)ヘアカラートリートメントの頻度

ヘアカラーの白髪染めを使用して白髪を綺麗に染めても、1カ月も経つとまた白髪が伸びてきてしまいます。
そのため、白髪染めを繰り返している人がほとんどだと思います。

ヘアカラーは確かに綺麗に白髪を染める事が出来るのですが、その反面髪へのダメージが問題となります。
そこで最近では、髪へのダメージがなく安全性も高いという事から、ヘアカラートリートメントでの白髪染めが話題となっています。

人気のヘアカラートリートメントで綺麗に染めるコツと、使用頻度や間隔などについて詳しくみていきましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラートリートメントで綺麗に染めるコツは使用頻度

白髪染めで定番のヘアカラーは永久染毛剤とも呼ばれ、綺麗にしっかりと染まり色が長持ちするのが最大の特徴です。
しかし、キューティクルを開いて髪を脱色してから染めるため、髪のダメージが大きいというデメリットもあります。

一方のヘアカラートリートメントは半永久染毛料とも呼ばれ、キューティクルの上からコーティングするように染めます。
そのため、髪のダメージが無く、さらにトリートメント効果で髪に潤いやツヤを与えてくれるという特徴があります。

しかし、髪の表面をコーティングするだけなので、ヘアカラーに比べると色が長持ちはしません。
そのため、ヘアカラートリートメントの場合は、使用頻度がとても重要になってきます。

どのくらいの頻度で使用していけば良いのかという事ですが、この使用頻度は染めるまでと染まってからでは若干異なります。
そこで、ヘアカラートリートメントの使用頻度について詳しく説明していきます。

ヘアカラートリートメント染まるまでの頻度は?

一度で綺麗に染まるヘアカラーと違って、ヘアカラートリートメントは繰り返し使用する事で少しずつ染まっていきます。
そのため、染め始めは最低でも3日連続で使用する事をオススメします。

染まり具合などは髪質や髪の状態などによっても個人差があるため、様子を見ながら5日連続で使用しても問題ありません。
ヘアカラーの場合は髪へのダメージが大きいため、このように毎日連続で使用する事は出来ません。

しかし、ヘアカラートリートメントの場合は髪へのダメージがなく、逆に毎日使用する事で高いトリートメント効果が期待出来るのです。
染め始めにしっかりとヘアカラートリートメントを使用する事で、下地がしっかりと出来て髪は色が入り込みやすい状態になります。

そのため、染まるまでのこの時期は、とても大切な時期だと言えます。

ヘアカラートリートメント染まってからの頻度は?

下地がしっかりとでき、綺麗に染まっていても毎日のシャンプーなどにより、色はどんどんと落ちていきます。
そのため、色をいかに持続させるかという事が、ヘアカラートリートメントを使用する上で重要になってきます。

一度染まってしまっているので、染め始めのように毎日使用する必要はありません。
しかし、週に1~2回使用する事で、白髪が目立たない状態を維持する事が出来ます。

色落ちの具合なども個人差があるため、髪の様子を見ながら回数を増やしたり減らしたりして対応していくと良いでしょう。
もちろん、髪のパサツキなどが気になる場合は、トリートメント変わりに使用しても全く問題はありません。

ヘアカラートリートメントおすすめ商品の頻度は?

ヘアカラートリートメントおすすめ商品の頻度

ヘアカラートリートメントは、その人気ぶりから多くの商品が販売されています。
メーカーによって配合されている成分や色味が違うなどの特徴があります。

しかし、利尻ヘアカラートリートメントとルプルプヘアカラートリートメントは、ヘアカラートリートメントの代表とも言えるほど人気がありオススメです。
そこでこの2商品に使用頻度についても詳しくみていきましょう。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、利尻昆布エキスなど植物由来の28種類もの潤い成分が配合されているのが特徴です。
白髪を綺麗に染めるだけではなく、使用する度に髪にツヤと潤いを与えてくれるとして人気のヘアカラートリートメント。

頻度としては、染まるまでは最低3日間程度は毎日連続で使用してください。
ヘアカラートリートメントは、シャンプー後に行うものと思っている人も多いと思います。

しかし、塗れている髪よりも乾いている髪の方が、しっかりと綺麗に染まります。
乾いた髪に使用する場合は、放置時間は長くなりますが、その分しっかりと染める事が出来ます。

一方のシャンプー後のタオルドライした濡れた髪に使用する場合は、放置時間は短くすみますが、染まりは若干乾いた髪より悪くなります。
白髪の状態や染まり具合を確認しながら、染まった後は週に1・2回という風に、ヘアカラートリートメントの頻度や使用手順を臨機応変に変えていくと良いでしょう。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ガゴメ昆布由来のフコダインが髪だけではなく頭皮の乾燥も防ぎ、ベビバナ・クチナシ・藍の葉や茎など植物由来の天然色素を使用しています。
そのため、髪へのダメージがなく肌の弱い人も安心して使用する事が出来るのが、ルプルプヘアカラートリートメントの特徴です。

使用頻度としては、色が綺麗に染まるまでは、シャンプー前の乾いた髪に3回連続で使用し、染まった後は週に1・2回の使用で色を維持する事が出来ます。
もちろん、トリートメントとしてシャンプー後に毎日使用しても問題はありません。

染まり方なども個人差があるため、頻度に関しては染まり具合を確認しながら調整していくと良いでしょう。

ヘアカラートリートメントの頻度を減らす染め方のポイント

ヘアカラートリートメントの頻度を減らす染め方のポイント

上記でも説明しましたが、ヘアカラートリートメントは髪へのダメージもないため、毎日使用しても問題はありません。
しかし、毎日使用するとなるとすぐになくなってしまい、コスト面での負担が大きくなってしまいます。

そのため、頻度を減らしても、しっかり染める事が出来るというのが一番理想的な染め方と言えます。
頻度を減らすためには、まずは最初にしっかりと染めるという事が大切です。

色が浸透しやすいように、乾いた髪に使用したっぷりと塗布し放置時間はしっかりと取ってください。
また、染めている時に温めた方が髪に色素が沈着しやすくなります。

そのため、シャワーキャップやラップを巻いたり、ホットタオルで包んだりして放置すると、より効果的に染める事が出来ます。
その他、染めた後にドライヤーでしっかりと乾かす事で、色落ちを防ぐ事が可能です。

これらのポイントに気を付けながら染める事で、ヘアカラートリートメントの頻度を減らす事に繋がります。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラートリートメントと頻度のまとめ

ヘアカラートリートメントと頻度のまとめ

ヘアカラートリートメントは染まる前と染まった後、使用する手順など状況に応じて使用頻度が異なります。
正しい使用方法を知り、臨機応変に頻度を変えていく事で、ヘアカラートリートメントで白髪を綺麗に染める事が出来ます。

また、色を長持ちさせる事が出来るという事を覚えておきましょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。