ヘアカラートリートメントとヘナ

白髪染めは強い薬剤を使用しているため、綺麗に白髪を染める事が出来るというメリットがあります。
しかし、その一方で髪を傷める・頭皮への刺激が強い・肌の弱い人は、肌荒れを起こす可能性があるなどのデメリットもあるのです。

髪の健康を守るため、最近では安全性の高いヘアカラートリートメントやヘナが人気となっています。
この人気の白髪染めでもあるヘアカラートリートメントとヘナは併用する事が出来るのか、それぞれの違いや向いている人向いていない人など詳しくみていきましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラートリートメントとヘナの違い

ヘアカラートリートメントなどに使用されているHC染料は、キューティクルを開かずに小さな隙間から内側に入り、表面近くをコーティングするような形で染めていきます。
そのため、髪を傷める事なく白髪を染める事が出来ます。

一方のヘナは、天然植物でその天然色素を使用して白髪を染めていきます。
髪のたんぱく質がヘナの色素と反応し発色するという仕組みで、100%自然のもので髪を染めていくため髪に一切ダメージが掛かりません。

ヘアカラートリートメントは化学染料、ヘナは天然染料というのがそれぞれの違いとなります。
このように、染料はぞれぞれ違いますが、ヘアカラートリートメントとヘナのどちらにも共通して言えるのが、安全で髪や頭皮に優しい白髪染めだという事です。

ヘアカラートリートメントとヘナどちらが良いの?

ヘアカラートリートメントとヘナどちらがいいの

ヘアカラートリートメントとヘナは、どちらとも髪に優しいという事ですが、実際に使用する時はどちらの方が良いのか悩むという人もいるでしょう。
天然のヘナの方が髪には良いのでは思う人が多いのではと思います。

しかし、扱い方・染まり方などヘナにも、メリット・デメリットがあります。
ヘアカラートリートメントとヘナが向いている人・向いていない人についてそれぞれ説明していきます。

ヘアカラートリートメントが向いている人・向いていない人

ヘアカラートリートメントの最大の特徴は、やはり白髪を染めながらトリートメント効果も期待出来るという事です。
毎日の洗髪時に使用する事で少しずつ白髪が染まっていくというのも人気の理由となっています。

お風呂で使用出来るので、忙しくて白髪を染める時間がない人や髪をケアしながら白髪を染めたいという人に向いていると言えます。
しかし、安全な成分を使用しているとは言え、染料やトリートメント成分など様々な成分が配合されています。

そのため、内容成分が気になるという人、また一回で綺麗にしっかりと染めたいという人には向いていないかもしれません。

ヘナが向いている人・向いていない人

ヘナの最大の特徴はやはりその安全性です。
植物の葉から出来ている天然成分なので、余計なものは一切入っておらず、肌の弱い人も安心して使用出来ます。

また、ヘナに含まれている成分が髪にツヤを与える効果もあるので、髪のパサつきが気になる人などもヘナが向いていると言えます。
しかし、ヘナは放置時間が長い・色がつくと落ちにくい・独特の草のようなにおいがする・色が選べないというデメリットもあります。

染める時間を十分に確保出来ない人・においに敏感な人・色々な色を試したいという人には向いていないと言えます。

ヘアカラートリートメントとヘナは併用できる?

ヘアカラートリートメントとヘナは併用出来る

白髪染めを行っても時間が経つとまた白髪が伸びてくるため、結局は白髪染めを繰り返していかなければいけません。
白髪染めの方法として、ヘアカラー・ヘアカラートリートメント・ヘナと種類があります。

安全だと言われているヘアカラートリートメントとヘナは、併用しても問題ないのか気になる所だと思います。
結論から言うと、ヘアカラートリートメント後にヘナを併用しても問題ないのですが、間の間隔をしっかりと開けてから行ってください。

ヘナは太陽光で酸化し少しずつ色が変化していくため、色の判断は染めた直後より数日経ってから判断した方が良いと言われています。
つまり、染めた直後はまだヘナ成分が髪に残っているため、ヘアカラートリートメントの成分に反応し変色させてしまう可能性もあるのです。

間の間隔さえしっかりと開けていれば髪への影響も少ないのですが、リスクを考えるとなるべく併用しない方が無難だと言えます。

ヘナのヘアカラートリートメントの口コミ

ヘナのヘアカラートリートメントの口コミ

ヘナと言っても、最近ではヘナ入りのヘアカラートリートメントも販売されています。
粉末状の100%天然ヘナは、粉末をペースト状にして使用する・塗布後長時間放置しばければいけないなど、使い方が面倒だという口コミが多くあります。

しかし、ヘナ入りのヘアカラートリートメントは、通常のヘアカラートリートメントと同じような感覚で使う事が出来ます。
そのため、口コミを見ると、同じヘナの白髪染めでもヘナ入りのトリートメントの方が取り扱いが楽だという声が多くあります。

また、トリートメント効果が髪にツヤやコシが蘇ったという口コミも見られます。
ヘナのヘアカラートリートメントの代表とも言えるのが、テンスターのヘナカラートリートメントです。

テンスターヘナカラートリートメント

テンスター カラートリートメント

テンスターヘナカラートリートメントは、その名前の通りヘナエキスが配合されています。
しかし、このヘナエキスは白髪を染める染料の役割というよりも、髪のダメージを補修しハリやコシ・ボリューム与えるトリートメント成分として配合されています。

テンスターヘナカラートリートメントは何で染めているかと言うと、他のカラートリートメント同じHC染料です。
そのため、放置時間も5分になっています。

天然ヘナならば染まるまで時間が掛かるため、放置時間は50分などというのが普通です。
放置時間が少ないという時点で染料としては、効果があまりないという事が分かると思います。

髪のダメージの修復にはヘナも効果があります。
そのため、パサツキなど髪の状態が気になっている人は、ヘナ入りのカラートリートメントを一度試してみると良いでしょう。

ヘアカラートリートメントとヘナのまとめ

ヘアカラートリートメントとヘナのまとめ

髪の事を考えると、髪を傷めずに白髪を染める事が理想です。
傷みやすいと言われていた市販の白髪染めや美容院での白髪染めも髪の傷みを極力少なくするように変わってきてはいます。

しかし、現時点で傷めずに髪を染めるには、やはりヘアカアートリートメントやヘナのどちらかだと言われています。
ヘアカラートリートメントとヘナが向いている人や向いていない人がいるため、それぞれの特徴についてしっかりと理解しておくようにしましょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。