪染めなのです。

敏感肌のヘアカラートリートメントの選び方

敏感肌のヘアカラートリートメントの選び方

敏感肌のヘアカラートリートメントの選び方のポイントは、無添加・無香料・天然由来成分です。

ただ、使用前に成分をよく確認する必要があるでしょう。
というのも、ヘアカラートリートメントなら全て安全とは限らないのです。

中にはジアミンが添加されているものもあります。
また、天然成分・植物由来成分配合!と前面に出しながら、刺激の強い化学物質を含む商品も市販されています。

そのため、まずパッケージをよく見て、配合成分をチェックしましょう。
敏感肌の方が特に注意したい成分は、パラフェニレンジアミン・パラトルエンジアミン・アミノフェノール・レゾルシン・過酸化水素水です。

一般的に、ヘアカラートリートメントはパッチテストの必要はないとされています。
しかし、敏感肌の方は念のため行うとより安心です。

敏感肌の方にオススメのヘアカラートリートメント

敏感肌の方にオススメのヘアカラートリートメント

低刺激で敏感肌でも安心して使えると評判のヘアカラートリートメント。
巷には、数多くのトリートメントタイプの白髪染めが溢れています。

あまりに種類が多くて、一体どれが良いのか分からない!という方も多いようです。
また、肌が敏感な方の場合、やたらと色々なものを試す事は、頭皮トラブルなどのリスクを伴います。

そんな敏感肌の方にオススメのヘアカラートリートメントをご紹介します。
どちらも、髪や頭皮を優しくいたわりながら染められる白髪染めです。

ただ、お肌との相性もありますので、心配な方は使用前にパッチテストをされると良いでしょう。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、刺激の少ないHC染料や塩基性染料を使った白髪染めです。
ジアミンを含まないだけでなく、タール色素・防腐剤・シリコン・香料も無添加で安心安全。

敏感肌の方の愛用者が多いのもうなずけます。
植物由来のシコン・クチナシ・ウコン・アナトーなどの天然色素で白髪を染め上げます。

また、フコイダンをはじめとする28種類もの天然成分が贅沢に配合され、優れたトリートメント効果も期待出来るのです。
髪質にもよりますが、1回でしっかり色が入りやすい処方になっています。

40~80代までと幅広い世代の方にリピートされている理由の一つは、この染まりやすさかもしれません。
香りがないため、男性にとっても使いやすい白髪染めと言えるでしょう。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプは、ダメージゼロの白髪染めがコンセプトのヘアカラートリートメントです。
ノンジアミン・無添加・無香料の安心処方で敏感肌の方でも安心して使う事が出来ます。

もちろん素手での使用もOKです。
ベニバナやクチナシ、藍など天然の色素を使い、美容成分は実に94%も配合されています。

ガゴメ昆布に含まれる「Wフコダイン」効果で、髪や頭皮を優しく保湿・補修してくれるのが特徴です。
そのため、使うほどにツヤのある美しい髪になります。

また、乾燥しがちな敏感肌の方の頭皮もしっかり潤います。
その他のカラートリートメントに比べて、色が早く入るという声も多いルプルプ。

ラベンダーなどアロマ系の優しい香りが女性に好評です。

敏感肌OK!ヘアカラートリートメントの効果的な使用法

敏感肌でも大丈夫なヘアカラートリートメントの効果的な使用法

敏感肌OK!のヘアカラートリートメントも、基本的な使い方は普通のトリートメント同じです。
しかし、少しの工夫でよりしっかり染める事が出来ますのでお試し下さい。

ヘアカラートリートメントの効果的な使用法は次の通りです。

乾いた髪に塗布

濡れた状態より、乾いた髪の方がしっかり色が入ります。
理想はシャンプー後に軽く乾かす事ですが、タオルドライでもOKです。

根元から馴染ませる

普通のトリートメントと違い、根元や生え際から馴染ませましょう。
「よりしっかり染めたい場所から」塗り始めると、ムラになく綺麗に染まります。

保湿&保温がカギ

たっぷりトリートメントを塗布したら、蒸しタオルやラップで巻きましょう。
さらに、湯船につかれば放置時間中の保湿と保温が出来、発色が良くなります。

敏感肌でヘアカラートリートメント・注意点は?

肌に対する刺激が少ないのがヘアカラートリートメントの特徴です。
ただ、敏感肌の方の場合は、より慎重になるべきでしょう。

以下は、一般的な白髪染めを使う際の注意点ですが、肌が弱い方はこのくらい気を付けたほうが安心です。

毎回パッチテストを行う

頭皮のコンディションによっては、いつもと同じ白髪染めでも刺激を感じる事があります。

体調不良の時は使用しない

体調が優れなかったり抵抗力が落ちている時は、頭皮が過敏になりやすい状態です。

生理中は避ける

ストレスを感じやすく、肌も敏感になる時期です。

深酒した翌日は使用しない

肝機能の低下と白髪には因果関係があると言われていますし、血行が良くなりすぎるとて刺激に過敏になりがちです。

敏感肌・ヘアカラートリートメントで痒みが出たらどうする?

残念ながら、ヘアカラートリートメントでも痒みなどの症状見られる事があります。
敏感肌の方は、体調や頭皮の状態によって刺激を感じやすいため、注意が必要でしょう。

また、先ほどもお話しした通り、トリートメントタイプとは名ばかりで、刺激の強い成分が含まれている商品もあります。
そうした商品をうっかり使用してしまう事もありえる話です。

では、もし痒みが出た場合はどうするのが良いのでしょうか。
まずは、すぐに使用を中止、シャンプーを使わずに洗い流します。

アレルギーの場合、数時間後~半日で症状が出始め、ピークは48時間後と言われています。
皮膚症状に続いて、顔の腫れなどが現れたら、すぐに皮膚科を受診して下さい。

家で様子を見る時は患部を冷やしましょう。
濡れタオルや保冷剤を使うと、痒みが和らぎ症状が落ち着きます。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラートリートメントと敏感肌のまとめ

ヘアカラートリートメントと敏感肌のまとめ

敏感肌でも安心して使える白髪染めのオススメはヘアカラートリートメントです。
その他の非ジアミンの白髪染めと比べても、使い勝手が良く、より髪や頭皮に優しく白髪を染められます。

ただし、市販のヘアカラートリートメントの中には、刺激の強い成分が配合されているものもあります。
頭皮のトラブルを避けるためにも、ルプルプや利尻ヘアカラートリートメントなど、確かな品質の白髪染めを選びましょう。

敏感肌だからと言って全ての白髪染めが使えないわけではありません。
低刺激のヘアカラートリートメンを利用すれば、頭皮を傷めず白髪を目立たなくする事が出来ます。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。