ヘアカラートリートメントと抜け毛

髪に付けるものは、成分が使う人に合っていないと抜け毛を引き起こす場合があります。
ヘアカラー剤やヘアカラートリートメントを使って抜け毛が気になったら、成分が頭皮にダメージを与えている可能性があるのです。

今回は白髪染めを含むヘアカラーで抜け毛が起きる原因と、抜け毛に悩む人のためのヘアカラートリートメントの選び方についてお伝えします。
抜け毛は染め方を見直す以外に、日々のヘアケアによって改善させる事も出来るのです。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラーで抜け毛が増える原因

おしゃれ染めのヘアカラー剤も白髪染めのヘアカラー剤も、髪を脱色する過酸化水素水など刺激の強い成分が含まれています。
そうした成分やヘアカラー剤の使い方によって頭皮が刺激を受け、抜け毛が誘発される事があるのです。

また、ヘアカラー剤だけでなく髪をいたわるはずのヘアカラートリートメントも抜け毛に繋がる事があります。
ここでは、ヘアカラー剤やヘアカラートリートメントによって抜け毛が増える原因についてご説明します。

どういった仕組みで抜け毛が起こるのかを知っておきましょう。

アレルギー症状

ヘアカラー剤の成分でアレルギー症状を起こして抜け毛が増える事があります。
パラフェニレンジアミンや過酸化水素水などがアレルギー症状を起こし得る成分として挙げられます。

アレルギー症状によって頭皮のトラブルが起きると、毛根にまでダメージがおよび抜け毛に繋がるケースがあるのです。
場合によっては、髪が細くなる事もあります。

こうした頭皮や髪のトラブルだけでなく、喘息や吐き気など身体的な症状も起こりうるのです。
また、ヘアカラー剤だけでなく、ヘアカラートリートメントでもアレルギー症状が出る事があります。

産後の白髪染め

産後の女性はホルモンバランスが不安定な状態が続き、その影響で抜け毛に悩まされる方が多いのです。
ただでさえ抜け毛の起こりやすい産後に白髪染めをすると、余計に抜け毛が増えてしまいます。

頻繁に白髪染めをする方でも、産後は髪の様子を見ながらカラーリングしてください。
おしゃれ染めやヘアカラートリートメントにおいても同様です。

美容室で白髪染めしてもらう場合、美容師さんによっては極力刺激の少ないヘアカラー剤を使ってくれる可能性があります。
どうしてもこれ以上白髪染めを我慢出来ないという場合は相談してみましょう。

ヘアカラートリートメントも要注意

ヘアカラー剤と比べると圧倒的に髪や頭皮に優しいヘアカラートリートメントですが、抜け毛が起きないとは限りません。
ヘアカラートリートメントの染毛成分が毛穴に詰まる事があるからです。

非常に細かい粒子で出来ている染毛成分が毛穴に入り込むと、そのまま毛穴にとどまってしまう可能性があります。
こうして毛穴詰まりを起こすと、後で抜け毛に繋がる恐れがあるのです。

髪や頭皮をいたわりながらカラーリングが出来るヘアカラートリートメントですが、こうしたデメリットもあるという事を知っておきましょう。

ヘアカラーによる抜け毛への対策

ヘアカラーによる抜け毛への対策

抜け毛が続くと、薄毛に繋がる恐れがあります
早めに対策を打ちましょう。

ヘアカラー剤やヘアカラートリートメントの使用をやめれば、抜け毛を改善出来る可能性が高いと言えます。
しかし、白髪染めを日常的にしている人には難しい事です。

ここではヘアカラー剤、ヘアカラートリートメントが原因で起こる抜け毛への対策をご紹介します。
ヘアカラーをする事による頭皮へのダメージを減らす事はもちろん、日常のヘアケアを見直す事も重要です。

美容室でヘアカラーをやってもらう

自分で市販のヘアカラー剤を使うより、美容師さんに染めてもらった方が髪全体をまんべんなく染める事が出来ます。
頭皮にヘアカラー剤が付く心配も少ないのです。

また、市販のヘアカラー剤よりも、美容室のヘアカラー剤の方が低刺激である場合があります。
抜け毛が心配な方は美容師さんに相談すれば、刺激の少ないヘアカラー剤で染めてもらえる可能性があります。

美容室によっては、ヘアカラートリートメントでカラーリングしてくれる所もあるのです。
そういった美容室では抜け毛の度合いや個人の好みに応じて、ヘアカラー剤でなくヘアカラートリートメントでの染髪を提案する事があります。

ヘアカラーの頻度を少なくする

ヘアカラーをやめないにしても、染める頻度を少なくするだけでも抜け毛を減らせる可能性があるのです。
頻繁にヘアカラー剤を使えば、それだけ頭皮は刺激を受け続ける事になるので、抜け毛が増えやすくなります。

1度染めたら、次のカラーリングまで最低でも1ヶ月は空けましょう。
染める頻度は2~3ヶ月に1度が理想です。

ヘアカラートリートメントで染める場合も、頭皮に刺激となる成分が含まれていれば高頻度の使用は危険です。
どうしてもカラーリング頻度を減らせないという人は、ヘナ100%のヘアカラー剤を試してください。

ヘナなら少ない刺激で髪を染められる上に、トリートメント効果も期待出来る植物です。
しかし、商品によって人体に悪い添加物が含まれている恐れがあります。

信頼出来るメーカーのものを購入しましょう。

ヘアカラー後のアフターケア

ヘアカラー剤を使った後は、アミノ酸配合のシャンプーで髪や頭皮を洗いましょう。
アミノ酸は頭皮や髪をケアしてくれるので、カラーリングを日常的にする人にオススメです。

その後、トリートメントを付けるのも忘れないでください。
ヘアカラートリートメントで髪を染めた場合は、使わなくても大丈夫です。

また、育毛剤を使うのもオススメです。
育毛剤は抜け毛を防いでくれる成分が含まれているので、ヘアカラー後の抜け毛に対処出来ます。

日々のケア

ヘアカラー剤を使った直後であれば、よくすすいだり育毛剤を使ったりといった抜け毛対策法があります。
女性向けの育毛剤も販売されているので、興味があれば探してみましょう。

加えて普段から、例えヘアカラー剤やヘアカラートリートメントを使わない日でもケアをするとより安心出来ます。
例えば、生活習慣です。

ストレスや栄養の偏った食事は、抜け毛の原因になります。
ミネラルなど髪に必要な栄養を摂るよう心がけましょう。

シャンプーやコンディショナーを見直す事も抜け毛予防に有効です。
刺激の少ないものを選びましょう。

ヘアカラートリートメントを見直す

ヘアカラー剤でなくヘアカラートリートメントを日常的に使う人は、ヘアカラートリートメントの乗り換えを検討してください。
ヘアカラートリートメントにもタール系色素などアレルギー症状、それに伴う抜け毛を誘発する成分が使われている事があります。

抜け毛がひどいようであれば、別のヘアカラートリートメントに乗り換えてみてください。
また、初めて使うヘアカラートリートメントは、開封後必ずパッチテストをしましょう。

これもアレルギー症状による抜け毛を防ぐ手段です。

抜け毛が気になる方のヘアカラートリートメントの選び方

抜け毛が気になる方のヘアカラートリートメントの選び方

白髪染めは頻繁に行うものですから、ヘアカラートリートメントでカラーリングした方が髪や頭皮に安全です。
何より毛根がダメージを受けにくいので、ヘアカラー剤を使うより抜け毛のリスクが低いのです。

染料だけでなく美容成分も含まれたヘアカラートリートメントは、白髪と薄毛両方を改善させてくれます。
ここでは、抜け毛に悩む方のためのヘアカラートリートメントの選び方についてお伝えします。

ヘアカラー剤が合わずヘアカラートリートメントの購入を検討している方や、今使っているヘアカラートリートメントから別のものに乗り換えたいという方は参考にしてください。

低刺激・無添加タイプ

ヘアカラートリートメント自体頭皮や髪に優しいのですが、商品によっては刺激性のある成分が使われている可能性があります。
「低刺激」「無添加」と書かれたものでしたら、アレルギー症状や抜け毛を起こす心配が少ないのです。

どのヘアカラートリートメントがいいのか自分で決められない場合は、美容師さんに相談すると良いヘアカラートリートメントを紹介してもらえる事があります。
育毛成分も配合されたものもあるので、抜け毛に伴う薄毛が心配な方はそういったヘアカラートリートメントを検討してみましょう。

スカルプケアも出来るヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントの中には、ヘッドスパも出来るものがあります。
例えば、「レフィーネヘッドスパ」には火山岩を粉末にしたものが配合されており、それが頭皮の汚れを落としてくれるのです。

こうしたスカルプケア機能のあるヘアカラートリートメントは、髪だけでなく頭皮まで健康にしてくれるので薄毛が心配な方にオススメ出来ます。
抜け毛や薄毛を改善、予防するなら髪だけでなく、頭皮のダメージも和らげてくれる商品を選びましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラートリートメントと抜け毛のまとめ

ヘアカラートリートメントと抜け毛のまとめ

抜け毛を改善させるには髪や頭皮のダメージを減らす事が重要です。
そのため、髪をいたわるヘアカラートリートメントですら、何でも良いというわけにはいきません。

低刺激、無添加といった髪や頭皮への負担が少ないものを見つけてください。
また、せっかく良いヘアカラートリートメントを見つけても、不十分なすすぎで毛穴詰まりを起こしては抜け毛の原因となります。

毛穴詰まりを防ぐために、ヘアカラートリートメントを塗った後は念入りにすすぎましょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。