無添加

化粧品や石けんには無添加と謳われたものがあります。
ヘアカラートリートメントにおいても無添加とアピールされた商品がいくつかありますが、消費者の想像する無添加とは異なる意味である可能性があるのです。

今回は、ヘアカラートリートメントにおける「無添加」という言葉の意味や、おすすめのヘアカラートリートメントなどについてお伝えします。
無添加にこだわる事自体は良い事なのですが、そう銘打たれている商品の中には危険な添加物が入っている場合もある事を知っておきましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラートリートメントの無添加の定義

パッケージに「無添加」と書かれていても、一切添加物が入っていないとは限らないのです。
1980年に当時の厚生省がアレルギー症状を引き起こす成分として102種類の成分を指定し、これらのどれかが入っている場合パッケージに成分名を記載するよう指示しました。

この制度は1991年に廃止され、それからは商品に含まれる全ての成分を記載しなければならない事になりました。
しかし、メーカーによっては商品の安全性を強調するために「(旧表示指定成分)無添加」という言葉を使う事があるのです。

この謳い文句で、あたかもその102種類の旧表示指定成分が含まれていないように消費者に感じさせるのです。
そういった表記がなされたヘアカラートリートメントがあっても、完全なる無添加ではない可能性があります。

無添加の意味はメーカーによって違う

ヘアカラートリートメントには、ジアミン系の成分やタール系色素と言った添加物が含まれている場合があります。
これらはアレルギー症状を起こし得る102種類の成分の一部であり、頭皮や身体に害を及ぼす可能性があるのです。

しかし、「(旧表示指定成分)無添加」と謳うメーカーの間では、それら102種類の成分のうちどれか1種類でも含まれていなければ、このワードが使える事になっています。
これは無添加の意味がメーカーによって異なる事を意味しています。

ジアミン系の染料などが含まれるヘアトリートメントでも、何か特定の添加物が入っていなければ「無添加」とアピールされている場合があるのです。

ヘナも安心出来ない?

白髪染め専用のヘアカラートリートメントには、ヘナが使われているものもあります。
ヘナは粉末にしたものがヘアカラー剤として用いられる事もあり、天然由来の染料として親しまれています。

しかし、ヘナが含まれたヘアカラートリートメントでも、完全無添加とは限らないのです。
ヘナの多くはインドから輸入されるのですが、インドでは輸出前にパラフェニレンジアミンなど酸化染料を加えている場合があります。

ヘナだけでは髪にあまり色が入らない事があるため、こうした添加物を入れます。
パラフェニレンジアミンは、皮膚や呼吸器系の疾患を引き起こす恐れがあるため危険です。

ヘナ入りのヘアカラートリートメントを購入する際は、大手など信頼出来るメーカーの商品を選びましょう。

オーガニックとボタニカルカラーは無添加?

女性に支持されているオーガニック、ボタニカル製品も必ずしも無添加とは限らないのです。
商品が植物から作られているように感じさせる「オーガニック」「ボタニカル」といったワードですが、植物のエキスが1滴でも加えられていればこれらのワードが使えるのです。

よってオーガニック、ボタニカルのヘアカラートリートメントにも有害な成分が含まれている恐れがあります。
また、原料として使われる植物自体も、栽培の過程で農薬が使われている可能性があるのです。

そのため、オーガニックやボタニカルの商品だからといって、すぐに無添加だと判断しないでください。

危険なヘアカラートリートメントの成分

危険なヘアカラートリートメントの成分

髪や頭皮をいたわるはずのヘアカラートリートメントにも、人体にあまり良くない成分が入っている場合があります。
ここでは皮膚の炎症や頭痛、吐き気などを引き起こす危険性のある成分を4つピックアップしました。

先述の102種類の旧表示指定成分であるものも、そうでないものも含まれています。
しかし、出来れば避けた方が良い成分である事は変わりません。

無添加と謳われているヘアカラートリートメントにも、以下で紹介する成分が使われている恐れがあるので、ぜひチェックしておいてください。

ジアミン系酸化染料

旧表示指定成分にパラフェニレンジアミンという成分がありますが、これ以外にも「○○ジアミン」と書かれている成分は避けるのが無難です。
ジアミン系の酸化染料はアレルギー性皮膚炎を引き起こすリスクが高く、それが含まれたヘアカラートリートメントを使うとかゆみやかぶれを引き起こす事があります。

もっと重い場合は頭痛や吐き気、アナフィラキシーショックなどに繋がる恐れがあるのです。
さらに、ジアミン系酸化染料は発がん性も指摘されており、ヨーロッパではこの成分の使用を禁止している国もあります。

そのため、無添加とアピールされているヘアカラートリートメントでも、「○○ジアミン」という成分が表記されていたら選ぶのをやめましょう。

過酸化水素水

髪を脱色する成分であり、ヘアカラートリートメントに使われる事はほとんどありません。
主に白髪染めを含むヘアカラー剤やブリーチに使われており、明るい色にするものほど多く配合されています。

この過酸化水素水はアルカリ性であり、弱酸性の髪にダメージを与えパサつきや細毛の原因となるのです。
「無添加」と書いてあっても過酸化水素水が多く配合されていると、皮膚に付いた際その部分が白くなったりピリピリと痛む事があります。

そのまま洗い流さずにいると、よりひどい炎症につながります。

タール系色素

主にヘアマニキュアに用いられる成分ですが、ヘアカラートリートメントにも含まれている可能性があります。
タール系色素は髪に色が付きやすくする役割を持ちますが、頭皮にも色を付きやすくしてしまうのです。

タール系色素の働きで頭皮に色が付いた場合洗ってもなかなか落ちません。
石油由来の成分であるタール系色素は、食用色素として使われているものに関しては安全ですが、そうでないものに関しては発がん性が認められています。

そのためタール系色素の入ったヘアカラートリートメントは買わないでおきましょう。
「○色○号」という色素がタール系色素にあたります。

「無添加」と書かれているヘアトリートメントがあっても、パッケージを見てその名称を探してみましょう。

合成香料

鉱物油を主な原料とする合成香料は、アレルギー症状やシミなどを引き起こす可能性があります。
鉱物油の他には、ベンゼンやアセトアルデヒドといった危険な添加物が混ぜ込まれている事があります。

それらは、呼吸器系の症状やめまい、血管障害などを引き起こす恐れがあり、さらには発がん性も疑われているのです。
人によっては合成香料の成分を吸い込んでしまうと、咳が止まらなくなるなどの重篤なアレルギー症状を起こす危険性があります。

そのため、無添加と書かれたヘアカラートリートメントでも、合成香料の使われているものはオススメ出来ません。

無添加でもパッチテストを行う

体質は人それぞれです。
そのため、ヘアカラートリートメントにこれまでに挙げた成分が入っていなくても、また旧表示指定成分が一切入っていなくても、頭皮や身体に刺激となる可能性があります。

ヘアカラートリートメントは、品質を保つために何らかの添加物は加えられているものなのです。
湿気の高い浴室に放置する消費者もいるため、メーカー側は中身の劣化を避けるため防腐剤や酸化防止剤といった添加物を入れざるを得ないのです。

そういった保存料が人体に刺激となる事もあるため、パッチテストは欠かせません。
また、仮に本当に無添加の商品があったとしても、天然由来の成分でアレルギー症状が起きる事もあるのです。

そのため、ヘアカラートリートメントを使う前に必ずパッチテストを行いましょう。
初めて使うヘアカラートリートメントであればなおさらです。

無添加のヘアカラートリートメントの選び方

無添加のヘアカラートリートメントの選び方

ヘアカラートリートメントを選ぶ時は、パッケージを見てどのような成分が入っているかを確認しましょう。
先述のような人体に刺激となる成分が含まれている商品は避けてください。

ただ、完全なる無添加だと髪が染まりにくいのも事実です。
色をより入りやすくする働きを持つのがタール系色素などの添加物です。

そのため、ヘアカラートリートメントを買う前に染まりの良さを重視するか、頭皮や身体に優しい事を重視するかを自分で決める必要があります。
刺激の弱さを重視するならパッケージに表記されている成分名を確認し、出来る限り無添加に近いヘアカラートリートメントを見つけましょう。

植物由来の天然成分が入っている

植物由来の天然色素が使われているヘアカラートリートメントであれば人体に優しいと言えます。
クチナシやウコンといった天然色素は白髪を目立たなくするので、これらが配合されたヘアカラートリートメントは高い効果が期待出来ます。

天然成分に加え、セラミドなどの保湿成分やコラーゲンといった頭皮の環境を整える成分が入っていれば、頭皮や髪をいたわりながらヘアカラーを楽しむ事が出来ます。
完全なる無添加を探すのは難しいにしても、刺激の強い添加物がなくかつ天然成分が使われているヘアカラートリートメントは実際あるのです。

ドラッグストアやインターネットで探してみましょう。

おすすめの無添加ヘアカラートリートメント

おすすめの無添加ヘアカラートリートメント

ここでは多くの消費者に支持されている無添加のヘアカラートリートメントをご紹介します。
人に優しい成分の使われた商品であれば、お子様とお風呂に入っている時でも安心して使う事が出来ます。

こちらでご紹介するヘアカラートリートメントは、安全性が高くかつ染まりの良い白髪染めです。
各商品の魅力やどういった点で無添加なのかをお伝えするので、白髪染めを探している方はぜひ参考にしてください。

商品の特徴やネット上の口コミを確認した上で購入しましょう。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメント

この白髪染めにはベニバナ、クチナシ、藍が使われています。
染まりが早く、早ければ1回使用した時点で効果が実感出来る可能性があります。

保湿成分としてガゴメ昆布から抽出したフコイダンという成分も用いられているため、白髪を染めながら髪をケアする事が出来るのです。
ガゴメ昆布は非常に粘り気の強い昆布です。

フコイダンによって髪のパサつきが改善されやすくなります。
このルプルプはどういった点が無添加かと言いますと、以下の成分が入っていないという点です。

  • ジアミン系
  • タール系色素
  • 香料
  • 鉱物油
  • パラベン

また、消費者の手に渡る前にアレルギーパッチテストも行われているため、アレルギー症状のリスクが少ないのです。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

利尻昆布の成分が使われたヘアカラートリートメントです。
利尻昆布にはフコイダン、ミネラル、アルギン酸という成分が含まれており、それらが髪を補修し保湿してくれます。

その他、オドリコソウやローズマリーといった植物のエキスが美容成分として用いられているのです。
利尻ヘアカラートリートメントに含まれる美容成分は、計28種類にもおよびます。

そのため髪の傷みが気になる方にオススメです。
このヘアカラートリートメントは、以下の添加物が使われていないという点で無添加といえます。

  • ジアミン系
  • タール系色素
  • 酸化剤
  • シリコン
  • 香料
  • 鉱物油
  • パラベン
  • 4級アミン

ライトブラウン、ナチュラルブラウンといった明るめの色もありますが、黒髪に塗っても茶色くなる事はありません。

グローイングショット カラートリートメント

POLA グローイングショット

エステサロンで有名なPOLA(ポーラ)が販売するヘアカラートリートメントです。
グローイングショット カラートリートメントは、髪に塗布した後の待機時間が短いのが特徴です。

なんと5分待つだけで白髪が染まります。
美容成分も豊富で、5種類のセラミドと14種類のアミノ酸が髪にうるおいを与えてくれるのです。

また、コラーゲンも含まれており頭皮もケア出来ます。
このヘアカラートリートメントは、以下の添加物が入っていないという点で無添加です。

  • ジアミン系
  • タール系色素

スパイスフローラルという香りが付いているので、香りを楽しみながら髪を染める事が出来ます。

レフィーネヘッドスパ

レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

これは白髪染めとヘッドスパが出来るヘアカラートリートメントです。
頭皮を指の腹でマッサージしながら使いましょう。

髪だけでなく頭皮をいたわる成分も豊富に使われており、その成分はゴマ油や大豆エキス、アロエエキスなど16種類にものぼります。
また、頭皮の汚れや皮脂を取り除くドイツファンゴという火山岩の粉が含まれているのもこのヘアカラートリートメントの特徴です。

ドイツファンゴにはミネラルが多く含まれているため、そういった意味でも髪や頭皮に良いのです。
このレフィーネヘッドスパも、合成香料が用いられていないという点で無添加といえます。

合成香料はないものの、柑橘系を中心とした10種類の香料が含まれています。
いずれも天然由来の香料なので安心して使ってください。

無添加のヘアカラートリートメントのまとめ

無添加のヘアカラートリートメントのまとめ

完全なる無添加のヘアカラートリートメントを探すのは、現実的には難しい事です。
しかし、刺激の少ない成分で作られたヘアカラートリートメントはいくつもあります。

頭皮にも付けられて、生え際までしっかり染める事が出来るのがヘアカラートリートメントの特徴です。
そうしたメリットをいかすためにも、刺激の少ないものを選んでください。

また、使用後頭皮や身体の不調を起こさないために、「これなら大丈夫だろう」と思えるヘアカラートリートメントでも念のためパッチテストをしましょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。