よく染まるヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントを使って白髪を染めた時、思うように白髪が隠せなかった経験のある方は結構多いでしょう。
そのために、ヘアカラートリートメントは染まらない物というイメージを持ってしまいがちです。

しかし、同じヘアカラートリートメントという分類であっても、製品ごとに染まりやすさは異なります。
つまり、よく染まるための条件を満たしているかを確認してから白髪染めを選ぶ事で、満足出来る結果を出しやすくなる訳です。

また、使用する際、ちょっとしたコツに気を付けるだけでも染まり具合は大きく変わってきます。
よく染まるヘアカラートリートメントの特徴と人気ランキング、染める際のコツについてチェックしていきましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

よく染まるヘアカラートリートメントの特徴

ヘアカラートリートメントがよく染まるかどうかは、その製品が持つ特徴に大きく左右されます。
白髪を染める基本的なメカニズムは同じでも、細かい特徴の差で染まりやすさが変わるからです。

白髪染めに適したヘアカラートリートメントを選ぶためにも、よく染まる製品の特徴を覚えておいて損はないでしょう。
製品選びに迷った時、より染まりやすい方を選びやすくなるはずです。

よく染まるヘアカラートリートメントが持つ代表的な特徴としては、以下のような点が挙げられます。

pH値が適正なヘアカラートリートメントはよく染まる

pH値が適正である事は、よく染まるヘアカラートリートメントが持つ特徴の1つです。
pH値は酸性・アルカリ性を示す数値で、0から14までの間の数字で表記されます。

0から14の丁度真ん中にあたるpH7が中性で、それ以下であれば酸性、それ以上であればアルカリ性となる形です。
0に近くなるほど酸性が強く、14に近くなるほどアルカリ性が強くなります。

アルカリ性が強いとそれだけキューティクルが開きやすくなるので、pH値が大きいほど白髪が染まりやすいヘアカラートリートメントと言えるでしょう。
ただし、pH値が大きすぎると髪の毛に与える負担が大きくなってしまい、白髪が増える原因になりかねません。

そのため、pH6からpH8程度のヘアカラートリートメントが、染まり具合と髪の毛への負担のバランスがとれた白髪染めとなります。

よく染まるヘアカラートリートメント選びは染料が大切

よく染まるヘアカラートリートメントを選びたいなら、染料にも注目しましょう。
ヘアカラートリートメントに配合されている染料には、合成化学染料と天然染料の2種類があります。

天然染料は頭皮への負担が少ないというメリットがあるものの、合成化学染料と比べると染まりにくい染料です。
そのため、よく染まる事を重視するなら、天然染料だけでなく合成化学染料も配合されたヘアカラートリートメントを選ぶと良いでしょう。

ただし、合成化学染料の割合が多過ぎると、ヘアカラートリートメントの良さが損なわれてしまいますからバランスが大切です。
また、刺激の強いジアミンが染料として含まれる製品は避ける事をオススメします。

髪の保護成分が多いヘアカラートリートメントはよく染まる

髪の毛を保護する成分が多く含まれているヘアカラートリートメントもよく染まります。
保護成分が豊富なヘアカラートリートメントは、キューティクルが開く事を抑える・髪の毛をコーティングして守るといった働きを持つ白髪染めです。

そのため、白髪を染める染料の色素が流れ出しにくく、染めた後の色落ちを防ぎやすくなります。
また、よく染まるかどうかと直接の関係はありませんが、白髪改善の事も考えると頭皮を保護する成分にも注目したい所です。

よく染まるおすすめのヘアカラートリートメント人気ランキング

よく染まるおすすめのヘアカラートリートメント人気ランキング

よく染まるヘアカラートリートメントの特徴を把握した所で、おすすめのヘアカラートリートメントについて見ていきましょう。
いくらよく染まる特徴が分かっていたとしても、実際に購入出来る製品の中から選べなければ意味がありません。

よく染まると評価されているヘアカラートリートメントの人気ランキングをチェックして、自分に合った製品を絞り込んでいく事がおすすめです。
ヘアカラートリートメントの人気ランキングで上位にランクインしている製品は、以下の3つです。

利尻 ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

利尻 ヘアカラートリートメントは、pH値が6.5~7とよく染まる白髪染めの条件を満たした製品です。
利尻昆布エキスに含まれるフコイダンを初めとする美容成分によって、髪の毛や頭皮をしっかりと保護する事が出来ます。

髪のツヤを保ちながら色落ちも防げます。
そのため、美しい仕上がりにこだわる人にもオススメ出来るヘアカラートリートメントです。

また、合成化学染料と天然染料がバランス良く配合されている点にも注目してください。

マイナチュレ ヘアカラートリートメント

マイナチュレ白髪用カラートリートメント

マイナチュレ ヘアカラートリートメントは、染めやすさにこだわって開発されたヘアカラートリートメントです。
試してみたユーザーへのアンケートでもよく染まると評価されています。

また、白髪ケア・エイジングケア・スカルプケア・ヘアケアという4つのケアを同時に行う事が出来ます。
そのため、髪の毛・頭皮の健康を守るアイテムとしても使える製品です。

美容成分が配合されている事により、染めた後の色落ちにも対応出来ます。
ジアミン系の染料が含まれていない点も人気の高いポイントです。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメントは、pH値が7と適正な数値となっています。
さらに、合成化学染料である塩基性染料・HC染料、ベニバナ・クチナシなどの天然染料が両方配合されています。

そのため、よく染まる特徴を持ったヘアカラートリートメントと言えるでしょう。
さらに、高分子フコイダンと低分子フコイダンという2つのフコイダンの働きによって、しっかりと頭皮の保湿が出来ます。

つまり、白髪に繋がる頭皮環境の改善にも配慮された製品です。
もちろん、その保湿力で健やかな髪の毛を守る事も可能となっています。

ヘアカラートリートメントがよく染まるコツ

ヘアカラートリートメントがよく染まるコツ

ヘアカラートリートメントがよく染まるかどうかは、使い方によっても変わってきます。
ヘアカラートリートメントの性質を理解した上で適した使用方法を意識すれば、ただ漫然と使うよりも染まりやすくなるはずです。

そのためには、よく染まるコツを知っておく事が大切になります。
コツといっても専門的な技術は必要なく、手軽に実践出来る方法が中心なので不安に感じる必要はありません。

ここからは、ヘアカラートリートメントがよく染まるコツを紹介していきます。

ヘアカラーはヘアカラートリートメントよりよく染まる?

よく染まるコツを確かめる前に、ヘアカラーの方がヘアカラートリートメントより染まりやすいという話に触れておきます。
ヘアカラーは染める前にアルカリ剤を使用して、キューティクルをこじ開ける白髪染めです。

そして、開いたキューティクルから髪の毛の中に入った染料が、内部で結合してキューティクルから流出しないサイズになります。
そのため、染まるまでの単純なスピードで比較すると、ヘアカラーの方がヘアカラートリートメントより速いと言えるでしょう。

しかし、ヘアカラートリートメントには、ヘアカラーにはないメリットがあります。

白髪染めにヘアカラートリートメントを選ぶメリット

白髪染めにヘアカラートリートメントを選ぶメリットは、髪の毛や頭皮へのダメージの少なさです。
ヘアカラーと違ってキューティクルを閉じた状態で白髪を染めるため、髪の毛に与えるダメージが少なくなります。

また、染料も刺激の少ない成分が使われる事が多いので、頭皮への負担も抑えられるのです。
しかも、トリートメントという単語が入っている事から分かる通り、ヘアカラートリートメントには髪の毛を保護する成分が配合されています。

よく染まるという事だけに注目すると、ヘアカラーに劣るように感じられます。
しかし、これ以上白髪を増やさない、髪の毛のハリやツヤを維持するといった点を考慮に入れるなら、白髪染めにはヘアカラートリートメントを選ぶべきです。

ヘアカラートリートメントでよく染まるかは髪の状態が大切

ヘアカラートリートメントで白髪がよく染まるかは、髪の状態や髪質も大切になってきます。
例えば、ダメージを受けている白髪は、キューティクルが開いているので染まりやすいと言えます。

しかし、ヘアカラートリートメントの塩基性染料はキューティクルに吸着するため、色が落ちるスピードも速くなってしまいます。
また、キューティクルが厚い人や、髪の毛の油分が多い人は染まりにくいのです。

同じ製品を同じように使っても結果は違う物になるため、他人と比べて染まりやすさを評価してはいけません。
あくまでも自分の髪の状態や髪質に合ったヘアカラートリートメントの選び方・使い方をする事が重要です。

ヘアカラートリートメントがよく染まる使い方

ヘアカラートリートメントがよく染まる使い方としては、以下のような方法があります。

・汚れや整髪料をしっかり洗い流してからヘアカラートリートメントを使う
・最初に染める時はヘアカラートリートメントの量を多めにする
・白髪の目立つ場所から染め始める
・髪が乾いている状態でヘアカラートリートメントを使う
・ヘアカラートリートメントを塗布してから長時間放置する
・室温を20~30℃ぐらいまで上げる
・ラップやシャワーキャップで染めた後の白髪を温める

必ずしも全ての方法を同時に行う必要はありません。
無理のない範囲でこれらの使い方を組み合わせてください。

継続する事でヘアカラートリートメントはよく染まる

ヘアカラートリートメントで白髪を染める時のコツとして、地道に継続するという事が挙げられます。
元々ヘアカラートリートメントは、よく染まるまでに時間が掛かる白髪染めです。

しかも、使い方に慣れていない場合、十分にその効果が発揮されない事もあります。
つまり、ちょっと試してみた程度で染まらないと判断するのは厳禁です。

徐々に白髪は目立たなくなっていきますから、諦めずに使い続けましょう。
ヘアカラートリートメントを継続していけば、すぐ切れてしまうような髪の毛を減らす成果も期待出来ます。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

よく染まるヘアカラートリートメントまとめ

よく染まるヘアカラートリートメントまとめ

よく染まるヘアカラートリートメントには、適正なpH値やバランスのとれた染料の配合などの特徴が見られます。
人気ランキング上位のヘアカラートリートメントは、そういった特徴を持つ製品なので、よく染まる事が期待出来るでしょう。

また、ヘアカラートリートメントの使い方のコツを覚える事で、同じ製品を使った場合でも染まりやすさが変わってきます。
ヘアカラートリートメントは染まるまでに時間が掛かる事も多いので、途中で諦めずにきちんと継続する事が大切です。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。