ヘアカラートリートメントと色落ち

ヘアカラートリートメントは刺激が少なく、髪の毛や頭皮に優しい事が知られている白髪染めです。
しかし、そのメリットの一方で、色落ちに対する懸念を持つ人が多い白髪染めでもあります。

過去にヘアカラートリートメントが色落ちして、大変な思いをしたという方もいるでしょう。
確かに色落ちする可能性はありますが、ケアする方法を間違えなければ色落ちの可能性を抑える事は可能です。

ヘアカラートリートメントの色落ちの原因と、染めた後に長持ちさせる方法についてチェックしていきましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラートリートメントが色落ちする事はある?

ヘアカラートリートメントに使われる塩基性染料は、髪の毛の表面に吸着する形で白髪を染めます。
染料が髪の毛の内部に閉じ込められる訳ではないので、ヘアカラーと比べると色落ちしやすいのは事実です。

特に、髪の毛のマイナスイオンが少ないと、イオン結合が上手くいかず、なかなか定着しない事もあります。
髪の毛の内部に浸透するHC染料も、ヘアカラーの染料と比べると定着する力は低いのです。

他の染料が使われているヘアカラートリートメントもありますが、塩基性染料・HC染料も同時に含まれている製品がほとんどです。
そのため、髪の毛のケアを雑に行っていると、染料が髪の毛から落ちて色落ちの原因となる事があります。

雨や汗でヘアカラートリートメントは色落ちする?

雨で髪の毛が塗れた時や運動して汗をかいた時、ヘアカラートリーメントが色落ちする場合があります。
過去に雨や汗で色落ちした経験があると、ヘアカラートリートメントは使いづらい白髪染めという印象を持ってしまいがちです。

染料が定着していない状態で毛髪・頭皮に水分が流れると、色落ちしてしまう事は確かにあります。
しかし、全てのヘアカラートリートメントが色落ちしやすいという訳ではありません。

染料が定着しやすい製品を選べば、色が落ちる可能性を下げる事が出来ます。
また、同じ白髪染めであっても、使い方次第で色落ちを防げる事が多いのです。

ヘアカラートリートメント後のすすぎ不足で色落ちする

ヘアカラートリートメントが色落ちする原因の1つが、染めた後のすすぎ不足です。
髪の毛に浸透・吸着しなかった染料が毛髪・頭皮に残っていると、染料が流れて服や肌に色が付いてしまう事があります。

そのため、ヘアカラートリートメントで白髪を染めた後は、念入りにすすぎを行わなければなりません。
使用する製品にもよりますが、すすいだお湯に色が残っている状態ですすぎを終える事は避けましょう。

すすぎが不完全な状態で白髪染めの作業を終えてしまうと、後々色落ちに悩まされる可能性が出てきます。

ヘアカラートリートメントが色落ちするその他の原因

すすぎ不足以外にも、ヘアカラートリートメントが色落ちする原因はあります。
具体的な原因としては、以下のような事が挙げられるでしょう。

  • シャンプーで髪の毛を洗う度、徐々に色落ちしていく
  • 育毛剤や整髪料を使った時、配合されている成分と反応して色落ちする
  • 染めた髪の毛にパーマをかけた時、色落ちする

必ずこれらの原因で色落ちするとは限りませんが、白髪を染めた後は注意しておいた方が無難です。
シャンプーでの色落ちは避けられませんが、染めた後と同様にすすぎを念入りに行えば、雨・汗で染料が流れる事態は防げるでしょう。

ヘアカラートリートメントの色落ちを防ぐ方法

ヘアカラートリートメントの色落ちを防ぐ方法

ヘアカラートリートメントの色落ちを防ぐには、すすぎに気を付けるだけでは不十分と言えます。
しっかりとすすぐ事で定着していない染料が流れ落ちる事は防げても、染料が定着しやすくなる訳ではないからです。

白髪を隠すという目的を考えれば、染めた色が抜けにくいようなケアをする必要があるでしょう。
ヘアカラートリートメントの色落ち対策に有用な手段としては、以下のような方法が挙げられます。

今日から試せる方法も含まれているので、ぜひ実践してみてください。

乾いた髪にヘアカラートリートメントを使って色落ちを防ぐ

ヘアカラートリートメントを濡れた髪ではなく、乾いた髪に使う事で色落ちを防ぎやすくなります。
髪の毛が濡れていない状態だと染料が水分で薄まらずに済むので、しっかりと染める事が可能です。

染料がしっかり定着すれば、それだけ色が抜ける可能性は低くなります。
ヘアカラートリートメントを使ってから放置する時間を長めにとると、より効果的です。

ヘアカラートリートメントは刺激の少ない白髪染めなので、長時間放置しても問題ありません。

ヘアカラートリートメントが色落ちしにくいシャンプー選び

ヘアカラートリートメントの色落ちを防ぐには、シャンプー選びも大切です。
洗浄力が強すぎるシャンプーを使い続けていると、汚れだけでなく染料も洗い流してしまう可能性が高まります。

洗浄成分がアミノ酸系のシャンプーを選べば、色が抜けるスピードを抑える事が出来るでしょう。
また、シリコンは染料の定着を妨げる事があるので、ノンシリコンのシャンプーを使う事をオススメします。

シリコンは髪の毛を保護する役割を持ちますが、その役割はヘアカラートリートメントに含まれる保護成分で補う事が可能です。

シャンプー後のすすぎには温いお湯を使う

シャンプーをした後のすすぎが重要なのは前述した通りですが、お湯の温度にこだわれば、さらに色落ち防止の効果を高める事が出来ます。
シャンプーのすすぎに使うお湯は、温めに感じる程度の温度がオススメです。

温度が高いお湯ですすぎを行うと、熱でキューティクルが開いてしまいます。
キューティクルが開くとそれだけ染料が落ちやすくなるので、熱いお湯ですすぐのは厳禁です。

ヘアカラートリートメントで染めた後のシャンプーは、温めのお湯で洗い流しましょう。

ヘアカラートリートメントの色落ちを防ぐドライヤーのコツ

シャンプー後のドライヤーにも、ヘアカラートリートメントの色落ちを防ぐためのコツがあります。
大切なのは、タオルで水分を吸い取った後、すぐドライヤーで乾かすという事です。

髪の毛は濡れているとキューティクルが開いた状態となるため、色が抜けやすくなります。
早めに乾燥させれば、それだけ早く色落ちしにくい環境を作れる訳です。

濡れた状態で放置していると雑菌が繁殖する可能性もあるため、素早くドライヤーを使う事が大切になります。
また、ドライヤーの温風を高温にし過ぎると、髪の毛にダメージを与える事があるので注意してください。

キューティクルを閉じるため、最後は冷風で乾かす事がオススメです。

ヘアカラートリートメントを繰り返し使って色落ちを防ぐ

色落ちを防ぐには、ヘアカラートリートメントを繰り返し使う事も重要となります。
染め方やシャンプーの仕方にこだわっていても、自然と白髪染めの色は抜けていく物です。

そのため、染め直して抜けた色をカバーする必要があります。
何度も繰り返し使っていけば染料が定着しやすくなり、白髪が目立つ事を防げるでしょう。

ヘアカラートリートメントは髪の毛や頭皮への負担が少ないというメリットを持つため、繰り返し使っても大丈夫です。

色落ちしにくいオススメのヘアカラートリートメント

色落ちしにくいオススメのヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントの色落ちを防ぎたいなら、色落ちしにくい製品を使う事も考えましょう。
同じヘアカラートリートメントというカテゴリに属していても、製品ごとに配合成分は異なるからです。

色落ち対策を実践するにしても、元々色が抜けにくい白髪染めを選べばより効果的になります。
染料が定着しやすい・髪の毛をしっかり保護出来るなど、色落ちしにくい特徴を持った製品を選ぶ事がオススメです。

色落ちしにくいオススメのヘアカラートリートメントを以下で紹介します。

利尻 ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの評判・口コミ

利尻 ヘアカラートリートメントは、染料が髪の毛に定着しやすい製品として知られています。
染めた後のすすぎでもお湯に付く色は薄く、色落ちしにくいヘアカラートリートメントと言えるでしょう。

塩基性染料・HC染料だけでなく、クチナシやウコンといった天然染料も配合されています。
ダメージ補修成分や保護成分も含まれているため、傷んだ髪の毛から色が抜ける事も防げるヘアカラートリートメントです。

天然由来の植物エキスが中心、かつジアミンやパラベンなどの成分が無添加なので、安心して使える点も優れています。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメントは、ガゴメ昆布から抽出したWフコイダンがしっかり髪の毛を保護してくれる製品です。
染料も塩基性染料・HC染料だけでなく、ベニバナ・クチナシといった色落ちしにくい物を採用しています。

頭皮・毛髪に優しいヘアカラートリートメントなので、長時間の放置にも対応可能です。
また、乾いた髪にも使える製品なので、色落ち対策の実践に適しています。

カラーバリエーションが豊富な点も嬉しい点です。

マイナチュレ ヘアカラートリートメント

マイナチュレ白髪用カラートリートメント

マイナチュレ ヘアカラートリートメントは、使ってみたユーザーからよく染まると評価されているヘアカラートリートメントです。
褪色を防止する成分が配合されているため、染めた後に色落ちしにくいと評判になっています。

ホホバオイルやアルガンオイルなど、髪の毛のダメージをケアする成分もしっかりと配合されている製品です。
スカルプケアやエイジングケアなど、頭皮環境をトータルでケア出来る点も他のヘアカラートリートメントには無い魅力と言えます。

ヘアカラートリートメントの色落ちまとめ

ヘアカラートリートメントの色落ちまとめ

ヘアカラートリートメントは、染めた後のすすぎ不足によって色落ちする事があります。
髪の毛に定着しなかった染料が水分によって流れ出るからです。

整髪料やパーマなど他の原因で色が落ちる事もあるので、快適に使いたいなら対策は必須と言えます。
具体的な色落ち対策としては、使うシャンプーにこだわったり、ドライヤーの掛け方を工夫したりする事が挙げられます。

また、色落ちしにくいとユーザーから評価されているヘアカラートリートメントを使えば、色落ちする可能性は低くなるでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。