ヘアカラートリートメントが染まらない

ヘアカラートリートメントを使ってみたものの、白髪がなかなか染まらないという経験をした事のある方は多いと思います。
いくら頭皮・髪の毛への負担が少ないとしても、白髪染めとしての効果を発揮しないのでは困りますよね。

しかし、ヘアカラートリートメントで染まらない原因を理解してきちんと対策すれば、満足のいく仕上がりを目指す事は可能です。
ヘアカラートリートメントで染まらない原因と染まらない時に試せる対策方法について見ていきましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラートリートメントで染まらない原因

ヘアカラートリートメントを使った人全員が染まらないと感じている訳ではありません。
しっかり白髪を染める事が出来ると評価している人も多いのです。

つまり、白髪が染まらないと感じるのであれば、何かしらの原因がある事が考えられます。
ヘアカラートリートメントに対する認識の違いや染めようとしている髪の毛の性質など、染まらない原因は多岐に渡ります。

ヘアカラートリートメントで染まらない原因の代表的な物について、チェックしていきましょう。

ヘアカラートリートメントで染まらないと感じるのは誤解?

初めてヘアカラートリートメントを使う人が染まらないと感じる場合、製品の特徴について誤解をしている可能性があります。
通常のヘアカラーとヘアカラートリートメントは、染める仕組みが違うからです。

ヘアカラーは髪の毛のキューティクルを開いて、染料を内部に入れる事で白髪を染めます。
一方、ヘアカラートリートメントは染める際にキューティクルを無理やり開きません。

そのため、ヘアカラーより白髪が染まるスピードは遅くなります。
その代わりに、逃避や髪の毛を傷めにくい点がヘアカラートリートメントのメリットです。

ヘアカラートリートメントに安全性でなく即効性を期待していると、染まらないと感じる事も多くなってしまうでしょう。

髪質はヘアカラートリートメントで染まらない理由の1つ

ヘアカラートリートメントで白髪が染まらない理由の1つに髪質が挙げられます。
キューティクルの層が厚い場合、髪の毛の内部に染料が入りづらくなるので白髪が染まりにくいです。

また、ヘアカラートリートメントには、キューティクルにイオンの働きで吸着する染料が含まれています。
そのため、キューティクルが傷んでいる状態で使うと染料が落ちやすいです。

その他にも、しっとりした髪質の場合には、皮脂で染料が弾かれて染まらない事が考えられます。
何度ヘアカラートリートメントを使っても染まらないと感じるのであれば、髪質に合わせて使い方を工夫する必要があるでしょう。

シャンプーによってヘアカラートリートメントで染まらない

使っているシャンプーの影響によって、ヘアカラートリートメントで染まらない可能性も考えられます。
市販されているシャンプーには、シリコンが配合されている製品が多いです。

このシリコンは白髪をコーティングしてしまうため、染料の吸着や浸透が妨げられやすくなります。
ヘアカラートリートメントで染まらないと感じるのであれば、シリコン入りのシャンプーを避けてみる事も1つの手です。

シリコンは髪の毛を保護したり手触りを良くしたりする役割を持つ成分。
しかし、ヘアカラートリートメントには、髪の毛を保護・補修する成分が配合されています。

そのため、ノンシリコンのシャンプーを使っても、髪の毛がひどい状態になる心配をする必要はありません。

ヘアカラートリートメントで染まらない時の対策

ヘアカラートリートメントで染まらない時の対策

ヘアカラートリートメントで染まらない時には、適切な対策をする事で仕上がりを改善出来る場合があります。
同じヘアカラートリートメントを使ったとしても、事前の準備や使い方によって染まり具合が異なってくるからです。

対策と言っても、ヘアカラートリートメント以外の製品を新たに購入したり、特別な技術を身に付けたりする必要はありません。
すぐに試せる方法ばかりなので、白髪が染まらないと感じるのであれば一度試してみてください。

実践しやすい対策としては、以下のような方法があります。

ヘアカラートリートメントで染まらない時はしっかり洗う

シャンプーのシリコンが原因で染まりにくくなる事は既に説明しました。
しかし、シリコン以外にも染料の吸着・浸透を妨げる物は存在します。

ヘアワックスやポマードといった整髪料はその代表例です。
シリコンと同様に整髪料に含まれる成分が白髪をコーティングしてしまうため、なかなか染まらない状態になってしまいます。

整髪料を頻繁に使っているのであれば、ヘアカラートリートメントで白髪を染める前にシャンプー出来ちんと洗い流す必要があるでしょう。
もちろん、シャンプー自体の泡をよくすすぐ事も大切です。

ヘアカラートリートメントで染まらない時は多めに使う

ヘアカラートリートメントで染まらない時は、指定されている目安量より多めに使ってみる事もオススメです。
目安量はあくまでも目安に過ぎないので、人によっては量が少ない事もあります。

染まらない量のヘアカラートリートメントを使い続けても意味は薄いですから、自分に適した使用量を見つける事が肝心です。
特にヘアカラートリートメントを最初に使う時は、たっぷりと塗布した方が良いでしょう。

その際は、白髪の本数の多い部分への塗布を意識する事で、より効率的に染める事が出来ます。

ヘアカラートリートメントで染まらないなら乾いた髪に使う

ヘアカラートリートメントで白髪が染まらないなら、髪の毛が乾いた状態で使う事も試してみましょう。
髪の毛が濡れている状態だとキューティクルが開きやすくなるため、ヘアカラートリートメントは濡れた髪に使う事が基本です。

しかし、場合によっては水分がコーティング剤のような働きをして、染料の吸着・浸透を阻害する事もあります。
乾いた髪に対して使う事で白髪が染まりやすくなる人もいるので、試してみる価値はおおいにアリです。

ただし、乾いた髪に使えないヘアカラートリートメントもあるので注意してください。

ヘアカラートリートメントで染まらない時は長めに放置する

ヘアカラートリートメントは髪の毛に塗布した後、しばらく放置して色が着くまで待つ仕組みです。
そのため、放置時間を長めに設定する事で染まりにくい状況を改善出来る可能性があります。

もし白髪がなかなか染まらないと感じているのであれば、長めに放置する意識を持ってみてください。
どれだけ長くすれば良いかは、製品や使用者の髪質によって変わってきます。

最初はかなり長めの時間放置して、その後は染まり具合に応じて時間を調整していくと良いでしょう。

ヘアカラートリートメントで染まらない時は温めてみる

ヘアカラートリートメントで白髪が染まらない場合、室温の低さが影響している可能性があります。
何故ならヘアカラートリートメントは、20℃から30℃程度の室温で使うと良く染まるからです。

夏は冷房を抑える、冬は暖房をしっかり入れる事で染まりづらさを解消出来るかもしれません。
また、以下のような方法で、ヘアカラートリートメントで染める髪の毛を温める事も有用です。

  • ラップで髪の毛を包む
  • ヘアキャップを被る
  • ドライヤーの温風で髪の毛を暖める

ヘアカラートリートメントで染まらない場合も継続が大事

ヘアカラートリートメントで染まらない場合も継続が大事

ここまで紹介した対策をした後でも、ヘアカラートリートメントで白髪がなかなか染まらないという事は有り得ます。
しかし、成果が出ないからと言ってすぐ諦めてしまってはいけません。

ヘアカラートリートメントで白髪が染まらない場合でも、使用を継続する事が大事です。
元々ヘアカラートリートメントは、一気に染める白髪染めではありません。

徐々に染めていく事が基本なので、焦りは禁物です。
ヘアカラートリートメントは頭皮・髪の毛への負担が少ない白髪染めですから、頭皮トラブルを気にせず使い続ける事が出来ます。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラートリートメントで染まらない時のまとめ

ヘアカラートリートメントで染まらない時のまとめ

ヘアカラートリートメントで白髪が染まらない場合、髪質やシャンプーなど様々な原因が関わっている可能性があります。
また、ヘアカラーと比べると染まるスピードは遅いので、ヘアカラートリートメントに即効性があると勘違いしてはいけません。

染まらないと感じる時は、目安より多めに使ったり、乾いた髪に使ったりといった対策を試してみる事をオススメします。
そして、何よりも大切な事はヘアカラートリートメントを色が定着するまで継続的に使っていくという事です。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。